超ミステリアス エネルギープレート奇瑞

    その前に、エンゼルポケットによくお客様で青木さんという方がいます。その方は、夫婦で芝居をいているとの事です。今度7月21日(金)~7月23日(日)まで 麻布区民センターホールで「雪の女王」という芝居の公演を行なうそうなので、ご興味のある方は問い合わせてみてください。

    詳しくは ⇒ 雪の女王

    本題

    6月24日(土)に行われた地場エネルギー研究所のイベントは、エネルギープレート奇瑞についての、所長に語っていただきました。
    B2006-30-1.jpg


    エネルギープレート奇瑞は約1年の歳月をかけて造られています。
    なぜそんなに時間が掛かるかといえば、その訳は水にあるというのです。水はあらゆる情報を記録する、磁気テープのようなもので、そこにさまざまな情報(エネルギー)を転写します。そして1年をかけてゆっくりと熟成し、その水を使用して粘土を造ります。その後電気を一切使用しない釜を使用し高温で熱すると、セラミック(エネルギープレート奇瑞)が完成します。「なぜ1年も熟成させるのか」というと1年かけることによりその情報は、セラミック盤の中で永久に保持されるらです。(壊れない限り)情報というものは「入りやすいがすぐ抜ける」という欠点があるという話でした。

    私も昔Vウォーターという製品を販売していたことがあるのですが、
    同じような事を開発者より言われたことがあります。
    何しろ、Vウォーターは全くの生水で、その生の水をラジエターに少しだけ入れただけで、燃費が向上するという摩訶不思議なものでした。
    それでも排ガステストや燃費試験をすると、良好なデータが出たのです。私は、営業する時にお客さんの前で、Vウォーターをそのまま飲んだこともあります。しかし、いくらVウォーターが燃費を向上させるエネルギーを持っていても、永遠ではありません。約半年ほどで効果は消滅してしまいます。その時の事と今回のエネルギープレート奇瑞の話は、非常にリンクする点が多いと思いました。

    その後はエネルギープレート奇瑞を集まっていただいたお客様全員に2個づつ持っていただき、エネルギーを感じていただく実験をしました。
    B2006-30-2.jpg


    その後はオーディオのイベントも行い、実際に音の違いを聴いていただきました。皆さん一様に「音が変わった」というような印象でした。
    ただ私の感想では、エンゼルポケットには、摩訶不思議な商品が多くあって、例えばジェネシスサウンドのCK-1やアポロ光波動コースターなどです。それらに比べて、あまりにも摩訶不思議とはあまり思ってはいません。でもアポロ光波動コースターや、CK-1に比べても、いや今まで扱った全ての製品と比べても全然違うところがあるのです。
    それは「使用する人により音が変わる」ということです。
    具体的には、(部屋、オーディオシステム、CD音源)が同じでも、エネルギープレートをセッティングをする人がAさんBさんで違えば、音が変わって聴こえてしまうと感じられるのです。オーディオアクセサリーとは、「音が硬いから柔らかくする、くすんだ音を鮮やかにする」などそれぞれに味をつけていくものだと思っています。それは、製品自体に強い個性があるからだと思います。しかし、エネルギープレート奇瑞はそのような事は全くない、なにか捉えようなない音の変化を感じています。とにかく個性というものは全く感じません。むしろ「自分の個性が、このプレートに乗り移っているのではないか。」とさえ感じてしまいます。それはなぜなのか、全く理解不能ですが、とにかく超ミステリアスな物体だと強く感じています。

    最後は来ていただいたお客様全員に、カードをプレゼントしていました。
    B2006-30-3.jpg

    売切れ。秋吉敏子&ルータバキンCD-R

    秋吉敏子&ルータバキンマスターCD-R

    は売り切れてしまいました。

    B2006-6-28-1.jpg


    発売前にある程度ストックしていたのですが、その枚数は予約で一杯になり、その後少しずつ毎日のように入荷してもらっているのですが、ついに無くなってしまいました。「今必死に焼いている」との連絡を受けました。今度の入荷は土曜日になります。

    このマスターCD-Rは三井ゴールドを使用しているのですが、現在は市場からほとんどなくなっています。金野さんに、「よくあったね。」と尋ねると「数年前に大量に買い込んでいたのを使用しています。」と言っていました。これだけでも価値のあるものだと思います。ぜひご購入してみたらいかがでしょうか。
    B2006-6-28-2.jpg

    面白すぎる、Ge3のイベント。

    6月23日(金)はGe3のイベントが行なわれました。
    その日私は、朝4時からのサッカーを見るため徹夜状態だったので
    完全寝不足です。イベントが始まる2時間前ぐらいは「超ネムネム状態」で憂鬱したが、イベントが始まるころには、超ハイテンションモードに陥っていました。徹夜明けにはよくある状態です。そのころマロさんがイベントの為に来たのですが、その格好をみていきなり「笑いの壷」にハマってしまいました。(ほとんどラーメン屋のオヤジです。)
    B2006-6-26-1.jpg


    もう「おかしくて、おかしくて、笑えて、笑えて」どうしようもありませんでした。
    B2006-6-26-3.jpg


    その後「デジ鯛」が登場、本当にプロトタイプでした。(黒く塗ってある部分はダンボール、そこでも大爆笑)。しかし、その後私は完全に、笑いの壷にハマってしまいました。どうも接触が悪くマロさんが持っていないと音が途切れてしまうのです。
    その姿を見て「もうだめ、腹筋が切れそう」と思いました。
    B2006-6-26-2.jpg


    その後大黒アゲハをケーブルに巻く実験を再度行ないました。
    キサさんが、「これが大黒巻き(オオグロマキ)や」というと再度大爆笑してしまいました。
    B2006-6-26-4.jpg

    イベントは非常に盛り上がり楽しかったのですが、その日の私は
    ちょっと人間ギリギリ」といった感じでした。

    次の日になって、、、、
    「でもGe3の素晴らしさは、やっぱり楽しいところにあるのではないか」と再認識させられました。(こんなに笑ったイベントは初めてです。)キサさん。スタッフの皆さんありがとうございました。




    マイナスイオン イベント

    今週の週末はイベントが3回連続で続きます。

    6/23(金) 18:00 Geな夕べ
    6/24(土) 17:00 地場エネルギー研究所イベント
    6/25(日) 17:30 井上良治イベント

    6月24日(日)マイナスイオンイベントを行ないます。
    内容

    1.自作スピーカー試聴
    2.ハギレーター試聴

    です。ハギレーターは、A&VヴィレッジNO80、7月号 54ページに記事として掲載されています。試聴は初めてなので、とても楽しみです。
    明日来てくださいね。

    地場エネルギー イベント

    今週の週末はイベントが3回連続で続きます。

    6/23(金) 18:00 Geな夕べ
    6/24(土) 17:00 地場エネルギー研究所イベント
    6/25(日) 17:30 井上良治イベント

    2日目は、地場エネルギー研究所のイベントです。エネルギープレート奇瑞に関する説明を行ないます。

    テーマ
    1.地場エネルギーとは
    2.エネルギープレート奇瑞の開発目的
    3.エネルギープレートの活用法

    などです。尚少しの時間かもしれませんが、音の比較試聴も行ないたいと思います。

    下の写真は地場エネルギー研究所にお伺いした時の写真です。
    ゼロ地場ベッドというものに寝かせていただいたのですが、
    なんじゃこりゃ、えぇぇぇぇ」という感じでした。
    B2006-6-22-1.jpg

    B2006-6-22-2.jpg


    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク