ハーモネーターの実力

    フィデリックスが販売しているハーモネーターの新バージョンががエンゼルポケットに来ました。恐らく「これを聴いて音の違いが分からない人は 100人に1人ぐらいしかいないのではないか。」そう思いました。

    本当に圧倒的です
    B2006-2-10-1.jpg


    今回のAHS(アコーステック、ハーモネーター、システム)は本体の
    AH-120KとスーパーツゥイーターFT-120K、2台がセットになっています。
    以前のハーモネーターSH-20KはCDプレーヤー(アナログ出力)とアンプの間で接続していたのですが、今回のハーモネーター(AHS)はスピーカー端子に接続して信号をとりだし本体のAH-120Kが信号を補正して
    付属のスーパーツゥイーターFK-120に戻す方式です。
    実験しましたが、アナログプレーヤーだろうが、SACDだろうが、音がよくなります。(ちょっと不思議ですが) 


    20k以上の信号ですから、耳を近づけてもほとんど聴こえないのですが「スピーカーから流れる音楽は本当に音は良くなります。」
    (ピアノ、サックス、ドラム、ベース、)どれも完璧に近いです。「JAZZの名曲マイ・ファニー・バレンタイを聴いて思わず、涙が出そうになりました。(今まで聴くことのできない音が聴けました。(^_^)/~)高音だけと思いがちでしょうが、低音も圧倒的に違います。」

    昨日からエンゼルポケットでも常時接続しているのですが、“これは手放せません”(たぶん永久に・・・・)

    私はソフトドームのツィーターが好きなのですが、本当に高級なスピーカーについているハードドームと比べると「音の伸び」という点で負けてしまうと思っています。
    このハーモネーターを使用することによって、S-520Ⅲが10倍の値段のスピーカーに変身するといっても過言ではないかもしれません。
    B2006-2-10-2.jpg


    一ノ関さんが16cmスピーカーを自作したのですが、このスピーカーにハーモネーターを接続しただけで「超ハイエンドスピーカを超えてしまうかも。」と正直思いました。これは「絶対にお買い得だと思います。」

    B2006-2-10-3.jpg


    エンゼルポケットにて試聴してみてください。

    アクセサリー以外でこんなに感動したのはDPAT-01以来でした。



    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク