3月号A&Vビレッジの集中試聴はCDプレーヤーです。

    現在サーバーに障害が起こっていて、ローカルメールオーダーのHPが見ることができないようです。ご迷惑を掛け申し訳ございません。
    次期復旧すると思いますので、しばらくお待ち下さい。

    本題


    3月号A&Vビレッジの集中試聴はCDプレーヤーです。
    私もお手伝い「設置マンその1」として現場に行ってきました。
    「2chオーディオをもう一度見直そう。」というのがテーマなのですが
    国内メーカーはだいぶ機種自体が少なくなったようです。
    「これだけ多くのCDプレーヤーをいちどきに取替えて試聴して音を比較するのは以外に難しいのかも」と勝手に思っていましたが、しかし以外にも「プロの評価もけっこう一致するするものだな。」とも思いました。相対的にはやはり値段が高いもの方が「音は良い」傾向にある。(私もそう思いました。)アナログ出しなので、ある意味ではDACが
    重要な鍵を握っています。私が感心した事は「よくもまあこんなに音が違うものだ。」という事でした。

    私はこう思います。「高いプレーヤー」を購入できる方は、そのまま購入した方が良いと思います。安いプレーヤーしか購入できない方は、やはり改造がお勧めです。
    自動車もそうでしょうが、「RX-7にカローラで勝負する場合は、バリバリチューンしか方法はない。」と思っています。どちらが楽しいか、それこそ本当の好みだと思います。(自動車に比べてオーディオは車検はないので、まだ楽ではないでしょうか。)

    これ以上はA&Vヴィレッジ3月号をご覧下さい。
    下の写真は現場写真です。

    B2006-1-31-1.jpg

    B2006-1-31-2.jpg

    B2006-1-31-3.jpg

    B2006-1-31-4.jpg

    B2006-1-31-5.jpg

    ディスクマスターがエンポケに。

    エンゼルポケットで毎週木曜日に行われている江川工房で最後の週に行われている「アナログオーディオの夕べ」に登場したEAR(イーエーアール)Disc Masterがエンゼルポケットに常時設置されることになりました。アナログプレーヤーというとどうしてもノスタルチックなイメージがありますが、最先端のテクノロジー技術の塊といえます。「なにしろターンテーブルが浮いているのですから。」LPからCDに移行して20年以上経ちますが、20年前ではできなかった技術だと思います。


    B2006-1-29-1.jpg

    B2006-1-29-2.jpg

    「ここまで聴こえるの」という音が聴こえます。
    アナログ好きな方はぜひ試聴してみて下さい

    Iego社の電源プラグ 自作しました。 その2

    電源ケーブルの自作はいろいろなケーブルの中でももっとも簡単に製作できます。まだ使用したことのない方は、作ってみて下さい。
    近日中にHPにUPします。

    8Nケーブルを1.5mに切りました。

    B2006-1-28.jpg


    被服を向いて、プラグに通します。

    B2006-1-28-1.jpg

    B2006-1-28-2.jpg

    B2006-1-28-3.jpg

    B2006-1-28-4.jpg


    丸1日エージングしました。
    製作時間は約30分でした。A&Vヴィレッジ3月号で村井さんがこのケーブルの記事を書きます。ご期待下さい。
    (雑誌買って下さいね。)

    明日はGe3イベントだぁ~

    1月27日はGe3のイベントです。

    先ほど「明日のイベントなにやるのですか?」と電話をしたら、
    キサさん曰く「うーん((+_+))思案中」といっていました。
    その後2人で「どうしよう」「どうしよう」と考えること30秒・・・・
    「エンゼルファーの続編」ということになりました。

    イージーな2人ですが、何とぞご声援を。

    Geな夕べ 
    PM6:00より開催します。

    ぜひ来て下さいね。(^_^)/~。



    Iego社の電源プラグ 自作しました。 その1

    Iego社の電源プラグ 自作しました。ロビン企画さんから、「いいものあるよ」と言うお話で送られてきたものでした。
    「IeGO社は航空機メーカーのボーイング社のパーツや原子力潜水艦のトランスなどを製造しているメーカーです。」と言うお話です。
    さっそく中身を開封してみると、「おぉ、綺麗だな」という印象でした。ケーブルに関して世の中圧倒的に銅が多いですが、銀のプラグをハイブリットすることにより又新たな音が求められるような気がしていました。

    音の聞き比べをするために、電源ケーブルを自作しました。
    ケーブルは8Nケーブルを使用しています。

    B2006-1-26.jpg

    B2006-1-26-1.jpg



    ------------------------------続く---------------------------

    自作スピーカーその8

    広瀬より

    ついに自作スピーカーも完成の域に達しました。
    この1ケ月の間ネットワークに調整で、かなり試行錯誤していたようです。アッシャーS-520Ⅲと比較しても遜色のない音になっている感じがします。非常にピアノの音が得意で、ピアノ単体の音ならばS-520も完敗だと感じました。S-520はすべてのジャンルに80点の音が出せるとたとえるならば、このスピーカーはピュア生音系の音楽は90点以上の音が出せると思いました。それこれも、彼(一ノ関)が生音が大好きだからだと思います。ただし、ボーカルではS-520Ⅲの方が上だと思いました。
    「やはり、モノづくりという物は、その人の性格や好みというものが、モノを通じて伝わってくるものだ。」と思いました。
    「音は人也」とはよく言ったものです。
    こんなスピーカーが自分に合うかどうかは、エンゼルポケットに来て試聴してみて下さい。 最後に今彼は、16cmのユニットの自作に取り掛かっています。 その9 その10は スピーカーの測定データについてお伝えする予定です。

    ----------------------------続き-----------------------------
    ウーファーに制振合金塗料を塗ったからかもしれませんが、鳴らし込むにつれて低音が出るようになって来ましたが、だんだん中低音が膨らんでしまいました。
    バスレフダクトに耳を近づけると、どうやら内部で飽和した音がダクトから漏れているようです。

    そこで、ダクトに吸音材を詰めてダンプドバスレフとしました。
    量感は減りましたが、ブーミー感が抑えられて深みのある低音になりました。
    もともと低音の出るユニットなので不足感はありません。

    吸音材の量を調整すれば市販スピーカーの調整にも使えると思います。

    B2006-1-25-.jpg


    ---------------------------------続き----------------------------

    ゲルマニュウムブレスレット

    私の人生は「肩こりとの戦い」という話は、以前お話ししたかと思います。「肩こり」がひどくなると下記のような状態に陥ります。

    1.頭が痛くなり→気持ちが悪くなり→やる気がなくなる。
    本当に最悪です。

    素晴らしい製品はないかと日夜捜し求め続けています。

    そんな折格安のゲルマニュウムブレスレットがあったので、「おおこれは」と思い販売する事となりました。

    以前あまりに肩こりがひどい時、「もはやマッサージでも効かない」という状況に陥りました。そんな時ある人から「針治療はホントにいいよ」と言う話を受け、急遽電話し針治療をしたことがあります。
    「ものすごい効き目」でした。


    「人間の身体にはごく微弱な電気が流れており、プラスとマイナスの電気のバランスがくずれると体調不調になる」
    と説明文にもありますが、人間の体内を流れる電気はのバランスは非常に大事で、一説には針治療は、針を刺すことにより、人間の身体をアーシングしているともいわれています。

    気、気孔」とは、人間の身体の中を流れる電気をコントロールすることともいえます。

    私は「修行」がたりないので、こういうものに頼るしかないのですが、
    肩こり解消のためなら、なんでもやります。

    でも最近は、いろいろな製品(温泉母岩、キューレット、テラネックレス,)などのおかげで、だいぶ解消されました。それらの製品群の1つとして付け加えたわけです。(けっこういいですよ。)
    もはや、コレクション化しています。爆)

    B2006-1-24.jpg

    B2006-1-24-1.jpg

    自作スピーカーその7

    トゥイーターとして使った800SJですが、やはり高域がにぎやかでピーキーな音です。
    エージングでも解消しないと考え、実験として振動板に制振合金塗料SPI-015Bを塗ってみましが、これは効果がありました。
    少し大人しくなりますが、ピーク感が減って聴きやすくなります。
    制振塗料を塗るのには、刷毛ではなく綿棒を使いました。
    使い捨てに出来ますし、細かなパーツに塗るのにはやりやすいと思います。

    試しにウーファーにも塗りましたが、暴れは減りましたが少し重くなったようです。
    量を調節して塗るといいかもしれません。
    B2006-1-22.jpg

    雪です。

    「雪の降る日は何故こんなに音が良いのだろう」といつも思っています。本日は朝から絶好超で、良い音楽が聴けています。
    お昼ごはんから帰ってきて、「店員」と店番を交代したとき、
    「音楽でもかけよう」とマウスを「プチ」と押した瞬間「お、すげえ」
    と思わず絶句でした。キースジャレットのピアノの音がまるで違います。タッチが非常によく聴き取れます。寒いのでエアコンの音はうるさいのですが、部屋全体のSNは非常によくなっているのかも知れません。
    B2006-1-21-2.jpg


    関東地方はめったに雪が降らないので、雪が降らないので「そう思う」のかもしれませんが、でもとてもよい気分になりました。
    B2006-1-21.jpg



    今日は例の「あやしいオフ会」です。
    「なにもこんな日に限って雪が降らなくても」と思うのですが。
    気合だ、気合だ、気合だ」と10回くらい言わないと、家出れないかもしれませんね。ご参加下さる方々は道中十分に気をつけてください。

    「でも家に帰れなくなっても、知りませんよ。爆)」




    ナノシルバーコインの電源への使用法。

    ナノシルバーマイナスイオンコインがすごい勢いです。
    中には「1人で15個以上」という方もいらっしゃいます。
    最初に4個買い、その3日後に9個、その3日後に4個、
    合計17個です。どうしたのですかと尋ねると「こりゃ、すごいよ」とただ1言だけでした。特にスーパーウーハーに、猛烈な効果があったようです。

    それはさておき、エンゼルポケットにある電源タップに貼り付て実験してみました。

    1つはβ-genius、もう1つはステップダウントランスです。
    ステップダウントランスは、もう忘れている方もいるかもしれ
    ないので、ご説明しますと、㈱セイシンが開発した電源タップで、
    AC200Vで受け、100Vに変換する電源タップです。ちなみに定価は20万円でした。
    何といってもたった3台しか売れなかったという、ほとんど幻の
    製品です。爆)(逆に言えば、今は貴重かもしれません。)

    B2006-1-20-1.jpg


    問題は相性が合うのかという話ですが、特にβ-geniusは良かったです。
    「アポロ特有の音がさらに洗練される」という感じです。
    特に良いのが中域です。

    B2006-1-20.jpg


    ステップダウントランスに関しては、β-geniusの10倍は構造がしっかりしていますので、「壁面、下面ではなかなか効果を発揮しませんでした」しかし前面に貼り付けると、音の分解能がさらに上がります。
    「聴いていてて、気持ちがよくなりました。」
    B2006-1-20-2.jpg


    「今ある電源タップをグレードアップさせる」という事には最適のアイテムだと思います。

    インシュレーター代わりにもなるので、1石2鳥でしょうか。!











    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク