THE BEATLES 10 CD

    オプティマルライフ㈱ 広瀬です。

    久しぶりに、ピンポイントの磯田さんから
    メールをいただきました。

    B2013-1-20-1.jpg

    「THE BEATLES 10・【サージェント・ツゲイズ・オンリー・ワン・クラブ・バンド(告井延隆)】
    というCDを出したから、オプティマルライフでも販売しない?」

    というという内容でした。

    ピンポイントの磯田さんといえば、ローカルメールオーダーからのお付き合いで

    ・倍音浴
    ・睡眠浴

    などを販売させていただいて来ました。
    あと ジャズピアニスト綾戸智恵さんのファンクラブ「綾戸倶楽部」を運営されてきた人です。

    早速CDのデモ版を送ってきてくれて、聴いてみました。
    私がこんな事を言うのは失礼かもしれませんが

    「いいなぁ~うまいなぁ~こころに染み入るなぁ~」

    という感じです。マイクの位置は近すぎず、遠すぎず、気持ちいい音がスピーカーから流れてきました。

    1800円です。1枚は持っていてもよい作品だと思いますよ。

    糸井重里氏と告井延隆氏の対談面白いですよ。

    ここクリック

    磯田さんの話がたくさん出てきます。
    磯田さんてああ見えて実はすごい人なんですね。

    糸井重里さんと知り合いで、RCサクセションの忌野清志郎さんの存在を糸井さんに教えたのが磯田さんだったとは・・・。

    販売ページ

    THE BEATLES 10・【サージェント・ツゲイズ・オンリー・ワン・クラブ・バンド(告井延隆)

    YOUTUBE映像



    オークションはXRCD


    今夜の激安タイムセールとオークションは・・・・。

    激安タイムセール

    プロジェクトQ耐熱100cc(黄色)  ⇒ ここクリック


    B2011-8-5-2.jpg

    最後の1個です。

    オークションは

    XRCD 「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」

    B2011-8-26-1.jpg

    のだめカンタービレを見ていた人は、「ノダメはティルだ」と千秋に言われるシーンを思い出すかもしれませんね。

    詳しくは ⇒ ここクリック


    アバターより「地球の詩シリーズ」

    世界中で大ヒットしている映画「アバター」。この映画の最大の魅力は、3D立体映像。
    3Dとは、見ている人が映像を立体的に見ることが出来て、本物と錯覚してしう映像のことをいう。

    実はピュアオーディオの極意も、立体的で奥行きのある音像を浮かび上がらすことにあるものだと私は思っている。
    しかし、それを実現したものはいないと思える。

    どんなにがんばってみても、それは中々難しい。例え数百万、数千万円のお金をかけても、普通のCDソースでコンサートフォールと同じ音を出すことは不可能である。

    そんな中、地球の詩シリーズ というタイトルのCDに出合った。そして、その音ヘッドフォンできいた瞬間。

    うぉおおおおおおーーーーーー、なんだこのリアルな音像
    と叫んでしまった。

    数千万円のスピーカーでも、この立体感は絶対に体験できないと思う。それが、このCDを数千円のヘッフォンでその音を聞いた瞬間、はるかに凌駕してしまうであろう。

    それが 小久保隆氏が開発した


    サイバーフォニックとサイバーくん

    B2009-6-6-1.jpg


    人間の聴覚というものは、視覚と同様に、脳の中で音像を結んで立体的に知覚しています。耳で聞いている音というのは、肩で反射したり耳たぶにぶつかりながら鼓膜に届いています。
    そのメカニズムを忠実に再現しているのが、人間工学録音ロボット通称サイバーくんです。
    ちょうど鼓膜の位置に高性能マイクロフォンをセットしている為、録音した音をヘッドフォンで再生すれば、あたかもその場にいるのと同じような音の臨場感が得られるのです。
    サイバーくんのマイクロフォンは100KHzまでの帯域を持っていて、自然界にしか存在しない人間に安らぎを与える高周波ノイズを録音することも可能になっています。
    そして素材の音の料理にも、CDに収録できるギリギリの帯域にその高周波ノイズを挿入させたりと、私オリジナルのデジタル・サウンド・プロセッシングを施しています。

    バイノーラル録音じゃないか
    といわれれば、確かにそうかも知れないが、これに関してはちょっとそういう次元の問題ではないと私は考えている。

    まずこれを買われた方は
    サイバーフォニックデモンストレーション を聞いてほしい。

    B2009-6-6-2.jpg

    スピーカーで再生すると単なる生録
    しかし、ヘッドフォンで再生すると・・・・・

    2曲目の新聞紙 (1:29) 4曲目のヘアカット (0:56)  5曲目のドライヤー (1:46)

    特に5曲目のドライヤー (1:46)は聞いた瞬間 思わず

    背中がゾクゾクとした。・・・リ、リアルすぎる

    本当にリアル。まさに3D立体音響

    その後、ほんちゃんのCD 地球の詩シリーズを再生していただければ、このCDがいかにリアルかわかるであろう。

    B2009-6-6-3.jpg
    あともう1つ言えることは
    「このCDは、完璧なチオーディオチェックCDとなりえるのではないか。」という事である。

    エンポケでは アッシャーS-520 と たまや2号 で比較してると、その差は歴然。

    たまや2号が圧倒的勝利で終わった

    本当に天と地ほどの差が出るのだ。・・・

    3D立体音響を物差しの基準としてスピーカーの音質を比較するば、今まで「音がよいといわれてきたスピーカー」の地位は総崩れになるのではないだろうか。


    例え1000万円するスピーカーでも、このCDで再生すると、数千円のヘッドフォンの方が音がよいことになってしまう。


    それはまさに革命である。


     

    「ア・ラ・プラージュ」 宇宙の海辺にて モニター報告第2弾

    本日は「ア・ラ・プラージュ」 宇宙の海辺にて モニター報告第2弾 をお伝えします。

    女性だけあって、感想がとても情緒的。 まるで詩を読んでいるみたいだなぁ~と思いました。

    私も今度こんな感じでブログ書いてみようかと思っています。その前にちょっとオーディオ詩集第1弾をお送りします。

    タイトル 

    ◎オーディオの日常

    いくつも試練を乗り越えてやっと完成したオーディオシステム。
    何一つ欠けることない完璧な配線、自画自賛。
    CDを挿入して音が出た瞬間の喜び・・・・
    極上、そして至福の瞬間にとたどり着き一瞬笑顔。
    しかし 3日後 「あのときの音が出ないと」と叫びながら
    全ての接続を外す。オーディオその奥の深さにはいつも脱帽。


    北原白秋レベル間違いなし

    B2009-4-9-1.jpg


    --------------------------------------------------------------------------

    徳島県 N様

    「ア・ラ・プラージュ」CDの感想です。


    CDが到着し、聞くまえに、CDそのもののエネルギーを感じ取ってみました。

    波紋のようなエネルギー

    ゆっくりした回転のエネルギーをキャッチし寝る前にヘッドホンで聴きました。

    非常に「きもちいい」です。

    聴いているときに、わたしになにが起こったかというと。

    過去の出来事にまつわる、不要な感情、ダメージの発散

    感情の修復?

    神経をなだめる

    バーストラウマの修復

    気力の回復

    今のところ、効果としてあぶりだせるのは、以上です。

    これが千円(モニター価格でなくても1300円ですか?)で、手にはいるならとてもお買い得だとおもいますが。


    ちなみにわたしは、なにか効能をうたったCDであれば、どんなものにでも飛びついて買っているわ
    けではありません(^^;)。
    けっこう厳選して購入しています。


    「ア・ラ・プラージュ」 宇宙の海辺にて モニター報告第1弾

    「ア・ラ・プラージュ」 宇宙の海辺にて モニター報告が届きましたので、掲載させていただきます。
    千葉県のS様

    (かなり詳しく、また率直な意見だと思いました。ほんとうは、私自身が最初に感想を書かなきゃいけないと思っていたのですが、忙しさにかまけてサボっていました。下の感想は相当参考になると思いました。)

    どうもありがとうございました。

    B2009-4-9-1.jpg

    --------------------------------------------------------------------------

    千葉県 S様

    遅くなってしまい誠に恐縮では在りますが「ア・ラ・プラージュ」宇宙の海辺にて
    のモニター報告を簡単では在りますが記させて頂きます。

    曲は4曲ありギターによる多重録音(多分)です。リバーブを多めに掛け、響きによる倍音を意識的に出しゆったりとした小品郡(トータルで30分弱)と成ってます。

    一聴すると、ECMやアシュラテンプルみたいなジャーマンプログレ風な印象を受けます。この世界は結構好きです。

    但し、オーディオ的には私的録音ぽく且つギターも意識的に加工されているので音的に粗が目立つのと、演奏がちょっと素人っぽく(一流演奏家さんによる演奏であればごめんなさい)真剣に聴いていると音程や間、テンポがあれっ・・・と言う箇所があるのではらはらしちゃいます。

    これはCDコンポや店内BGMで小音量で流していると気持ちが良いかもしれませんね。

    ヒーリングミュージックとして見た時には
    先に記したとおりこのジャンルはシンセや鳴り物系が多いのでギターによる表現は珍しいのではないでしょうか。よって、楽曲的や雰囲気は楽しめましたがライナーノーツに記されている効能に関しては
    申し訳ありませんが良く解かりませんでした。

    就寝時にしばらく掛けながら睡眠しましたが特段朝の目覚めは改善されてませんね。
    (小生、寝起き状態が昔からすこぶる悪く爽やかな目覚めを体験した記憶が殆ど無く色々試しましたが現在も進行中です・・・)

    それとHWTのヒロさん風な感覚で接してみましたが小生にとって滑らかな感触よりはどちらかと言うとニュートラルな位置からはザラザラよりかな~因みに明確に指先が冷えては降りませんがね

    そういう意味で言うとヒーリングミュージックと言うよりは環境音楽の位置付けでそのシーンによりBGM的に流すと気持ち良いと思います。

    結構辛らつに報告をしちゃいましたが定価1,300円を考慮すれば決して悪い買い物では無いと思います。

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク