史上最強のジェネシスサウンドG

    「史上最強のオーディオアクセサリ」そう思えるような画期的製品が、
    ジェネシスサウンドから登場しました。

    その名も ジェネシスサウンドG 

    その正体はなんと・・・・メガネです。・・・・・・

    B2006-9-30-1.jpg


    写真で私が掛けているものです。

    私もさすがに、最初その話を聞いたときには、「えらいこっちゃ、えらいこっちゃ、よいよいよい」と自分が壊れそうになりましたが、体験してみてビックリ、凄い効果があることを確認できました。

    この業界で数々のオーディオアクセサリを見てきましたが、このたぐいのものは初めてです。

    ただ一つだけ問題があるのは、全員が同じように試聴できないことです。本日もお客さんに1人試していただいたのですが、試聴している間はこちらはお客さんの中で何が起こっているのか全く判りません。

    ★「おお~これは凄い」と独り言を言ってもはたで見ている人は、単なる危ない人に見えるかもしれません。


    伊達メガネになっていますので、本来のメガネとして使用する場合は、
    自分の目に合う度数のレンズを購入して使用してください。
    フレームだけでも、製品の値段よりも高い値段で流通しているというお話です。
    私もとうとう目が悪くなり、来年の免許更新の際には眼鏡使用となりそうなので、このジェネシスサウンドGにレンズを入れて使用するつもりです。CARオーディオにも最適な商品だと思っています。

    恐るべしプラチナフォトンシート・ジェネシスサウンドTRY

    7月22日に行われた、国枝さんのプラチナフォトンのイベントは予定が大幅に変更され途中から異種格闘技のごとく、様々なアクセサリーを楽器に使用した実験が行われました。
    B2006-7-29-1.jpg

    B2006-7-29-2.jpg

    プラチナフォトンシートで音が変わることは、もう何度も実験しています。しかし、プラチナフォトンシートと同じレベルもしくはそれ以上に「楽器で音が激変するものはあるのだろうか」というお客さんの疑問に国枝さん実験してくれました。
    B2006-7-29-3.jpg

    B2006-7-29-4.jpg

    そんな中でも、激変中の激変を演出してくれた製品はジェネシスサウンドTRYでした。吹きかけても音は変わり、弦楽器ならば少量テッシュに吹きかけて、弦を掃除しても音は激変します。
    B2006-7-29-5.jpg


    当日は、二胡(以前エンゼルポケットで販売していた)ものを使用して実験しました。ここ1年以上音も出していないので、音がまともに出ません。少し慣らすために弾いていくと、少しずつ音が出るようになりました。その後量テッシュに吹きかけて、弦を拭くと音が一変しました。またエネピッコの波動マスターの代わりに、上にのせて転写しても
    激変します。その後バイオリンでも、ギターでも実験しましたが、ほぼ同じように激変しました。数万円以上レベルの上がる音がするとギター演奏をしていただいた人も言っていました。
    B2006-7-29-6.jpg

    その後は、本題であるプラチナフォトンの話に戻り、ビデオを見ました。足上げの筋肉トレーニングをしている人が20kgの重りだと5回しかできないのに、プラチナフォトンを体に巻いただけで
    10回以上できるようになっているシーンをみて「すごいな」と思いました。

    最後はプラチナフォトンサーモの体感をお客様にしていただきました。国枝さんの話によれば「現代人は、体が氷のように硬くなっているます。プラチナフォトンサーモを使用すると、その氷が溶けていきます。そうすると血行がよくなり新陳代謝が活発になり、体のむくみが取れ健康になる」というお話でした。


    プラチナフォトンは「音、健康」に両方効くすごい商品だと改めて実感させられました。






    ジェネシスサウンド 水 「あっと驚く」

    オカルトではない」と言いつつも毎回奇抜なオーディオアクセサリー
    を開発しているジェネシスサウンドから、またまた「超ぶったまげアイテム」が登場しました。
    その名を「ジェネシスサウンド・TRY」と呼びます。
    ただの水に「ジェネシスサウンド加工処理」をして「超電解水」をベースにした製品とのこと。一番びっくりしたのは、「CDのレーベル面やCDケースの上から塗布しても効果がある」と表記していることです。

    早速実験してみました。
    実験は3枚のCDを使用しています。2枚目に関しては、CDケースの上に
    のみに噴霧してみました。
    B2006-7-14-1.jpg

    B2006-7-14-2.jpg

    B2006-7-14-3.jpg


    さすがに、CDケースの上から噴霧したCDは少し効果が薄いですが、
    CDのレーベル面に塗布したCDは"ものすごい効果”がありました。鄭陽が歌っているCDは、さらに洗練された歌声が聞こえてきます。「マスターと比較してみたい」とまで思ったほどです。
    レーベル面に塗布したということは、クリーニングとは全く関係ないはずです。それでこの激変ですから、言葉も出ませんでした。
    B2006-7-14-4.jpg

    3枚目は、以前黒田さんからいただいた100円のCDですが、録音が古いせいかそんなに音はよくありません。しかし、このジェネシスサウンド・TRYを使用すると「なんだこのピアノの音は、さっき聴いた音とはまるで別物」と思わず絶句してしまいました。めちゃめちゃに分解能が上がります。

    この製品はカーオーディオにも使用できるそうです。その場合「車のガラス面、ダッシュボード、メーターパネル等に噴霧してクリーニングしてください。」となっています。ぜひ今度実験したいと思います。

    最後に飯塚さんからこんなメッセージを頂きました。

    車内に噴霧した場合の効果持続期間は、車の状態によってまちまちです。例えば、1ヶ月という長期の機能維持は出来ません。長くて1週間くらいと考えた方が無難です。安全なのは、「瞬間チューニング」と表現したほうが良いかもしれません。基本はクリーナーと考えています。

    私は非常に正直な意見だと感銘を受けました。ちなみにCDやDVDの効果持続期間は1ケ月くらいだそうです。







    ジェネシスB-1

    新製品ジェネシスサウンドB-1の販売を開始します。
    このブログで、何度かお伝えしていますが、仮想「日本お笑いオーディオ協会」
    にエントリーしそうな製品ですが、真面目に販売する予定です。

    最初この製品を紹介したいただいたとき、「畳なんですが。」と言われたので、さすがに焦りました。 (・。・;
    私も長いことオーディオアクセサリーを販売してきましたが、さすがに
    畳は初めてです。
    b-1-1.jpg

    b-1.jpg


    「何で畳みなのか」とメーカーに確認したところ、「カーペットよりは効果があから」と言う答えでした。「確かに音がよくなる」に越したことはないですが・・・・・・・・・・・・・・・(ウーム)

    でも、音を聴いて本当にビックリです。効果に関しては、
    ジェネシスCK-1よりも強烈です。ルームチューニング材はいろいろありますが、これほどのものは滅多にないと思われます。(私も引越ししたら1枚購入する決心をしました。)

    「特殊遠赤外線も大量に放出」との記載もあったので、健康にも良いかもしれません。店番をしている時に、1人で映画を見ていたのですが、結構リラックスできました

    その他特殊な用途でのご使用は、「お好み」でお願いします。
    座禅をして修行などもできそうです。(しかし、間違っても空中浮遊とかはできません。爆)




    恐るべしTK-1

    大海力やCK-1等で、すっかりお馴染みになった、ジェネシスサ
    ウンドシリーズから、またまた驚愕の製品が誕生しました。

    その名も「TK-1」です。

    CK-1の数倍の威力を持つと言われています。
    初めて実験したのは9月初旬でした。
    試作が出来上がったと言う事で、早速テストしました。

    初回のテストは9月上旬です。
    B11-4-1.jpg

    B11-4-2.jpg

    B11-4-3.jpg

    3個目に写真では、今はなきアッシャーのCP-8871が見えているので
    間違いはありません。

    2回目の実験は、10月終わりです。

    B11-4-6.jpg

    B11-4-5.jpg



    何も言う事はない。」
    ただそれだけでした。
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク