ボザール誕生物語 その2


    ――Marty101の好きなところは?

    この質問は「愚問」‥‥全てが好きです。

    B2009-2-12-1.jpg


    ――どんな人に聞いて欲しいですか?

    背広を着て音楽を聴くのではなく、普段着で演奏を楽しむ人。Jazzライブハウスで焼酎のお湯割り(梅入り)を一人で飲むのが好きな人。洒落たワインバーで「サザエさん」の家族構成について薀蓄を語るのが好きな人。野山でボーとして、風や鳥、虫たちの「演奏会」を楽しむ人。

    そして、「オーディオ装置」は「楽器」だと感じられる人。「Marty101」は音楽ソースを再生する楽器です。

    ――Marty101ユーザーとの触れ合い、イベントやmixiでの活動などについて教えていただけますか?

    時間の許す範囲、自分で交通費が払える範囲、また、呼ばれれば何処でも出かけます。mixi含め、Mail等々でもお答えします。と、云うよりも‥‥使っている人、興味のある方々の話を聞かせてください。多くの人から愛される商品を創り続けたいと思います。


    ――今後の音創り(開発)については?

    「Marty101」は「Yoshii9」を目指して創りました。が、まだまだ‥‥途中です。より、「Yoshii9」に近づけたいと思います。当面の目標は「Yoshii9」です。但し、当社らしさの音は忘れませんが‥‥


    ――Marty101で聞くなら、どういったジャンルの音楽が適していると思いますか?

    意図的に重低音(一般的に自然界には存在しにくい音)を再生したい加工音楽、以外は対応出来ると思います。音圧(風圧)を身体で感じる必要のあるジャンルは、少々不向きです。アコーステック楽器を使ったライブは最も得意かな‥‥ クラッシックの室内楽、PAを使わない小編成のJazzのライブ、民族楽器・音楽‥‥美空ひばりの演歌も‥‥聞いていて涙が出ます。


    ――Marty101は映画も楽しめるそうですが、どんなジャンルの映画がおすすめですか?

    人の声、息遣い、足音、雨の音、風の音…などなど繊細な音で映画を演出しているDVDは良いと思います。


    ――試聴室の展開についてですが、試聴者からの感想はいかがですか?

    「Marty101」は聞いてもらう事が一番です。いつでも試聴出来る場所を、全国展開する必要があります。インターネット等で「Marty101」を知ったお客さんが、試聴して納得できる環境を作る必要があります。現在、当社は試聴販売いただけるお取扱い店を募集しています。定期的なイベントを一緒に開催してお客様のご意見をたくさんお聞きしたいと思っています。

    「Marty101」の音を聴いて頂いたお客さんからは、まず「意外ですね」と云われます。外観、大きさから似つかない音をご評価戴いています。大変ありがたい事だと思っています。

    ボザール誕生物語 その1

    タイムドメイン理論スピーカー ボザールを販売して約1月が経ちました。

    お客さんの反応は様々ですが、7割ぐらいのかたが、「へぇ~結構いい音だね。」といわれます。

    無指向性のスピーカーは独特な音で、長年いわゆる普通のスピーカーを聴いてきた人にとっては、慣れない部分もあるのかもしれません。

    ただ私は、生に近い音というのは

    無指向性スピーカー

    と考えています。 このスピーカーを開発した人は、栗田さんといいます。
    最近はよく江川工房にも遊びに来ます。

    B2009-2-25-1.jpg

    上の写真は江川工房でこのスピーカーを題材として試聴会を行ったときの写真です。生粋の技術者で、エンポケにあるあやしいグッズを説明してあげたときは、目を白黒させていました。そのうちエンポケムービーで登場する予定です。
    B2009-2-12-5.jpg

    -----------------------------------------------------------------------------
    今日のテーマは、ボザール誕生物語  その1 です。


    『栗田さん』ってこんな人 ~ Audio好きの自然人

    関東平野の西果て、丹沢山系が連なる自然豊かな地に居を構え20年近く。春には山菜狩り、夏は河原でキャンプ、秋にはキノコ狩りに自然薯掘り……冬は雪の表丹沢山歩きなど。休日の過ごし方には時間が足りないくらい、事欠かない。

    オーディオは学生時代から、真空管アンプの自作を趣味とし、音楽を聴くと云うよりも自分なりの「音作り」を楽しんでいた。スピーカも自作していたが、アンプ製作が主であった為、標準スピーカとしてJBLの「Model4343」を用意した。(初任給で頭金、3年ローン…スピーカのエッジ張替えは行ったが、今でも現役)

    ところで、山や河原で感じる事なのだが、小鳥や虫の発する「声(音)」はどうしてあんなに綺麗なのだろう?どうして、あんな大きな音を出すのだろう?山で出会う雉の「ケーン‥ケーン‥」と鳴く音は驚くほど大きく、遠くまで響く。鈴虫の鳴き声(?)の中高域の響きは‥‥これらの音を再生してみたいが‥‥ムツカシイ‥‥半ば、あきらめに近い「割り切り」と自分なりに納得していた。

    Yoshii9との出会い ~ Timedomain mini/Yoshii9を目指せ
    そこに出会ったのがタイムドメイン社の由井社長と「Yoshii9」、キース・ジャレットの「ケルンコンサート」のCDを聞いた時には、鳥肌が立った。あの、気むつかしいキースの神がかり的な、ピアノ即興ライブコンサート。目の前でピアノが鳴っている。キースが唸っている、観客のため息が聞こえる。

    こんなスピーカからどうしてこんな音が出るのか、頭をガ~ンと叩かれる思いがした。このスピーカは、あの鳥の声、虫の声を再生できるのでは‥‥

    由井社長から「タイムドメイン理論」のレクチャーを受けた。社長曰く「音は波動、時間が音を創る」の言葉に「Yoshii9」の真髄を感じた。

    3年間苦労の日々 ~ 塩ビ管試作から製品化までの道のり

    そのころ、私は某大手精密機器メーカーの研究所で計測機器の要素研究を行っていた。現場の管理職で仲間と毎日夜遅くまで実験に明け暮れていた。しかしそこには現実的なユーザーの顔は見えず、悶々と時間だけが過ぎて行く毎日。

    由井社長を紹介してくれた、日本METの社長から「タイムドメインのスピーカーを作らないか」の一言で、研究所を去ることにした。この時、「Yoshii9」が私の生き方を変えたと云っても過言ではない瞬間であった。

    「Yoshii9」は30万円もする高級機、多くの人に「タイムドメイン」の音を聞いてもらう為、10分の1程度で買える本物の音を創る事を目標に置いた。外観デザイン、構想設計、機能試作を日本で行い、生産設計は台湾で行う事にしたのが2003年の春。理屈はわかるのだが、「Yoshii9」の音にならない。

    スピーカーボックス、アンプ、電源‥‥中でもスピーカーユニットは時間がかかった。10回位は試作を繰り返しただろう。幸い、部品メーカーは大変好意的だった。「このスピーカーは楽器です。私達は楽器を作ります」とお願いしながら部品メーカーを廻った。試作が出来ると、スピーカーの音を聞いてもらい、「もう少し‥‥此処を‥‥こうしたい」と御願いすると快諾して、応えてくれた。彼らも作ろうとする、「楽器」を理解してくれていたのだ。素晴らしい仲間たちによって育て上げられた「Marty101」は2005年の年末、やっとの事で台北で産声を上げた。

    PCとキューブとボザール(BauXar)

    今日のテーマを書くとき、つい頭に浮かんだのが「部屋とYシャツと私」というタイトルの歌でした。意味はないんです、何となくです。

    「PCとキューブとボザール(BauXar)」これだけで、結構良い音しちゃうんです

    と言うお話しです。


    ボザール(BauXar)はタイムドメイン理論で作られた、スピーカーです。
    無指向性のスピーカーで、アナログアンプが内蔵されています。

    大きさは2種類

    下の写真で白い煙突形をしているのがマーティ101

    B2009-2-12-2.jpg


    銀色 がジュピティ301
    B2009-2-12-3.jpg

    私がズバリお勧めなのは マーティ101
    でこの値段でこの音ならば申し分ないと思います。

    さすがに本物の低音はでないですが、聴いてみたら 「え、本当に5cmのユニっトでこんなに低音出るの?」と、思うと思います。


    エンポケは何だかんだいって普通の人のオーディオルームよりは広いので、音が届くにはそれなりのエネルギーが必要なのですが、8畳 10畳の部屋なら ウーハーなんか全然要らないんじゃないか、と思います。


    私が理想とする接続ですが

    PC又ノートPC + PRODIGY CUBE-OJIバージョン +   マーティ101

    PCは自宅にあるでしょうから、そう考えると 

    PRODIGY CUBE-OJIバージョン 33,300円
    マーティ101             29,400円

    合計 62,700

    ディスクトップオーディオでピュアな音が手に入ってしまうわけです。

    ここ重要

    本でも読みながら音楽を聴く。エンポケムービーを見るときこのスピーカーを使用する。
    など様々な使い方があります。

    接続方法は キューブのRCA出力からステレオミニジャックピンに差し込む方法が一番音がよいです。 

    B2009-2-12-4.jpg


    3月19日江川工房で このスピーカーの試聴会を行いました。その時の様子は、エンポケムービーで放送する予定です。

    その時たまたま 西出さんが少し参加したのですが、

    「これはいいよ」

    と絶賛していました。彼は位相特性の良いスピーカーを好むのでピッタリはまったのでしょう。
    又 「キューブはRCAだしが一番良かった。」と言ったら、「広瀬さんさすがですね。そのように改造しているんですよ」と言っていたので間違いないと思います。


    最後にエンポケ的音質改善方法を伝授します。
    このスピーカーの唯一の弱点は、低音が膨らみ気味になること。少し無理をして低音を出しているのでそうなるのだと思います。

    そこで利用したのが BBB(ビームバリアベルト) 弾力性があるので縛り付けるには最適です。
    開発者の栗田さんは「ストッキングをかぶせるとよい」と言っていました。
    でもストッキングよりは、BBBがよいとおもます。・・爆)

    B2009-2-12-5.jpg


    ぐっと低音がしまって本当に良くなりますよ。

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク