さようなら2005年

    このブログを見ていただいた皆さん1年間本当にありがと
    うございました。今年最後です。

    今年もいろいろな事があったのですが、エンゼルポケットに来ていただいたお客さんと一緒に楽しく過ごすとても幸せでした。

    今年の2月から、ブログというかたちで情報発信してきました。
    「最初から多くの方が見てくれたようで」ありがたかったです。

    今年1年を振り返ってみると、「前半はアポロ、後半はGe3」だった
    ような気がします。どちらも、あやしいものですね。爆)
    その他、ジェネシスサウンド、マイナスイオン関係、テラヘルツ、といろいろなものが登場してきたわけですが、「鉱物流行(こうぶつばやり)」という年だったような気がしています。いわゆる「電磁波のような」ものです。
    ひょっとすると10年後、エンゼルポケットのお客さんは、モノを見なくても、手をかざしただけで、その製品がわかってしまうようになるのかもしれませんね。たしかに上記の商品は何かを出しているわけですから。ただあまり感じやすくなってしまうと、かえって疲れてしまうかもしれませんが。(笑)
    B12-31-1.jpg


    それでは、今年はこれで失礼致します。

    来年もよい年でありますように


    (うまくまとめられなくてすみません。(ToT)/~~~)


    マイナスイオンナノシルバーコインの評価

    マイナスイオン・ナノシルバーコインについて評論家の井上良治先生が
    試聴リポートを書いてくれました。「井上良治先生」といえば、「タモリ倶楽部」の電源タップ比較試聴にナビゲーターとして説明したこととして有名ですが、実はカラオケ教室の先生もやっているという面白い一面を持っています。夜、酒を飲んで終電がなくなると、奥さんが迎えに来るのですが、帰る方角が一緒なのでよく便乗させていただいています。とにかくプロの歌手顔負けの歌唱力です。今度カラオケ機器にマイナスイオンナノシルバーコインを貼り付ける計画を立てています。「すごい効果」が得られるかもしれません。
    (世界初かな.........爆)
    メーカーからの情報ですが、お風呂に5個入れると、かなり良い効果があるとも言われています。(今度実験します。)

    ナノシルバーマイナスイオンセラミックコイン
    オーディオ評論家井上良治

    ほぼ500円玉と同じサイズのナノシルバーセラミックコインにどれだけのサウンドアップ能力があるのか、実際に試してみた。
    定番の使い方と言われている、スピーカーのバッフル面に両面テープで貼り付けてみた。
    私のスピーカーは250リットル位、つまり大型の4ウェイシステムで貼り付ける所は沢山ある。
    B12-30-1.jpg


    しかも鉛シートが全身に張り込んである。つまり電磁波と防振対策が施されているシステムである。
    まずは1枚をトゥイーターとスコーカーの間に貼り、もう一枚をミッドバスとウーファーの間に張り込んでみた。
    B12-30-2.jpg

    B12-30-3.jpg

    イメージ的には「これで何が変わるの」という感じだ。
    たった2枚である、しかし、再生音はまさに新次元の音に変化した。
    情報量が大幅にアップし、表現の幅が大きく向上している。
    ボーカルはリアリティを高め、弦はしなやか、かつ繊細になり、空間に広がる響きが実に自然で美しい。
    ベースは力強さをまし、弾力感が音楽性を高めてくる。
    SNは確実にアップ、ノイズをアースする形で取り去ってしまう、これがナノシルバーの強みと聞いていたが、ハッキリと分かる。
    アンプに貼り付ければ、音質が一変、密度と質感がワンランクからツウランク上を示す
    貼れば貼るだけ新しい発見があるコインだ。
    電源という事で、ACタップに張り込んでみた
    B12-30-5.jpg

    B12-30-4.jpg


    これは、凄い、単なるテーブルタップがオーディオ専用の電源タップに大変身してしまった。
    うっかりすれば、オーディオ用の電源タップを上回る。
    音の骨格が基本から安定し、実に深みがあり、密度の高い音に変わったからだ。
    これは、まさにミラクル。セールストーク以上の究極のサウンドアップである。マイナスイオンがオーディオ機器のイオンバランスを整える、この効果は他のオーディオアクセサリーではありえない効果である。
    シグナルを元の形に戻すという事が、どれだけ素晴らしい事か?それを教えてくれるのが最新テクノロジーから生まれたナノシルバーマイナスイオンセラミックコインなのであろう。
    ナノシルバーマイナスイオンセラミックコインについては、いずれA&Vヴィレッジ誌にて詳しくレポートするつもりだ。
    とにかく、凄い、素晴らしい、これが感想である。

    年末年始のお知らせ。

    2005年度は12月31日まで営業いたします。
    休業日2006年1月1日(日)~2006年1月3日(火)
    1月4日(水)以降は通常どおりの営業をさせていただきます


    A&Vヴィレッジのライターでもある、流通近代化センターの大須賀さんから「風邪をひいたら、ヨーグルトを食べた方が良い」という話を聞いてから、「風邪のひき始めや、疲れたとき」などはヨーグルトを食べるようにしています。

    これは、本当に効果があります。今年1年熱を出して寝込むことは一度もありませんでした。(その他の健康食品のおかげもあると思います。)
    「飲みすぎたな」と思った時には、夜寝る前に、ヨーグルトを食べるようにしています。

    絶大な効果でした。

    興味のある方実行してみてください。










    アナログはよいな。

    お店によく来る常連のこんぺいさんはから、貴重なLPがあると聞かされ
    尚且つ「もう残り1枚しかない」と言われて、思わずLPを買ってしまいました。内容は青燕子のメンバーの1人、陳 潔麗と言う人が歌っているアルバムです。
    B12-27-2.jpg


    ちなみに同じ録音のCDもあったので、後に比較してみましたけども、
    やっぱりLPレコードの方が音が良いという結論に至りました。

    その当日はお客さんがたくさんいて、「たまにはLPでも聴きましょうか」というと、お客さんは「お懐かしいね」とか言いながら、皆さん聴き入っていました。「こういう音はCDではでない」とか「やっぱりつやがあるよな」「独特の音だよね。」とかいろいろな感想がありました。
    口をそれえてそう言うことは、「LP(アナログの音)は、やっぱり心地よく聴こえる」ということだと再認識させられました。

    そのうち、いろいろ実験したくなり、アポロ光波動コースターを下から照らしてみました。「滑らかなアナログの音がさらに滑らかになる」と思いました。
    B12-27-1.jpg

    またセイシンのアナログスタビライザーを使用すると
    SNが高くなり、聴こえない音までどんどん聴こえてくるようになりました。
    B12-27-3.jpg


    CDとアナログでは、同じ音でもまるで違って聴こえます。
    「私が小さい頃“デジタルの腕時計”が大流行しました。しかし何年かするとデジタルの腕時計はほとんど見かけなくなり、アナログの腕時計に戻っていった。」という事を記憶しています。
    たぶん、正確に時を刻むのならばデジタル腕時計の方が上だと思います。

    以前でも、どこかでお話したことがあったと思うのですが、やはり人間の本能は“質感”という物を求めるものではないかと、アナログにはその質感みたいなものが、ギューと凝縮されている。だから、心地よいのだなと、たぶんそうだろうなと、思っています。






    メリークリスマス

    メリークリスマス

    今夜はクリスマスですね。今日もたくさんのお客様がご来店してくれました。(すんみません。更新するの忘れて.時間差になってしまいま
    した。)最近秋葉原界隈でよくコブクロの曲が流れています。
    「桜」はよい曲だと思います。というわけで、CD買いました。

    B12-25-1.jpg


    いろいろなところで曲が流れているので「音質で勝負」というわけです。
    結果は、もちろんどんな店にも圧勝です。(うそ、うそ)
    こういう爽やかな曲は、マイナスイオンナノシルバーコインよく合います。(これホント)
    「なんて、あほなことやっている。今日このごろです。」

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク