帰ってきたウルトラ《マロゥ》 その2

    ついにアノ男が帰って来ました。深い反省と共に。
    (しかも、坊主頭で・・・・)

    エンゼルポケットに現れ瞬間から、爆笑の壺にはまってしまいました。
    マロさんです。

    B2007-8-5-1.jpg


    以前ここでも、お話ししましたが、彼はマロゥテクノロジーを解任になり、新しく新会社(ハイエストワールドテクノロジー)を立ち上げようとしています。(まだ時間的な問題で設立できていません。)

    当然会社である以上、主力製品がなければいけません。その記念すべき第1作目がついに完成したようです。その名を『FOL電源エンハンサ』といいます。

    写真を見て下さい。

    B2007-8-5-2.jpg


     「な、何か似ている。」
    と思われた方も多いと思います。私もそう思いました。ただ、中身は以前のものと比べ、随分改良されています。
    これはやっぱり素晴らしい製品です。 (ただ、あまり比較対象として詳しくお話しすることは出来ません。大人の事情で、申し訳ございません。)

    9月1日より発売開始予定です。

    また以前の、(Marrow Extractor)をお持ちのお客様で、FOL電源エンハンサ仕様にしてみたい、と思う方は、エンポケまでご連絡下さい。反省に意味を込めて実費でご相談させていただきます。


    私も少し悩んだ部分もあったのですが、こうなることがお客さんにとって一番良いのではないかと思い決断しました。だって、H3電源ケーブルやMarrow Extractorを実際に購入してくれたお客さんにとって、今回の一件はあまりにも寂し過ぎるのではないかと思ったからです。
    このまま止めたんじゃ。夢も希望もありませんよ。

    でも、もう大丈夫です。今後完全復活します。


    マロさんからの挨拶文です。

    皆様、ご無沙汰しております、まろです。前回は大変なご迷惑をおかけしました。弁解の言葉もございません。

    この度わたしはHighest World Technology株式会社を立ち上げ(ブランド名HWT)、新しい商品を開発いたしましたので紹介します。

    前回の高周波フィルターは、おかげさまで多くお客様よりご支持をいただきましたが、更なるバージョンアップを目指し研究を続けてまいりました。前回の高周波フィルターは電気の波の性質を利用してフィルタリングしていました。今回はまったく新しい回路(FOL回路)で、電子を目的に応じてより分けるフィルタリングを実現しています。

    結果、音楽再生に有害な高周波ノイズ対策と、真の音楽再生に必要不可欠な高い帯域のパルス性信号の再生を更に高い次元で両立することができました。名前も電源の質を高め、促進する事から新回路の名前を付して『FOL電源エンハンサ』と名づけました。

    輝くような高域と密度が高く滑らかな中域、自然で深い低域再生は一聴に値するものであると自負しております。試聴用貸出機を用意させていただきましたので、是非ご自身の耳でご確認ください。

    前回の高周波フィルターも良い物です。音質傾向も違いますので、どちらも御愛聴いただければこんなにうれしい事はありません。近日、また皆様にお会いできる事を楽しみにしております。

    B2007-8-5-3.jpg

    9月8日(土)はOJISpecialイベント

    気がついてみれば、8月もあと三日。暑さは相変わらず続いていますが、
    気合いを入れて行きたいと思います。

    ちょっと気の早い話なのですが、
    9月19日(水)~9月22(土)まで、私はエンポケを留守いたします。
    何かと、不都合があるかも知れませんが、よろしくお願いします。
    (決して、蒸発するわけではありませんので、ご心配なく 爆)




    9月のイベントがやっと決まりました。
    まず初めはOjiSpecialイベントです。

    2007年9月8日(土) PM5:30より

    OjiSpecialイベント 


    内容 まもなく発売される、COP02i。前回のイベントでも、プロトタイプが登場いたしました。今回は完成品です。そのCOP02iの比較実験を行います。ぜひお楽しみに。

     B2007-8-3-1.jpg

    マイナスイオン SPケーブル モニター感想 その4

    お暑うございます。この厚さと、中一日を挟んでイベント、イベント、さすがに今日はげんなりしています。しかし、一番の原因はやはり、酒の飲み過ぎ。お昼くらいまで2日酔い状態でした。爆)


    そんなことはどうでも良いのですが、本日のテーマはマイナスイオンケーブルモニター感想です。
    この方は、家にPCが無く当然インターネットも繋がっていません。
    ある時、久々に電話をいただき「今よさそうなスピーカーケーブルを探しているのですが、何かありませんか」といわれました。「そうですね、マイナスイオンSPケーブル、モニターいかがですか、値段も手頃になっていますし。」と答えると、「じゃ、信用して買います。」と購入してくれたのでした。

    当然、ネット環境がないので、モニター感想はメールで送れません。
    どうしたかというと、はがきで感想を送ってきてくれたのです。
    「直筆というのも、結構良いものだな。」と思ってしまいました。

    今度こういう方のためにも、エンゼルポケット新聞というものを作ろうと思っています。第1号が出来たら、またご連絡します。

    北海道

    HH様

    マイナスイオンケーブルを使ってみて

    ○すごい迫力だ低音に厚みがあり表情があるドラムの低音、ベースの低音きちんとわける
    ○サックスやトランペットの音がストレスなくスムーズかつクールに熱く奏でる。
    ○CD、ケルティック・ウーマンの2曲目、メイ・イット・ビーを聴いてみた。まず静かに迫力のある地鳴りのような低音から始まり、哀しげでやわらかいボーカルが入ってくる。コーラス部分、複数人で歌っているのがよく分かるが自然と溶けあって気分がよい。

    田の曲も聴いてみたが総じてこのケーブルは、ストレスがなく自然で迫力があり歌、楽器、楽曲の表情(抑揚)を豊かに表現するケーブルで長く使っていきたい。


    B2007-8-1-1.jpg




    美波動(Bhado)レポート その4

    美波動(Bhado)はモニター募集はしていないのですが、善意でレポートしてくれる方が後を絶ちません。それだけ素晴らしい製品なのだと思います。

    今日もレポートしてくれたお客さまがいましたので、掲載させていただきます。

    コスモビレッジでも小川流さんという方がレポートしてくれています。→ここクリック

    B2007-7-11-2.jpg



    昨日24日の午後は、楽しいひと時を有り難うございました。
    自分も美波動のレポートを書きます。

    最初に買いましたのは、水道用のチェーンでしたが、手に持ってみて気が付きました。別に水道だけじゃなくてもいい。ペットボトルの首にチェーンを回してもいいじゃないかって。

    この要領で、あのやたら暑いお盆のまっさかり、飲み物を飲みまくりました。人口甘味料を多用したコーラなど、多々ガバガバやりましたが、
    どの飲み物も、美波動を使うと、アクさが取れる気がします。

    やはり、他機能や、水道用を丸めたものの上にしばらく乗せてから、
    ペットボトルの首に(水道用)を巻きつける。缶ジュースも首に巻いておさえる。ストローで飲むものは、ストローに(水道用)を巻きつける。こんな風に工夫を重ねると、ますます美味しくいただけるようです。

    次に、本日購入しました、美波動(多機能)です。今回の使用目的として、特に挙げましたのが、古本の残留思念の改善でした。さっそく使ってみましたが、20分30分の試用でも、効果が実感できます。趣味や仕事の関係上、軍事書を読むことが多いのですが、若干載せるだけで、本から出ているものが、だいぶスッキリしてきます。

    もちろん、短時間の試用のみで、本一冊全ページすっきり出来たわけではなく、使い方につきましては、あともう少し研鑽が要りますが、この方面にも、有用に使えるものと信じます。

    次は分電盤用かな?レポートが楽しみです。
    ご一読有り難うございました。

    美波動(Bhado) すごい、すごい

    Bhadoの分電盤用、発売開始しました。
    (株)ワーセラの社長さんから、一冊のファイルをみせえいただきました。その中には驚きの資料が入っていました。何と分電盤用を貼付けると電気代が安くなったという事例があることです。

    B2007-7-31-1.jpg


    B2007-7-31-2.jpg


    これは、いくら何でも信じられませんでした。

    しかし、こんな恐ろしい実験は、店長である私が率先して実験しなければいけないと思い我が家で実験することにしました。爆) (もし、本当にそうなったら家計には大助かりです。そうでなくても貧乏です。)


    B2007-7-31-3.jpg

    B2007-7-31-4.jpg

    B2007-7-31-5.jpg

    B2007-7-31-6.jpg

    B2007-7-31-7.jpg


    これを貼付けた時家の中は爽快な気分になりました。

    ただ、実験には2年くらいかかりますので、気長にお待ち下さい。

    Bihadoリポート続編・・・

    東京都 K 様

    Bhadoの続報です。

    妻がクーラーをつけ過ぎます。私はあまり冷房をつけたくない主義ですが・・・
    案の定、コンコンと咳がではじめ、風邪の予兆が。こうなると薬を飲ないとひどくなってしまいます。
    ところが!
    Bhadoの水を浴び、Bhadoの水を飲み、Bhadoと寝てみたら・・・
    1日半で治っちゃいました・・・・

    免疫力にも多少、影響するの『かも』しれませんよ。頼りすぎには問題ありますが、補助的ツールとしてはアリかもです。


    RCA-G cable モニターリポート

    本日のテーマはRCA-G cable モニターリポートです。
    このケーブルをモニターしてくれた方は、DPAT-PROを所有している方です。以前エソテリックのG-0SとDPAT-PROを外部クロックで同期させる実験をしたことがありました。スピーカーはオリジナルノーチラスです。
    まさに、位相完璧という感じの音がしたのを記憶しています。
    B2007-7-29-1.jpg

    B2007-7-29-2.jpg

    B2007-7-29-3.jpg

    B2007-7-29-4.jpg

    しかし、何故かそこには、ムラコンが!!・・・・・爆)

    神奈川県 Y様

    OJI Special Cobalt Coax-G cable、 RCA-G cable、コバルト
    パーフェクト グラウンドシステム を同時に使用して聴きました。

    B2007-6-25-2.jpg


    圧倒的な情報量と正確な位相で、聴き慣れたディスクも、初めて聴いたディスクのように新鮮に聴かせてくれました。何気なく聴いていると耳がついて行けないときがある程で、持っているディスクを全部聴き直したくなったのは久しぶりです。

    情報量が多いと言っても、細かな音を探り出してくるような神経質な所は全く無く、ゆとりを持ってさりげなく正確に再生されるので、「うるさい」と思っていたディスクが逆になめらかな音になることもありました。(これはDPATやDDACにも言えていた

    ことですが、それが大幅に強まった感じです)


    全体的な印象としては、昔、エソテリックのCDトランスポートp-0を初めて聴いたときのそれと似ています。うまく表現できませんが、”他(のケーブル)を否定するのではなく、絶対的な良さを持っていて、今後はこれで行こうという気にさせてくれる”そんな印象でした。

    DrDAC2Ojiバージョン ついに登場

    本日のテーマは、DrDAC2です。

    今度のDrDACの一番の改造ポイントは、ボリュームスイッチのON、offにあります。ヘッドフォン出力とライン出力が同じボリュームになっているのですが、ライン出力はボリュームを通さずにスルーで出した方が良いの思いから、そのようにしたようです。これによりノーマルとは完全に別のものになってしまいました。
    B2007-7-27-1.jpg


    でもこの音は一度聴くと ・・・・・・です。





    D2 Dr.DAC 2 OJI Special  新登場!

    改造とは技術者がコスト設計に遮られた本来の性能を引き出してあげること。それはきっと技術者の夢かもしれません。それを具現化するのが OJI Special
    Dr.DACはその素材の良さから改造での多大な変化で皆様のハートをつかみ、大好評でしたが今回はどうでしょうか!?
    B2007-7-27-2.jpg


    改造は、簡単なようで奥が深いです。どのようなものでも、パーツや定数を変更すると必ず音は変わりますが、素材の良さを引き出し、高性能にしてあげなければ意味がありません。
    また メーカーでは現在ではコストの大半を占めてしまう人件費を抑えるために自動機を使い、さらに量産効果で最初からかなりコストが抑えられていますから、高額となってしまう改造では、コストを抑えつつ、大きな性能向上を目指さなければならず大変な作業になります。
    さらに 改造にはリスクが伴います。簡単に言うと壊してしまう危険があるわけです。
     昨今のプリント基板は高密度実装の為 パターン幅も狭く、コストダウンのあおりでパターンも薄く、少し長めにハンダ付けをしていると、直ぐにパターンを壊してしまい、二度と使えなくなってしまいます。また スルーホール部分でさえ前述のようにハンダが上手く吸い取れなかったりしてパターンにダメージを与えてしまう事もあるのですが、さらに手ハンダでは難しい作業となる表面実装部品の交換や、表面実装部分に改造を加えることはかなり難しい作業になります。
    それらの 難関を乗り越えた結果が改造。そして Dr.DAC2 OJI Special

    今回のDr.DAC2は、最初からかなりこだわって作られています。電源部分のOSコンデンサー。サンヨーオリジナルです。WIMA のMKSコンデンサー、プレート抵抗、フィルムコンデンサーなど高級機にも使われていない物でさえ搭載しています。この価格でよく使ったな と思えるほどいろいろ盛りだくさんとなっていますが、さらに改造を加えました。
    改造部分は SPDIF入力部、DAC IV変換、アナログ電源とアンプ部分など多方面にわたり総合的に見直しています。

    新しくなった DrDAC2 OJI Special 是非貴方の耳でお確かめ下さい 
    B2007-7-27-1.jpg


    改造モデルは Dr.DAC2 OJI Special と Dr.DAC2 OJI Special Model Sの二種類です。Model Sは、ボリューム関連での音質劣化を抑える為のスイッチが付けられています。
    違いがわかる方に是非お試しいただきたい機構です。

    内部のIV変換部分とバッファーのオペアンプはCOPシリーズと互換性があります。

    イベントでお客様とノーマル版のDrDAC2を使い試聴した結果COP-01はオリジナルの良さを生かしスッキリとクリアーに音楽を伝えます。
    COP-10iはググッと来る低域、COP-02は、抜けの良さが加わります。

    ノーマルをお持ちの方は COPでグレードアップを!
    OJI Special改造版では、十分に高音質を感じていただけますが、COPを使うことで、さらにクリアー、さらに抜けの良い音がお楽しみいただけるはずです。その大きな違いを堪能いただければと思っております。
          
    西出 晃
                             

    8月26日(日)マイナスイオン講座

    8月26日(日)、井上先生のマイナスイオン講座を行います。

    8月26日(日) PM5:30~
    井上 良治 マイナスイオン講座

    皆さんお待ちしています。


    マイナスイオンモニターレポート 第3弾

    東京都 S様

    マイナスイオン塗料ですが、今回は車に使ってみました。車はフォレスターSTI2リットルターボ車です。

    車で電気が一番流れる所といえばバッテリーですので、まずターミナルの頭に少し塗ってみました。 こんなので変わるのでしょうか・・・

    カーオーディオもUSBメモリからの再生とし、可能な限り条件を同じにしてあります。といっても特にターミナルを外す必要はなく、上からぺたぺたと塗っておしまいです。

    B2007-7-25-1.jpg

    比較の曲は長富彩のピアノ曲を選んでみました。いや、ちょっと塗っただけですが低域の伸びが凄いです。高域もじゃりじゃりする音が抑えられてしかもすっきり伸びています。まあ聞ける音になってきました。
     注:WMAの圧縮音源なので音があまりよくないのです・・

    気分を良くして写真のとおりべたべたと一気に塗りました。 低域の伸び、高域の伸びはもちろん、音全体が生き生きと感じられ十分カーオーディオで楽しめる音になりました。文句なしです。

    加えて車内もなんとなく快適です。これもアポロとOJIコバルトプラチナの相乗効果でしょうか。とにかくエンジンが軽いのであまりアクセルを踏まなくてもすーーーっと車が前に出ます。計測したらリッター10キロも走っていました。驚きです。

    時間があればカーオーディオの線にぬりたくって見たいです。また、コンピューターに出入りする線とか、アクセルペダルに塗るという(w 手もありますね。 ワンセグユニットに塗ったらかなり画質が改善したことも付け加えておきます。(ばらして基盤に塗りました)

    とにかくコストパフォーマンスは最高ですし、色々アイディアが浮かんできます。皆さんの車にもいかがでしょうか?

    8月24日(金) Ge3な夕べ

    8月24日(金)は、「Ge3な夕べ」を開催します。
    皆さん是非お越しください。

    そういえば忘れていたような。
     あ、そうだ 7月のGe3な夕べの報告をしていない。

    というわけで 本日のテーマは7月のGe3な夕べ報告です。


    7月の「Ge3な夕べ」の目玉はなんといっても狛蛇(ハクジャ)でした。
    たぶんTVコマーシャルだったらきっとこんな決まり文句だったのではいでしょうか。

    >「パパ、こんなケーブル見たことない」
    B2007-7-23-5.jpg



    そうです。過去に前例がない巨大なケーブルの誕生です。
    しかも、スイッチ付
    B2007-7-23-9.jpg

    もし千年後、地下からこのケーブルが遺跡として発掘されたら、未来の人は、どのように分析するのでしょうか。
    ケーブルもさることながら、このケースを見た時はさらに圧倒されました。( 斬鉄剣でも入っているのかと思いました。

    B2007-7-23-6.jpg


    この狛蛇(ハクジャ)は前回のものとは少し違います。
    まずシールドされています。そしてスイッチのようなものがついていて
    それを切るかえると音質が変わります。


    その後は、またまた新製品の 「スピーカー用脈々」の試聴実験でした。
    B2007-7-23-8.jpg

    B2007-7-23-7.jpg

    とのかく要石を持っている方は、絶対にお勧めです。
    「何でこんなに変わるの」と頭真っ白になる位変化します。


    そして最後は、「防守」。実はこの時はまだ「防守」という名前は決まっていませんでした。

    特に変化を感じた部分は、液晶表示画面の前に置いたときです。
    すごく音がクリアーになります。
    B2007-7-23-1.jpg

    あと電源部分におくのも効果的だと思いました。
    B2007-7-23-2.jpg

    お客さんも大勢集まってくれました。エンポケが熱気に包まれている瞬間です。(本当にクーラの効きが悪くなりました。爆)

    B2007-7-23-3.jpg


    防守に関しては、22日から販売開始です。ご期待ください。


    Ge3 『防守』は22日入荷予定。

    Ge3から新発売される「防守」は22日(水)に入荷予定です。

    B2007-7-23-1.jpg


    きささんに連絡して20日に送ってくれるとう事になったのですが、
    あいにく21日はエンゼルポケットは休みなので、22日から販売となります。

    デジタルノイズ吸収パット改め『防守』という名前になったそうなのですが、「Ge3な夕べ」に登場したのは、まだ寒さの残る3月でした。

    それから、約五ヶ月「改良に改良を重ねた?」かどうかは、不明ですがついに発売になりました。

    お一人様1個限定お試し用も3,000円で発売予定です。 何かスーパーの特売卵みたいですね。どうしても2個3個でほしい方は、恋人や奥さん子供連れでお越し下さい。爆)

    B2007-7-23-2.jpg


    あともう一つ気になる、スピーカー用脈々ですが、今まだ生産が間に合っていないようで、24日に数本入荷するかどうか。という状況です。


    ぜひ持ってきてもらえることを祈っています。

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク