パワーガーリック モニター募集 終了

    パワーガーリック応募ありがとうございました。
    応募者数10名に対して、応募者10名でした。当然当選率100%で、あみだくじは必要ありません。「なんてすばらしいことなんだろう」とルンルン気分です。

    B2007-1-16-1.jpg


    本日から郵送でお送りさせていただきます。

    当選者

    兵庫県  T様
    福井県  M様
    埼玉県  K様
    福島県  K様
    神奈川県 I様
    三重県  S様
    神奈川県 M様
    新潟県  H様
    福井県  T様
    東京都  T様

    新型インフルエンザウイルス、鳥インフルエンザなどの不穏なニュースが広がっています。出かける際にはぜひマスクを!!

    健康ランドでも記事を特集していますので、読んでみて下さい。ここクリック





    DDAC-Pro-Pro 完結編。

    世界に1台しかないDAコンバーター、DDAC-PRO-PROは昨年12月に青木さん宅に納品されました。しかし、まだ懸案事項が残っていました。それはそのままの状態でDSPに接続するとクリップしてしまうという問題が起きたからです。2006年の大晦日にこのブログで掲載しています。
    (以下省略します。)
    前回の記事は →ここクリック

    そしてアッテネーターがついに完成したので、1月21日(日)に青木さん宅にお伺いすることとなりました。アッテネーターといってもボリュームが付いているわけではなく、バランスケーブルアッテネーターになっています。
    詳しくは→ここクリック を参照してください。
    B2007-1-22-1.jpg

    さてアッテネーターを繋げて音を聴きました。今度はクリップはしません。音が出た週間「おおお、、、これはすさまじい。」と心の中で叫んでしまいました。

    その後青木さんが従来から持っているdcsElgarとの音の比較をしました。DDAC-Pro-Proの方が音の分解能は圧倒的で、大人と子供を比べているような感じがしました。西出さん、青木さんとも同じ意見のようでした。ただ私が感じたのは、dcsElgarの音づくりのうまさです。どのような曲をかけてもdcsElgar持つ独特の柔らかみのある音がするのです。要するにうまい味付けです。しかしDDAC-Pro-Proはそんなこと一切無く「ダメな音は更にダメに、よい音は更によく」というソースに対して忠実な音を再生していました。ひょっとすると「10人中6人くらいはElgarの方が音がよい」ということも考えられるのかもしれません。それはものの見方の問題です。

    B2007-1-22-2.jpg


    その後はメモリーでの音を再生、さらにゆらぎのない究極的な音を体験し「このまま、ずっと音楽を聴いていたい」と心からそう思うことが出来、思わず「いや、僕の理想的な音だなぁ」と声に出てしまったほどです。
    B2007-1-22-3.jpg


    DDAC-Pro-Proは世界に1台しかなく、今後も生産計画はありません。
    なんかあれから10日以上過ぎていますが、その事が夢物語だったような気がしてきました。ただ、あの時の音は一生忘れること無く、これからも、脳裏に焼き付かれていくことと思っています。

    明日はマイナスイオン講座

    それにしても昨日の「Ge3な夕べ」はすごかった。入りきれないほど人が集まってくれました。いくら暖冬とはいえエアコンを消さなければいけないほどの熱気に包まれました。その余韻も覚めやらぬうちの明日のマイナスイオン講座です。

    イベント情報
    2007年1月28日(日) PM5:30~
    井上良治マイナスイオン講座

    B2007-1-21-1.jpg


    発売してまだ1週間足らずのミラクルボタンですが、早くも在庫切れの危機です。初回かなりの数を納品してもらったのですが、4個入りセットが本日完売してしまいました。
    井上先生に電話したら、「28日(日曜日)にあるだけ持ってくる」といっていただけました。

    皆さん明日お待ちしています。

    サウンドトラッカーズ

    年末からお伝えしていましたが、ついにサウンドトラッカーズのCDが12月25日(木)に発売されました。
    B2007-1-20-2.jpg

    さっそく音を聴いてみたのですが、「本当に素晴らしい」の一言です。本当に金野さんの録音テクニックは素晴らしいと思いました。また音楽の内容も素晴らしと感じています。1曲目は、パイレーツオブカリビアンのテーマ曲なのでなじみがある人も多いと思いますが、それ以降は、全てオリジナル曲です。だからサウンドトラッカーズのコンサートに行って生演奏を聴いたことがある人以外は、誰も聴いたことのない曲ばかりのはずです。

    それってとっても新鮮な感じがしませんか。

    私のお気に入りは9曲目で、聴き終わった後涙が出そうになりました。

    当日は天吊りマイクとスタンドマイクそれぞれLR2チャンネルで録音されています。ミックスダウンはしていますが、限りなく原音に忠実な録音がされています。私の感想なのですが、「これはオーディオチェックにも使用な」と思いました。

    1曲目、8曲目、9曲目はオーケストラになっています。
    オーケストラ配置図を掲載します。音楽を聴くときの参考にしてみて下さい。(ちゃんと左からピアノが聴こえますよ。)
    B2007-1-20-3.jpg


    昨日の話なのですがエンゼルポケットに当日演奏していた方々が訪れてくれました。

    B2007-1-20-1.jpg

    彼らは東京音大の学生でバイオリン科に所属しています。「CD聴かせてください」と言ったので椅子を用意してあげると、1時間くらいじっくり音楽を聴いていました。写真の一番左が代表の菊間さん、二番目の女性が、SoundTrackersの営業チーフをしている丸山瑠莉果さんです。
    いろいろお話を聞くことができました。
    みな音楽のプロになりたいと思って活動しているらしいのですが、現実にはかなり難しいようです。でも将来きっとこの中から、有名な音楽家が出てくるに違いないと思っています。

    ぜひ皆さん青田買いしてみて下さい。

    将来プレミアがつくかもしれませんよ。




    ピュアフレームモニター応募ありがとうございあした。

    ピュアフレームのモニター応募ありがとうございました。
    厳選な抽選(あみだくじ)によって当選者が決まりました。当選確率は約60%でした。

    B2007-1-19-2.jpg

    B2007-1-19-1.jpg


    なおホワイトの応募者が圧倒的に多くその他の希望があまりなかったため、当選者の方に送る色はこちらで任意に決めさせていただきました。

    当選者

    佐賀県   Y様
    神奈川県  N様
    新潟県   H様
    埼玉県   k様

    1月25日(木)に発送します。

    江川工房 チター演奏

    1月18日(木)に行なわれた江川工房はチターの生演奏会でした。
    チターという楽器に関して全く無知である私でしたが、その音色を聴いて「なんて美しい音のする楽器なのだろう」と感動してしまいました。
    チターといえば60代以上の方には懐かしく感じられるかもしれませんが
    映画「第三の男」のテーマソングをアントン・カラスが弾いた楽器として知られています。
    B2007-1-18-1.jpg

    B2007-1-18-2.jpg

    チターという楽器の音色はギターに似ているのですが、ギターよりも1つ1つの音がとても繊細で、聴いていて非常に心が和みました。

    内藤敏子さんプロフィール

    武蔵野音楽大学弦楽科を卒業
    中野千代、林竜作、篠崎弘嗣 氏に師事。17才の時、来日中のソ連のバイオリニスト E.ベスロードニー氏に認められ、モスクワへの留学を勧められる。武蔵野音楽大を卒業し、スイスへ留学。そこでチターとバイオリンの協演がきっかけとなり、チターの魅力に引き込まれバイオリンでの演奏活動と共に、スイス・チューリッヒ市で数十年間、チター界の実力者で名声の高いJ.コーザー女子のもとでチターの勉強に取り組む。
    又、映画「第三の男」で有名なチター奏者アントン・カラス、そして今世紀を代表するドイツのチター奏者ルーディ・クナーブル氏からもレッスンを受ける。スイスにてチター演奏家ディプロム、チター教育者プログラムを取得する。
     帰国後は、日本フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団をはじめとするオーケストラとの協演も数多く、「題名のない音楽会」、「名曲アルバム」、「NHK-FM 芸術参加番組」等のテレビ、ラジオの出演他、外国でのテレビ、ラジオ番組の多い。又、ソロコンサート、LP、CD製作等の幅広い活動をしている。

    パワーガーリック モニター募集

    この素晴らしい製品を一人でも多くの人に食べていただこうということで、パワーガーリックのモニター募集を行なうことになりました。
    モニター用の試供品は6粒入っています。これを毎日1粒づつ約一週間飲んでみてください。1週間でも効果があると自負しています。汗)
    B2007-1-16-1.jpg


    期間
    1月22日(月)~1月29日(月) 1週間
    パワーガーリック6粒入×10パック・・・10人分
    eメールにてご応募下さい。
    人数多数の場合には抽選とさせていただきます。


    こちらのページもご覧下さい。→ ここクリック

    以前このブログでも取り上げたパワーガーリックですが、その後も飲み続けていて、現在私の体は絶好調モードになっています。つい先日親父の3回忌があってエンポケを休まなければいけないことがあったのですが、その日の朝早く店員の一ノ関より携帯に電話があり「す、すみません。昨日の夜から朝にかけて6回くらい嘔吐してしまったんです。たぶんノロウイルスにかかったようなので、お店休ませてください」という電話がありました。「こういうときに限って何かあるのだよな」とその時は思ったのですが、後になって振り返ってみると「よく自分は発病しなかったな、彼とは何度も接触しているので、自分にもウイルスは進行しているはずだど。・・・きっとこれはパワーガーリックのおかげじゃないか」と考えてしまいました。(たぶん間違えありません。

    これから本格的なインフルエンザの季節になります。ガーリック成分3倍濃縮のパワーは伊達ではありません。パワーガーリックで寒い冬を乗り切りましょう。

    B2006-12-16-4.jpg

    ついに発売 ミラクルボタン

    去年の暮れから実験に次ぐ実験を重ねてきた小さなインシュレータがついに「ミラクルボタン」という名前で登場しました。
    本来インシュレーターとは(絶縁物)という意味で、その名前の通りならば振動をが伝わるのを遮る構造のものでなくてはならないはずです。
    しかし、従来からオーディオ製品に使用されているインシュレターは(絶縁物)と呼べるものは殆どありません。例えば金属や木製のインシュレーターは物質が持つ固有振動数の違いから音が変化するのであって、振動を遮っているとは言えません。

    だからそこには好みというものが発生してしまいます。そして、どのように自分のシステムとマッチングするのかを1つ1つ確かめなければなりません。しかし、このインシュレーター(ミラクルボタン)に関してはそのようなことは全く関係ありません。例えば、このインシュレーターをスピーカーの下に置いて音を出した場合は、スピーカーが出す本来の音がします。簡単に言えばスピーカーを宙づりしているようなものです。
    B2007-1-6-5.jpg

    B2007-1-6-4.jpg

    B2007-1-6-6.jpg



    またオーディオ機器以外のもの例えばパソコンや空気清浄機などそれ自体が振動しているものを排除することができます。実際にこれらの振動が音を濁している原因となっていることがたくさんあります。
    B2007-1-15-2.jpg


    ストーンヒーラーバーガーの受けにも利用できます。「毛の部分は浮かした方がよい」ということなのですが、高さ的にもちょうどよい感じです。
    B2007-1-15-3.jpg


    又「CDプレーヤーの上に乗せて音が変化する」という報告も受けました。実際にDPAT01の上に1個ミラクルボタンを乗せただけですごく音が変わってしまうのです。天板の鳴きを止める効果があるようです。
    B2007-1-15-1.jpg


    まさに「ミラクル」です。

    エンポケではこの一連の実験を「ボタ~ンのミラクル大作戦」と呼んでいます。皆さんもぜひこの「不思議な世界」をご堪能下さい。
    オカルトハンマーもそのうち登場するかもしれませんね。爆)

    ジャズディスク大賞 日本ジャズ特別賞。

    その前にイベントのお知らせ

    1/20(土) 17:30~ OJI Specialイベント..会場:エンゼルポケット
    内容:自作USBサウンドと改造方法を公開会場で
    音質のチェックもできます。


    ティートックレコーズの金野さんが 2007年1月12日 ジャズディスク大賞「日本ジャズ特別賞」受賞したそうです。

    詳しくはこちらのページご覧下さい。→ここクリック

    金野さん曰く「みんな大会社の偉い方ばかりなので緊張しました」といっていました。授賞式が終わった後秋葉原で買い物があったらしく、そのついでにエンゼルポケットに立ち寄ってくれたのです。「あ、ほんと、よかったね。ちょっと賞状見せてほしいな」と言うと、快くトロフィーと賞状を見せてくれました。

    B2007-1-14-3.jpg

    B2007-1-14-1.jpg

    B2007-1-14-2.jpg


    金野さん本当におめでとうございます。
    ということで、秋吉敏子「渡米50周年記念日本公演」というタイトルのCDも発売することにしました。エンゼルポケットから発売されているマスター盤と中身は同じですが、やはり音は違います。ぜひもう一枚購入されてその音の違いを聞き比べてみてください。
    B2007-1-14-4.jpg

    今年はティートックレコーズからたくさんのアルバムがリリースされそうです。サウンドトラッカーズのCDも今月末(1月末)ごろには発売できそうです。


    礎(いしずえ)それは感動

    何かすごく久々な感じがしました。そしてついにGe3より新製品登場です。その名を「礎(いしずえ)」といいます。「え、礎(いしずえ)て以前から販売していなかったけ」と思いお客様もいるかもしれませんが、以前の礎は現在は生産中止で絶版となっています。また下記に写真をみると「なんか、『とどめ』じゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、これは礎です。つまり旧礎(いしずえ)と(とどめ)が合体した商品が今回販売する新礎(いしずえ)と呼ばれているものです。
    B2007-1-13-1.jpg

    肝心の音はということで、エンゼルポケットではさっそく音質実験を開始。「うーん何でこんなに明るい音がするんだ」と叫んでしまいました。「後光が差す」というような表現でしょうか。後光とは「仏・菩薩(ぼさつ)のからだから発するという光」という意味らしいですが、確かにこの新しい礎(いしずえ)からは、何か美しい光が差しているような印象を受けました。この礎の音を光で表現するならば、まさに金色の光です。皆さんはどのような印象を受けるのでしょうか。

    B2007-1-13-2.jpg


    2007.1.18 本日より販売開始です。
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク