GLASS Black Digital Optical Cable

    GLASS Black という光ケーブルを販売しました。

    B2008-3-11-1.jpg


    HPにも掲載してありますが、「こんなに安く、構造がしっかりしていて、音の良いケーブル」に
    出会ったのは初めてです。

    エンゼルポケットでは長年、オプティカルゲートという光ケーブルを使用してきたのですが、

    ハッキリ言って遜色なし。いやこちらの方が音がよい

    B2008-3-11-2.jpg

    (上が、オプティカルゲート2、下がGLASS Black )

    と思えるほどなのです。

    説明書にも

    「コア部分の更なる特性向上のために鏡面処理を行っています。
    従来にない大幅な特性向上をコア部分で達成したことで、その他の部分も合わせて高品質化を図りました。外装素材は熱と振動まで対策を施しました。プラスチックのプラグ先端部までも高級素材を選び、付け外しと接続時の安定性を確保したセラミックハウジング。 」


    となっています。

    光ケーブルを論じる場合には上のように、1つ1つ多面的に処理をしていくことが重要だし、オプティカルゲート2でも、そういうことをしっかりやってきたから、音がよかったのです。

    しかし信じられません。


    ¥6,980ですよ。


    これはエゴシステムズだからできたことなのでしょう。
    たぶん欧米や日本のメーカーだったら、間違えなく 数万円以上はするでしょう。
    絶対にお買い得だと思います。

    あと、BBB持っている人はぜひ巻いてみてください。

    セイシン・スタビライザー・シート  

    今日はテーマはセイシン・スタビライザー・シート です。
    その前に

    エンゼルポケットニュース

    1. 7周年を記念してさまざまなおトクな特別企画をこちらでご紹介させていただきます。

    1. 4月23日(水)~4月27日(日)
    大バーゲンセールを実施します。

    a 健康食品は最大で30% OFF 
    b オーディオアクセサリーも 10~15% OFF
    c. CDも最大で10%OFF

    残り1日となりました。 

    2..DPAT-AVは売れてしまいました。←あっという間でした。

    3.井上先生のイベントは突然の都合により中止となりました。
    3/27(日) 17:30 井上良治イベント ← 中止



    セイシン・スタビライザー・シートについて。

    ある時一本の電話が。

    「今回開発したものは、あまりにも凄すぎますよ。」その電話の主は、セイシンエンジニアリングのオーディオ部門担当の間さんという方です。
    普段そんなに、興奮をするようなタイプの人ではないので、私としてもちょっとビックリしました。

    「とにかく今から、エンポケ行くから予定大丈夫ですよね」と言われ、あまり考える暇もなく「今日は大丈夫ですよ」と思わず返事をしてしまいました。

    それから約2時間後に間さん登場。

    B2008-3-8-1.jpg


    「どこかで見たような」と思われる方もいるのではないでしょうか。
    以前 サラウンドの巨匠 という題材でこのブログに書いた時に沢口さんのお宅に訪問したとき一緒に行った方です。この方元元ソニー・ミュージックエンタテインメント。今はもう無い信濃町スタジオに長年出入りしていた方です。

    早速テストしていただきました。今回私は審査員のようなものです。←ちょっと偉そう

    視聴ソフトは水月情縁 。とっても可愛らしい声が魅力的です。


    まずリングをはがします。
    B2008-3-8-3.jpg


    ディスクをトレーに入れたままでセンターでディスクを固定している部分を利用してリングをディスクに貼付けます。(こうするときれいに貼れます)
    B2008-3-8-2.jpg

     
    表面がきれいにはれました。
    B2008-3-8-4.jpg



    今度は同じよう要領で裏面を貼ります。

    B2008-3-8-9.jpg



    そしていざ、ミュージックスタート。

    ぎょえー

    なんでこんなに変わるの。すげー

    本当は音楽を聴く前は、少し疑っていたのです。「だって1205SPの方がいいに決まっているよ」と思っていたからです。

    でも、こんなシートが別次元の音の世界に連れて行ってくれたのですから、ビックリ仰天でした。


    それでも疑り深い私は。さらに視聴ソフトのチェンジを要求。

    セリーヌ・ディオンです。
    B2008-3-8-5.jpg


    B2008-3-8-6.jpg


    少しハイ上がり気味な音が見事に改善されています。

    そこで、今度はエンポケグッズ新製品を間さんにもテストしてもらいました。

    そうです。 れでぃーすぅーです。

    B2008-3-8-7.jpg


    私は写真撮影のため、本間さんに拭き拭きをお願いしました。
    B2008-3-8-8.jpg


    そして 3人で視聴。

    さらにいいね。

    と間さんがさりげなくいいました。 実は月曜担当の本間さんは、元デノン。「かつてオーディオ全盛期では宿命のライバルだし、会社によって好み違うのか」と内心思いながら、本間さんにも聴いてみました。「さらに音に潤いが出たね。相当いいね」と言っていました。

    この2つのコラボは凄まじいです。

    「リングの中にある余ったシートはいろいろなところに使用できます」と
    間さんが言っていたので、早速実験しました。
    B2008-3-8-10.jpg


    いろいろ鳴きを抑えて良いだろう。と思う部分はたまやのツィーターなのでそこに貼りました。
    貼る場所を決めたのは本間さん。コンコン叩きながら、一番よさそうな場所を探りました。

    実際に貼ってみると。


    「うーん素晴らしい。」

    3人とも同じ意見でした。



    セイシン・スタビライザー・シート  これはちょっとあり得ない素晴らしい製品です。






    井上先生のイベント中止。

    井上先生のイベントは突然の都合により中止となりました。

    4/27(日) 17:30 井上良治イベント ← 中止

    5月中旬に行う予定です。

    またご連絡します

    恐怖のイベント3連チャン。

    今週末はイベントが3日連続で続きます。
    ハッキリ言って私の体が持つか心配です。

    こんなブログを書きながら、38度の熱があります。


    4/25(金)
    18:00 Ge3な夕べ

    内容★  お題目:自作逆ホーン バトル大会
    1.試聴1 ELAC(BS203A) フルGe3チューン
    2.試聴2 同ユニットを自作逆ホーンに搭載して
    3.試聴3 自作逆ホーンに壱百弐拾倶楽部員のユニットを搭載して
    4.試聴4 Jordan classc1 逆ホーン化




    4/26(土)/ 17:30 たまや2号 完成記念イベント

    内容★ お好きなCDをお持ちになり、聞き比べてください。
         TB加工(超微細エネルギー)関係の製品も試聴します。
    4/27(日) 17:30 井上良治イベント
    内容★


    エンゼルポケット7周年記念特別企画
    お陰さまをもちまして、2007年4月22日にエンゼルポケット秋葉原店は、7周年を迎えます。
    これもすべてお客様のお陰です。
    7周年を記念してさまざまなおトクな特別企画をこちらでご紹介させていただきます。

    1. 4月23日(水)~4月27日(日)
    大バーゲンセールを実施します。

    a 健康食品は最大で30% OFF 
    b オーディオアクセサリーも 10~15% OFF
    c. CDも最大で10%OFF

    とにかくエンゼルポケットにお越し下さい。

    2.今までエンゼルポケットで長年使用してきた、DPAT-AVを大特価でご奉仕します。値段は 何と 218,000円。

    さらに詳しくは → ここクリック


    空間化粧水 モニター報告第2弾
    ↓ クリック

    超微細エネルギーの世界.....ブログ


    エンゼルポケット7周年記念特別企画

    エンゼルポケット7周年記念特別企画
    お陰さまをもちまして、2007年4月22日にエンゼルポケット秋葉原店は、7周年を迎えます。
    これもすべてお客様のお陰です。
    7周年を記念してさまざまなおトクな特別企画をこちらでご紹介させていただきます。

    1. 4月23日(水)~4月27日(日)
    大バーゲンセールを実施します。

    a 健康食品は最大で30% OFF 
    b オーディオアクセサリーも 10~15% OFF
    c. CDも最大で10%OFF

    とにかくエンゼルポケットにお越し下さい。

    2.今までエンゼルポケットで長年使用してきた、DPAT-AVを大特価でご奉仕します。値段は 何と 218,000円。

    さらに詳しくは → ここクリック


    マイナスイオン塗料で面白い報告。

    アイプランニングより。

    写真はペットボトルの外側にマイナスイオン塗料・水性を塗りこんだものです。
    全体に塗ってあります。
    B2008-3-6-1.jpg

    私の家ではアルカリイオン水を作り出す機械があり、この水を空っぽになったペ
    ットボトルにつめ、冷蔵庫に保管しています。勿論、飲み水としての保管です。

    マイナスイオン塗料・水性を塗りこんだボトルと何もしていないボトルの水を呑
    み比べると、明らかに違うのです。

    マイナスイオン塗料・水性を塗りこんだボトルの水は実に口当たりが良く、身体にしみ込んで行きます。この感覚は一度体験するとやみ付きになります。今ではマイナスイオン塗料・水性を塗ったボトルの水を飲むのが私のマイブーム
    になっています。

    B2008-3-6-2.jpg

    私の場合は体の調子が凄く良くなっています。

    マイナスイオンは水分子のクラスターを限りなく細かくして行きますので、ペットボトルの中の水が細かく、細かくなっているのだと思います。

    何よりも嬉しいには、水が美味しくなるという事です。

    イメージですが水のしみ込み方が、、「普通の水は土」、「マイナスイオン塗料・水性を塗ったボトルの水は砂」と言う感じなのです。

    水がスーツとしみ込んで行きます。

    水にしても、ウーロン茶、ジュース、お酒にしても、一味、イヤ二味美味しくなります。

    この使い方はお勧めですよ。

    後ろの音はない方がよい。

    スピーカーはなるべく後ろの音がない方がよい。

    ずっとそう思ってきました。(今でもそう思っています。)

    それはどういう意味かといえば、コーン型のスピーカー・ユニットは基本的に前にも後ろにも音を出すからです。通常のスピーカーは、前のバッフル板にスピーカーを取り付けて、後ろに箱があります。

    私の言う「後ろの音」というのは、上のようスピーカーを差す場合は、箱の中の音を差しています。
    要するに私の言いたいことは、箱の中の音を全く0にして、前に出る音のみ再生できれば、それは、究極的に良い音だと思っているのです。

    ただし、ここで1番問題になるのは、バスレフ式のスピーカーというのは中の音を利用しているわけです。これは非常に困った問題です。 

    だから、私はあえて言いたいのですが、

    普通のスピーカーにとって「吸音材は絶対に必要不可欠」である

    という事です。

    特にバスレフ式のスピーカーから、吸音材を抜くととんでもない音になってしまうのです。
    ここに1つの例をあげます。

    エンゼルポケットで扱っていて、バスレフ型のスピーカーと言ってまず思い浮かべるとしたら、

    アッシャー S-520でしょう。
    B2008-3-5-7.jpg


    そこでS-520のから吸音材を抜いたものと、S-520に吸音材が入っているものを比較して測定してみました。

    この測定データはどういうものかといえば、サインスイープ信号をいれて50Hzの時と1Khzの時の歪み率を測定したものです。下の緑の波形がスイープ信号。その上の赤い波形がF特になります。

    アッシャーS-520 吸音材あり  50Hz
    B2008-3-5-5.jpg


    アッシャーS-520 吸音材なし  50Hz
    B2008-3-5-6.jpg


    アッシャーS-520 吸音材あり  1kHz

    B2008-3-5-4.jpg


    アッシャーS-520 吸音材なし  1kHz
    B2008-3-5-3.jpg



    測定データーを見ていただけると分かると思うのですが、吸音材が入っていない方が、明らかに暴れています。50Hzはわかりにくいかも知れないのですが、1khzは明らかに分かるのではいなでしょうか。

    しかもポートが前面についている場合は、そのポートから、

    音がダダもれ

    こういうスピーカーを私は歪んだ音のするスピーカーと言っています。(僕が最も苦手なスピーカーです。ただ市販のスピーカーで吸音材が入っていないスピーカーはまずあり得ません。)

    スピーカーを評価する場合には様々側面があるのでしょうが、スピーカー内部で発生した音が前面から一緒にでで来るのは最悪なのではないかと思っているのです。

    ただし、吸音材が入っているS-520でさえも2K 3k 4k 5kまで歪みの波形が出いています。
    ご存じの方もいるでしょうが、アッシャーS-520の場合は「本当にこれでも、空気のすき間があるのか」というほど吸音材が詰め込まれているのです。


    それでもこういう状態になるのですから、スピーカーとは難しい工作ですね。

    実は、たまやの0号機を作ったとき 、吸音材をどう入れるかと言うことが一番の問題になりました。
    B2008-2-25-5.jpg


    その辺は又の機会にお話しいたします。



    エンゼルポケットニュース

    イベント情報

    4/19(土) 17:30~ HWTイベント(マロ)

    内容★ひふみジェネレーター ゴルディアスの結び目 試聴

    詳しくは→ここクリック


    エンゼルポケットニュース

    1冷蔵庫に必需品 TB青丸のモニター販売を開始します。

    詳しくは →モニター募集コーナー  をご覧下さい。

    さらに詳しくは → 超微細・無(mu)・特殊イオン処理の世界
    開発ストーリーなど話題満載。
    B2008-3-4-1.jpg


    2. 4月16に宇宙の玉子(プチ無)は予定通り入荷しました。

    B2008-2-29-3.jpg


    3. 従来のBBBの5倍サイズとなるBBB・W&L(ワイド&ロング)を新発売しました。
     4月14日からモニターも募集していたのですが、4月16日(水)に終了しました。
    エンポケムービーもアップしています。ぜひご覧下さい。

    B2008-3-4-3.jpg



    4.たまや2号、桧木スピーカー掲示板 を新しく作りました。

    それ以外のスピーカーに関する質問でも構いません。
    分かる範囲でご説明いたします。 

    詳しくは→ここクリック



    TB青丸 モニター販売開始。
    ↓ クリック

    超微細エネルギーの世界.....ブログ


    江川工房の夜は面白い。

    この間の江川工房の話題です。

    「え、たまや」と思う人もいるかも知れませんが、そうではありません。
    戸澤工房の戸澤さんが持ち込んだスピーカーです。
    一番有名なのは、戸澤式吸音レゾネーター AVフェスタ2008にも出展しています。

    B2008-3-3-1.jpg


    作りもきれいです。

    秋田県の名産品、「曲げわっぱ」を利用して作った、無指向性スピーカーです。

    上にあるのは、拡散させるためのディヒューザーです。

    B2008-3-3-2.jpg


    ユニットはたまやと同じく8cmを使用しています。 この構造だとどうしても低音は出ませんが、
    ニアフィールドスピーカーとしては最高だと思いました。

    B2008-3-3-3.jpg


    もうこのスピーカーは、販売していないそうですが、もし自作を考えている人は、参考にしてみたらいかがでしょうか。

    南極の音 北極の音

    「スピーカーはいつも局所的その能力を発揮するものだと思っています。
    だから、この世で一番音の良いスピーカーなどは存在しません。それぞれに得意なジャンルがあり局所的に素晴らしい音をだしているだけなのです。」

    これは私自身がいつも思っていることです。ただそうはいっても、全体的にレベルの高いスピーカーというのは存在します。そういうスピーカーはある意味極めたスピーカーだと思っています。

    ただ地球に2つの極 北極 南極 があるように。スピーカーにも2つの極があるのではないかと思っています。(これは私自身の独断的な考え方なので、一般論では通用しません。


    1 北極の音  指向性スピーカー

    2. 南極の音  無指向性スピーカー


    よくそういう時に聴かれるのが、「どちらがよい音ですか」という質問ですが、

    これは全く意味のない話だと思っています。

    それは、北極より高い緯度はどこですか? 

    と聞いているようなものだからです。ただ無指向性スピーカーとそうでないスピーカでは、音の出方が全く別物なので、比較する意味がないと思うからなのです。

    無指向性、指向性では 目指している  が違うように思えるのです。

    ただ1つだけ言えることは、「無指向性だから、CDの音が全て良い音に聴こえる」ということはないのだと思っています。私の今まで経験で言えば、世の中の半分くらいの音源は無指向性で聴いた方が音がよいような気がしています。
    逆に言えば、無指向性スピーカーで聴いた音楽で変に思えることだってたくさんあると思います。


    例えば南極の頂点にいるスピーカーて何かな。

    といえば私は 今のところこのスピーカーではないかと。
    B2006-10-21-1.jpg



    ちなみに たまや2号

    南極大陸には上陸して 昭和基地  くらいにはいるのではないかと勝手に想像しています。
    B2008-2-25-5.jpg


    それでは、北極の頂点に君臨するスピーカーってなんだ

    私が考えるに、 恐らく数十個。広義に考えると100個以上はありそうです。
    そんな中でも私が聴いたスピーカーで、北極の頂点に君臨するスピーカーは
    やっぱり、ホーンスピーカーではないかと思っています。


    何故かといえば 

    普通のスピーカーでは絶対に聴くことのできない音がするからです。

    ただホーンといってもいろいろあるのですが、限りなくオールホーンに近いスピーカーを差します。
    4ウェイ 5ウェイで構成されたスピーカーです。それは何故かといえば、音のファンダメンタル部分、 200Hz以上がホーンによって構成されているかどうかだと思っています。

    下の写真は昔お客様の家で撮影撮影させていただきました。
    B2008-3-2-1.jpg


    手前にあるダイヤトーンのスピーカー(DS-20000)だって立派な高級機です、しかも限定生産で、ペア100万円超のスピーカーです。 

    ちょっと聴かせていただきましたが、すごい音を出していました。

    見栄えばかりは良いが、音いまいちの100万円を超すような海外製スピーカーは結構ありますよね。そういうスピーカーに比べれば、このダイヤトーンのスピーカーはめちゃめちゃ音がよいと思いました。

    限りなく北極点に近いスピーカーだと思います。

    しかし、この後ろのホーンスピーカーシステムを聴いてしまうと、

    「う~ん。凄すぎる、比較するにはちょっと」

    と思うのです。


    B2008-3-2-2.jpg




    ジャーマン・フィジクスやホーンスピーカーシステム に共通する部分て何だろう。

    それは音のスピードです。

    生以上に音が早くなることはないのですが、生の音に限りなく近づくことは、やはり


    振動板がいかに軽いか

    ではないかと思っています。

    世の中にある多くのスピーカーは、音が最も集中する部分(音のファンダメンタル部分)を、ウーハーで鳴らしています。 でも上の2つは違うのです。 ちなみにジャーマン・フィジクスでの解説では、音が最も集中する部分は 200Hz~5k といっています。詳しく→ここクリック 

    私はもっと広く見て150Hz~10kと言っています。何故そう言っているのかといえば、シンバルの音は 7~15kくらいが基音になるなるからです。(ただ、やっぱり一番集中しているのは確かに200Hz~5kHzは間違いありません。)詳しくは → ここクリック
    だから「たまや2号」にツィーターを付けたとき、一番変わったのが、シンバルやハイハットの音でした。


    たまや2号はある意味こういう思想を

    ええとこどりしている訳です。


    だから、一番音が集中している部分に Fe83を使用しているのです。。

    それは、あのユニットが振動板が軽く早い音が出るからなのです。

    B2008-3-2-3.jpg


    ただし、欠点もあります。その辺は今度このブログでお話しします。

    何にしても 北極の音と南極の音をうまく使い分けながら、音楽を聴けばより楽しい音楽ライフをエンジョイ出来るのではないでしょうか。

    ひふみジェネレーターの秘密

    今大ヒットを飛ばしている ひふみジェネレーター

    ハッキリ言ってすごいです。

    「室内音響調律器」なんて言う言葉も、こういうもの自体の発送も従来のオーディオアクセサリーではあまりなかったような気がしています。

    話はころっと変わります。

    私がトランペットを拭いているいるというお話しはこのブログにも何度も書いています。
    そして、私にはKさんという師匠がいます。 そして、その師匠の上に師匠がいるのです。

    その師匠は船戸 穣(ふなと じょう)さんというプロのトランペッターで、バークリー音楽大学を出た、私から見たら、殿上人のような人です。

    船戸 穣 プロフィール 

    ボストンのバークリー音楽大学に留学(トランペット専攻)。
    バークリー音楽大学で、ジャズとクラシックの理論と奏法を学ぶ。
    同大学に於いて数々のレコーディングに参加。
    校外に於いてもラテン、レゲエ、ビックバンド等々で主にリードトランペットを勤める。
    ケンブリッジのロックバンド「Shnockerd」のホーンセクションとしても活躍。
    Boylston教会の教会音楽士として、復活祭、クリスマス等でミサ曲を演奏。

    その方は、大阪在住の方なので滅多に会えないのですが、仕事のスケジュールで東京に来る機会があったので、何と個人レッスンをしてくれたのです。

    ここは都内の代々木にある某スタジオ。

    B2008-3-1-1.jpg


    中にはちゃんとしたドラムセットが。
    B2008-3-1-2.jpg



    そこでちょっと緊張ぎみの私は慣らしの運転開始
    B2008-3-1-4.jpg


    するとある事態が

    そう すぐ側にある、シンバルがバンバンなるのです。
    音の共鳴です。

    実は ひふみジェネレーター の秘密も大部分はここにあるのだと思います。

    その後、あまりに気になるので、シンバルの上にタオルを掛けました。

    もし ひふみジェネレーター 

    の効果を一瞬止めたい場合は、

    ひふみジェネレーター

    上から布のようなもので覆うと

    効果を止めることが出来ます。



    話を元に戻します。
    彼が私の師匠の師匠、舟戸さんです。
    B2008-3-1-3.jpg


    吹いていただいたのですが、

    B2008-3-1-5.jpg

    桁違いに音がいい

    私の音とは 地球の果てと果て (果てと果てだとつながっちゃいそうですが)

    でも非常に参考になりました。

    B2008-3-1-6.jpg


    というわけで ひふみジェネレーター は 普通のオーディオアクセサリーとは違い、音楽的要素をを取り入れた画期的製品なのです。

    ちなみに無(mu)と似ている、との声が一部ありましたが、理論が全く違います。

    無(mu)は神秘の理論
    ひふみジェネレーター は音響理論。ただ、クリスタルはちょっと未知の理論でしょうか。

    だから、この2つは融合させても構いません。

    B2008-2-26-1.jpg



    追伸

    マロさんに、ハープみたいにもっと線をもっといっぱい付けてみれば、
    と提案したところ、7本の物を現在検討中らしいです。
    何故か? 普通の音楽は、七音音階だから。 
    そのうち 5本 とか 7本とか出そうですね。


    B2008-3-1-7.jpg



    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク