コンサートのお知らせ。

    バイオリニストの国枝泰子さんについてはこのブログで何度もご紹介していますが、彼女はバイオリンの他に二胡も演奏しています。
    国枝さんの二胡の先生は、姜建華(ジャン・ジェンホワ)さんといい、二胡の演奏者として世界的に有名な方です。そんな姜先生と姜先生が指導している二胡合奏団のコンサートが11月3日に四谷区民ホールでコンサートを行ないます。国枝さんも二胡の演奏でコンサートに参加されるようです。興味のあるかぜひ足を運んでみてください。


    この演奏をエンゼルポケットの店員である一ノ関がビデオ撮影を行なう事になりました。

    B2006-10-27-3.jpg


    前回のイベントの時、「生録歴3年で、月に1度は生録のお手伝いをしているので、腕は確かだ」と国枝さんに話をしたところ「じゃぜひお願いすます。」ということでビデオ撮影することとなりました。

    私も当日コンサートに参加し、録音風景などを皆様にお伝えする予定です。また録音した音をエンゼルポケットでも聴けるようにしたいと思いますので、今後の展開にご期待下さい。

    B2006-10-27-1.jpg


    B2006-10-27-2.jpg

    祝 ゴールドディスク

    エンゼルポケットで販売している秋吉敏子&ルータバキン スーパーカルテットがスイングジャーナルのゴールドディスク大賞に選ばれました。秋吉敏子さん及びティートックレコーズ関係者の皆さんには心よりお祝い申し上げます。
    B2006-10-26-1.jpg

    11月1日より秋吉敏子&ルータバキンスーパーカルテットのプレスCD盤が
    全国発売されます。もうすでに、マスターCD-Rを持っている方も、もう一枚プレス盤を購入して、音の聞き比べなどしてみるのもいかがでしょうか。
    B2006-10-26-2.jpg

    ちなみに三井ゴールドディスクを使用しているからゴールドディスクという意味ではありません。(爆)


    井上先生のイベント

    エンゼルポケットには、搬入すらできなそうなそうで、地震が来たら下敷きになりそうな、ハイエンド製品がたくさん並んだ、インターナショナルオーディオショウですが、何故か毎年このイベントだけは参加しています。

    お金がすべてではないと思うのですが、あれだけ物量は圧巻で、今年特に音が良かったような気がします。
    B2006-10-21-2.jpg


     どのブースも、「ここ数年で一番お客さんが混み合っていたのではないか」と思いました。中には人が一杯で入れないブースもありました。私が一番印象に残ったのは、GERMAN PHYSIKSで「あいかわらず、すごい音を出しているな、あのスピーカこそ、ある意味、究極のスピーカーかな」と改めて思いました。時間がたつと普通は印象が薄れるものだと思いますが、それでもなお、あれだけの印象を与えるのですから、やっぱりあれは本物だと思いました。
    B2006-10-21-1.jpg


    本当のことを言えば、井上先生がタオックのブースで公演をするので、それを見に行こうと思ったのですが、時間を間違えて、お昼頃に行ってしまいました。相変わらずアホな私です。井上先生ごめんなさい。
    今週は

    イベントの情報をお伝えします。

    マイナスイオン講座
    講師 井上良治

    10月29日(日) PM5:30 
    内容:マイナスイオン・エア・チューニングパネルの実験。


    追伸
    以前(仮称)マイナスイオン・ドット・パネルとお伝えしましたが、やっぱり仮称でマイナスイオン・エア・チューニングパネル組立キットになりました。


    10月 Geな夕べ

    イベントのお知らせ

    Geな夕べ開催
    10月27日(金)
    PM6:00より

    イベント内容 

    ケーブルに丸(まる)を3個使用するととんでもなく音がよくなる
    と連絡をいただきました。「またまた、そんなバカな」と思いたくなりますが、ぜひ皆さんで確認してみましょう。ガセネタだったら、思いっきりブーイングお願いします。
    (こんな予想はいつも裏切るGe3です。思いっきり期待しましょう。

    秘密のプロジェクター オフ会

    10月15日に行なわれた秘密のプロジェクターオフ会は無事終了しました。

    このブログにも度々登場してる、こまちゃさんのPIANO改造の最終形を見せていただきましたが、もうこれ以上は手を付ける事ができないと言われるほどの改造が施されていました。特にマイナスイオン・ドット・フィルムとナノシルバーコインは、以前中身を見たときには、付いていないものでした。こまちゃん曰く「マイナスイオンチューニングをすると、画質にザラザラ感が無くなり、画面を見ていて目が疲れない」とも言っていました。

    B2006-10-20-1.jpg


    次は、本題であるDVD-1803をチューニングしました。このDVD-1803というプレーヤは中国製で1万円です。このDVDを簡単なチューニングでどのくらいよくすることができるか、というのが今回のテーマです。

    B2006-10-20-2.jpg

    B2006-10-20-3.jpg

    B2006-10-20-4.jpg

    B2006-10-20-5.jpg


    すごい変化がありました。一言で言えば、抜けのよさで、モヤモヤ感が払拭されていました。ただ元が安すぎるので、ある程度の限界は感じました。やっぱりEVDにはかないません。
    最後にPIANO+HELIOSですが、これは圧巻でした。
    スターウォーズは2年以上見続けていますが、今までで一番良かったと思います。

    CCDUNK モニター報告 第6弾

    本日は C.C.DUNKのモニター報告をさせていただきます。
    B2006-10-18-1.jpg


    C.C.Dunkの感想・追記
    感想が遅くなり、申し訳有りません。

    音質については、他の方達が既に的確なインプレッションを寄せておられますので、私はビジュアル用途について書かせて頂きます。

     地上波デジタルハイビジョンTVで実験してみました。
    パナソニックの36D50・・・・・只ボンネットの上、中央辺りにちょこんとC.Cを載せてみただけで・・・・・画質が「高純度化」しました。

     AUDIO機器の「音質の向上」より、ビジュアルの画質の高性能化の方が、私の自宅・手持ちの機材では、より顕著でした。

     ディスプレの性能が優秀であれば、C.Cによるこの「嬉しい変化」は、誰もがハッキリと確認出来ると思います。
    AUDIO用途の「音質向上効果」について。

    1、車載AUDIOでの効果が、とても解りやすいように思います。これも只C.Cを置くだけでOKです。

    2、家庭用AUDIO機器では、「高周波ノイズ対策」の副作用の無い担い手として活躍してくれます。

    C.C.Dunkの感想・追記
     ・・・・・画質と音質、どちらにも良く効きますが、画質をこれほど純化するアクセサリは、本当に稀だと感じました。
     音質に比べ、画質の向上効果はほんの少しというアクセサリが殆どですから・・・・・・。

    深山の石清水

    少し前ですが、「深山の石清水」という商品を発売しました。
    この製品はアルカリイオンボールと中身は同じものです。
    私はアルカリイオンボールの方を先に使用していました。ただしペットボトルに入れて飲むことができる製品としてすごく魅力を感じています。

    最近では各スーパーで水を無料で配布してるところも多いと思います。
    我が家の近くにあるライフでは、容器代3.8Lの380円で販売していて、その後の給水は無料です。我が家ではその水の中に、アルカリイオンボールを入れて飲み水としています。純水といって売られているのですが、さすがに「有料のミネラルウォーター」にはかないません。しかし、この水を+アルカリイオンボールならば、かなり近い味になります。

    「アルカリイオンボール」や「深山の石清水」は、半永久的に使用でき、効果は変わりませんので絶対にお得です。この原理は温泉と同じで、温泉が還元水なのは、地中に岩があるからです。劇的な環境変化がない場合は、100年前の温泉であっても現在の温泉で母岩がある限りは還元水であり続けます。このセラミックボールも天然素材で作られたセラミックボールなので、原理は同じです。
    B2006-10-21-1.gif


     セラミックボールからは、豊富なマイナスイオンが常時放出し、水を還元化します。マイナスイオンは1cm3あたり1分間で約3万個という天文学的量を誇ります。

    伊東家の食卓のような裏技とは行きませんが、このブログを見ているお父さんは、ぜひポケットマネーで購入していただき、奥さんと一緒にスーパーいって、「この水に『深山の石清水』を入れると、安くてうまい水ができるよ」とアドバイスしてみて下さい。

    水は毎日飲むものだから、安いコストでおいしい水を
    by エンポケ



    朝鮮人参種マクラ『爆睡大王』 モニター報告

    本日は、朝鮮人参種マクラ『爆睡大王』についてモニター報告が届きましたので、お伝えいたします。

    現在私が使用している快眠グッズは、この『爆睡大王』とマイナスイオンアンクレットです。それこそ「足の先から頭のてっぺんまで血液サラサラ」といった感じで、たまに実家に帰ったときなどこの両方を使わないで寝ると、朝起きたときの爽快感がまるで違います。
    B2006-7-7-1.jpg

    朝鮮人参種マクラ『爆睡大王』 モニター報告

    熊本県 M様

    普段、1日最低5キロ以上歩く習慣がついている私にとって、これほど長期間「運動不足」にならざるを得ない事は、初めての体験でした。
     私は元々、身体を動かす事が大好きな人間で、良い按配に「心地良く疲れてないと」夜、なかなか寝付けない性質です。

     爆睡枕の御蔭で、睡眠不足に成る事も無く、無事仕事にも復帰する事が出来ました。

     不思議ですが、この枕は良く眠れます。そして、朝の目覚めが実に爽やかです。

     モニタに選んで頂いて、本当に有難うございました。

    プラチナフォトンとテラクリーン・・・にている。

    以前エンゼルポケットニュースで、テラクリーンなど人工鉱石粉体製品群を発売するにあたり、人工鉱石粉体の板の上に氷を乗せてた実験をしました。あの板は、セラミック板のようなもので、熱伝導率が高いわけでもないのに、氷がどんどん溶けていく不思議なものでした。「熱伝導率が高くもないのに、何故氷が溶けるのか」という疑問は人工鉱石パウダーの熱拡散率が異常に高いのでことが1つの理由です。

    その他波動エネルギーが深く関わっています。
    (この場合の波動エネルギーは格子運動のことを言っているので、
    エンポケで普段使われている波動とは違います。)


    先日行なわれたプラチナフォトンのイベントでも上記で述べたような実験をしました。プラチナフォトンの原料で製作したセラミックの上に氷をのせると、同じ大きさにの違う材質のセラミックに比べて素早く氷が溶けていきます。

    B2006-10-17-1.jpg
    (置いた直後)
    B2006-10-17-2.jpg
    (約2分後)

    この光景を見た瞬間「に、似ている、あまりにも、似ている」と思いました。
    ちなみにこのセラミックの小型板を自動車の燃料タンクの中に入れると
    燃費が向上するらしいです。

    テラクリーンやプラチナフォトンが「水や炭素」などのクラスターを小さくする事も、共通しています。お互いに「シーツや腹巻き」など商品がありますが、似たような効果があるから同じような製品ができあがっているのです。

    Apollo-Syn-Sym レポート

    本日は久々にアポロ製品についてです。

    以前お客様より電話でこんなことを言われたことがあります。「新車を買って1年後くらいに、アポロシンシンをバッテリーに取り付けました。新車の場合は初めての車検が3年なので、初回の車検でバッテリーは交換するものと思っていたのですが、ディーラーの人から『バッテリーは新品同様で、交換しなくても大丈夫そうですね。』と言われました。アポロシンシン以外に原因は考えられませんので信じられませんでした。」という内容です。私もちょっとビックリでしました。

    私の自動車も、もうすぐ車検なのでちょっと楽しみではあります。でも私の場合は、「いろいろなものを付けすだよ。」とお客さんからよく指摘されます。爆)

    お客様よりレポート届いています。
    B2006-10-16-1.jpg


    アポロシンシンを一つはバッテリーアト一つはシガーライターに取り付けて600Km走ってきました。

    エアコン使用は走行の70%です。

    燃費が16.5Km/L
    バッテリーだけの時と2Km/L伸びています。
    B2006-10-16-2.jpg


    ★タイヤのノイズ減少
    ★エンジン音が静かになる
    ★トルクの向上
    ★オーディオの音質向上

    ビックリしたことは途中、雨が降り出かける前より車が綺麗になりました。

    2個付けると性能が倍になります。
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク