7月最後のインフォメーション

    信じられないようなことがことが起こりました
    ゼッテン116は7月31日をもって全て売り切れてしまいました。
    またメーカーの在庫もすべて空っぽになっています。
    さっそくビュージック(メーカー)にも連絡したのですが、片岡さんも少し“驚かれた”ようすでした。「さらに追加して納入してください。」と連絡すると「もうあと数台しかありません。」というお話でした。たまたま秋葉原近くに来る用事があったようで、片岡慎介さんご自身が、エンゼルポケットに直接手持でゼッテン116納入してくれました。1時間ほどいろいろなお話を聞きました。

     片岡慎介さんは、音楽家、作曲家で現在エンゼルポケットで販売している、「観音鏡、ムーンラプソティ、つきの妖精たち、つきを呼ぶ音楽 ~絶対テンポ116」などを制作した方です。片岡慎介さんプロフィール

    片岡慎介さんは精神世界(スピリチュアル)も大変お詳しい方で、「幸せを開く7つの扉(チャクラ) 」という本も執筆されています。またサトルエネルギー学会のメンバーでもます。サトルエネルギー学会の会長は帯津三敬病院の医院長でもある帯津良一さんです。
    医学の世界でも、身体性(からだ)のみを治療する事に重きを置く世界から、「精神、心」といったものを含め総合的に、この人間を見直す治療に移行されつつあるようです。ホメオパシー(包括医療)と呼ばれているものです。帯津先生はホメオパシーやホステリック医療の先駆者のようなお人です。片岡さん曰く「ゼッテン116もそのような世界で活用できるアイテムである」とおっしゃっていました。また「人間だけでなく(犬、猫)というペットにも非常に役に立つ製品です。」というお話でした。ご興味のある方ぜひお試しください。

    B2006-7-31.jpg


    次回の入荷は8月10日(木)です。
    注文使用としていたお客様は、少々お待ちいただけるようお願い申し上げます。

    C.C.DUNKモニターあと4時間

    「引き続きモニター募集」は締め切りがあと4時間と迫りました。
    最初のモニター募集はわずか半日で予定人数が埋まってしまったため
    再度延長したモニター募集です。

    この一週間の間に、40人以上の方が応募されました。
    まさに「ダンクさく裂 」という感じですね。
    (決して“スラムダンク”ではありません。)

    今もしこのブログを見ている方は、「ひょっとしたら」と言う気持ちで
    応募されてみてはいかがでしょうか。



    恐るべしプラチナフォトンシート・ジェネシスサウンドTRY

    7月22日に行われた、国枝さんのプラチナフォトンのイベントは予定が大幅に変更され途中から異種格闘技のごとく、様々なアクセサリーを楽器に使用した実験が行われました。
    B2006-7-29-1.jpg

    B2006-7-29-2.jpg

    プラチナフォトンシートで音が変わることは、もう何度も実験しています。しかし、プラチナフォトンシートと同じレベルもしくはそれ以上に「楽器で音が激変するものはあるのだろうか」というお客さんの疑問に国枝さん実験してくれました。
    B2006-7-29-3.jpg

    B2006-7-29-4.jpg

    そんな中でも、激変中の激変を演出してくれた製品はジェネシスサウンドTRYでした。吹きかけても音は変わり、弦楽器ならば少量テッシュに吹きかけて、弦を掃除しても音は激変します。
    B2006-7-29-5.jpg


    当日は、二胡(以前エンゼルポケットで販売していた)ものを使用して実験しました。ここ1年以上音も出していないので、音がまともに出ません。少し慣らすために弾いていくと、少しずつ音が出るようになりました。その後量テッシュに吹きかけて、弦を拭くと音が一変しました。またエネピッコの波動マスターの代わりに、上にのせて転写しても
    激変します。その後バイオリンでも、ギターでも実験しましたが、ほぼ同じように激変しました。数万円以上レベルの上がる音がするとギター演奏をしていただいた人も言っていました。
    B2006-7-29-6.jpg

    その後は、本題であるプラチナフォトンの話に戻り、ビデオを見ました。足上げの筋肉トレーニングをしている人が20kgの重りだと5回しかできないのに、プラチナフォトンを体に巻いただけで
    10回以上できるようになっているシーンをみて「すごいな」と思いました。

    最後はプラチナフォトンサーモの体感をお客様にしていただきました。国枝さんの話によれば「現代人は、体が氷のように硬くなっているます。プラチナフォトンサーモを使用すると、その氷が溶けていきます。そうすると血行がよくなり新陳代謝が活発になり、体のむくみが取れ健康になる」というお話でした。


    プラチナフォトンは「音、健康」に両方効くすごい商品だと改めて実感させられました。






    井上先生のイベント。

    7月30日(日)に行われる、イベントの内容が決定しました。

    イベント情報

    7/30(日) 17:30 井上良治イベント

    内容:

    ●世界初 ~(おそらく)マイナスイオンM
    Cステップアップトランスの試聴。

    ●ハギレーターの試聴

    マイナスイオンMCステップアップトランスは、A&Vヴィレッジの9月号に掲載予定の製品です。井上先生も「恐らく世界初だろう。」と言っていました。もう一つは、前回に続きハギレーターを試聴します。
    ぜひお立ち寄り下さい。

    B2006-7-2-4.jpg

    爆睡大王 モニター報告

    本日のエンゼルポケットニュースは爆睡大王のモニターレポートが届きましたのでご報告させていただきます。(あ、エンポケニュースではなくブログでした爆)

    松田様レポート本当にありがとうございます。

    B2006-7-7-1.jpg


    爆睡大王モニターレポート  関東地方 松田様

    今回私とかみさんの二人で使用してみましたので、あわせて報告させていただきます。

    まずはかみさんの方ですが、今までは羽毛系の枕を使用していました。夜中に目を覚ますと頭のあたりに寝汗をかいていることがあったようですが、この枕にしてからはそれがないそうです。これからの季節は熱帯夜が続くことがあると思いますが、この枕は良さそうです。

    使用してから2日目の朝にかみさんが、「これって健康グッズなの?」と言いました。何故そのようなことを聞くのかと尋ねたところ、以前出ていた指先の湿疹が再発したり、どうも自分の体臭がいつもより強く感じるというのです。(ちなみにかみさんの鼻はかなり敏感です)いわゆる好転反応が出ているようです。この枕懐かしい臭いがしますが、朝鮮人参の種の香りが効いたのでしょうか?その後すぐ症状は消えました。肝心の寝心地ですが、ちょうど梅雨でムシムシした日が続いている時で
    したので爆睡まではいかなかったようですが、まずまずという感想でした。

    続きまして私の報告ですが、私はこれまで低反発系の枕を使用していました。この爆睡大王は堅い枕なので正反対の枕になります。まず驚いたのは目覚めたときの姿勢です。寝たときのまま(今回はあおむけで寝ました)でした。私は寝相が悪いと思っていたのですが、もしかしたら枕のせいだったのかもしれません。

    自分なりに分析してみると、この枕は堅いといってもひとつひとつの種は堅いけれど、それが沢山入っていて頭の形に沿って変形するため、しっかりと頭を固定してくれること、そして種はある程度の大きさの粒度をもっているので、通気性が良いことが寝やすさにつながり、寝たままの姿勢が維持できたのではないでしょうか。日本に昔からあるそば殻の枕に似ていますが、朝鮮人参の種の香りは心を落ち着かせる感じがするので、さらに良いのかもしれません。

    その後色々な姿勢で寝てみましたが、うつぶせでこの枕を使ったら首が痛くなってしまいましたので、うつぶせで寝る方にはお勧めできません。

    モニターレポートを書き上げたのでかみさんに、「久しぶりに使ってみる?」と言ったところ、うん、戻してから肩こりが気になるから使いたいと言われてはっとしました。私は肩こりで悩んでいるのですが、確かに楽になっていました。ひとつでは足りないようなので、購入させて頂きたいと思います。

    以上簡単ではありますが、モニターレポートとさせて頂きます。
    どうもありがとうございました。

    Ge3イベント (マニアは恐るべし)

    7月28日(金)は月1回恒例の「Geな夕べ」が開催されます。
    ところでマニアというものは恐ろしいですね。Ge3でもローカルメールオーダーでも脈々(車用)は、月曜日の夕方までの時点でインターネットにもアップもされていませんでした。しかし、この1週間で、すでに相当数の数がエンゼルポケットで売れています。もちろん店員さんがきちんと商品説明しているからなのです。特に先週の日曜日は高野さんが1日で3個も販売しました。また月曜日は、わざわざお客様電話があり
    「すでにエンゼルポケットで販売されていると聞いたのですが、在庫ありますか」という問い合わせがありました。また「脈々(車用)を2個使いすると更に良くなるという話を聞いたのですが本当ですか。」といわれたので、「その話はどこで聞いたのですか」と尋ねると「どこかの掲示板に掲載されていました」という話でした。電話が終わったのち、しみじみと考えてしまいました。

    お客さんのほうが俺より情報詳しいじゃん

    という事を。


    その後、午後になってGe3に電話しました。あいにくキサさんは不在だったのですが、上記で話した件を藤田さんに話したら、「いや、私も知らない。」といっていたので、さらにビックリしました。
    続いて「イベントは何を行うのですか」と藤田さん聞いてみたのですが、「まだまとまっていません。」という事でした。「相変わらずですね」と答えると「まあ、いつもの事です。」と笑いながら言っていました。
     恐らく、今回のイベントは新商品の「脈々」についての解説と試聴実験だと思います。以前販売していた、要石延長ケーブルよりも更にバージョンアップしているというお話でしたので、大変興味深いです。ぜひお集まりください。(予想が外れていたら、再度新情報更新します。)

    2006-7-25.jpg

    ゼッテン116登場。

    以前このブログにも書いたと思いますが、6月中旬に片岡慎介さんにお会いしました。その時ゼッテン116についても詳しい説明をしていただきました。その後、エンゼルポケットにゼッテン116が送られてきたので、さまざまな音質実験したのですが、本当に音は激変します。
    もう怖いくらい変わってしまいます。アコースティックハーモネーターの時もそうだったのですが、高い周波数の音が出ると非常に情報量が高くなり、バラード系の音楽の音はやわらかくゆっくり聴こえます。また低音は引き締まり、「ぶよぶよ」というようなボンつく感じがなくなります。ハイスピードの音は、ゆっくりは聴こえません。さらにテンションが上がっていくように聴くことができます。おそらく情報量が格段に上がったためと推測でしきます。
    先週の月曜日ティートックレコーズの金野さんがCD-Rを納品する為、エンゼルポケットに来たとき、ゼッテン116を聴いていただきました。曲はもちろん秋吉敏子&ルータバキンCD-Rでの音の変化を聴いていただいたのですが、「いや、低音がよく出ますね。」と言っていました。直接録音した人が言うのだから、間違えはないだろうと思っています。


    B2006-7-19-2.jpg

    写真を見ていただくとわかると思いますが、ゼッテン116は、周波数は約22~58kHzで1分間に116回のタイミングで高周波を出すことができます。また、そのタイミングを58や29に切り替えることも可能です。一番右側に斜めの目印がついていますが、そのところがちょうど30khzです。周波数や、テンポを変えても音は変わります。つい最近発売した、
    つきを呼ぶ音楽 ~絶対テンポ116」というCDの中にも、テンポ58と116の違いを解説していますが、確かにアップテンポな曲は116、スローバラードは58の方が良い感じがします。ぜひエンゼルポケットにて試聴してみて下さい。

    C.C.DUNK モニター募集殺到

    昨日から今現在までの、わずかな時間でC.C.DUNK モニター募集のメールが山のように届きました。こちらとしては非常に驚いています。
    すでにこれほど数が出ているので、「そんなにはモニター募集はないだろう。」と予想していた私ですが、読みが甘かったと深く反省しています。そこで、若干名ですが、引き続きモニター募集を続行させていただきます。期間は7月31日までです。今度は抽選とさせていただきます。尚モニターで先着順にメールをいただいた方は、これからメールさせていただきますので、しばらくお待ち下さい。明日以降順次発送させていただきます。またモニター募集していただき、先着順の中に入れなかった方も、8月1日以降そのまま抽選させていただきますので、再度応募されなくて結構です。ウルトラクイズでいえば敗者復活戦という
    感じです。(ちょっと古いかもしれません。)

    それにしてもC.C.DUNKは恐るべき製品だと感じています。

    C.C.DUNK 大好評につきモニター募集開始。

    発売1週間で100枚を突破
    今更ながらですが、C.C.DUNKのモニター募集を行います。

    1.ccd-ipx / for I pod   2名
    2.ccd-mux / for Automobile 3名
    詳しくはこちらのページご覧ください。
     

    → ここクリック


    DrDAC復活。

    7月6日の日に、「DrDACの生産が中止され、在庫も残り1台となりました。」というお話ししましたが、話が急転直下して、引き続き販売する
    こととなりました。何でも「エゴシステムズの中のESIブランド部門をsamickという韓国の大手楽器メーカーが買収したため、今後は、(株)samick楽器 日本支社がDrDACを輸入販売を行う」 という話でした。
    実際にsamickの営業の方とお話しして、今後の販売についての打ち合わせしました。以前販売していた。パワードスピーカーやjule@も引き続き販売できそうです。さらに詳しい情報が入り次第順次お伝えする予定です。
    B2006-7-16-1.jpg

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク