さようなら2006。

    皆様 2006年は 本当にお世話になりました。

    2006年最後のテーマは、DDAC-ProProです。
    前回 DDAC-ProProをこのブログで紹介したのは夏だったんですね。
    もうあれから半年も経っているとは思ってもみませんでした。

    前回の記事は →ここクリック

    あの時青木さんが「買う」といっていたDDAC-ProProがついに完成しました。
    B2006-12-19-1.jpg


     前回のものとはケースが全然違います。今回は本製品なのでいつものDDAC専用ケースに収められています。このケースは、高ダイナミックレンジ特性を生かすための徹底的なシールド構造になっていて、上蓋は完全非磁性体、さらに基盤が底板から浮いてる状態になっています。
    この設計は航空宇宙産業関連さらに日本最高峰F3000レース用エンジンをも設計していた技術者がその機械的理論を駆使して手がけています。


    いつものようにパネルを使った簡単な説明が始まりました。

    B2006-12-19-2.jpg


    その後試聴開始です。
    B2006-12-19-3.jpg


    音が出た瞬間「いやはや」という言葉が思わず出てしまいました。もう本当に何も言う言葉が見つかりません。

    そしてここで話は終わらないのです。
    次の日にはいよいよ青木さんのお宅に納品です。
    明くる日の午前11時ごろ青木さんのお宅に到着しました。修理に出していたDPATも本日到着していました。そしてこの特注DPAT01はメモリー仕様に改造されています。(これは本当に期待大です。)

    そこから接続作業に取りかかりました。しかし、接続が終わり、いざ音を出した瞬間、問題が起こりました。音がクリップしてしまうのです。DDAC-ProProの出力が大きすぎるために、QuadratureのDSPではうまく合いません。仕方がないので、DPAT側でデジタル出力を下げて試聴しました。しかしこれだと完全にビット落ちしているので凄くもったいない話になってしまいます。 同時にこのDACの特徴である分解能136dBがうまく発揮されません。
    そこで、来年西出さんがアッテネーターを自作してアナログ側でうまく出力ダウンさせるという方法をとることになりました。 

    B2006-12-19-4.jpg

    B2006-12-19-5.jpg

    B2006-12-19-6.jpg

    しかし今回のことでますます西出さんは便利な人だと痛感しました。西出さんは本当に十徳ナイフにように何でもできる人です。来年アッテネーターが完成した暁には再度おじゃまする予定です。

    DPATメモリー仕様+DDAC-ProProの完璧な音を大変期待しています。



    2007年も皆様にとって良い年でありますように



    とどめ 礎(いしずえ) 販売中止。

    皆様に愛されてきた トドメ の生産終了しました。
    エンゼルポケットの在庫も無くなりましたのでお知らせいたします。
    また来年早々、礎(いしずえ)も販売中止します。
    何故かといえば、来年はから、礎(いしずえ)+とどめが合体したような、新型インシュレター(新・礎)が登場します。本日キサさんより写真をいただきました。


    ガンダム好きな私としては、下の写真を見ていると、サンショウウオというよりはジオンが開発した新型モビルアーマーという感じがしてなりません。
    そしてキサさんには「ハハハハハ、この(新・礎)が量産されたあかつきには、海外製のインシュレータなどアッと言う間に叩いてみせるわ」と言っていただく思っています。爆)

    B2006-12-18-1.jpg



    来年の「Ge3な夕べ」は

    この製品がテーマになります。

    2006年最後の Ge3イベント報告。

    前回に引き続きまたまたやってしまったストヒバーガーですが、ある一部のマニアの間で大流行のようです。

    ストヒバーガーとは、スピーカーやCDプレーヤなどオーディオ機器の間にストーンヒーラーで挟んで、結線していくと「音がよくなる」というという、前代未聞の荒技です。その究極的手法に、一部で引田天功も真青という声が上がっているほどです。

    解説図:はこんな感じです。Ge3で図面を作成していただきました。
    B2006-12-17-2.gif


    当日も上記図のように再現していきました。
    B2006-12-17-1.jpg

    B2006-12-17-2.jpg

    B2006-12-17-3.jpg

    B2006-12-17-4.jpg


    1つ1つ確かめながら、慎重に作業していきました。今年最後のGe3のイベントだったこともあり、たくさんのお客さんが参加してくれました。そして皆さんの目は真剣そのものでした。

    イベントが終わった後お客様に「どうでした。」と尋ねてみました。「いや、凄いですね。でもこれは体感しないとわからないですね。理屈もわからないですし。だから逆に来て良かったです。」と言っていただけました。私もまさに同感です。


    あとがき

    ストヒバーガーについては「何のアースなのか? ループっていったい?」とういう大いなる疑問は残りますが、もうキサさんとも5年近くつきあってきて、未だに論理的な説明を受けたことは一度もありません。ただ不思議なことに音は変わるのです。その辺がGe3の真骨頂でもあり楽しいところでもあると思っています。

    もう3年くらい前のことですが「Ge3て何ですか」と言われたときに「オーディオが好きな関西のお笑い集団のようなものでしょう。」と言ったことがあるのですが、お客さんは「面白そうじゃないか、片っ端から商品送ってみて」といい、凄い数の商品を買っていただいたことがあります。もちろんそのお客さんは、その日以来すっかりGe3製品にはまってしまったみたいです。

    とかくオーディオというものは、小難しく考えがちなのですが、Ge3はその「小難しさ」に対して大きな風穴を開けたと思えてなりません。

    1月はついに新商品が登場するようです。ぜひGe3な夕べご参加下さい。

    2006年「Ge3な夕べ」に参加していただいた皆様、
    大変ありがとうございました。


    来年もよろしくお願いします。

    パワーガーリックで元気もりもり

    今月の新製品でパワーガーリックという製品の販売を始めました。
    B2006-12-16-4.jpg

    にんにくが体にとって素晴らしい効果を発揮することは以前より知られています。しかし「何が素晴らしのかもう少し具体的に話して欲しい。」という要望がメールできましたので、ここで少しご紹介させていただきます。

    デザイナーフーズ・プログラム

    ニンニク効果の素晴らしいさを語る上で忘れてはならないことは、特に1990年にアメリカ国立ガン研究所が中心になり、ガンの予防に食品がどのような機能を果たすかを、科学的に解明することを目的にスタートしたデザイナーフーズ・プログラムです。

    デザイナーフーズプログラムは、以下4つのテーマに基づいて行なわれています。

    ①野菜や果物などに含まれるガン予防の有効成分を、科学的に分析する にはどうしたらよいか、その方法を確立すること

    ②有効成分を試験管だけでなく、動物実験、最終的には人間に投与して 評価すること。

    ③ガンを抑制する因子がどのように作用するか、科学的根拠を解明する こと。

    ④実際にガン予防などの機能を持った食品や飲料をつくりだすこと。

    そして、ガン予防効果の可能性があるといわれている約40種類の食品を、ピラミッド方式で発表しています。
    デザイナーフーズ・プログラムの中心人物カラゲイ博士によれば、このピラミッドの上位に位置するものほどガン予防の効果が高いとされ、ニンニクはそのトップにランクされています。
    B2006-12-16-1.gif

    ニンニクにガンの予防効果が期待される背景には、主にアメリカで行なわれてきた免疫学研究の成果があります。

    1989年、アメリカ国立ガン研究所と中国北京ガン研究所の共同研究により、ニンニクとガンの発生に関する最初の疫学データが示されました。
    その後イタリアやアメリカでも研究発表がなされています。こうした疫学研究に加え、科学的な成分研究の結果、ニンニクに含まれるイオウ化合物にガンの発生や増殖を予防し制御する作用があることが報告されています。

    ニンニクを潰したときに強力な臭いがしますが、これがイオウ化合物でその中心的な成分がアリシンと呼ばれるものです。
    ニンニクにはイオウ化合物を中心とする多くの有効成分が含まれ、これらがガン予防をはじめ、脳卒中、心臓病などの生活習慣病や老化、美容、強壮などに対して相乗効果をもたらすものだと考えられています。

    ● 主たる野菜/果物のイオウ化合物含有量の比較
    ニンニクは、野菜/果物の中でイオウ化合物を飛び抜けて多く含んでいます。このことが、ニンニクがデザイナーズで高い評価を受けた理由のひとつです。
    B2006-12-16-2.gif


    つまりニンニクを食べるとということは、万病に対しての良薬ともいえます。しかし一番問題になるのは「臭い」ではないでしょうか。つまり健康に良いということは分かっていても、あの「臭い」のおかげでつい食べるのを控えてしまう。ということは日常的に起こっている現象ではないかと思われます。私も「あのラーメン屋のにんにくぎょうざうまいんだけどな。とか、このラーメンは、すりおろしニンニク入れると凄くおいしいんだけどな。」と思うときがありましたが、「でもこれからお客さんに合わなければいけないから」とい事情で断念しなければいけない事がたくさんありました。

    そこで本来のパワーをいかしつつ、飲んでも臭わない新世代のガーリックとして登場したのが「パワーガーリック」という製品です。

    主な内容
    パワーガーリックは、臭い成分のアリシンの力に着目し、自然農法で栽培された粒選りのガーリックを超低温冷凍乾燥機で3倍に濃縮し、ハイテク技術を駆使して、アリシンができる直前の状態で安定させることに成功しました。しかも、タブレット表面は二重にコーティングされた3層構造なので、臭いを気にせずに摂取することができます。」

    私も実際にこの2週間飲んでみました。
    B2006-12-16-3.jpg

     まず顕著に感じたのが、飲んで1時間くらいたつと体が温まってきます。ちょっと火照るような感覚です。その後、非常に頭がさえてきて、仕事に対する集中力が高まります。また「疲れているな~」と感じたときに飲むと、数時間後異常に体が元気になります。よくスポーツ選手が「ニンニク注射をうつと凄いパワーが出る」という話を聞きますが、同じような効果ではないかと思っています。

    これからは風邪の季節です。パワーガーリックで風邪予防をして下さい。これは期待できる健康食品です。

    アポロ・シン・ムーン レポート続編

    アポロ・シン・ムーンは入荷しています。
    B2006-12-15-3.jpg

    そして、うれしいことに、使用レポートも届いています。
    本当にお客様には感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

    ところで、私(広瀬)の実家に帰ったときに、私の妹が「あのへんてこりんなコンセントを使用していると不思議と水槽のコケが生えないのよね」と言っていました。ちなみに我が実家にはもう1台水槽があり、その水槽は月に1回は掃除しなければならないところ、α-geniusを使用した水槽は半年に一回くらい洗浄すれば十分だというのです。私は、妹や母にはアポロ製品について詳しい話は一切していません。どうせ話しても信用してくれないし、意味が分からないと思うからです。

    しかしコケが生えないと言うことは良いことなのでしょうか?。」ちなみにエンポケの水槽にもα-geniusを使用していますが、コケはよく生えています。??? もし考えられるとしたら、「(+を-に、-を+に)というヘアードライアーの実験結果のような作用」を引き起こしているのかもしれません。

    アポロは、相変わらず理解不能な製品だと思いました。(でも不思議とこの商品は、理系的な人(エンジニア、大学教授、医者)などに愛されている製品です。たぶんこのミステリアスさがたまらないのでしょう。爆)

    B2006-12-15-1.jpg

    私の実家では炊飯ジャーにもα-genius使用しています。
    B2006-12-15-2.jpg

    うーん、確かに米うまいです。


    アポロ・シン・ムーン 使用レポート


    宮城県 K様

    「アポロ・ムーン」の使用感想ですが、すでに投稿された方の感想とほぼ同じです。本当に頭の芯が「じーん!」としびれた感じになったのには驚きました。また、液晶TV(47型)の画質と音質の向上にも驚きました(笑!)さて、これが今年最後の注文になると思います。ということで、「本年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。」良いお年をお迎え下さい。
    では。


    東京都 M様

    ■ムーンの続報

    半信半疑でアポロ・シン・ムーンをブレーカーに貼り付けてます。

    ムーンの存在をすっかり忘れていたんですが(苦笑、
    洗濯時に、装着した事を思い出しました!

    というのは、

    絡まった洗濯物がスルスルっとほどけたのと、シワに成りがちだったTシャツが洗濯後、パリっとして、装着した事を思い出しました。

    (意識してませんが、洗濯の量、洗剤の量はいつもどおり)

    あの誇張気味に感じた宣伝は本当なのかも・・・まずい、まずいですよ!

    アポロのコースター、βジーニアスも試したくてウズウズしてます(笑
    お買い得なセールやフェアがある日を心待ちにしてます。

    まさに「のだめ」の世界 その3

    無事ラーメンも食べ終わり「いよいよ本番」と思ったのですが、その前に肝心の録音風景をお伝えしなければなりません。

    秋吉敏子さんの時もそうだったのですが、今回もやはりα-geniusムラコン)は使用されていました。シロコンでないところがやっぱりマニアな感じを漂わせています、当然AC LEGENDも使用していますが、以前ローカルでも販売していた、QuietLineも使用されていました。
    やはり音の分かる人は、引き出しを多く持っています。

    B2006-12-14-2.jpg


    B2006-12-14-1.jpg


    マイクは会場に設置されている天吊りマイクと、テットックレコーズが
    独自に用意したスタンドマイクの両方で録音されいています。
    B2006-12-14-4.jpg


    スタンドを立てた方が、ケーブルの距離は短くなるので、音質の劣化は当然少なくなります。しかし、天吊りのマイクの方がホール感というものをよく出しますので、その辺は兼ね合いを見ながらうまくミックスしていくそうです。私もこの方式はとても良いと思いました。

    いよいよお客さんが入場してきました。

    B2006-12-14-3.jpg


    コンサートがいよいよ始まりました。コンサートは1部と2部に分かれていて、最初は、Violin、Viola、Violoncello、など弦楽器を主体としたグループで演奏が行なわれていきました。さらに凄いことは、すべてオリジナルな曲な事です。その会場には作曲をした人が実際にいて演奏が終わると作曲した人が紹介されていました。私もこんな体験は今まで一度もありません。「すばらしい」の一言です。

    B2006-12-14-5.jpg

    B2006-12-14-5.jpg


    いよいよ2部になりオーケストラが登場しました。
    ここでもオリジナル曲で演奏されています。
    途中でクリスマスメロディーのなかでコーラスも入りました。最後の曲「Affection」という曲は1回聴いただけですごく好きになってしまいました。

    B2006-12-14-7.jpg

    B2006-12-14-8.jpg



    コンサートが終わり4日後、 ティートックレコーズの金野さんに「何時ごろ発売できそうですか」と連絡したところ「来年1月下旬あたりには販売できそうです。」という回答がもらえました。皆さんぜひ楽しみにしていて下さい。


    まさに「のだめ」の世界 その2

    当日は5時半までは、ステージ上でリハーサルが行なわれていました。その後、本番が始まるまでの空き時間は、各自それぞれが控え室や廊下などで練習をしていました。実は私はこの4ヶ月くらいトランペットを練習しています。やはり、どうしても金管楽器が気になり、トランペット練習風景を眺めてしまいました。「いや~うまい。自分もこんなふうに吹ける日は来るのだろうか」と考えさせられてしまいました。
    B2006-12-13-1.jpg

    B2006-12-13-2.jpg


    さっきの廊下の反対側の練習風景です。普段からイヤというほど練習してきたのでしょうが、やはり本番前には不安になるのでしょう。
    B2006-12-13-3.jpg


    その後、携帯電話の充電が少なくなってしまったので参宮橋近くのコンビニにいって電池式充電器を購入しました。その帰り道においしそうなラーメン屋さんがあったので、つい立ち寄ってしまいました。ここのラーメン屋はすごくおいしかったので、国立青少年オリンピック総合記念センターに行く用がある人は、食べてみたらいかがでしょうか。
    B2006-12-13-4.jpg

    B2006-12-13-5.jpg


    もう少し続きます。
    -----------------------------続く-----------------------------

    まさに「のだめ」の世界

    ティートックレコーズのCD-Rシリーズ

    第3弾が決定しました。


    第1弾 秋吉敏子&ルータバキン、スーパーカルテット....jazz
    第2弾 松岡 淳....ピアノソロ


    に続く第3弾はなんとオーケストラです。そして中身はクラシックではありません。・・・奇妙ですよね。

    実は1月21日(木)にSound Trackersと11人の作曲家が送るクリスマス「Classicなヤツらが奏でるPOPなハーモニー」」というコンサートがありました。そのコンサートを生録し、CD-Rにして、皆さんにお届けしいというのが今回の企画の主旨です。

    Sound Trackersについて


    2004年夏に結成。大学でクラシック音楽を学ぶ学生が、
    本気でポップスを演奏するオーケストラを作り、プロとして活動していくことを 目標に、当時の東京音楽大学一年生が集まり結成された。
    映画・ドラマ・CMなどのサウンドトラック、また音楽大学作曲科の学生や 卒業生作曲のオリジナル曲の演奏を中心に、学内で室内楽から オーケストラまでの年間5回のステージを展開し、注目を集めました。

    さらに詳しくは

    http://soundtrackers.gozaru.jp/profile.html


    この話は急遽決まったらしく、私もコンサートの当日に、「上記内容のような話があるので、立ち会えませんか」と電話がありました。ティートックレコーズの金野さんは火曜日にエンポケに来たらしいのですが、火曜日はエンポケは定休日です。(爆)
    そんな中、私は当日こなさなくてはいけない多くの仕事をすっ飛ばしてコンサート会場に直行しました。(仕事どころではない。)

    会場は代々木にある国立青少年オリンピック総合記念センター大ホール
    で行なわれました。

    B2006-12-12-2.jpg


    B2006-12-12-3.jpg


    このメンバーの多くは東京音楽大学の学生で、その内の数人はプロの音楽家として活動しているというお話でした。なお東京音大は、2007年に創立100年を迎える日本でもトップレベルの私立の音楽大学です。

    詳しくは → ここクリック


    Sound Trackersの代表である菊間竜太朗さんは、学生でありながらも、プロとしても活動しています。詳しくは→ここクリック
    今テレビドラマとして話題の「のだめカンタービレ」にも出演して演奏しているそうです。
    B2006-12-12-1.jpg

    (一緒に写真を撮ってもらいました。右が菊間さんです。)

    当日はリハーサルの風景からコンサート終わりまで全部取材させていただけることになりました。

    本番前のリハーサル風景です。

    B2006-12-12-4.jpg

    B2006-12-12-5.jpg


    ちょっと話が長くなりそうなのであさって続きを書きます。


    -------------------------------続く-----------------------------

    アポロ・シン・ムーン 突然の入荷

    完売御礼中のアポロ・シン・ムーン

    が明日エンゼルポケットに入荷することとなりました



    突然の事で最初はビックリしたのですが、すでに予約をいただいてるお客様もいますので、大変朗報だと思いました。そんなに多くの数は入荷しませんが、とりあえず在庫に余裕はあります。今からの購入にも対応できます。エンゼルポケットで直接購入とお考えの方は、12月24日 昼12:00ごろには入荷してくると思いますので、朝一では入荷していないおそれがあります。

    エンポケットにとっては、アポロ、シンワールドから最高のクリスマスプレゼントになりました。 


    それにしてもアポロ・シン・ムーンはお月様のようですね
    B2006-12-11-1.jpg


    お客様よりのお便りが届いていますので、ご紹介させていただきます。

    東京都 S様
    アポロシンムーンは凄かったです。貼って電気毛布で寝たら
    気持ちよすぎで・・・・そのまま会社を寝過ごしてしまった
    ぐらいです。


    東京都 M様

    アポロ恐るべし・・・
    本日購入したアポロ・シン・ムーン、まだ配電盤(スイッチ近辺)しか
    試していませんが、怖いです。

    直後にツーンと今まで感じた事の無い部分に軽い頭痛が来ました。
    10分くらいで治りましたが、次に驚いたのはテレビの発色です。
    とても凄く鮮明で奥行きのある映像に成りました。

    試した時間が夜なので、照明が付いている状態です、
    電化製品が良くなったのか、「眼」が良くなったのか
    どちらかは解りませんが、現状ではテレビが一番効果を感じます。

    オーディオ系もC.C.ダンクとは違った感じで生っぽい感じに成って遊び甲斐がありそうです。

    アポロ製品は今まで手を出さないようにしていたのですが、これは
    βジーニアスも来年は手を出してしまうかも・・・
    もっと安ければ良いんですけど、とりあえずシン・ムーンは予想以上の効果に驚きを隠せませませんでした。

    『遮蔽箱』も効果は感じます。色々場所を変えてベストポジションを探したいと思います。

    高い買物でしたが、満足の行く良い商品を買う事が出来ました。

    2006年最後のイベント

    2006年、たくさんのイベントを開催してきましたが、ついに最後となりました。そしてラストを飾る日が、なんと12月24日(日)です。
    そうですね、世間一般では「クリスマスイブ」と呼ばれている日です。「な、なにも、こんな日に。」いえいえそんな事はありません。

    今年最後のイベントなので

    大いに盛り上げたいと思います。


    12月24日 
    PM 5:30より

    井上良治イベント

    内容:年末イベントでもあるので、マイナスイオン製品をフルに使用して、再度マイナスイオン製品の総点検を行ないたいと思います。
    イベントに参加される際にはぜひ、試聴用ディスクを持ってきてください。よろしくお願いします。


    2006年度のイベント写真です。(ちょっと懐かしい感じもします。)

    2月
    B2006-2-28-1.jpg


    3月
    B2006-3-28-4.jpg


    5月
    B2006-5-16-1.jpg


    8月
    B2006-8-12-1.jpg


    10月
    B2006-10-14-1.jpg


    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク