2007年 さようなら。

    ついに本日で2007年も終わりです。

    今年1年いろいろなことがありました。今年も恒例の2007エンポケ年間ランキング1月には行ってからエンゼルポケットニュースに掲載します。始めてもらすのですが、このランキングの集計基準は80%が売上げ集計で、残り20%が私の独断と偏見です。何故かといえば「あまりにも金額の少ないものは、売上げベースでは不利になる」場合があるからです。後は話題性なども考慮しています。 

    果たして1位はどんなものでしょうか。


    本日はAngel光るコースターの乳酸菌試験についてです。この実験は超微細エネルギー開発者が自分で行いました。

    開発者についてはこちらもぜひお読み下さい。→超微細エネルギー加工開発者との出会い エピソード1


    超微細エネルギー開発者より

    Cuoさんから乳酸菌の増殖過程の比較試験を依頼されましたので実施することにしました。
    (最近本業が忙しすぎて遅くなって申し訳ありません)


    1回目(とても恥ずかしい失敗をしました)見た目で分かる試験方法という難度が高い?要求がありましたので普通に牛乳とブドウ糖とヨーグルト内の菌を使うことにした。(オリゴ糖がベストだろうが手前に無いことと、果糖はオリゴ糖を分解した時に生成されるものなので、ここはブドウ糖でしょ)酸度やpHとかは、測定器で計るものなので、ピンとこないかもしれない。と、いうことは、酸度が上がって(pHが下がる)pH4程度で凝固する牛乳(これががヨーグルトなんだが)を時経的に写真管理すれば、凝固までの時間差が見分けられるのではなかろうか?
    凝固までの時間が早く、ヨーグルトの香りがすれば、乳酸菌の発酵速度が上昇したということになる。

    では、開始。

    原料
    Cuoさんを真似て、無菌蒸留水と牛乳を半々にした。(凝固点が見やすいはず)ブドウ糖は必要ないが、酸度を上げる競争みたいなものなので、希釈もしているし牛乳内の乳糖と別にブドウ糖10%混ぜた。
     菌は、明治プロビオヨーグルト(LG21)を使用。明治乳業さん、私はこのヨーグルトの大ファンなので使用させて頂いただけで、どんな結果でもヨーグルト自体の評価とは何の関係も無いことをお約束いたします。しかも、このヨーグルトは、胃癌の大半?の原因とされる「ピロリ菌」を破裂させる菌らしいですので、全国民が毎日食べると、素晴らしい人助け製品になるにも関わらず、安い!今後も愛用致します。(みなさんも気が向いたらこれ選んでね)

    と、一応の本音のフォローもしておこう。

    牛乳は明治生乳100%使用の「おいしい牛乳」使用。理由は生乳100%でおいしいから!
    (そのまんまです(笑))
    私もここまで言ってくれるユーザーがいる製品を開発したいものだ!準備蒸留水(ブドウ糖20%)+牛乳半々を煮沸させ、ラップして40℃程度に下がるまで待つ。

    ヨーグルト30gを蒸留水100gと混ぜて、約30℃程度で、寝ている乳酸菌を起こしてあげる。
    (なんて優しいんだ俺は)

    工区分別

    ①標準
    ②和の極1滴
    ③和の秘湯1滴
    ④光るコースター20秒


    B2007-11-29-1.jpg


    B2007-11-29-3.jpg


    B2007-11-29-2.jpg


    B2007-11-29-4.jpg



    <結果>
    え~と・・酸度を上げる競争といいつつ、乳酸が即活動できる設計をした為、全ての区の乳酸菌が、一気に発酵初めて、9時間後にみた時は、全ての区が発酵終了して、どれが最初にゴールしたか分からなかった・・・

    ここで糖を追加したらどんどん酸度が上がって、自らの乳酸で菌が死んでしまう手前という絶妙の設計だったのだが、とかいう私のエゴが招いた失敗でした。

    せっかくですので、保存試験と称して置いておこう。

    次回は、大腸菌とやピロリ菌と混ぜて戦わせたいのだが、どのような結果になろうと、設計を10パターンくらいしないと、イジメられそうなので、20℃管理(適温より低いはず)で時間に余裕のある時にやります。

    ところで、この菌の発酵最適温度は、直感で決めた38℃ってのは当たってたのだろうか?あまりにも早すぎて、びっくりしました。

    みなさんごめんなさい。


    広瀬より

    私は失敗でも有意義な実験だったと思っています。ていうか、そんなに早くヨーグルトになるのは、あなたの所部屋の環境が超微細エネルギー化されすぎているからではないでしょうか??「ちょっと特殊な空間じゃないのか」とか思ったりしました。
    エンポケもひょっとするとそんな環境だったりして。爆)


    今風邪が流行っていますが、以前から何度もお話ししていますが、風邪をひいたら、
    ヨーグルト(プルーン)+和の極(2~3滴)+カシスジュース」を食べてみてください。カシスジュース の代わりでは、リンゴなどが最適です。腸を鍛えれば風邪は治ります

    ぜひお試しを。



    それでは皆さん 良いお年を



    早くもモニターー感想が届きました!!USA(491)モニター感想 その1

    超微細エネルギーの世界.....ブログ



    お正月休み。

    【年末年始について】
    ローカルメールオーダー(エンゼルポケット)では、1月1日(火)から1月3日(木)までを年末年始休暇とさせていただきます。
    年内発送のご注文受付は12月31日(月)PM2:00までとさせていただきます。
    年始の営業は1月4日AM11:00からとなります。休暇中にいただいたご注文については、1月4日から順次発送いたします。

    1月4日~ 初売りセール(福袋)を販売します。

    値段は5千円、1.5万円、3万円 

    相当お得です。ぜひ。


    B2007-11-27-1.jpg



    必見!! 月光(Gekko)モニター感想 その2

    超微細エネルギーの世界.....ブログ

    FOLスピーカーケーブル モニター報告 その1

    本日はお伝えするテーマは、FOLスピーカーケーブルのモニター報告についです。

    私はこのスピーカーケーブルを使って音楽を聴いたとき「凄く洗練された音になるな」という印象を持ちました。日本酒でいえば「大吟醸」のような感じでしょうか。

    B2007-10-27-3.jpg

    宮城県 MK様

    大変遅くなりましたが、「FOLスピーカーケーブル」の視聴記をお送りいたします。

    第一印象は、いままで聞いていた多芯撚線に比べてその「音のひずみ」の極小さです。久々にピュアな音というものを再認識できました。ただ、若干の情報量の減少は否めませんが、苦にならない程度です。

    次にFOL回路(青ケーブル)の接続の違いですが、ハーモニー重視のプラス接続ではボーカルと伴奏が一体となって部屋全体に広がる感じ、かたや精緻感重視のマイナス接続では演奏が奥に引いてボーカルが全面に元気よく出てくる感じとなりました。これほどの違いがあることにまずは驚きましたが、ボーカル主体の私としては後者が好みです。ただ、ソフトによっては前者の方が好ましい場合もありますし、機器によっても使い分けした方が良いと思います。なにより、接続を変えるだけなので操作はいたって簡単。手間はかかりません。(ちなみに、アナログ再生ではプラス接続がグッド!)

    簡単ですが、まずはご報告まで。


    超微細エネルギーの世界・・・ブログ」でもMKさんが月光についてファーストインプレを書いていただいたので、掲載しました。MKさんは日本で始めて月光をこ購入していただいた方です。

    こちらも見てね(クリック)

    超微細エネルギーの世界.....ブログ


    Angel光るコースター forCAR 燃費報告第2弾。

    超微細エネルギー開発者より、Angel光るコースター forCAR 燃費報告がきました。

    さて世の中には、燃費改善グッズというものは相当多くあるんですが、何故か人によって効かないとか、効くとか、様々な報告が上がっています。近年ではブログという誰もが手軽に情報を発信出来る便利なツールがあるので、ますますその傾向はつよくなっているようです。
    ただ「不思議ですよね。」 音の善し悪しのように数値化出来ないものならいざ知らず、燃費削減のようなキチット数値化出来るものが、なぜ人によって数値が変わってくるのか。燃費削減に対してまじめに取り組んでいる製品でも、個人的な叩かれ対象になってしまうのか。

    その辺も問題を長年燃費改善等に仕事をさいてきた開発者が鋭く切り込みます。


    題して、「ほんと、うそ、燃費改善の真実」 ・・・・・・第256弾 爆)

    あくまでドキュメントです。おふざけ無しです。

    皆さんこんにちは、超微細エネルギー及び無(mu)開発者、ORGです。
    店長より「燃費改善データの追加を出して欲しい」という依頼があったので女性社員にお願いして燃費試験してもらいました。

    この女性社員の運転状況

    山道ありで通勤往復25Km同じガソリンスタンドで給油
    運よく高速に乗らない期間に当てはまった。


    B2007-11-24-1.jpg
    ちなみにこのコード開発者はこまちゃさんです。

    B2007-11-24-2.jpg


    さて、結果

    使用前
    308.16km
    満タン=24L
    燃費=12.84km/L
    (軽にしては悪いような気がするがターボ付いて毎日山道走行するからか?普通か?)


    使用後
    310.31km
    満タン=21.5L
    燃費=14.43km/L
    12.3%アップしました。
    今のところ4台連続8%~30%アップになっているが、私が設置したのはこれで2台目なので報告しました。

    そして正直に3回目の報告
    277.4km
    満タン=21.4L
    燃費=12.96km/L
    *経験上、同じ車で燃費を13kmから14.4kmにするのは相当意識した運転しなければアップしない差です。しかし私が予告していた通り、初回に戻ってしまいました。

    燃費改善製品がいままで

    叩かれてきた理由はここにあるようです。


    これは「燃費も上がるよ」という方の運転
    同じ道のスタートから3秒後に30km/hの平均加速する方が、この製品を使っても同じ加速で運転ができる場合は、レスポンスの上がった分(燃焼効率が上がった分)を燃費で消費しないで走行しているのです。

    車はCPU(コンピューター)で制御されており、燃焼効率が上がろうとも空気量を測定し、燃料噴射量を決定している為に、同じアクセルワークで運転すると、同じだけ燃料噴射しています。しかし、この方の場合、いつもと同じ加速をアクセルワークで制御できていることになります。

    これは燃費が全く上がらないよという方の運転
    同じ道のスタートから3秒後に30km/hの平均加速する方が、この製品を使って3秒で33km/hの加速をするようになっているのに、今までと同じ道を同じように運転していると認識している場合です。この場合、燃焼効率(排気ガス浄化)が上がっている分を加速として
    消費している為に、燃料も消費しています。

    CPUもいじらないで、燃費測定するとなると、速度、加速度計に反応する機械にアクセルワークしてもらわないと難しい結果になるでしょう。

    その辺を意識して燃費試験も楽しんでください。

    広瀬より

    確かにAngel光るコースターをエンジンの方に向けて走ったときの、トルク感、パワー感はすごかったです。でもそうやって、ブン回せば、燃費は悪くなるということですよね。また開発者は、「どんなに気をつけているようでも、3~4回乗るだけで、その状態が自然だと思うがため、必ず運転誤差が出てしまう可能性が高い。強調文」とも言っていました。

    皆さん、でも

    Angel光るコースター forCAR

    が燃費を改善することは99.9%

    間違えありません。

    しかし、燃費走行でお願いします。 


    B2007-10-30-4.jpg


    B2007-10-30-3.jpg



    究極の電源ケーブル完成。

    本日は究極の電源ケーブルについてお伝えします。

    その前に

    今年最後のモニター販売を実施します。
    491(フォーナインエース)「オス+メス」プラグ セット 超微細エネルギー加工

    期間
    2007年 12月 26~31日 --------6日間。
    モニター数 3名
    早い人順です。


    応募は → ここクリック

    ついにエンポケ史上最高の電源ケーブルが完成しました。

    名付けてオールスター電源ケーブル。


    さっそく材料から

    1.Cobalt AC-33JP(超微細エネルギー加工)
    ★エンポケでは28,000円という最高値のコバルトACプラグセットに超微細エネルギー加工したとんでもない製品です。35000円で近日発売予定。

    2.マイナスイオン・プラグレス・電源ケーブル IPC-PC1000
    ★もう2度もレポートいただいていますが、導体は6Nグレード。アニール処理を行い、さらにマイナスイオン処理です。これほどの電源ケーブルは滅多にありません。

    3.BBB(ビームバリアベルト)
    ★掲示板でも話題沸騰の究極の電磁波防止グッズ。 光電子育成光線を放射する画期的なベルトです。

    みなさん上の3つがコラボレーションしたら、凄いと思いませんか。

    確かに凄かったです。腰が抜けそうになりました。

    ちなみにこのケーブルを製作してくれたのは、エンポケ常連コンペイさんです。
    (いいのか、お客さんにこなことやらせて。)

    B2007-11-23-2.jpg


    B2007-11-23-1.jpg


    B2007-11-23-3.jpg


    B2007-11-23-4.jpg


    B2007-11-23-5.jpg



    B2007-11-23-6.jpg


    下の3つのケーブルで競いあいました。
    当日お客様は、6人。ちょっとしたミニイベントになりました。
    B2007-11-23-7.jpg


    1.Cobalt AC-33JP+ゴールデンストラーダ
    2.マリンコ超微細エネルギー加工 +ゴールデンストラーダ
    3.Cobalt AC-33JP超微細エネルギー加工+マイナスイオン・プラグレス・電源ケーブル+ BBB(ビームバリアベルト)

    まず最初に振り落とされたのは1番でした。あまりにハンデがあるので最初はBBBを巻いていなかったのです。

    「2番と3番は微妙」という意見が多数ありました。


    その後BBBを巻きます。

    B2007-11-23-8.jpg


    B2007-11-23-9.jpg


    その瞬間から音が全然違うのです。ある種圧勝でした。

    しかし、もっと凄かったのは1週間後。

    もはや、比較できないというほどの圧倒的な差です。


    このケーブルは一度作ってみるべきです。

    材料費

    1. Cobalt AC-33JP(超微細エネルギー加工) 35,000円 近日発売予定。
    2. マイナスイオン・プラグレス・電源ケーブル 1m 10,500円
    3. BBB 2本セット                    6,510円

    計 52,010円。

    決して安くはありませんが、究極です。



      
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク