シャウベルガーの負性抵抗の原理

    その前に

    ニュース速報

    Ge3新商品 雷智(いかずち)は昨日ですべて売切れてしまいました。

    次の入荷は未定です。 又ご連絡いたします。

    Ge3の商品を販売して6年経ちますが、その中でも3本の指に入るブレークです。
    ちょっと振り返ってみます。

    1.2002年 蜩茅(ヒグラシ) バイバイセール
    ちょっと古い話ですが、ここからGe3の歴史が始まったと言っても過言ではないでしょう。このときのブレークも半端ではありませんでした。


    2.2004年 要石 エンポケ年間ランクNO1
    要石も最初は人柱からスタートしましたが、最初のあの芸術的作品にもかかわらず、注文が殺到下のを覚えています。まさに要石フィーバー。凄い盛り上がりでした。

    3.2008年 天音(あまね)、雷智(いかずち) ダブルフィーバー
    7月27日(金)の時点で、段ボール山盛りに持ってきた雷智(いかずち)はわずか3日で完売。
    完璧な瞬間蒸発です。天音は6月だけで100個以上。この二つのフェーバーは当分続きそうですね。

    B2008-4-20-3.jpg

    --------------------------------------------------------------------------
    本題


    掲示板で話題の シャウベルガーの負性抵抗の原理 を応用した新製品がまもなく登場します。

    1つが 「スパイラルチューブ」  もう一つが FOL電源エンハンサーのバージョンアップです。

    理屈自体は、今のところ私自身もよく分かっていないのです。とにかくこの間のHWTのイベントで聴いたときの音は別格でした。

    本当に透き通るような音で、

    音がみずみずしいのです。


    これは、本当に素晴らしいと思います。

    ただその前に 大いなる疑問があることでしょう。

    シャウベルガー て誰 ?

    負性抵抗の原理 て何 ?

    おそらく99%の人が知らないと思いますので、ここでマロさんから、「シャウベルガーの負性抵抗の原理」についての解説をもらいました。

    まずはぜひここからお読み下さい。

    シャウベルガー(1885~1958)はオーストリーのナチュラリストです。彼は、まず水(自然界における川や雨等)の観察から研究を始めました。そして自然界の水は4℃の温度(特異点)を中心にらせん状の渦を巻き、脈動していること、水は「生きて」おり、川―土壌―樹木に生命エネルギー(気やプラーナ、生命波動と同様の力)を運ぶ、「大地の血液」であることを発見します。

     ヴィクトルは、自然は水の脈動と渦巻きの力によって、たとえばサイクロンや台風のような、中心に行くほど莫大なエネルギーを発生し、しかし余分な熱も廃棄物もいっさい出さない、すばらしいクリーンエネルギー(内破エネルギー)を生み出していること。その一方で現在人間が使っているエネルギー生産の技術は、熱や廃棄物や、放射能さえもまき散らす、遠心的で、熱く、破壊的なものだと喝破します。

     彼は、生命エネルギーの活性化による水の浄化、水の生命力を損なわないダムや水路の建設、土壌の肥沃化と有機農法、また半永久的なエネルギー生産法(いわゆるフリーエネルギー技術の先駆け)など、まるでレオナルド・ダ・ヴィンチのように多方面での業績を残しました。

    戦時中は内破エネルギーを用いたいわゆる「ナチスの空飛ぶ円盤」の設計製造に従事、円盤の心臓部である「浮遊力を持つエンジン」を考案しています。戦後は多くの研究資料がアメリカやソ連に持ち去られるなど、晩年は不遇でした。

     HWTは彼の残した負性抵抗の原理や収束螺旋運動が生み出す内破エネルギーに着目して、その理論を演繹、オーディオ製品に活用していきます。
     
     その第一弾が新たなケーブルラインナップに搭載したエクトロピーシステムです。エクトロピーとはエントロピーの真逆に位置する概念で、秩序、組織化、複雑化に向かう方向性を意味します。これをオーディオケーブルに使用することで、可能な限りロスを無くし、元信号を歪ませたりすることなく、そのまま再生することを可能にします。結果、圧倒的な情報量と広大な音場空間、音の実在感を得ることに成功しました。

     ケーブルラインナップは各二種類、スタンダードな『エクトロピーシリーズ』と水晶の細粒をひふみクリスタル化してケーブルのシールドに使用した『クリスタルシールドシリーズ』を用意する予定です。

     また、エクトロピーシステムの音質のよさを手軽に味わっていただけるように、お手持ちのスピーカケーブルにセットして使用できる『スパイラルチューブ』を発売します。これはイベント参加者の皆様にモニターをお願いしていますので、その音質評価を掲示板や広瀬さんのブログでお知らせする予定です。

     このシャウベルガーの理論をFOL回路にも応用してFOL電源エンハンサをマイナーチェンジいたします。このマイナーチェンジしたFOL電源エンハンサは前回のイベントで皆様に聞いていただき大好評でした。FOL回路は音の実在感を求めて考案しましたが、マイナーチェンジ版は更に音の実在感が増し、音場情報が増え、聴いていてなんとも心地よい「音楽」がなりだします。
    以前の電源エンハンサは効果が得られない場所:例えば愛川町の山中の車の通りが無い隣家が200mも離れているような所、がありました。今回のマイナーチェンジ版は、そのようなところでも確実に音質向上する事を確認しています。

     従来版のバージョンアップも予定しております。よろしくお願いします。




    雷智(いかずち)ついに登場。

    エンゼルポケットニュース

    1.オーディオ評論家 村井裕弥さんがマークレビンソン監修のアナログレコードについて詳しいレポートをしてくれました。 詳しくは →ここクリック

    AudioBaiscNO47でもたまや2号についてレポートしていただいています。
    B2008-4-20-1.jpg


    ----------------------------------------------------------------------------
    本題

    本当は違う記事をと思っていたのですが、昨日のGe3な夕べがあまりに強烈すぎて、思わずキーボードを叩いてしまいました。

    まさに、別館号の号外

    雷(いかずち)のインパクトは、超大型台風どころか、巨大ハリケーンレベルで、しかも、天音(あまね)と合体したのですから、その威力は凄まじいものでした。

    880hPa 半径1000km 最大瞬間風速 70m

    レベルでしょう。

    そして西から来た雷智(いかずち)は

    ついにエンゼルポケット上陸しました。


    (こんなビルではもたへんで)


    まずは雷智の説明から始まりました。
    簡単に言えば、雷智とは天音(あまね)の機能を電源(パワー)用に特化したグッズです。
    B2008-4-20-2.jpg


    まず手始めに、分電盤からスタートしました。最初から複数個使いで、3個使用しました。
    分電盤は大元ですから、これぐらいは使用した方が良いと思われます。
    B2008-4-20-3.jpg



    これだけでも、激変の激変です。

    思わず私も、 「よ、予想はしていたけれど、凄すぎる」
    と叫びました。


    次は電源タップです。エンポケの場合は小ブレーカーから、この電源タップに直結で来ていますので
    通常の家庭では壁コンセントに相当します。ここにも贅沢に3個使用です。

    B2008-4-20-4.jpg



    その瞬間

    「もうまいった、勘弁して」


    その後はDPAT2の電源に

    B2008-4-20-5.jpg


    DACの電源ケーブルに
    B2008-4-20-6.jpg


    使用しました。このときDPATよりもDACの方が効果が高いという意見が多くでました。この問いにたいしキサさんは

    「DPAT2に使用している電源ケーブルの方がモノがよいからだ」

    と答えました。 さすがキサさんです。よく見るとDAPTの方にはCobalt MI-Plus3が使用されていたのです。要するに彼は電源ケーブルではないところに使用したのを直感的に見抜いてしまったのです。

    B2008-4-20-7.jpg


    しかし、8個全部つけて聴いたときは、


    オーディオの音から

    芸術の音に変化したように感じました。



    その後 今巷で話題になっている、Ge3エンブレムの実験を開始しました。
    さすがにお客さんの中には 半信半疑の方もいらっしゃったようです。
    (正直私も、1人だけでこの実験報告をするのはちょっと恥ずかしかったのですが、7/27日に集まってくれたお客さんが、ある意味生き証人なってくれているので、安心してこの記事を書けました。・・・爆)

    B2008-4-20-8.jpg


    そして答えは

    やっぱり違う。

    皆さん納得したようすでした。

    (赤信号みんなで渡れば怖くない。) 

    状態です。

    きささんは

    、「俺はオカルトキライやねん」


    とか問題発言をしていたのですが、認めざるを得なかったようです。



    そして、イベント終了後は、雷智を購入されるお客様で、レジの前は長蛇の列でした。

    (エンポエでは、年に1回あるかないかの珍事です。・・・・爆)
    B2008-4-20-9.jpg



    そして ローカルメールオーダーでも販売を始めました。


    ペ-ジはこちらです。 →ここクリック

    (今このブログを書いている瞬間にも、ぞくぞくと注文が入っています)

    それにしても、

    お集まり頂いたお客様大変ありがとうございました。

    トランペットとゴールドチップ

    私のトランペット師匠であるKさんから、又あやしい報告が届きました。

    私も師匠Kもオーディオに効果があるなら、「楽器にも効果があるはずだ」と、いままでいろいろと試してきました。特に出会ってすぐにプレゼントした「エンジェルファー」はかなりお気に入りでした。
    今でもまだ練習のときにはぶら下げていますよ

    そして今回は、あの噂のゴールドチップです。

    敏感な人だとショックで気絶する可能性があるかもしれませんね。爆)

    私も自分のトランペットにつけて吹いてみましたが、


    『にゃにゃにゃにゃにゃ、にゃんだこれ』


    と驚きました。

    ===ゴールドチップを楽器で実験しました。======
    広瀬店長、また怪しいことをやってしまいました。
    しかも今回は、民間人まで巻き込んでしまい申し訳ありませんです。
    今日は、トランペットの練習会でした。私はフリューゲルホルン、友達がトランペットです。
    録音したファイルを送ります。
    聞いて分かりますか?

    B2008-4-19-1.jpg


    音の比較です。下の その1、その2をクリックすると、実際に音を聴くことができます。


    ここクリック  その1   その2 

    圧縮したので分かりにくいかもしれません。
    しかもカラオケボックスでMP3ウォークマンでの録音なので・・・
    生で聞いた感じではあからさまに分かりました。

    これまでの経緯でいいますと・・・

    ①トランペットにエンゼルファーぶら下げ装着後24時間で効果が出る。外して24時間で戻る。操作性が上がり、演奏しやすくなりました。

    ②トランペットにBHADO水道水用を巻き付けつけた瞬間でガッと音圧があがり、爆音になります。多少、扱い難くなった感じもしますが、音が抜けます。外すと戻ります。

    ③トランペットにゴールドチップ3枚
    付けた瞬間で変わります。外すと戻ります(数10秒は残るかも?)。
    音が締まるのに、太く響きます。音量もデカくなりますが、小さな音も音色がいいです。

    なにより、前に前に進むドライブ感が楽器から感じられ、奏者の気合がのってきます。


    お付き合いいただきました民間人の方も爆笑でのけぞっていました。ついうっかり、3枚プレゼントしてしまいました。また追加で注文します。1セット送ってください。

    以上、ご報告でした。
    =========




    微細な世界から見たオーディオアクセサリーの謎 ←連載します。


    オーディオアクセサリーの謎(物性波長について)
    ↓ クリック

    超微細エネルギーの世界.....ブログ

    ジカライン使用感想 

    お客様より、ジカラインのレポートを頂きましたので、ご紹介させていただきます。

    下のお客様の質問に対して

    Q3mのものは販売できないのでしょうか。
    A.3mは7月に入ってすぐに発売する予定です。

    Q.HDMI-3のようなよりしっかりした造りのケーブルに同様の処理をしたら、更によくなるのだろうか
    A.当然よくなります。将来的にはハイエンドタイプも発売を考えています。


    技術的解説

    超微細エネルギーは、その波長自体のエネルギーが非常に微弱である。よって、光(コースター、ルームライト)、AC100V(コンセント、月光)のような、光や電気にの力を借りる必要があるため、その部分に加工処理を施した。それに比べ、磁化反転処理の波長エネルギーは、超微細エネルギーに比べると、強いエネルギーであるが為に、RCAケーブル、スピーカーケーブルのような微弱な電気信号を扱う部分に効果的である。
    尚、直接体に入れる物 人間用(和の極、和の秘湯、エピア)などは超微細エネルギーが望ましいと考えている。しかし、体が衰弱していたり、神経的に疲れている場合は、一時的に磁化反転処理の波長を浴びることにより、驚異的な回復をする可能性は高い。


    B2008-4-18-1.jpg


    B2008-4-18-2.jpg


    神奈川県 T様

    早速今日システムで試してみましたが、ジカラインHDMIケーブルに驚いたため、メールを差し上げます。

    CD, SACDによる音楽関係と映像を含むBlu-ray関係それぞれで試してみました。手持ちのHDMIケーブルの中で、総合的に一番良いということで使用していたオーディオクエストのHDMI-3の内、プレイヤー-アンプ間2mをジカラインに入れ替えてみましたが、まず音の改善に驚きました。

    これまでHDMI-3も相当良いと思っていましたが、ジカラインにすると音に力が加わり、音量が増加した感じで、これまで聞こえなかった音がたくさんあったことに気がつかされるというのが正直な感想です。HDMI-3に戻してみると、そうした音が出ていたことは確認できますが、やはり解像力と力が違うという感じです。この違いは誰がきいても分かるレベルのものだと思います。

    この接続の状態では、アンプ-プロジェクター間は、依然としてオーディオクエストHDMI-3の3mのままですが、この状態で映像を確認しても、色の鮮度と明るさが改善していることが確認できました。
    音の改善ほどではないものの、プレーヤー-アンプ間だけの交換で、映像も改善されることは間違いありません。

    失礼ながら、この見かけの冴えないケーブルから、こうした音が出てくることが不思議なくらいですが、これは元のケーブルもしっかりしたものなのかも知れませんが、説明ある磁化反転光電処理という処理のせいなのでしょうか。

    そうだとすると、HDMI-3のようなよりしっかりした造りのケーブルに同様の処理をしたら、更によくなるのだろうか、などと余計なことを考えたりしてしまいました。

    ウェブサイトでの技術解説は正直言って理解不能で、あまり当てにできそうにないかなと思いつつ、価格がそれほど高価ではないということもあって、試してみようということで購入してみましたが、この効果は驚きです。

    この音質改善が本当に言われている技術のせいだとすると、このことはもっと多くの人たちに受け入れられる形で広める方法を考えるべきだと思います。普通の人はあの説明だけでは素直に受け入れるのは難しいでしょう。

    私個人としては、アンプ-プロジェクター間もこのケーブルに置き換えたいのですが、3mのものは販売できないのでしょうか。恐縮ながらこの点お知らせ頂きたく、お手数ですがよろしくお願い致します。

    尚、ご参考までに、私が今回つないでみたシステムは下記のとおりです。

    プレイヤー:ソニーPS3
    アンプ:パイオニアSC-LX90
    スピーカーシステム:Acoustat3A custom、 Audiostatic DCM5、
    Lowther EX3
    System他
    プロジェクター:ビクターDLA-HD1

    比較対象HDMIケーブル:オーディオクエストHDMI-3、ソニーDLC-HD20HF、ハイパーツールズHM-DG2M、ベルキンPAV52300

    マイルに参った。

    今日は6月7日に行われた井上先生のイベントについてお伝えします。

    まず最初に用意されたものは、写真にもあるように、マイナスイオン塗料を塗ったウーロン茶2つの味の違を吟味することからでした。

    B2008-4-17-1.jpg


    早速みんなで飲み比べ(宴会じゃありあせん・・・爆)
    B2008-4-17-2.jpg



    みな一同に メチャメチャうまい

    私の印象では、「スッキリ爽快、のどごし爽やか」という感じでした。 (ビールの宣伝ではありません。)


    その次は、マイナスイオン塗料をブランクCDに塗って、その後書き込みを行いました。もちろん1枚は塗ってないもの、もう一枚は塗料を塗ったものです。

    B2008-4-17-9.jpg

    最後は内側にも塗りました。
    B2008-4-17-8.jpg


    この違いはかなりすごいです。音のきめ細やかさが圧倒的に違います。


    その後、本日のメインイベント、マイルの登場。 

    これはお客さんが持ってきたヘッドフォンの端子です。黒ずんでいますよね。

    B2008-4-17-3.jpg


    マイルをつけてこするとかなり汚れも落ちます。
    B2008-4-17-4.jpg



    その後、視聴

    「うぉ~~~~」

    全く別物の音です。

    皆一同に驚いていました。


    その後はいつも使用しているアッテネーターの端子もシコシコ。
    B2008-4-17-5.jpg


    下の写真を見てもらうと分かると思いますが、

    こんなに黒ずんでいるのです。

    B2008-4-17-10.jpg


    その後スピーカーから音を聴いてみましたが。

    これももう、異次元の音へと変化しました。

    その後はお客さんも混じりながらの

    塗り塗り大会が始まりました。

    (途中で液体をこぼしてしまったのですが、ここぞとばかりに、綿棒にその液をつけて、いろいろなものに、塗りまくったのです。)

    下のケーブルはお客さんの自作品です。
    B2008-4-17-7.jpg


    B2008-4-17-6.jpg



    とにかくこのマイルには参りました。 

    あなたのオーディオ装置もぜひ、大掃除してみて下さい。





    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク