オーディオアクセリーの謎 その6

    オーディオケーブルの線材による音の違いは、理論的になかなか
    解明されていません。しかし「明らかに変わる」という経験をお持ちの方はたくさんいるはずです。「なぜだろう。なぜかしら。」と頭を悩ますばかりなのですが、「もしかしたら電磁波の問題が関係しているのでは」というお話をしたいと思います。
    B10-16-4.jpg


    テラクリーンをスピーカーケーブルの被覆に塗ったあと「大変音が変わった」と思いました。「それは何故なのか」という疑問が残ります。
    テラヘルツの電磁波が出ているからというのはわかっていることですから、どのような影響を与えるのか考えてみました。
    (あくまで仮説ですので、正解かどうかはわかりません。)

    「スピーカーケーブルの被覆にテラクリーンを塗布する事により
    スピーカケーブル自体の物性が変化する。
    物性が変化するというのは、熱拡散が盛んに行われるため、
    電磁波が発生し、発生した電磁波は電気信号に影響を与える。
    テラヘルツの電磁波は高周波ノイズフィルターでも取り除くことはできない。したがってスピーカーからテラヘルツの電磁波が放射され、人間の体内へと取り込まれる。人間の体内に取り込まれた電磁波は、脳波に影響を与える。」

    かなり無茶苦茶な理論かもしれませんが、仮説ですから、勘弁して下さい。

    以前から言われているように、ケーブルの線材による音の違いは
    本当は(抵抗値、純度)など全然関係ないのかもしれません。

    しかし、物性である金属(銅、銀、金)などの鉱物は、必ず電磁波を出すといわれています。しかし、ある程度のエネルギーを与えないと、強いエネルギーは放出されないともいわれています。しかし、その強いエネルギーが加わるということは、「電気が流れる事で補填される。」と考えると妙につじつまが合います。だから、ケーブルに電気が流れると、金属自体の波動を照射する強いエネルギーが与えられ、人間が感知できるほどの電磁波が放出するから「音が変わる」などと言う理論もあるのかもしれません。

    エネピッコα-genius光コースターは電気を使います。
    ハイレベルエネルギーを「電磁波」というものに置き換えた場合、
    電気があるから、強いエネルギーを出せるのかもしれません。
    それでは、電気を使わない場合はどいううことなのでしょうか。
    それは「磁石を使用することで補っている」と考えています。
    「腹巻や膝サポーターはどうなの」と言われればよくわかりませんが、
    ひゅっとすると、そんなことがいえるのではないかと思っています。
    (これも、推測です)

    あるとき、西出さんとこんな話をした事があります。
    西出さんは、「世の中にある金メッキは、ほとんど金色メッキで
    たった1回プラグを抜き差ししただけで、金メッキの意味がなくなる」
    と言う話をしています。「コバルとの優位性とは、その耐久性である。」ということなのですが、「金メッキヒューズとコバルトヒューズの抵抗値はほとんど変わらない」とも言っていました。
    また西出さんは「全く同じ条件のヒューズに片方24金メッキを
    かけ、片方にコバルトパラジウムメッキをして音の聞き比べをしたことがある」とも言っていました。それも一発勝負です。
    その時「音違ったの」と私が尋ねると、「音全然違うんだよね」と言っていました。「科学的にはすごく謎な話です。」

    私が「オーディオが面白いな」と思う瞬間は、「創造を張り巡らせているときではないか」と思っています。「音が変わる」ということは、そこになにか原因があるからだと思います。しかし原因はなかなか追求できません。物理学者が「宇宙の始まりの以前はどうなっていたのだろう。」と一生考え続ける事に等しいのかも知れません。そういうことを追求しながら、オーディオから流れる音楽を楽しむことは「非常に幸せなことではないか」と思っています。

    オーディオアクセリーの謎   終了




    オーディオアクセリーの謎 その5

    α-geniusを使用して携帯電話を充電すると、脳の脳波であるα波が増大する。」というデータを発表して、話題を集めた商品です。
    そして、Cure-αというメモリープレーヤもその装置で音楽を聴くと
    α波が増大するといわれています。
    しかし、α波が増大すると人間にとってどのような作用を及ぼすのか
    面白い資料があるのでご紹介させていただきます。

    幼児の頭の脳波はα波

    いまから約70年ほど前、オーストリアの精神医学者、ハンス・ベルガー
    博士は、人間の脳が電気的性質を持つ脳波によって働いていることを
    発見しました。ふつう、私たち大人が覚醒しているときに、脳に流れている脳波はβ波(ベーター波)と呼ばれています。β波が流れているときは、五感すべてが目覚めており、互換を通して入ってくる情報を、判断力を働かせて取り入れています。五感すべて目覚め働いているのは、私たちの顕在意識が働いているときです。視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚を管理し、感覚器官を通して、自分の体のことや周囲のとりまく環境についての情報を集め、分析するなどの情報処理をしています。
    その一方で、α波(アルファ波)が流れているときは、潜在意識が働いている時といえましょう。潜在意識は、体内の記憶をもとに過去の情報処理を担当しています。過去の出来事や自分の行動などを常に蓄積し、忘れないデータベースで、いつでも休まずに働いています。眠っているときに見る夢や直感、ひらめきは、この潜在意識が生み出しているのです。
    潜在意識は、顕在意識の90倍もの学習能力を持っています。
    人間の学習は、顕在意識で学と効果が上がりにくく、潜在意識で学習すると、奇跡と言ってよいほど、めざましい効果をあげられます。
    なぜなら、前にあったことを頭脳が思い出すのに、最もよく働く周波数の脳波がα波だからです。α波が働くときは、学習が最高に容易なときなのです。そして、6歳までの幼児の脳波は、まさにこのα波なのです。
    幼児にα波が大量に、しかも容易に出る、この仕組みこそ、自然が幼年期に学習することを簡単にするために与えたものとはいえないでしょうか。人間のために作られた「生存のメカニズム」に違いありません。

    (0歳からの遊んで覚える英語の本 ----七田 眞)





    オーディオアクセリーの謎 その4

    つい最近の話ですが、テラヘルツの製品に出会いました。
    この製品は、人工鉱石から「テラヘルツという電磁波を出す。」といわれています。その鉱石をオーディオ製品の上に乗せてみると、
    「劇的に音が変化した。」のを今でもはっきり覚えています。
    そして、なんと味まで変わったのです。

    その時今まで抱えていた多くの謎が「ほんの少し解けたような気がしました。」(あくまで推測論です)

    それは『電磁波は音質を変える。』とういうものです。

    そして、『味も変える』と
    仮定したならば、3回の『オーディオアクセサリーの謎』もある程度
    説明が付くと考えました。

    B11-1-1.jpg


    勿論、仮説ですから正解かどうかはわかりません。
    とんでもない暴論かも知れません。」
    しかし、『1つの問題提起になるのではなか』と思っています。
    皆さんはどうお考えでしょうか。 


    ---------------------------続く--------------------------------




    オーディオアクセリーの謎 その3

    「味が変わる、音が変わる。」という変化は、さらに違う方向に
    進んでいった。ジェネシスシーリーズCK-1、大海力でした。
    CK-1は部屋の4隅にピースを置き、真中に金色のピースを置くと
    「音が変わる。」という前代未聞のオーディオアクセサリーでした。
    しかし、それだけには留まらず、「味まで変わる。」というもので、
    もっと小さく4角形を作り、真中のピースの上にDNP21を入れたコップを乗せると、味が大激変します。「音と味の相関関係はやはりある。」
    そう思いました。大海力でも味が変わり、音も変わります。

    B8-28-3.jpg

    B10-31-1.jpg

    B10-31-2.jpg


    しかし、謎は深まるばかりです。「何故なんだ、何故なんだ。」
    この言葉が、いつも頭の中をよぎります。


    オーディオアクセリーの謎 その2

    第2回  アポロ光波動コースターの謎

    結界棒の謎に関しては結局わからずじまいで、その後1年以上を
    過ごしました。その後アポロ波動コースターなるものに出会いました。
    始めて見たのは2004年1月の事でした。
    20050220105832.jpg

    波動コースターからは、「ハイレベルエネルギー」と呼ばれるものが出ているといわれています。すでに、α-geniusが大変な評判になっていたので、オーディオにも使用できるものと思い、オーディオ機器の上に乗せてみることにしました。すると「信じられないほど音が変わる」という事がわかりました。そして、DNP21等の飲料水をコースターの上に乗せると非常に味関わるという事もわかりました。

    さてここで話は変わりますが、実はエネピッコも「味や音」が変わります。
    B10-30-1.jpg

    エネピッコの上にCDを乗せて、1分経った後CDプレーヤーでCDを再生
    すると、ビックリするくらい音が変わります。しかし、DPATの出現で大いなる問題が発生しました。それは、『バイナリーデータ』です。確かに、CDはデジタルだから、基本的に記録データを読み込みさえすればよいわけで、エネピッコの波動をCDに転写したからといってデータが変わるわけではありません。実際に同じCDを「エネピッコに転写して、ハードディスクに転写し、さらにメモリーから音を出すと音は変化しません。」当然データの変更もありませんでした。しかし、アポロ波動コースターをDPATの上に乗せると音は激変しました。その時に「エネピッコも上に乗せると変わるのかな~。」と思い波動コースターの上に乗せると音は変化しました。「エネピッコ結界棒アポロ光波動コースター」は(音質、味)共に変化すると思っています。
    そして、3つともトランスポーターの上に乗せたり、囲ったりすると
    音が変化します。「なんなんだ。なんなんだ。」と本当に謎だらけです。

    ---------------------------続く----------------------------------

    オーディオアクセリーの謎 その1

    本日から、「オーディオアクセサリーの謎」というテーマで
    シリーズ 何回かに分けてお話していきたいと思います。
    話の内容によって10回になるか3回になるかわかりませんが、
    付き合っていただければ幸いです。

    オーディオアクセサリーはエンゼルポケットニュースでも掲載して
    きました。

    2004年10月17日
    オーディオアクセサリーの謎インシュレーター編 ←ここクリック
    2005年2月9日
    オーディオアクセサリーの謎 ケーブル編 ←ここクリック



    第1回  結界棒の謎

    結界棒という製品を始めて見たのは、2003年9月頃だったと思います。
    最初は、「何この棒」という印象でした。
    「これをオーディオ製品の周りに置くと、音が変わる。そして味も変わる。」という内容だったのです。しかも非接触です、直接何も触れていません。ただオーディオ製品や食べ物をその棒で囲んだだけでした。
    さすがの私も大いなる疑いをもってその製品を試しました。
    しかし、私の予想を全く覆す結果でした。
    本当に音が変わり、味が変わります。信じられませんでした。

    この様子は、エンゼルポケットニュースで掲載しています。
    ここクック

    実際に「うまか棒ツアー」は行われました。「なんでかな、なんでだろ。」お客様とディスカッションしていたのですが、その中のお客様の
    1人が「何かはわからないが、ひょっとすると使用前、使用後でHP(ペーハー)が変わっているのでは」と言っていました。しかし、それは違いました。実際にHP試験紙で試験しましたが、全然変化はありません。
    しかし、多くの人が「すごく味が変わる。」と言っています。
    それこそ本当の「なぞなぞ」でした。

    B10-29-1.jpg


    B10-29-2.jpg



    ----------------------------続く-------------------------------







    大海力 育成するかも

    大海力からは、育成光線が出ているといわれています。
    9月5日にこのブログで書いた時の写真と現在の写真を比べて
    みました。

    9月5日 撮影
    B9-4-2.jpg


    10月25日撮影
    B10-28-2.jpg


    9月5日撮影の時は、ちょっと萎れ気味でしたが、いまでは生き生きと
    した感じです。大海力が全ての原因とは考えにくいですが「ひょっと
    すると、ひょっとするかもしれません。」私が最近肥えてきたのは、
    大海力のせいでしょうか?

    もうこれ以上肥えたくはありません。(^_^;)

    プロジェクトQヒューズ ダヴィンチヒューズ生産中止

    プロジェクトQヒューズと ダヴィンチヒューズ10月いっぱいで
    生産中止します。
    DV-GH1.jpg

    DV-Q1.jpg

    早いもので、ダヴィンチヒューズを生産して4年近くになります。
    その頃はまだエンゼルポケットすらありませんでした。
    ダヴィンチヒューズが初めてベストチョイスに掲載されたのは
    NO21でしす。A&Vヴレッジでいえば2002年2月19日発売のNO54号3月号です。あれから3年8ヶ月経ちます。
    最初からすごく反応のよい商品で、「あれよあれよ」という間に
    第一ロッドが完売しました。歳月を重ね、9月30日までの
    販売本数は5672個となりました。3年8ヶ月ですから、
    月130個以上1日4本以上購入していただいた計算になります。
    ローカルメールオーダーの中でも、息の長いロングセラー商品です。
    今回はプロジェクトQヒューズと ダヴィンチヒューズの生産を中止することとなりました。今後はGアポQヒューズ、コバルトヒューズ、アイソクリーンヒューズ、の3種類で販売していきたいと考えています。
    皆様長い間のご声援ありがとうございました。






    スピーカースタンド

    オーディオワールド以降ずっと山本音響工芸のスピーカースタンド
    を使用しています。以前はS-520専用スピーカースタンドを使用し
    ていました。なぜ、山本音響のスピーカースタンドを使用しているのか?と申しますと、実はS-520専用スピーカースタンド
    オーディオワールド移動中に大破してしまったからです。

    これがその残骸です。
    B10-28-1.jpg



    S-520専用スピーカースタンドは江川先生がS-520の価格に見合うように
    格安で製作してくれたスピーカースタンドでした。前日江川先生といっしょに丁寧にダンボールに入れて梱包したつもりだったのですが、会場に付くと中身が壊れていました。「え、何で」と一瞬絶句でした。「恐らく材料がダンボールと板を接着剤でくっ付けたものですから、横方向のストレスに弱く宅配の人が手で持って物を移動している最中に壊れてしまったのではないか」と思っています。
    B10-28-2.jpg


    山本音響工芸のスピーカースタンド、値段は少々高額ですが、
    すごく良いスタンドだと思います。エンゼルポケットで使用したスタンドは、これで4代目ですが、S-520には1番音がなじむような気がしています。ただし値段のお得な方は、断然S-520専用スピーカースタンドです。
    値段を選ぶか、質を選ぶか、買い物をする時の心理はいつもこの「せめぎあい」だと思いますが、皆さんなら、どちらを選択するのでしょうか。私なら1週間は悩むかもしれません。(もっと良いもの、あるのかもしれませんが?)










    赤Apollo-Sym-Synの磁石について

    Apollo-Sym-Synの磁石について。

    Apollo-Sym-Synの磁石のみ販売する事となりました。
    値段は2,600円(税、送料込)です。お客様より「磁石をなくしてし
    まった。」という問合せがありましたので、販売する事となりました。
    原則的に保守メンテナンスの為です。
    なお「この磁石を使うと前より効果が高くなるのか?」
    という質問も頂きました。
    それに関してはメーカー側は「磁石自体の性能がアップしているので
    その可能性はある。」とう事でした。しかし、効力に関しては保障できるものではありませんので、予備用としてお求め下さい。

    20050501183235.jpg

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク