DPAT01がもたらす影響 その1

    いよいよ2月も終わり3月に突入しますね。
    3月になったら、

    皆さんが「あっと驚く」ような新製品をたくさん発売します。ご期待下さい。

    本日お客さんより、「どうしてこのお店は、どこにも流通していないような商品がこんなにあるのでしょうか、いったい業者とはどのような繋がりなのでしょうか」

    と言われてしまいました。その人はA&Vヴィレッジも知らず、オーディオが好きというわけでもなかったようで、スピリチュアル製品に興味があったようです。

    私は 「ここは、その筋(あやしい系)ではもう相当に有名で、月に何件も営業の電話が来るんです。」
    と言いました。(実際この間も、「波動値の高い化粧品がお勧めです。ぜひ取り扱ってください」とかいうわけの分からん勧誘の電話が来て疲れました。
    「でもここっていったいどんなお店なんですか」と言われたので
    「一応オーディオショップです。」と答えました。

    実際上の化粧品屋さんにも、「一応うちはオーディオショップなんですが」といったら、「またまたご冗談を。」とか言われて、ちょっと焦りました。

    最近 セイシンやOjiSpecialの記事を多めに出しているのも

    このままじゃヤバイかも
    と思っているからです。

    でもあやしいもの止められません。・・・・爆)

    下は真面目な記事です。こころして読んで下さい。
    -----------------------------------------------------------------------

    アーカイブシリーズ第3弾 Oji-Special 

    DPAT01がもたらす影響

    DPAT 5月号

    DPAT-01を開発する以前から 様々な原音再生に関わる研究をしてきましたが、一番感じたのは ソース、つまり CD自体の音に関することです。
    アナログは自然界の音ですから完璧です。それ故 それを 録音し再生装置で再生するのは容易なことではありません。必ず 物理特性には限界があるからです。しかし デジタルへの変換時には 欠損がありますが、その扱いは本来簡単なものです。理由は人間が作ったデータで 1と0しかありません。こういうデータを 完璧な形で扱い データ一致を得、そのソースを元に原音忠実を目標としてDACやアンプを開発していますと 今度はソース自体の質が問題になってきます。この質 というのは いわゆる主観的な音楽性や好みの音質ではなく、客観的な原音再生となる 精度の高い収録音と言う意味です。

    昨年は 録音して即再生という試みを何度か行ってきましたが、この実験を体験できたのはごく一部の方だけです。もっと多くの方にこの体験を味わっていただきたい そして原点に戻って もっと音楽自体を楽しんでいただきたい という想いから、無加工CDの制作に着手いたしました。もちろん ごまかしの無い公開録音です。そして PAの無い 視聴者が生の音と感じていただけ 後から比較できる 演奏や録音方法です。

    音楽は不思議なもので、仮に音質が良くない状態でも音楽が良ければ楽しく音楽を聴くことができます。オーディオの難しさは逆にこういう部分にあるのではないかと考えています。つまり 原音忠実再生と言いながら、実は音楽の善し悪しを 主観的に判断してしまうことの方が多いのではないかと考えています。また 音楽は人を感動させたり 悲しませたり 人の心に影響を及ぼすものだと思います。ですから ただ単に主観的な良い音質 と言うだけでは、問題を解決する科学的な回答に直結するようなものではなく、微妙なものなのだと思います。
     そういう私も 好きな音 と言うものがあり、古い音楽で音質は本物とはかけ離れている音でも 懐かしさやその音楽が過去の思い出を思い起こさせたりして、原音忠実再生と言うことを忘れてしまう場合も多いのです。
    加工音と言うことでも 私はシンセサイザーで音作りなどを楽しむくらいです。エレキギターなど電子楽器も演奏しますし大好きです。しかし 電子的に作った音でも そのスピーカーから再生された音を原音とすると これをどの家庭や場所でも記録してそのまま再生してみたいと思っております。
     そういう 音楽の持つ本質とも思える部分も考慮すると 本当は、音楽性や演奏者の技量によって左右されるこのような部分も含め 原音忠実再生を判断できるような素材を提供したいところですが、音楽家は個人活動ではなく、いわゆる仕事ですから 営利目的のための 様々なしがらみがあり、原音追求と言うことから、やってもらいたいことがあっても実際にはどうすることもできない部分があるのです。
    前述した、オーディオ的な音質追求と言うことよりも「音楽」の持つ文化や、芸術 また演奏家や販売会社の利益の追求のための 「売れる音質」や「売るための環境作り」などにウエイトがおかれるのは致し方ないことだと考えています。

    私は、そういう 現在の主流となる文化だけでなく、原音忠実再生という 高音質追求を音楽家とともに行っていきたいと考えていましたがなかなか上手く行きませんでした。
    そういう中で知り合ったのが LightBoxというグループなのです。
    何度か話をしているうちに 彼らも 私たちの意向に賛成してくれて今回の収録になったわけです。

    さて 今回の目玉である無加工録音は何故難しいのでしょうか?

    エンゼルポケット アーカイブ その10(セイシン合金)

    エンゼルポケットニュース

    ディスクアキュレーターの第2弾として登場したコンタクトアキュレーター早くもお客さんからな注文が殺到しています。
    1ケ月くらい前、携帯のミニSDカードに塗ってみましたが確かに動きが速くなりました。

    B2009-1-26-1.jpg

    ----------------------------------------------------------------------------

    アナログ・ディスク・スタビライザー・シート「ADS-3005」の試聴

    万木 雅一
    □はじめに
     (株)セイシンからアナログ・ディスク用のスタビライザー・シート「ADS-3005」が発売される試作品を入手したので、その効果のほどをレポートする。

    B2009-1-26-2.jpg


    □アナログ・ディスク・スタビライザー・シートの構造
    アナログ・ディスク・スタビライザー・シート「ADS-3005」は所謂ターンテーブル・シート形状のもので、直にターンテーブルの上に「ADS-3005」を乗せて使用する。メーカーに問い合わせてみると、5m/m厚のポリカーボネイト素材に、最近流行の「制振合金の微粉体」を両面に塗布してある。中央のレーベル面にあたる部分は少し凹んでおり、アナログ・ディスクが制振合金微粉体の塗布面に密着する構造となっている。
    アナログ再生はカートリッジ(針)を乗せて刻まれた信号を読み取る方法であるが、針がトレースする時にディスク自体も微細な振動を発生し、その不要な振動の影響を受けてしまうのである。また、ターンテーブル自体も当然回転時の不要な振動を発生しており、また、プレーヤーが外部からの振動の影響を受けるのも問題とされている。
    ADS-3005はこれらの不要な振動を極力少なくするためのもので、制振合金微粉体が、今までのターンテーブル・シートでは取りにくかった微細な振動も効果的に吸収する仕組みである。できればディスクの上に錘としてのスタビライザー「DS-5025T」等を併用すれば、さらに効果が高くなるはずだ。

    B2009-1-26-3.jpg

    □試聴
    試聴にあたっては、何時もテストに使っているラックス製のPD444ターンテーブルに、SME-3009Rトーンアーム(エッジ部品を制振合金製に交換済み)、カートリッジはデンオン製のDL-103で行った。
    はじめに、標準品のゴム製ターンテーブル・シートとの比較である。ADS-3005を敷いた方が余分な付帯音が少なくなるためか、楽器の定位が明確になり、中低音域のモヤモヤ感が取れた。高音域も解像度が向上するためか歪み感が少なくなり、より自然な音になる。これはご機嫌だ。
    次にディスクの上にDS-5025Tを乗せての比較だが、DS-5025Tを乗せると、音の重心が低くなり、より安定感のある音に変化するではないか。同じ制振合金「M2052」で出来ているため、ADS-3005とDS-5025Tのマッチングはすごく良いこと確認できた。
    最後に、標準品のゴムシートを外し、アルミ製のシート(オーディオテクニカ製:ディスク・スタビライザー)を乗せて、ADS-3005の有る無しでの比較を行った。ADS-3005を乗せなくてもアルミのシートの方が、標準のゴム製シートより音が明確になり、特に低音域の安定感が増す傾向である。その上にADS-3005を乗せると、さらに解像度が向上し、歪み感も少なくなり、音の見通しが良くなった。やはり、ゴム製のシートでは良い音が出にくい傾向がはっきり確認できた。
    結論的には、ゴム製シートでも、アルミ製シートでも、このアナログ・ディスク・スタビライザー・シート「ADS-3005」を使うと、より解像度が向上し、歪み感が少なくなる。何よりも、音楽が自然になり、聞きやすくなるのが特徴だ。さらに、ディスク・スタビライザー「DS-5025T」を乗せると、この傾向が高まり、より自然な音になるのが嬉しい。価格は税込みで¥20,790(税抜き¥19,800)だが、その効果を考えるとお勧めできる商品である。

    □終わりに
     アナログ・ディスクはデジタル・ディスク(CD, SACD, DVD等)に比べ、なぜ聞きやすい音が出るのか? 特性的にはデジタル・ディスクの方が上のはずだが、出てくる音を聞くとアナログの方が開放的でベールが1枚取れた音がするのである。デジタルはどうしてもデジタル特有の音が付きまとっているのが気になってしまう。厳密に言えば、デジタルはサンプリングを行っているため、データは時間軸方向、振幅方向でも不連続である。この不連続なデータを人の耳は聞き分けているのかも知れない。このような現象を考えると、まだデジタル技術には分かっていない問題点があるような気がしてならない。如何に優れた測定器をもってしても、人の耳の分解能の方が高いのではないか? 
    アナログ再生には人の体にやさしい、何か親しみの有る音がある。日常的にイライラする機会が多い昨今、より良い音楽を聞いて、体をリラックスする機会を多く持つ必要がありそうだ。


    PRODIGY CUBE-OJIバージョン

    エンゼルポケットニュース

    本日エンポケムービー更新しました。
    このムービーは言葉の説明よりたくさん比較試聴してることが特徴です。
    オンライン上とはいえ音の違いを堪能できるのではないでしょうか。特に私は、スーパーナノコインをバッフル板に貼付けた時の音の違いにはビックリさせられました。

    スーパーナノコイン 恐るべしです。

    まだ見ていない方は→ ここクリック

    B2008-5-14-1.jpg

    ------------------------------------------------------------------------

    PRODIGY CUBE OjiSpecialバージョン発売しました。

    これはハッキリ言って凄すぎる製品です。その理由を

    これからじっくり説明させていただきます。

    エンゼルポケットでは6年前からPCオーディオいわゆるDPAT01を使用してきましたし、販売してきました。お陰さまでDAPTを購入いたお客様は全国に多数います。

    お客様に購入していただくにあたり下記のような使用上の注意を促してきました。

    ★ ウイルス対策ソフトはインストールしない
    ★ ウイルス対策ソフトをインスールしないので、PCをネットに繋がない
    ★ メールのやり取りをしない
    ★ アプリケーションソフトをインストールしない 
    ★ Word EXCEL など業務上のソフトは使用しない
    ★ Cドライブにはたくさんのデータを入れすぎない。
    ★ 究極を目指すなら メモリー再生。 ソフトは Perfect Direct Memory Player 


    B2009-1-25-1.jpg


    などです。何故そのようなことをお願いしてきたのといえば

    音が悪くなるからです。

    DPATといえば バイナリーデータ一致ばかり目立っていた印象があるかも知れませんが、実はそれが全てではないのです。


    しかし、上のようなものをパソコンと言えるでしょうか。

    今時、ネットにもつないでないものをパソコンというわけがない。

    という人は多いと思います。

    私がPRODIGY CUBE OjiSpecialバージョンの説明の中で、あえてヘッポコPCといったのも、上のような状況でPCを使用したら限りなくペッポコになってしまうからなのです。


    しかし、そのようなパソコン、つまりネットつなぎ放題。無料ソフトをガンガン入れているようなPCでも

    PRODIGY CUBE OjiSpecialバージョン

    を使用すれば突然ピュアオーディオCDプレーヤに変化してしまうのです。

    何故かといえば、その秘密はOjiSpecialによる徹底的な改造にあります。そして、もう一つの理由は
    PRODIGY CUBE は外部デジタル出力を持っているからなのです。

    例えば、PRODIGY CUBE OjiSpecialバージョンから光ケーブルでDrDAC2 OJIバージョンとつないでアンプ→スピーカー と接続してしまえばそれだけで高級オーディオになってしまうわけで
    す。

    PRODIGY CUBE Oji改 → DrDAC2 oji改 → アンプ → スピーカー

    あともう一つはミニプラグによるオンボード出力です。これはハッキリ言って音のよいものは少ないと思います。特にノートパソコンはひどいものが多いと思います。そいいうものも PRODIGY CUBE OjiSpecialバージョンを使用してヘッドフォンをつなげば、確実に音質は向上するものと思います。

    今Ipod(アイポッド)などをDOCに接続してそのまま音楽を聴く製品など増えていますが、よくよく考えてみれば、元々の音源はPCの中にあるはずです。だったら何もIPod(アイポッド)のような圧縮された音源をスピーカーで聞かなくても。PCから直接音源をとった方が音が良いに決まっていると思いませんか。

    そいうい意味では PRODIGY CUBE OjiSpecialバージョンは革命的な製品だと思っています。

     
    下の写真は 2月に行われたOji-Specialのイベントの様子です。
    当日はDPATではなく、2階で使用している業務用のパソコンを使用して音の実験をしました。

    B2009-1-25-2.jpg


    間違いなくいい音になりました。

    エンポケはもはや特殊な空間。

    以前、これはいくら何でもヤバイだろう という場所に行ったことがあった。
    その場所にいった瞬間から、動悸、息切れ、目眩がして、頭がガンガンにいたくなった。
    その場所を抜けでして幾分気持ちが和らぐも、いやな感覚は残ったままなのである。
    家に帰りその後どうしてもやらなければいけない仕事があったので、エンゼルポケットに来た。

    するとどうだろうか。

    今までいやな感じだったものが一気にとれて、命が蘇ったような気分になったのだ。

    その時私は

    エンポケはもはや神社に近いような場所になったのではないか

    と思えた。その一番の理由はエンポケにあるたくさんのあやしいグッズだと思えてならない。
    しかし、私の自宅にもあやしいグッズはたくさんあるが、エンゼルポケットとは明らかに違う。

    それはどうしてだろうか」と私なりに考えてみた。そこで1つ結論に至ったことは

    エンゼルポケットが多くの人が訪れる公的な場所だからではないか

    といことである。

    オープン以来8年 延べ10万人以上の方がここに訪れてきている。その中には1人として同じ考え方の人はいないと思うのだが、それぞれのお客さんの

    思想、信条、思い

    がこの空間には詰まっているのだ。そして、その思想や信条はあやしいグッズと常に交わり、化学変化を起こしてるのではないか。つまり、あやしいグッズはお客さんの思想や信条により鍛えられさらに進化してしまうのではないかと考えてしまうのである。

    また、毛色の違うあやしいグッズが1つの空間押し込まれることによって、相互作用を起こしてることもまた事実だと思える。

    でもやはり

    人があつまる場所には巨大なパワーが宿る

    という事は紛れもない事実だと思えるし、そのパワーとエネルギー系グッズが複雑な構造で絡み合っているに違いないと考える。

    「秋葉原って空気淀んでいるけど、エンポケは全然空間的な感覚が違う」

    といった客さんは、1人2人ではない。 


    広瀬学・・・たまにはコラム

    --------------------------------------------------------------------------
    エンポケ常連のお客さんより1枚の写真が届きました。
    以前もこのブログに掲載したことがあるのですが、さらに色々のなものを加えて格段にパワーが上がったといっていました。

    B2009-1-24-1.jpg


    昨日2/21(土)のハート∞フルのイベントはとても有意義なものでした。

    そしてまた新なエネルギーを実験してしまいました。


    近々新製品として発売できそうです。

    B2009-1-24-2.jpg



    2月21日(土)はハートフルイベント

    イベント情報

    2/21(土) 17:30~ ハート∞フル

    内容★オルゴンエネルギー封入した試作品を試します。
    また例の測定器を持ってくるそうなので、それでも検証できると思います。
    また新発売の「陰陽ゼロ化シール!」の実験も行います。

    ところでハートフル エンポケムービーは見ていただいているでしょうか
    まだ見ていない方は

    ここくりっく

    B2009-1-23-1.jpg

    ------------------------------------------------------------------------

    掲示板について

    掲示板の迷惑書き込みがたくさんあり不愉快な思いをされている方も多いかと思います。
    色々な対策をしているのですが、なかなかこれといった決定打がないのです。
    結局どのような対策をしても人間が意図的に操作をして書き込みをしてしまうとなかなか難しいというのが現状です。(それだけこの掲示板が有名なのかも知れませんが・・・笑

    迷惑書き込み対策の要望は重々承知していますので
    メインフレームを元の「みんなの掲示板」に戻していました。しばらくこれで様子を見たいと思います。

    1週間くらい様子をみて元に戻してみようと思います。

    以前の掲示板は左のリンクにありますのでそちらをご覧下さい。

    分からない方は

    ここクリック

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク