第3回 Drマロゥ研究所 レポート

    本日のテーマは6月8日に行われたDrマロゥ研究所 第3回についてお伝えします。

    その前に、エンゼルポケットがティートックTV第4回に出ています。
    未だエンゼルポケットに来たことがない方は大いに参考になるでしょう。→ここクリック 
    (こうして映像でみてみると確かに怪しい店ですね。店内に入るにはお化け屋敷に入るのと同じくらい勇気が必要かも知れません。)

    Drマロゥ研究所も第3回目になりました。
    まずは恒例のお約束ボード(ホワイトボード)です。これも笑えました。
    B2007-5-28-1.jpg


    まず最初の実験は、MNNTのおさらいです。前回は、説明書に書いてある通りCDに使用しましたが、今回はオーディオ機器に対して使用しました。

    例1 CDプレーヤーのトレイに使用。
    これはかなり効果的です。 効果 大
    B2007-5-28-3.jpg


    例2 布にMNNTを吹きかけて、ケーブルなどで拭く。 
    微妙だと思いますがせっかく購入したのだからぜひ。効果 小
    B2007-5-28-2.jpg

    B2007-5-28-4.jpg


    例3 スピーカーのダクトに吹きかける。
    これはまずまずです。 効果 中
    B2007-5-28-5.jpg


    上のように 色々試してみて自分なりに点数を付けていくのも良いと思います。そうすれば無駄も省けます。ぜひ効率よく使用しましょう。

    その次はMarrow Extractor for Audioです。こちらは今大人気の商品で、売切れ続発しています。明日6月29日(金)もマロさんはエンポケに納品しにきます。メーカー在庫は大丈夫なので、こちらもなるべく在庫切れのないように致します。

    B2007-5-28-7.jpg

    本当は試作電源タップも用意するはずだったのですが、今回は間に合いませんでした。ガセネタどうもすみませんでした。

    B2007-5-28-8.jpg


    試聴開始すると同時に、皆さん驚きに声が次々に上がっていきます。
    この日から 瞬間蒸発が始まったのです。
    この日参加してくれたお客さんの中には、2本目を買ってくれたお客さんもいました。お客さんも「これはすばらしいです。うちのシステムとの相性はバッチリです」といっていました。この方のシステムはSonyのデジタルアンプです。

    来月のイベントは 7月13日(金)を予定しています。
    一番最初に行った、4月も13日も金曜日でした。何と4回中2回が13日の金曜日!! 


    さすがはDrマロゥ研究所です。 ウーム不吉だ!!! (でもここは、日本だから大丈夫です。爆)

    Marrow Extractor ダブル瞬間蒸発。

    マロゥテクノロジーズのMarrow Extractorが今モーレツな勢いで売れています。

    6月15日 金曜日入荷 即日完売

    6月17日 日曜日入荷 即日完売


    入荷完売、入荷完売だったので「ダブル瞬間蒸発」と名付けました。

    本日もお客さんが買いに来て「え、無いの。」とビックリされていました。「まあ いいや、お金置いていくから、入荷したら送ってくれる」と言うことで、自動車用、オーディオ用両方を買ってくれました。

    マロさんに連絡すると「いや実は日曜日の時点で、在庫分全部無くなってしまいました。ただ、日曜日にエンポケに納品したときに、材料買い込んだので、これで余裕ができます。」と話していました。

    実の事を言えばたぶん 私もマロさんも「こんなに売れる」とは考えていなかったのです。爆)

    今度の入荷は6月20です。現在注文いただいている方少しの間お待ち下さい。 

    下の写真は Drマロゥ研究所 第3回目の時のものです。
    マロさんがMarrow Extractorを持つと、本当にちっちゃく見えますね。子供のオモチャのようです。爆
    B2007-5-20-1.jpg

    翌日感想が届きました。

    一昨日マロゥテクノロジーを題材にこのブログを書きましたが、次の日Marrow Extractorの感想がメールで送られてきました。この東京都のMさんはつい先日商品を送ったばかりですが、すぐさまこのようなお返事をもらえて大変嬉しく思っています。商品を買ってもらって尚かつ感謝されるなどということは希にしかありません。この製品の底知れぬパワーを感じました。

    もう1人の東京のMさんは、Marrow Extractorの貸出をしていていた方からの感想です。貸し出す前に「借りたら最後のような気がするんだけど」と言っていましたが、昨日エンゼルポケットに来て「購入」という事になりました。


    B2007-5-8-1.jpg


    恐るべしMarrow Extractorです。
    今後貸出希望の方は遠慮無く申し出てください。

    東京都 M様

    Marrow Extractor感想
    私は電源の大切さを20年前から認識しており、いろいろ試行錯誤を重ね現在に至っています。現在は次のラインアップで楽しんでおります。壁コンセントにa-genius→ALS-777(霊妙)→某社コンセットBOXから各機器にACを供給しています。もちろんACケーブルも吟味に吟味を重ねほぼ満足できる物になっていましたが、更に良い物は無いか、御社のホームページを見ていましたら、興味のそそられる物が載っておりました。何回も内容を読み返しましたが、これは、買うしかないということになり、発注した次第です。

    木曜日に配達される事になっていましたが、来たのは夜の9時過ぎだったため其の日は壁コンセントにセットだけで翌日に試聴することにしました。ところが取り付けて驚いたのは、テレビ画面の色合いが凄く綺麗になりました。別室でテレビを見ていた妻が、何かやったと聞くので何がと聞くと、テレビの色が何か綺麗になったみたいだと言うので、かくかくしかじかと説明。ふ~ん、凄いものが有るんだねと言っていた。翌
    日の午後にアンプに電源を入れ試聴開始。

    音が出た瞬間に以前より全帯域に渡り音の密度感。情報量が確実にアップしているのが分る。低弦のズ~ンと下に伸びていく響き、余韻が素晴らしい。また、ボーカルでは、機器から出ている音とは思えない自然な感じ、まさに、そこで歌っているような生々しさに、ただただ驚くばかりであった。クラシック、ジャズ、歌謡曲等、どんなジャンルの曲を聴いても最高でした。費用対効果も素晴らしく買って損のない製品でした。開発者の方、関係者方に感謝します。


    東京都 M様

    早速、βジーニアスの空きコンセントに挿しました。
    接続当初は、音像同士が主張し合いうるさく感じたのと特定の音でピリつく現象があったのですが、今では落ちついた様です。
    色々なジャンルのソフトでチェックしてますが音に芯が生まれて音圧を感じ、実在感が増します。 特に工藤静香を聴くと解るのですが、サ行のキツさが抑制されてとても聴きやすく成りました。

    現在はソニーのデジタルアンプ(TA-DA9100ES)を使用してますが昔使用していたアナログアンプを彷彿させる低音・アタックの重みに思わずニヤっとしちゃいました。反面、天井に抜けるような空間表現は少し減った様に感じますがExtractorを挿す場所で効き具合を調整できるので、自分好みの場所を探りたいと思います。

    Drマロゥ研究所。第2回

    本日のテーマは第2回 Drマロゥ研究所についてです。


    5月11日(金)、第2回目のDrマロゥ研究所は、MNNT、H3電源ケーブル、Marrow Extractorを題材として試聴実験を行いました。

    研究所なんだから白衣着てきてよ。」と私と高野さんで頼んだのですが、さすがに照れくさいのか白衣は着てくれませんでした。

    B2007-5-7-1.jpg


    私は当日忙しかったので、6時10前くらいに3階に上がりました。あたりをキョロキョロしているとホワイトボードに目が行き、文字を読んでみるとを見て大笑い。「天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、『音を正せと』俺を呼ぶ
    店員の高野さんが書いたようです。(さすがです

    B2007-5-7-2.jpg


    つかみはOKなところで、本題に入ります。
    前回はCDにMNNTを吹きかけたのですが、今回はアナログレコードにMNNTを吹いてみました。(マロさんも最初はジージャンを着ていたのですが、本番になるとすぐさまTシャツ1枚になりました。)

    B2007-5-7-3.jpg

    B2007-5-7-4.jpg


    肝心の音ですが、ものすごい聴きやすくなり、マッタリした感じになります。ちょっと甘みが増しクリーミな感じです。
    濃密と言う言葉がピッタリでしょうか。これは本当に気持ちいい感じがしました。


    その後は今掲示板等でも話題の、H3電源ケーブルとMarrow Extractor(オーディオ用)です。


    H3電源ケーブルは、主にCDP、AMMP、に使用しました。
    音を出した瞬間から全く別物の音となります。
    とにかく素晴らしい音でした。

    B2007-5-7-5.jpg


    しかし今回もっと驚かされたのが、Marrow Extractor(オーディオ用)でした。下の写真では色、形、が違いますが、これはプロトタイプです。
    B2007-5-7-6.jpg

    H3電源ケーブルとMarrow Extractorがコラボされると、本当に音が洗練され、全くと言って良いほど欠点が無くなってしまいました。 まさにパーフェクト。こんな音は聴いたことないよ。」と心の中で叫んでしまいました。

    これは、今後絶対に手放すことができないものとなりました。

    次回予告

    6月15日(金) PM6:00~
    Marrow Technologies(マロゥ テクノロジー)イベント

    内容:★謎の電源タップ試作品登場

    ぜひお集まり下さい。

    5月 OJI Special イベント報告

    本日は 5月12日(土)に行われた、OjiSpecialのイベント報告を掲載します。

    その前に・・・・・・・
    イベント情報

    6/9日(土) PM6:00より
    OJI Specialイベント

    内容:★デジタル用RCAケーブル 新製品
        ★新型メモリープレーヤー

    5月12日に行われた、OJISpecialのイベントテーマは、DrAMP-Hifiの改造についてでした。

    はっきり言って、DrAMP-Hifiは初代のDrAMPよりも数段音はよくなっていると、私は思っていました。しかし、「西出さんの手が加われば更に進化するのではなか。?」と考えました。

    B2007-5-5-1.jpg


    そしてついに比較実験を開始しましたが、そりゃーもう、モーレツに音は違います。SN比、解像度、音情感、立体感、どれをとっても完全にレベルが違います。DrAMP-Hifi Oji改 恐ろしさを感じました。

    そいていつものように、ホワイトボードを使用し、全体の構造に説明です。そして改造のポイントも教えてくれました。
    B2007-5-5-2.jpg


    しかし、ここでもう一つの実験を開始しました。実はDrAMPもCOP01.02.01iなどを装着することができるのです。
    B2007-5-5-3.jpg


    今回はCOP01とCOP02の装着して、比較実験を行いました。
    B2007-5-5-5.jpg


    COP01とCOP02はどちらが音がよいかと言うのは好みの問題だと思うのですが、私個人的に言えば、COP02の方が好みです。しかし、DrAMPに装着するならばどうもCOP01を使用した方が、全体的なバランスが良くなるようです。だから、COP01もしくはCOP01iの方がしっくりくる感じがしました。たぶんCOP01iが最適だと思います。


    最後にトライパスICを使ったアンプキットとの音の比較をしました。
    下の写真を見て「あ、知ってる」と思う人は、かなり古くからのA&Vvillage愛読者です。今から約8年前、A&VVillageNO37でこのアンプキットを取り扱っています。
    B2007-5-5-4.jpg


    音はどちらもかなり良かったのですが、でもやっぱり、DrAMP-Hifi Oji改に軍配が上がりました。(私見です。)
    B2007-5-5-6.jpg


    ちなみにp122に掲載されています。今でも雑誌を持っている方は、再読してみてたらいかがでしょうか。
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク