3月号A&Vビレッジの集中試聴はCDプレーヤーです。

    現在サーバーに障害が起こっていて、ローカルメールオーダーのHPが見ることができないようです。ご迷惑を掛け申し訳ございません。
    次期復旧すると思いますので、しばらくお待ち下さい。

    本題


    3月号A&Vビレッジの集中試聴はCDプレーヤーです。
    私もお手伝い「設置マンその1」として現場に行ってきました。
    「2chオーディオをもう一度見直そう。」というのがテーマなのですが
    国内メーカーはだいぶ機種自体が少なくなったようです。
    「これだけ多くのCDプレーヤーをいちどきに取替えて試聴して音を比較するのは以外に難しいのかも」と勝手に思っていましたが、しかし以外にも「プロの評価もけっこう一致するするものだな。」とも思いました。相対的にはやはり値段が高いもの方が「音は良い」傾向にある。(私もそう思いました。)アナログ出しなので、ある意味ではDACが
    重要な鍵を握っています。私が感心した事は「よくもまあこんなに音が違うものだ。」という事でした。

    私はこう思います。「高いプレーヤー」を購入できる方は、そのまま購入した方が良いと思います。安いプレーヤーしか購入できない方は、やはり改造がお勧めです。
    自動車もそうでしょうが、「RX-7にカローラで勝負する場合は、バリバリチューンしか方法はない。」と思っています。どちらが楽しいか、それこそ本当の好みだと思います。(自動車に比べてオーディオは車検はないので、まだ楽ではないでしょうか。)

    これ以上はA&Vヴィレッジ3月号をご覧下さい。
    下の写真は現場写真です。

    B2006-1-31-1.jpg

    B2006-1-31-2.jpg

    B2006-1-31-3.jpg

    B2006-1-31-4.jpg

    B2006-1-31-5.jpg

    ディスクマスターがエンポケに。

    エンゼルポケットで毎週木曜日に行われている江川工房で最後の週に行われている「アナログオーディオの夕べ」に登場したEAR(イーエーアール)Disc Masterがエンゼルポケットに常時設置されることになりました。アナログプレーヤーというとどうしてもノスタルチックなイメージがありますが、最先端のテクノロジー技術の塊といえます。「なにしろターンテーブルが浮いているのですから。」LPからCDに移行して20年以上経ちますが、20年前ではできなかった技術だと思います。


    B2006-1-29-1.jpg

    B2006-1-29-2.jpg

    「ここまで聴こえるの」という音が聴こえます。
    アナログ好きな方はぜひ試聴してみて下さい

    Iego社の電源プラグ 自作しました。 その2

    電源ケーブルの自作はいろいろなケーブルの中でももっとも簡単に製作できます。まだ使用したことのない方は、作ってみて下さい。
    近日中にHPにUPします。

    8Nケーブルを1.5mに切りました。

    B2006-1-28.jpg


    被服を向いて、プラグに通します。

    B2006-1-28-1.jpg

    B2006-1-28-2.jpg

    B2006-1-28-3.jpg

    B2006-1-28-4.jpg


    丸1日エージングしました。
    製作時間は約30分でした。A&Vヴィレッジ3月号で村井さんがこのケーブルの記事を書きます。ご期待下さい。
    (雑誌買って下さいね。)

    明日はGe3イベントだぁ~

    1月27日はGe3のイベントです。

    先ほど「明日のイベントなにやるのですか?」と電話をしたら、
    キサさん曰く「うーん((+_+))思案中」といっていました。
    その後2人で「どうしよう」「どうしよう」と考えること30秒・・・・
    「エンゼルファーの続編」ということになりました。

    イージーな2人ですが、何とぞご声援を。

    Geな夕べ 
    PM6:00より開催します。

    ぜひ来て下さいね。(^_^)/~。



    Iego社の電源プラグ 自作しました。 その1

    Iego社の電源プラグ 自作しました。ロビン企画さんから、「いいものあるよ」と言うお話で送られてきたものでした。
    「IeGO社は航空機メーカーのボーイング社のパーツや原子力潜水艦のトランスなどを製造しているメーカーです。」と言うお話です。
    さっそく中身を開封してみると、「おぉ、綺麗だな」という印象でした。ケーブルに関して世の中圧倒的に銅が多いですが、銀のプラグをハイブリットすることにより又新たな音が求められるような気がしていました。

    音の聞き比べをするために、電源ケーブルを自作しました。
    ケーブルは8Nケーブルを使用しています。

    B2006-1-26.jpg

    B2006-1-26-1.jpg



    ------------------------------続く---------------------------
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク