Hummingbird 説明書

    イベント情報

    2/21(土) 17:30~ ハート∞フル
    内容★メビウスシール 

    2ヶ月ぶりのイベントです。ぜひ来てくださいね。
    -----------------------------------------------------------------------

    今エンポケで最も旬で売れている製品は2つ

    ピューリフィケイター(聖杯布)
    Hummingbird(付帯音放出フィン)

    です。今月に入ってから、何度業者に電話したことか
    ちなみにピューリフィケイター(聖杯布)は今在庫切れで18日水曜日に入荷予定です。

    ちと気が早いですが来年の

    エンポケランキング 上位に来そうな予感です。

    Hummingbird(付帯音放出フィン)の正式な取説が出来たので、ここの掲載します。
    下の方に、スピーカーの取り付け位置の目安が掲載されています。

    ぜひ参考にしてください。

    ------------------------------------------------

    スピーカーがエネルギーとして移動する道は
                  
      ”床”と”大気”の二つです 
    取り出したい音楽エネルギーの源はスピーカーユニットが担いますが、その運動が円滑である為に欠かす事が出来ないのが優秀なエンクロージャーであり、また、床との間を受け持つインシュレーターの力であります。 インシュレーターにおきましては、既に充分な評価と実績を持っていますので、ここでは触れない事にします。
     スピーカーエンクロージャーの縦、横、奥行き三辺の寸法比が良くないと、定在波振動が付帯音としていつまでも残ります。その悪影響は音を混濁させると共に楽器の持つ本来の音色を歪曲させてしまいます。
     
    「空気の音楽変換率」にメスを入れました

    今回開発したローゼンクランツのハミングバード(付帯音放出フィン)は随所にカイザー寸法を取り入れ、エンクロージャーに不協和音化した残留付帯音を大気中に一気に放出させる画期的な音質
    改善アイテムです。

    その形状と構造は蝶や鳥の羽をモチーフにしました。ネーミングの由来となったハチドリにおきましては、空中で静止するホバリング飛翔を行いますが、それは自重に対してゼロバランスを保つ優れた能力を持っているからです。

    CDとアナログの境界線が無くなったかのような音に・・・
    出来上がったばかりの製品をガラスのテーブルの上に落としてみました。ステンレスとは思えない音抜けと共に美しい響きがします。狙い通りの結果を手応えに、早速手元にあるスピーカにHummingbirdを養生テープで仮止めして聴いてみました。

    空気中を漂うようなアナログ特有の雰囲気が出ました。これは凄い事です!。
    CDが一番苦手としていた弱音部の表現がこの小さな「フィン」を取り付けただけで出て来たのです。この変化はコンバーターのビット数やサンプリング周波数を上げるよりもっと自然でリアルです。
     計算されつくしたカイザー数値設計により、小型から大型フロアースピーカーまで、魔法に掛かったかのように音から音楽に生まれ変わります。今まで不可能だった事がコツなりツボなりを掴むと、いとも簡単に出来るようになるのと同じように思ってください。

    どんなスピーカーも、両面テープで貼るだけ
     取り付けに至っては両面テープで貼るだけですから、これ以上簡単な事はありません。また、先でスピーカを買い換えたとしても、使い回しが効くので費用対効果にも大変優れています。 
     ˜Hummingbird˜はそんな力を備えた音質改善アイテムです
     
    縦47.7mm、横52.5mm、厚み0.4mmのステンレス製 スピーカーの背板に貼って頂くだけでO.Kです
     大きく振動しているポイントに貼って下さい特にトールボーイタイプは効果大です
     \14,700 / 税込 (2個1組)
      
      B2009-1-21-1.jpg

    Hummingbird の取り付け位置に関して
     
    エンクロージャーは大きな振動を発するウーハーのある下部から、ミッド、ツイーターのある上の方へ抜けて行こうとする習性があります。中高音域が濁ると大事な音楽のニュアンスが損なわれるので、基本的にはHummingbirdは上の方に取り付けられるべきです。
     Hummingbirdの大小のフィンによって、エンクロージャーの不要振動(付帯音)を大気中に一気に放出させます。 大方の場合、スピーカーの天板からHummingbirdの上端までの間隔が20~40mmの位置が良いでしょう。
    以下の位置につきましては、実際の装着例もありますが、スピーカーの寸法比や写真を見た上で決めた私の長年の勘によるものもあります。念の為にこの数字を参考に、剥がし易い養生テープを使って何度か試みて頂き、その近辺で最も音の良い場所を見つけ出して下さい。

    幾つかの参考例を以下に示します。

    Acustik-Labo Bolero 20mm  Stella Opus 24mm

    B&W S805 19mm
     
    BOSE  55wer 34mm
     
    DALI   Menuet 0mm  Royal Tower 23.4mm

    Dynaudio  C2 46.8mm

    JBL  4343 75mm 4312 32mm 4318 32mm  4304H 23.4mm

    JM-lab  Utopia Be 30.4mm

    Pioneer  S-1EX 74mm

    PMC FB1 20.3mm GB1 20.3mm LB1 20.3mm BB5 37.4mm

    Rosenkranz  RK-MR 25mm

    早くもお客様からの感想が・・・Hummingbird(付帯音放出フィン)

    早くも、Hummingbird(付帯音放出フィン)の感想がお客様より届きました。

    送ってすぐの反響ですから 

    とても鮮度が高いと思います。



    という事でこのお客様より本日追加注文が来ちゃいました。

    追加すると言うことは

    やっぱりよかった

    ということだと思います。春もそこまで見えてきました。桜の花が咲く頃には、多くのオーディオマニアのお宅のスピーカーに羽が生えている予感がしてきました。 

    B2009-1-15-4.jpg


    宮城県 MK様

    「Hummingbird(付帯音放出フィン)」どうもありがとうございました。(それ
    に、私が購入第一号とは光栄です、笑!)
    貝崎社長のこだわりから察して専用の両面テープが付属しているのかと思いました。で、手持ちの両面テープ(たくさんあります)で早速貼付てみました。両面テープの種類による音質変化の比較まではまだ試していませんが、SP背面の最も振動する所に貼付したところ、SPにまとわりついていた音が見事に解消して「スッキリ!」し、音が素直に飛んでくるようになりました。これがSPの「付帯音」というものかと再認識できました。(本当に驚きです!)
    ちなみに、試してみたSPは以下の通りです。

    ①「CONTUR3.0」(自宅のメインシステム・実は貝崎社長直々のチューニングSP
    で、Ge3化も徹底しているにもかかわらずその音質変化には驚きました。)
    ②「アルテック・ミニモニター8A」(最近ヤフーオークションで購入)
    ③「ハーベス・コンパクト」(R企画の中古品)
    ④「オートグラフ・ミニ」(珍しく新品)
    ⑤「その他」まだ色々あるのですが、省略させていただきます。

    ただ、さすがにタンノイの「GRF」にはどこに貼って良いものやら見当もつか
    ないのでやっていません(笑!)



    ということで、追加注文(2個)お願いいたします。

    究極のHummingbird(付帯音放出フィン)

    村井裕弥先生が執筆した 「これだ、オーディオ術」 売れ行き好調で初期入荷分完売していましたが、本日再入荷しました。
    これで在庫の確保できたのでご報告させていただきます。オーディオファンなら一度は読まなければいけない必読書(バイブル)だと思います。 

    B2009-1-15-7.jpg


    -------------------------------------------------------------------------

    全国オーディオマニアの皆様。

    お待たせしました。 そしてついに出ました

    Hummingbird(付帯音放出フィン)

    ハッキリ言って、これ凄すぎる製品ですよ。本当は1月上旬に発売予定だったのですが、色々な諸事情により約1月遅れとなりました。

    始めて聴いたのは、12月上旬。 カイザーサウンドの貝崎さんがエンゼルポケットにやってきて内々にデモをしてくれました。

    「これは、凄いよ広瀬さん。」言うので「何ですかこれ」と訪ねると 「Hummingbird(付帯音放出フィン)といううスピーカー用のレゾネーターです」
    。と答えました。

    「面白い形していますね。」というと「名前の通り、鳥の羽をイメージした。」と言っていました。

    ちょっとここで、取り付け方を写真でご紹介します。



    B2009-1-15-2.jpg

    B2009-1-15-1.jpg


    B2009-1-15-3.jpg

    基本的にスピーカーの背面に貼ります。 基本的にはスピーカーが取り付けてある後ろがよいようです。

    B2009-1-15-4.jpg

    B2009-1-15-5.jpg

    取り付けが完了したので、実際に音を聴いてみました。

    ぎょぎょぎょぎょぎょ ぎょぇ~~~

    凄いです。凄すぎます。 音の抜けが半端じゃありません。
    ツィーター(TAKET、BATPURE)を取り付けて、更にレベルアップした響きが、またまたとんでもないレベルになったのです。

    「これはあまりにも凄すぎますね。」と尋ねたら、「村井先生も相当評価してくれました。」と言っていました。


    最初に見たときは大川ウイングっぽい感じだったのですが、大川ウイングとは違うと思います。

    B2007-4-16-2.jpg

    久しぶりにここまで変化のあるレゾネターを聴きました。

    これは絶対に凄いです。


    年末のカイザーサウンドのイベントでもこのハミングバードのデモを行っています。その時はカイザーサウンドオリジナルスピーカーを使用しました。

    これでも抜群の効果を発揮していました。この様子については次回お話しします。

    B2009-1-15-6.jpg


    瀬兵音鏡”(せひょうおんきょう)

    先日カイザーサウンドの貝崎社長より、あやしいメールが届きました。

    以下は今週末に開催されるハイエンドショー来場者に向けてのカイザーサウンドの挨拶文です。写真が添付されていない状態ですが、よろしくお願い致します。

    特にCDの音質改善器のところにご注目下さい。商品の方はいつでもご用意できます。

    詳しくはこちらをご覧下さい。

    ここクリック 
    瀬兵音鏡”(せひょうおんきょう)

    瀬兵音鏡”(せひょうおんきょう)、「何だこのあやしい名前は」と思いつつ、その中身を詳しく見てみると、「これは面白そうだ。」と思いました。


    そしてカイザーサウンドに電話して、「面白そうな製品ですね。」と訪ねると「エンゼルポケットで売るにはピッタリの商品ではないでしょうか」と言われました。

    確かに あやしい。

    そして、すぐエンポケに送ってもらいました。


    中身を見てみると、それは美しいです。

    B2008-6-13-1.jpg

    「さすがは、一流の陶芸家が造った、伊万里焼。このまま飾ってい置いていいんじゃないか」

    と思うほどの出来映えです。もちろん寸法はカイザー理論で出来ています。


    最初はまず普通にCDを効く。
    B2008-6-13-2.jpg


    その後 CDを瀬兵音鏡”(せひょうおんきょう)の上に乗せました。一応念のため、表裏1分ずつ乗せてみました。
    B2008-6-13-3.jpg


    そして早速試聴。

    HPに掲載されていた事柄と共通するように、確かに音変わります。

    もちろん良い方向に。

    最初にかけたディスクはこれ
    B2008-4-28-8.jpg

    ピアノのタッチ感が全然違うんです。音も透明感が出て非常に解像度が高い。


    2回目にかけた曲は XRCD ベ-ト-ヴェン交響曲5番「運命」
    B2008-6-13-4.jpg

    私はこの曲をうまく再生することは非常に難しいと思っているのですが、やっぱり全然違います。
    焦点の合いにくい音なのですが、非常にフォーカスがはっきりします。


    ちなみに STB-5とコラボさせてみました。
    B2008-6-13-5.jpg

    これはもう相性バッチリです。

    (ま、当然ですよね。)

    最後に尾崎豊をかけてみました。
    B2008-6-13-6.jpg


    私はこう見えて尾崎教です。ほとんどすべての曲を暗記してます。・・・・小学生の頃から


    こういう感情を込めた曲はさらに、よいですね。

    LIVEで歌っているように聞こえてきました。

    理屈はわからないのですが、これもきっとアッチ系の力が加わっているのだと思っています


    この間Ge3な夕べの打ち上げの後、Mt.T2さんから「最近のエンポケブログは、オカルト情報満載ですね。」といわれて、少し方向転換しようと思ったのですが、今年はどうもそうゆう周期みたいですね。



    オーディオスピリチュアルはまだまだ続きそうです。

    Ge3があやしくなく思えてきました。



    さすがは、カイザーサウンド。

    本日のテーマは、カイザーサウンドから発売されたCDスタビライザーSTB-5についてです。


    その前にイベント情報

    12/ 8(土) 17:30 OJISpecialイベント
    内容★ DAPT02-1  ブルーレイ再生も・・・

    12/9(日) 17:30~ HWTイベント(マロ)
    内容★FOLスピーカーケーブル 、FOL電源エンハンサ、水晶インシュレーター、アブソリュートシールド


    最初にこの製品の存在を知ったのは11月初旬、久しぶりに貝崎さんがエンポケにやってきました。新製品が出るのでよろしく。という内容でした。聞けば、CDスタビライザーです。「カイザーさんでは初めてのジャンルですよね。」というと、「そうですね。それだけに余計力を入れています。」という話でした。

    本当は11月末に発売予定だったのですが、少し予定が遅れました。
    こだわりのカイザーサウンドですから、致し方ないと思っています。
    そしてついに12月4日貝崎さんが、CDスタビライザーを持ってエンポケに
    きました。その中身を見て、

    B2007-11-6-1.jpg


    おお、美しい

    と思いました。色合いといい、形といい、素晴らしく丁寧なつくりで、「Rosenkranz」のロゴも非常に見栄えがよいものです。(写真は汚くてすみません。)

    皆さんが問題にするのは、「ちゃんとスムーズに入るのか」という点だと思いますが、このスタビライザー0.2mmの厚みなので何の問題もなくキレイに入り再生することが出来ました。
    ただ、TEACのVRDSや、自動車などに多い、スロットイン式のCDプレーヤでは使用することが出来ませんのでご注意下さい。


    B2007-11-6-2.jpg


    さっそく再生。

    確かに正確な音がでています。ストレスがなくスムーズな音です。
    HPの中でも紹介されているように、「スタートでのわずかな狂いも出口では大きな狂い」 と言うのはすごく同感です。

    私に言わせると、スピーカーというものは個性そのものです。
    人間でいえば「声の質」ですね。「女性のような、きれいな高音」とか「男らしいしぶい低音」とか人間の歌声というものは個性そのものだと思うのですが、でもプロの歌手なら、音は外しちゃいけませんよね。「音程もそうだし、リズムもそう。」そいうい部分はCDプレーヤやDACの役割なんじゃないかと思っています。


    そういう意味ではCDプレーヤーは全然未完成品なんですね。ただこのCDスタビラーザーSTB-5を使用すれば、かなりの部分改善されると思っています。


    そして、なんていっても所有感があります。それは見た目が美しくて出来が素晴らしいだから満足するんじゃないかと思っています。


    こちらも見てね(クリック)

    超微細エネルギーの世界.....ブログ

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク