素晴らしかった 長富さん。

    いや~本当に素晴らしく感動した。」 6月25日に行われた、長富彩さんのピアノリサイタルはそう思えました。

    たぶんこれだけの演奏は、そう滅多に聴けない。「チケット代2500円は絶対に安い」そう思いました。

    実はお詫びしなければいけないのですが、この日録音及び録画は急遽中止となってしまいました。だからCDにする事もDVDにすることもできません。

    そうなってしまったからこそ、この日の演奏は私自身の心と体に焼き付けたいと思いました。逆に言えば、この日のコンサートはほとんど仕事を忘れて聴いてしまったのです。

    リハーサル風景です。
    B2007-5-30-1.jpg

    B2007-5-30-2.jpg

    長富さんのお母さんから「体調最悪でここ数日間、流動食しか食べてない」と言うことを聞かされました。でも彼女はそんなことは微塵も感じさせないほど練習に打ち込んでいました。


    このCDはコンサート会場のみで販売されたCDです。コンサートが終わるころには、ほとんどなくなっていました。DVDは何とコンサートの間の休憩時間の間に全て完売してしまいした。
    B2007-5-30-3.jpg

    B2007-5-30-5.jpg


    コンサートは一番前の席を陣取り聴きました。特に最後のリストのピアノ協奏曲は凄かった。「30分以上の演奏をよく完璧に弾くことができるなぁ」と。でも終わった瞬間に「ふー」と息を吐いている姿に、何ともいえない緊張感みたいなものを感じました。

    コンサートが終わると、サイン会が始まりました。

    1人1人に丁寧に挨拶をしながら、サインを書いていました。
    エンポケでチケットを買ってくれたお客さんも、「あまり迷惑にならないように」と最後尾にならんでサインをもらっていました。
    「ぜひ記念に」ということで写真も撮らせていただきました。

    B2007-5-30-4.jpg

    B2007-5-30-6.jpg


    この間長富さんのブログを見ていて、一番最初にもらったサインの動物の正体がやっと分かりました。

    B2007-3-18-1.jpg

    上の写真を見たあと、このブログを見るとよくわかります。
    ここクリック

    今回は前回とは違うサインを頂きました。このサインも永久保存版として大事にお店に飾っておこうと思います。

    B2007-5-30-7.jpg


    これからのご活躍期待しています。



    第3回 Drマロゥ研究所 レポート

    本日のテーマは6月8日に行われたDrマロゥ研究所 第3回についてお伝えします。

    その前に、エンゼルポケットがティートックTV第4回に出ています。
    未だエンゼルポケットに来たことがない方は大いに参考になるでしょう。→ここクリック 
    (こうして映像でみてみると確かに怪しい店ですね。店内に入るにはお化け屋敷に入るのと同じくらい勇気が必要かも知れません。)

    Drマロゥ研究所も第3回目になりました。
    まずは恒例のお約束ボード(ホワイトボード)です。これも笑えました。
    B2007-5-28-1.jpg


    まず最初の実験は、MNNTのおさらいです。前回は、説明書に書いてある通りCDに使用しましたが、今回はオーディオ機器に対して使用しました。

    例1 CDプレーヤーのトレイに使用。
    これはかなり効果的です。 効果 大
    B2007-5-28-3.jpg


    例2 布にMNNTを吹きかけて、ケーブルなどで拭く。 
    微妙だと思いますがせっかく購入したのだからぜひ。効果 小
    B2007-5-28-2.jpg

    B2007-5-28-4.jpg


    例3 スピーカーのダクトに吹きかける。
    これはまずまずです。 効果 中
    B2007-5-28-5.jpg


    上のように 色々試してみて自分なりに点数を付けていくのも良いと思います。そうすれば無駄も省けます。ぜひ効率よく使用しましょう。

    その次はMarrow Extractor for Audioです。こちらは今大人気の商品で、売切れ続発しています。明日6月29日(金)もマロさんはエンポケに納品しにきます。メーカー在庫は大丈夫なので、こちらもなるべく在庫切れのないように致します。

    B2007-5-28-7.jpg

    本当は試作電源タップも用意するはずだったのですが、今回は間に合いませんでした。ガセネタどうもすみませんでした。

    B2007-5-28-8.jpg


    試聴開始すると同時に、皆さん驚きに声が次々に上がっていきます。
    この日から 瞬間蒸発が始まったのです。
    この日参加してくれたお客さんの中には、2本目を買ってくれたお客さんもいました。お客さんも「これはすばらしいです。うちのシステムとの相性はバッチリです」といっていました。この方のシステムはSonyのデジタルアンプです。

    来月のイベントは 7月13日(金)を予定しています。
    一番最初に行った、4月も13日も金曜日でした。何と4回中2回が13日の金曜日!! 


    さすがはDrマロゥ研究所です。 ウーム不吉だ!!! (でもここは、日本だから大丈夫です。爆)

    5月マイナスイオン講座 報告

    本日のテーマは5月末に行われたマイナスイオン講座についてです。

    この日のテーマは2つ、1つはサブウーハーについて、もう一つはマイナスイオンバナナについてでした。
    B2007-5-26-1.jpg


    アッシャー専用として開発されたこのサブウーハーは黒と木目の2色用意いたしました。何故かというと昔販売していた、USHER-S520のⅠとⅡは木目だったからです。今まで販売したS-520の約7割はこの木目タイプです。Ⅲになってからは、白と黒だけになりました。というわけで、この木目タイプを使用している方は、「まだ大勢いる」とふんでこのウーハーも発売することとなりました。
    B2007-5-26-2.jpg

    上の写真を見て、「懐かしいな」と思われる方もたくさんいるのではないかと思います。ちなみに接続して音を聴いてみましたが、バッチリ合います。大丈夫です。

    B2007-5-26-3.jpg

    懐かしついでに、もう1つトルクマネージメントです。もう販売はしていませんが、イベントの前は調整しています。と言っても、いつもお客さんがやってくれています。常連のお客さん中にトルク職人のような人がいて、その人がいつも調整してくれているのです。もはや、「達人の域」に達してしているような気がします。

    次はマイナスイオンバナナプラグです。
    お客さんを交えて、じっくり試聴するのは今回初めてでした。
    エンゼルポケットでは、通常バナナプラグを使用しています。何故かといえば、そうでないととてもじゃないですが、多くのケーブルの比較実験などできません。ケーブルの差し替えにあまり時間が掛かると、「音忘れちゃうよ」とい意見がでるのです。だからお店にとっては、バナナプラグは、とても重宝なアイテムなのですが、ただ通常接点が増えるために、「音が悪くなる」と言われてきました。

    B2007-5-26-4.jpg



    B2007-5-26-6.jpg

    しかし、このバナナプラグは全然別物です。直付けや、お店でいつも使用しているバナナプラグと音を比較してみましたが、明らかに情報量が増します。
    お客さんも「何でこんなに変わるの、信じられない」という意見が多数でました。
    B2007-5-26-5.jpg


    バナナプラグ」高価なものになると1個5,000円とかするかものもありますが、こんなに音の良くなるバナナプラグは、この地球上に存在しないのではないでしょうか。(それは、ちと大げさかも知れませんが。爆) 


    みろくの塩

    最近やたらとアルものが売れています。それは「みろくの塩」と呼ばれているのもので、エネルギープレート奇瑞を浄化する為に販売しているものです。発売した当初は、エネルギプレート奇瑞を買ってくれたお客さんが随分買ってくれたのですが、この頃は落ち着き月に数個売れ程度でした。
    B2006-11-16-5.jpg


    しかし、6月には入ってから、数十個単位で発注しても、追いつかないほどの売れ行きなのです。
    何なんだこの状況は、天変地異の前触れか!!」とか思ってしまい、思わず地場エネルギー研究所に電話してしまいました。「最近、妙に塩が売れてるんですが、何かありました。」と訪ねると、「ああ、きっとアレのせいではないでしょうか。」と「アレって、何ですか」「紀香魂という本に、このみろくの塩の事が少し書かれているのですよ。それのせいなんじゃないですか」と言われました。

    B2007-5-24-1.jpg


    私自身聞いたこともなかったのですが、さっそく本を買ってみました。
    すると確かに P226に、みろくの塩のことが少しだ書かれていたのです。
    いや~すごいな。こんなちょっとのことでもファンは見逃さないんだな、さすが大スター」とか思って関心してしまいました。
    彼女の塩の使い方は、風呂には行った時まずみろくの塩を体に擦り付け洗い流し、湯船に入るときに塩を一掴み入れて入浴剤のように使用してるらしいのです。

    読み始めると 面白くなり、3時間くらいで全部読み切ってしまいました。私は1971年生まれで、藤原紀香さんとは同学年なのです。同じ時代を生きてきた共感みたいなものを感じたせいなのかもしれませんが、すごく読みやすく楽しい本でした。この本を読んでみて、今まで思っていた彼女のイメージとはかなり違ったものを感じ取れました。ぜひ皆さんも1冊買って読んでみてはいかがでしょうか。

    アースは重要 西出論 その2

    そんな私が提案するアース!

    ー1,アースには電流を流すな! 電源編

     ゴールドディスク、その他数々の賞を総なめにした 秋吉敏子50周年ライブCD。
    その録音に使われた クリスタルパワー電源ケーブル。それは ダイナミックグラウンドシステム搭載 そして コバルトX-1000接点の最先端技術をまとった電源ケーブルです。太いだけ や 金色の接点といった見た目ではなく、プロユースで確実に実績がでた そんな特殊ケーブルですが、そのケーブルの技術の根底に流れるのが OJI Specialアース理論です。
    B2006-5-2-1.jpg

    必要なときには電位差を 0に、また ループ電流をシャットアウトして 音楽を汚すノイズをシャットアウト! 最先端録音で活躍する OJI Special理論アース動作が可能です。
    B2006-5-2-2.jpg


    ー2,アースには電流を流すな! 信号編
    アースに電流を流さないためには


    ① バランスケーブルを使用
    これは プロスペックでは当たり前。OJI Specialでは ヨーロッパのスタジオで大好評のケーブルを使用し、プロ現場で活躍しているコバルトシリーズでシールド効果に優れ ポリエチレン系のクリスタルバランスケーブルを用意しています

    ② アースと信号系が混在しているRCAケーブルでは シールドにノイズ電流を流さない

    バランスケーブルのあの音質をRCAケーブルでも! と言う願いから生まれた新方式シールド技術で新発売の コバルトduo Balance ケーブルは プラスマイナス同一ケーブルで なおかつしっかりとしたシールドを施し、さらに信号ラインにノイズを通さない新理論! あの 超低音と静寂感を同時に実感してください。
    さらに 機器のアース回路は低インピーダンスに! OJI Specialでは回路改造を行い対応しています。

    ー2,インピーダンスは極力下げる!

    ノイズを効果的にシールドするために必要なのは インピーダンスを下げることです。
    アース回路のインピーダンスを極力下げるために 接点は重要です。
    最先端のテクノロジーを使った コバルトシリーズの接点で 高性能な接触を実感してください。さらに 十分な容量を確保したシールドワイヤ構造の海流コバルトRCAケーブルを是非おためしください。

    まとめ
    重要なアース。しかし アースを気にしている人はほとんどいません。
    アースの接触抵抗 数十ミリΩでも 大きく影響するオーディオ!
    コバルト接点や新方式ケーブルなどOJI Specialアース理論の全ては 貴方のオーディオ機器の眠っている性能を引き出すためにあるのです。
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク