0号機 設計者のプライベートルーム

    たまや2号がいよいよ発売となりました。


    そのページの中で
    0号機
    正式名称
    「ドラム理論ひのき円筒型ドロンコーンスピーカーシステム」
    (使用ユニットFE83E)」

    の設計者はJazzドラマーという内容になっていますが、以前超微細エネルギー加工開発者 ORZがその設計者の方のプライベートスタジオルームにお伺いし、試聴テストをしてきたレポートがあります。

    今日はその試聴レポートを発表させていただきます。

    なお下記の内容はもう2ヶ月以上前の話なので、現在の状況とは話が前後している部分もありますが、ご了承願います。


    その前に 開発者 ORZのプライベートルーム。
    B2008-2-24-15.jpg


    彼はアマチュアギターリストです。中学生のころギターにはまり、その後6年間ギターづけの日々を送っていたらしいです。ドラムもたまにたたいています。私も10年近く前に彼と出会った時に最初に話した内容は音楽の話でした。


    当スピーカーを設計した尊敬する現役ジャズドラマーのプライベートルームでの試聴風景
    B2008-2-24-1.jpg


    B2008-2-24-2.jpg


    B2008-2-24-3.jpg




    他の手持ち機材のご紹介

    B2008-2-24-4.jpg


    B2008-2-24-5.jpg


    B2008-2-24-6.jpg


    B2008-2-24-7.jpg

     

    B2008-2-24-8.jpg


    オリンパスで上でお酒の熟成も忘れない
    B2008-2-24-9.jpg


    モニターまで・・
    B2008-2-24-10.jpg


    各種ドラムもパーカッションもシビれる音です。
    B2008-2-24-11.jpg


    オリンパスを最高の音で聴くにはコレが最強だったけど・・
    イタリア製のUNISON RESEARCH Simply845
    B2008-2-24-12.jpg


    B2008-2-24-13.jpg


    でも、もっと追求する為に自作した
    当アンプでの音は魂を突き抜ける音楽になる
    B2008-2-24-14.jpg


    <試聴結果>
    当然理屈があっての設計で、どこも真似していない大事な部分もあり、素晴らしい音楽が聴けます。
    83Eフルレンジなのに、低音云々を言わせない自然に音楽の世界に浸ってしまうこのスピーカーは、
    もう、試聴させた方々11人から製作を依頼されてしまいました。
    問題は、尊敬する設計者も私も仕事場にこのプライベートルームをもっている為に、仕事の客が音楽に聴き入って帰ってくれない事態が発生しています。

    ジャズや心にしみる音楽は、これだけで十分というかスピーカーの存在すら忘れてしまうが、さらに完璧を目指すためにウーハーを設計中です。
    私と設計者だけが持てたらいいと4ヶ月も完成までかかりましたが、このスピーカーで、「音」でなく「音楽」を満喫して頂きたいと願います。


    たまや2号の説明文にある
    「実はこの円筒形スピーカーを開発した人は超微細エネルギー加工開発者(ORZ)の取引先の、Jazzドラマーかただったのです。円筒形スピーカーについての熱い思いを語っていただきました。」

    という部分理解できたでしょうか。

    音楽家の方でオーディオシステムに興味がある人は、そう多くいませんが、私常々「録音された音楽の中でも、もっと演奏者とリスナーの距離が短くなればいよい」と考えていて、今回はそのよいきっかけになればと思っています。

    そして、このようにたまや2号は多くの人の手によって完成したシステムです。

    その中で唯一共通すているものがあります。 


    それは、  音楽  です。

    「音楽は人と人との輪を広げてくれる素晴らしいもの」

    とつくづく思わされました。


    これは必見 Angel光るコースターお客様リポート
    ↓ クリック

    超微細エネルギーの世界.....ブログ

    釣れてしまうんです。信じがたい報告。

    無謀にもローカルメールオーダーで販売を始めた、お魚活性液「釣れてしまうんです。」
    何故かといえば、オープン以来ここに来たお客さんで「釣りも好きです」といったお客さんは1人くらいしか思い浮かばないからです。逆に言えば、オーディオにそれだけ情熱を傾けているということなのでしょう。

    下の話は参考程度にお読み下さい。

    開発者 ORZからの 報告


    渓流で「こさめ」を生いくらで釣った報告の中で、近場の釣り師が4枚から5枚
    の釣果にも関わらず、20枚も釣れてしまった。
    B2008-2-23-1-1.jpg


    天然系の成分と微細な波長域で活性を促す効果として、「餌の生いくら」で実験した。

    B2008-2-23-2-2.jpg
               
      ↑               ↑
      添加しない従来区  「釣れてしまうんです」キャップ4杯で満杯になるまで入れた。


    無添加生いくら   添加生いくら
       ↓             ↓
    B2008-2-23-4-4.jpg


    B2008-2-23-5-5.jpg

    B2008-2-23-6-6.jpg


    水面で上下運動させると、何度試しても「無添加区」は約5回目から、白濁した糸状の成分が漏れてきた。「添加区」は、約50回くらいの上下運動で白濁した成分が抜けてきた。



    最終的には、両区ともに、白濁した糸状の成分は抜けてくるが、オレンジ色の目玉部分の色合いは「添加区」は鮮明に残っていた。

    B2008-2-23-3-3.jpg


    B2008-2-23-7.jpg


    上記写真は各3個の生いくらを同様扱い、針を外した状態。
    無添加区は成分が急速に抜けていった。最大の差は、生いくらの表皮の硬さだった。
    <無添加生いくらの表皮>
    硬くて、ビニールに刺すような感覚で、針が簡単に通らない。


    <添加区の生いくらの表皮>
    弾性があり、針もスッと入り、簡単に抜ける状態



    まず、デリケートな釣りでは、この弾性があって針刺しが容易であるだけで、バラシの減少になることは当然考えられます。



    要するに、お魚活性液「釣れてしまうんです。」 を使用するとイクラの鮮度が保持され、なおかつ中身の成分が出にくくなるわけです。針をさしても弾力があるので上下運動しても白濁した成分が出てこない。

    釣り名人の間からは、

    お魚活性液「釣れてしまうんです。」 の 奇跡と呼ばれているそうです。

    それでは何故そんな事が起こるのでしょうか。

    言わなくても分かりますよね。


    祝 ゴルディアスの結び目 カーバッテリー用 発売

    イベント情報

    3/30(日) 17:30 ~

    井上良治イベント


    ゴルディアスの結び目 カーバッテリー用がローカルメールオーダーHPより発売されました。
    (自分でHP更新しておいて他人事な言い方です。)

    マロさんより、これ凄く効くのでぜひ使ってみて。といわれました。
    私も嫌いではないので、軽く引き受けたのですが、内心は「これ以上ういろいろやって本当に効果あるのか」とちょっとドキドキものでした。

    いざ、例のごとくボンネットを開きます。

    アポロシンシン、アーシングブースターが、バッテリーの+-の両端子にしっかりと装着され、なおかつその端子の根元には超ダイレクトバッテリー、そしてエアクリーナー吸気パイプにはテラクリーンを
    縫った後が。

    うーん。 いつ見ても

    ごちゃまぜ。

    B2008-2-22-1.jpg


    そしていよいよ、ゴルディアスの結び目 カーバッテリー用を装着。「いくら大丈夫と分かっていても、+端子と-端子に線をつなぐということは怖いものです。」 私だって生まれて初めての経験です。

    だから、キーを入れてエンジンが掛かった瞬間、

    「ほ、」

    としました。

    B2008-2-22-2.jpg



    さて効果は、

    申し訳ないのですが、アクセルや走りの体感は

    よく分かりませんでした。

    たぶん、あまりにいろいろ装着しすぎているからでしょうか。


    ただ、

    カーオーディオのスイッチを入れて、音を聴いた瞬間。

    「ぎょえ」

    音が全然違うのです。

    一番感じたのは、解像度。

    非常にクリアーな音になりました。ただ、私のカーオーディオはパイオニア製の安い奴なので、高級なものを使用している人は参考になるかどうかは分かりませんが。


    私の へっぽこカーオーディオでこれだけ分かるのですから、ホームオーディオでの威力は凄まじい物があります。

    想像付きますよね。

    B2008-2-22-3.jpg


    ぜひお試しあれ。

    3/30日は井上先生のイベント

    めっきり暖かくなってきました。桜ももうすぐ咲きそうですね。

    たぶん東京桜も3/30日には満開な予感です。
    イベント後の 打ち上げは お花見かな。
    とか思っています。

    皆さん

    お待ちしています

    イベント情報

    3/30(日) 17:30 ~

    井上良治イベント


    3月30日にイベントを行います。

    テーマはBBBの5倍の面積を持つ、「BBBロング&ワイド」の試聴です。
    幅100mmで長さが1500mmありますので、オーディオ機器のボディ巻きつけた場合、長さが足りなくな心配がありません。

    これにより、BBB本来の使い方が可能となる訳です。
    時間のある方、興味のある方は、日ごろお聞きのCDを持参で参加してください。
    参加者の方にはBBBボタンとマイナスイオン・プチシール(未発売品)のお試しセットを差し上げます。


    もう一つのプロジェクト。

    超微細エネルギーがすでに業務用として採用されていて、皆様の手に届いている分野で、このテクノロジーは使用されているというお話しは今までもずいぶんしてきました。

    そして、昨年の10月にオーディオ進行プロジェクト第一弾として、Angel光るコースターを発売し、多くのオーディオマニア、音楽愛好家に支持されました。

    しかし、時を同じくしてもう一つのビックプロジェクトが進行していたのです。

    それは、 魚釣りです。

    ・・・・・爆、爆、爆、爆、爆、爆、爆、爆、爆、爆

    思わずこけてしまった人もいるでしょうが、開発者はいたって真面目なのです。

    本物の技術というものはいろいろなジャンルで成功しなければ認められない言うことです。

    超微細・無(mu)・特殊イオン処理の世界というブログに

    「超微細エネルギーという全く新しい世界です。 この超画期的技術はいずれ世界を凌駕します。」
    と書いていますが、「冗談だろう」という読者もいるでしょうが、けっこう本気です。

    そして、その製品名前を

    お魚活性液「釣れてしまうんです

    と言います。 ・・爆)
    B2008-2-21-1.jpg



    え、でもよく見ると 「和の極」と思った人もいるでしょう。

    でも違う物なのです。(でも結構似ています)


    <製品説明>
    お魚活性液「釣れてしまんです」は、魚や動物系の成分を入れずごく自然な陸上天然物で作った香りもあっさりした新タイプです。集魚剤とは少し違い、餌に対する魚の活性を促し、釣果アップを目指します。さらに、環境や魚に対しても安全で優しい天然活性液です。
    <内容>
    岩塩、紀州産梅、ヒノキの幹熟成液、ヒノキの葉熟成液を、天然漁礁の岩石に長期間寝かせて熟成させました。500g入り (約4回分)
    <使用方法>
    ・解凍したボイルオキアミ6kgに対し「釣れてしまうんです」を約150g(2メモリ)を海水と一緒に染み込ませます。

    ・撒き餌用生オキアミや一般集魚剤にも、同じように添加して下さい。
    <効果>
    ・ボイルオキアミは、もちもちと弾力が出て、、生オキアミは身が締まり、もちもち感が持続します。さらに、黒く変色するのも防ぎますので、新鮮な餌の状態を維持します。
    ・活性の落ちた魚の食い付きを促します。
    ボイルオキアミ1.5kg
    B2008-2-21-2.jpg


    海水添加
    B2008-2-21-4.jpg


    釣れてしまうんです添加(約40g)
    B2008-2-21-3.jpg


    生オキアミ6kgに150g添加
    B2008-2-21-5.jpg


    約6ケ月の調査で、釣り名人、釣りマニアと呼ばれる多くの人にテストしてもらった結果、ほとんどの人によい評価を得ているのです。

    その噂は、釣具屋さんにも評判となり、4月から関西方面の釣り具屋さんで販売を行い事となりました。


    ちなみに、超微細エネルギーのコンシューマー向け商品は全てエンゼルポケットが総発売元となってきましたが、この製品に対しては、エンゼルポケットは総発売元にはなっていません。

    関西にあるエコフレンドリーという会社が発売元となっています。

    何故ならば


    商流が違うからです。


    それに私は釣りに関しては全くの素人です。

    実は開発者も釣りに関しては全くの素人。

    しかし、この間「自分自身でも釣って証拠写真撮ってきてよ。」と私が冗談半分で言ったのですが、真面目な性格な彼は海へ魚釣りへ行きました。

    そして、そこでとんでもない事件が起こったのです。

    開発者からのレポート


    ボイルオキアミへの添加方法写真撮影の為に地磯へ行き、序に実釣テストをした日に・・・

    撮影だけのつもりでスリッパで行った日

    B2008-2-21-7.jpg


    残念ながら魚影はありませんでしたが親指くらいのフグや20cmオーバーのフグが入れ食い。 しっかり食付いてくれました。


    疑似餌に「釣れてしまうんです」を浸し、

    B2008-2-21-8.jpg


    2投目にアオリイカが素人でも釣れた・・・
    B2008-2-21-9.jpg

    夕方4時頃で周りの釣り人は全く釣れていない状態でした。


    この話は本当に事実です。 その時私はリアルタイムで彼と電話していました。


    しかし、疑似餌に「釣れてしまんです」を浸して、たった2投目にアオリイカが素人でも釣れとは、

    アオリイカも迷惑な話だ


    しかし、もし私がその場所にいたら、その日の夜は


    イカ刺しパーティー 

    間違えない。(酒がうまい)

    それにしても、疑問が 何故素人なのに

    それは超微細エネルギーの仕業で

    間違いない

    今まで、植物、細菌、などいろいろな実験をしてきましたが、やはり超微細エネルギーは全ての生命に対して、何らかの影響をもたらすと思われるのです。

    それも下等な生物であればあるほど、その効果は絶大だということなのでしょう。

    超微細エネルギーは、生命の本能に対して影響を与えているはず。と開発者も私も考えています。

    なぜなら、「活性が上がる」というのは、餌への食い付きがよくなると言うことだからです。

    食欲がわく

    というのは生き物の本能ですよね。

    だから、人間でも超微細エネルギーが分かる人は、

    本能に忠実に生きている人

    のような気がしているのです。(決して単純という意味ではありません。 (^^ゞ


    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク