明日は 宇宙エネルギー研究所 イベント

    イベント情報

    8/1(土) 17:30 宇宙エネルギー研究所
    内容★ エネルギープレート奇瑞・エンジェルピーチ・奇瑞ピラミッドなどの試聴を行います。



    そして明日は何かが起ります。 


    下の写真はまだ未発表です。 お楽しみに・・・・・・・・・・・・・・・・・

    B2009-4-7-1.jpg


    サウンドナイト モニター報告 第1弾

    本日は サウンドナイトのモニターレポートを報告させていただきます。

    今日のお客様は 
    何と

    LINN KLIMAX DSを持っている方です。

    定価は290万円

    超ハイエンドですね。でもとても良かったと、褒めてくれています。とりあえずホッとしています。

    今回のサンドナイトについては、今までの発想とは逆なことを考えています。
    1言で言えば

    データの違いを人はどこまで認識できるか

    正しく使用すれば間違いなくデータに差が出るのですから、それを音としてどこまで認識できるのかを試してみたいと思っているのです。そういう意味でWさんの意見は貴重でした。

    B2009-4-2-2.jpg


    東京都 W様

    こんにちは。Wです。昨日、帰宅後に試してみました。実はLINN KLIMAX DSは筐体が薄く、電源ケーブルを差込む端子部分の幅が狭いため、最近の丸い型のプラグが入りません。そこで、DS等を繋げている電源タップと、壁コンへ繋げる電源ケーブルとの間に使用しました。

    試作品を借りていたので、その効果は解っていましたが、一聴して違います。素晴らしいですね!!
    ホームページの商品説明にある、<一度聴いたらもう元には戻れません。>
    という一文に嘘はありません!!

    ノイズ除去、S/Nの向上は勿論のこと、躍動感も増し、低域も良く出ます。これは気持ちの問題かもしれませんが、試作品を借りて使っていた頃よりも効果が現れているように感じました。

    そこで考えたのですが、昨日広瀬さんに教えていただいた、Blend-tune CobaltAC JP3を購入すればおそらくDSの端子に刺さるはずです。そうすれば、お店のDPAT-SEVEN-64に使っているように、DS→Blend-tune CobaltAC JP3→Sound-Niteという順に使用できると思います。

    以上、簡単ではございますが、ファーストインプレッションをご報告します。

    DPAT Seven 64 をIpod-Touchで操作

    イベント情報

    8/1(土) 17:30 宇宙エネルギー研究所
    内容★ エネルギープレート奇瑞・エンジェルピーチ・奇瑞ピラミッド などの試聴を行います。

    ------------------------------------------------------------------------
    今度のDPATSeven-64は誠に便利な製品だと思います。
    今までのDPAT02はリモコンが無く、いちいち画面を見ながら設定しなければなりませんでした。通常のPCオーディオでもおそらくそうでしょう。

    しかし、なんと
    アップル社の i Phone や iPod touchをリモコン代わりに使えてしまうのです。

    B2009-4-6-1.jpg

    こうすれば、例えオーディオルームが2階でPCが一階にあったとしても、下のPCを立ち上げて、設定さえすれば、あとはiPod touch で操作可能です。iPod touch自身でも操作できるのですが、全て操作するには、画面が小さすぎるのでこのほうがよいでしょう。B2009-4-6-2.jpg

    もちろんノートPCの無線LANを使用して遠隔操作もできます。

    私達リモコン世代には本当に便利だと思います。

    西出 晃

    高音質の音楽をもっと身近に と言うコンセプトから DPAT Seven 64は 普段お使いの ノートパソコン、デスクトップパソコンの他 アップル社の i Phone や iPod touch でも可能です。(無線LAN必要)。「外出時には i Phone や iPod touch で音楽を聴き、自宅では そのまま i Phone や iPod touch で DPAT Seven 64を操作する」 と言うことが可能です。まさに 未来派! そして 都会派の貴方のハイエンドオーディオライフが更に進化
    します。

    ※i-Phone iPod touch での操作にはリモートコントロールソフト(アップル社 iTunes store からダウンロード可能。無償版有り)のインストールが必要です。

    Viv Lablatory

    この度 ViV Lablatoryの製品を扱うこととなりました。
    6月に行われた江川工房にViV Labの秋元さんが来て試聴会を開いたからです。

    その時はevanui μ(ミュー)というスピーカーを聴きました。
    一聴してこのスピーカーの素晴らしさが分かりました。


    B2009-4-5-2.jpg

    こんな小さなスピーカーで信じられないほどの低音が出ます。またエッジレス、ダンパーレスで無指向性の、この音は他のスピーカーでは再現できない独自の音を出します。

    というわけで、このスピーカーはエンゼルポケットで販売することにしました。

    今はたくさんの受注を抱えていて、エンゼルポケットにものが到着するのが8月過ぎになるようです。

    そうしたら、エンゼルポケットで試聴できます。

    B2009-4-5-1.jpg


    イベントが終わって 秋元さんと雑談しました。
    いちばんビックリしたことは

    秋元さんは私と同じ年

    だったのです。聞けば、大手メーカーのエンジニアとして働いていたようです。
    私が思わず

    こんな泥船のオーディオ業界で独立なんて何考えてるんですか。

    と思わず本音を漏らすと

    私オーディオが好きなんです。

    と言われたときは思わず 目がウルウル状態・・・・

    すばらしい人間だ・・・と思ってしまいました。

    ホント真面目だし、ちゃんと人の話を最後まで聞く、その態度に感心させられました。

    10日ほど前にViV Lab初のオーディオアクセサリー ACCUREADが発売されるというので、早速注文したら、わざわざ、エンゼルポケットまで、届けてくれたのです。

    音など聴かなくてもこういう真面目な人が作った製品はたいがい良い音するもんのなんです。

    B2009-4-5-3.jpg


    その日ちょうど関西から来たお客さんがいたので、その人と共に比較試聴

    エンゼルポケットにはACCUREA以外に 4つのCDスタビライザーがあるので、すべて比較しました。

    B2009-4-5-4.jpg

    秋元さんも大興奮 彼も自分の製品以外こんなに比較したのは初めてだったようです。

    メーカーごと比較するたびに、

    こんなに変わるんですね。

    メーカーごとに音に特徴があるのも不思議ですね。

    お客さん共々驚いていました。

    でも秋元さんが偉かったのは、お客さんの前では、自分の製品をよいしょしないところでした。

    自分のところの製品と時に限って

    「これは自社製品なので、コメントは差し控えます」

    といっていました。

    そして、そのお客さんは、ACCUREADを購入されていかれました。

    もちろん他の製品が悪かったわけではなく、お客さんの好みに合致したのだと思われます。


    タカダイオン電子治療器 その10

    イオンについて

    タカダイオン電子治療器を正しく理解するには イオンを理解しなければなりません。

    しかし、イオン て理解する事も、正しく説明することもとても難しい事だと考えています。

    化学はホントいえば難しい。昔 「すいへーりーべぼくのふね」とか習ったような、でもすっかり忘れたような・・・

    下の写真はニュートンという雑誌 結構好きで買って読んでいます。

    B2009-4-4-1.jpg


    イオンとは電荷を帯びた原子です。

    その中には 陽イオン と陰イオンがあります。

    陽イオン マイナス電子が不足している状態
    陰イオン マイナス電子が余っている状態

    例えば

    塩は ナトリウムイオンと 塩化物イオンからできています。

    ナトリウムイオンは 陽イオン
    塩化物イオンは 陰イオン

    この 塩化物イオンはマイナス電子が1つ余っているので陰イオン。ナトリウムイオンが1つ足りないからこ陽イオン。この2つが結合するときは、塩化物イオンの電子をナトリウムイオンがもらい受けます。
    そうすると、塩という安定した分子になります。

    上の一連の動作を イオン結合 といいます

    タカダイオンにとってこのことは非常に重要な部分です。

    イオンと言ったらすぐ「ジャスコでお買い物」とかいわずこの辺を理解しましょう。

    人間の体も結局は原子→イオン→分子→DNA→ミトコンドリア→細胞 とういう構成で出来上がっています。

    そして 、脳ではイオンを巧みに使って信号を伝達しているし、胃では、水素イオンの力で食べ物をを消化しています。

    上記のことなんかは 超微細エネルギーにも非常に関係している話です。

    タカダイオンを使用すると、血流及び神経伝達、などが活性化されますが、それらの多くの原因にイオンが関係しているのです。

    HWT お客様からのインプレ

    下の文書はHWTのヒロさんから届いたメールです。ヒムカノクロウマさんは エンゼルポケットから様々な製品を買っていただいていますが、最近特に HWTのヘビーユーザーになったようです。

    HWTの製品は面白いモノがたくさんありますね。 今月のHWTのイベントの時 「2周年」と言っていました。 私の実感では 「え、まだ2年なの」という感じです。

    たった2年の間に「よくぞここまで製品作ったな」と感心するやら、あきれるやら・・爆)

    それでもヒロさんは永遠に不滅でしょう
    B2009-1-5-1.jpg



    九州 ヒムカノクロウマ 様

    はじめまして。

    私、九州在住のヒムカノクロウマといいます。以後お見知りおきを。 当方HWTさんの商品は車に使用させて頂いております。車の車種は660cc、軽自動車の3速ATというしょぼいものです。現在、ゴルディアスの結び目とピューリフィケイター、接点活性剤を使わせて
    頂いています。


    ちょっと長文になります。申し訳ありませんが。

    私、今までは車の燃費アップやパフォーマンスアップ関連の中でもポピュラーなほうだろうと思われるグッズばかり使用してきました。 たとえば、ラジウムやトルマリン等の鉱石系やコンデンサやノイズ除去グッズですね。ですので完全な車系からエンポケさん的な方に移行してきた者です。

    まず、勝手ながら貴社商品のインプレを述べさせていただきます。

    1.ゴルディアスの結び目カーバッテリー用 100点満点
    当方の車はエンジンヘッド、ラジエターのアッパー、ロアホース共にラジウム系を装着。マフラー触媒の手前にプラチナアース、バッテリーのプラス単子にアポロシン
    シン。エアフィルター一次側にマイナスイオン系のシールをベタベタと貼り付け。プラグはイリジウムに交換。コンデンサは問題がいろいろとありそうなので以前は付けていましたが捨てました。

    私の場合も異常燃焼によるノッキングが発生したので。本当にいろいろためしました。まあ高い勉強代でした。 最近では「コンデンサは外してください」というディーラーやショップは現在
    増えつつあります。広告関係の仕事をしている関係で業者さんからいろんな話が入ってきます。コンピュータの誤作動(最近の○産車、コンピュータの通信がかなり繊細だそ うです、コンデンサが邪魔をするそうです。)、

    バッテリーの能力の極端な低下、プラグやヘッド(焼ける)の損傷によるエン
    ジンの載せかえ等々。 特にプラグやヘッドの損傷は2~3年乗っているうちにある日突然エンジンが
    昇天されるそうです。恐いですよね。 で、なにかコンデンサに変わるいいものがないかなんて思っていたらゴルディアスの結び目に辿りつきました。 強引な電圧操作でもなさそうですし、理論はよくわかりませんが私自信、アポロを装着したあたりから 波動系とでもいいますかそちらのほうに興味が沸いてきて。リスクも少なそうですし。

    それにいろんなグッズを試しているうちに直感が研ぎ澄まされてきたのか最近は購入したものでハズレがありません。ゴルディアスの結び目も大当たりでした。


    本来は、ここまできてエンジンの燃費とパフォーマンスには大体満足してきたのでカーオーディオの音を変えたいと思いましてゴルディアスを購入しました。エンポケの店長さんのブログではすでにいろいろ装着しているためかエンジンの 変化はあまり感じられなかったがオーディオの音が激変したとか書いておられましたので。欲しくなって買ってしまいました。

    で、効果は...。
    エンポケ店長さんと逆!
    エンジンがまたまた変わってしまった。もうこれ以上はいかんだろうと思っていたのに。 軽く吹き上がる、アイドリングも静か、シュンシュン走る。びっくりしました。

    オーディオの方は正直いって若干の変化といったところか?
    でも高音の伸び、これわかります。変わってます!楽曲によっては生々しさまで出てます、わかります。ハープや弦楽器はいいです。よくなっています。ただアポロだけのときとくらべてたら、太鼓、ドラムがはっきり聴こえなくなってきた。

    とくに低音がボアッと。場合によっては音が室内にかなりこもるときもあります。オーディオのセッティングしなおします。もしかしたらGe3さんの地鎮も積んでいるんですが、これと相性がよくないんですかね。まあ、エンジンの変化のほうが大きすぎたのか音響の変化のインパクトが霞んでしまったかな。 しかし、車の走りに関する能力はゴルディアスの結び目のほうがコンデンサな
    どよりはるか上を いっているように思います。

    コンデンサは2万円出しても効果が微妙なものがあります。たとえ効果がわかりやすい軽自動車であってもです。 その点、ゴルディアスはこのパワーでこの価格。かなり安いと思います。


    2.接点活性剤
    バッテリーの端子、純正のアースの接点などに塗りました。エンジンがますます静かになりました。吹き上がりもいい。これは必需品。こもり音のほうも少し改善されました。前述の太鼓、ドラムの音がもどってきました。


    3.ピューリフィケーター 100点満点
    パワーストーンの浄化目的と、パソコン作業が多くて自律神経がちょっとやら
    れてるらしく 体調もすぐれないのもあって購入してみました。まずパワーストーンのほうはわかりません(爆)。私、波動とかわからないもので。すいません。普段はシャツの胸ポケットに入れさせていただいております。体調のほうはいいような気が。ただし最初のころは少しのぼせるような感じが
    しました。 気のせいかもしれませんが。

    しかしそのあと、急に猫背が治ってしまった。急にね。何かに憑かれてたのか!(爆)

    ピューリフィケイターは悪い存在がついている場合も浄化してしまいます。たくさんの方から当初具合が悪くなったり、のぼせたりという報告を受けています。皆さん30分から一日で好転して、以降はかえって調子が良くなっています。

    急に胸をはって歩くようになりました。今でも背筋がピンとなっています。 これってピューリフィケ-ターの効果でしょうか?いや、そうだと思います。

    そんで失敗談。 当方、武術をならっているのですが、月に1回おふだをくれるんですよ。武術の先生が。でね、そのお札の入っているほうのポケットにピューリフィケーターを入れてしまいまして。まあ気づいたときには遅かったんですが、お札が軽~くなっちゃってるんですよ。

    スカスカってな感じですかね。これって何か込められていたものがぬけちゃんたんでしょうか?
    よくわかんないですけど鈍感な私がわかるくらい軽くなってしまっている。
    あーあ。

    気などを込めてあると消えてしまいます。消えたのが分かるくらい軽くなったのであれば、その武術の先生は本当にエネルギーを込めることができるのでしょう。


    あとね、このピューリフィケーターに関しては音響に対する効果はまったく期待してなかったんです。
    が、車内に置いたら・・・。 変わりますね。いい音に。
    なぜ。
    これはこれでサプライズです。
    面白い商品ありがとうございます。

    でここから質問になるんですけど。
    すいません文章長くて。


    1.ゴルディアスの結び目カーバッテリー用について 走りに関してはかなり(トルクアップと静粛性&軽い吹き上がり)効果を感じたんですが、 プラグの熱価とかはあげなくてもいいですよね。

    あげなくて大丈夫です。

    現在のところ(4週間以上経っていますが)異常燃焼などないようですし。ただコンデンサやラジウム系だと安全マージンをとるため皆、熱価をあげたりしていますが、ゴルディアスは今までいろいろつけてきた経験(フィーリング)からいっても 大丈夫だと踏んでいるんですが、エンジン音も静かでいい感じですし。念の為の確認です。

    2.HWTさんの掲示板にてライトの作り方が掲載されていますよね。 当方非常に興味があり、私の好みの形でチャレンジしたくなってきました。 トルマリンが身体にいいように記載されていますが、エメラルドはどうでしょう?身体にいいでしょうか? (細かい内容としては5mmのエメラルドグリーンLED4灯、ゆっくりと順次点灯する回路を使用する予定です。 石はエメラルドのさざれを5つくらい貝でできた紐で繋ぎ、それにコードをらせん状に巻いてLEDにハンダ付けしようかなと。もちろんアブソリュートシールドをその上から塗ります。発光部のミラー部分にひふみクリスタルを3個、両面テープで貼り付け。ってな感じでつくろうかなと。)

    良いと思いますよ。

    お返事はお暇なときで結構です。何ヶ月でもまちます。

    それにしても車に関してですがラジウムやらマイナスイオン系ならまだなんとか理解できなくもないですが、波動モノ?がここまで効くとは思っていませんでした。

    今回、商品を購入させていただいて一番の収穫はそこんとこですね。
    シャウベルガー博士の理論などにも興味が湧いてきましたし。 なんだかおもしろくなってきました。
    楽しい商品、ありがとうございます。今後もすこしづつ購入させていただきます。
    (オーディオはど素人です。でも今後のめりこみそう。)

    それでは、長い文章で申し訳ありませんでした。お身体にお気をつけて無理をなさらぬよう願っております。

    こちらこそ丁寧なレポートをありがとうございます。


    Oji-Special デジタルアンプ 試聴記 その3

    イベント情報

    中止
    24日に予定されていた Ge3な夕べ は中止です。
    26日 ハート∞フルの イベントも中止です。

    開催

    8/1(土)17:30~ 宇宙エネルギー研究所のイベントは行います。


    内容★ エネルギープレート奇瑞・エンジェルピーチ・奇瑞ピラミッド などの試聴を行います。


    --------------------------------------------------------------------------


    続きです。

    B2009-4-3-1.jpg


    さいたま市 S様

    OJIディジタルアンプ自宅試聴報告―その3―

    OJIディジタルアンプの電源ケーブルをエンポケ借用の2万円台のケーブルから24万円のトランスペアレントPLMMに変えました。
    今までの硬さが取れ、空間表現が更に増し、かなり聞きやすくなりました。このケーブルはノイズ除去の機能も含まれています。
    この為、OJI SPECIALのBlend-tune CobaltAC JP3は特に使用の必要を感じませんでした。(但し、他のケーブルではかなりの音質UPを経験しています。)

     更に大事な実験項目があります。バッテリーインバータに繋ぐことができるかです。J1PROJECTのPPR-100 定価\367,500(税込)は最大100Wの機器まで繋ぐ事が可能です。
    100Wを超える機器を繋ぐと瞬時にインバータの電源が落ちるしくみになっています。
    ディジタルアンプなら効率が高いので接続出来る可能性が高いと思いました。西出氏に確認した所、「多分大丈夫だが、やってみないと分からない」とのことでした。

     接続して、イーグルスのホテルカリホルニアをフルボリュームで再生
    しましたが問題無く再生できました。しかもその音はさっきよりも全然良いです。このアンプは電源の品質を良くして行くとそれに答えて音質もアップします。空間表現がかなり向上します。更に「しなやかさ」が増しています。しかもバッテリーの減り方はユニバーサルプレーヤーを繋いだ時より少ないです。凄い省エネです。

    このアンプ現状ではスピーカー接続端子が1組しかない為、スーパーツイーターの接続がかなり面倒です。あまり面倒なので、スーパーツイーター無しで再生した所、かなりキツイ感じの音が出て来ました。従来ですと、空間表現に若干の差を感じる程度でしたが、このアンプの場合は有り、無しの差を明確にして見せてくれました。高域の再生がきっちりと出来ている証拠だと思います。

    更に私のお気に入りアクセサリ、マカバクリスタルオルゴンや仁(オルゴン)
    を上に乗せると、独特の美音の世界が広がります。本当に気持ち良いです。

    この状態でシャシンタのA SONG FOR YOUを聞くと口を開いたときのネットリ感が聞こえるようになってきました。

    このようにエンポケで多数販売しているアクセサリに非常に敏感に反応します。今まで使っていたアンプの2倍位の効果を感じます。この辺りは西出氏の懐の深さみたいなものを感じます。

    ちなみに今回対策をまったくやっていない事は振動対策です。我が家のフローリング28mm厚、無垢の米松の上に置いただけです。ちゃんとしたボードの上に乗せれば更に音は良くなるかもしれません。あえてこれをしなかったのは現状で私のアンプに勝つかを見たかった(聞きたかった)からです。

    さて、このアンプを返して私のアンプの音を聞いてみると、以外に良いので安心しました。
    ジャシンタが口を開いた時も「ネチョッ」となります。空間表現もそれなりに出来ています。そして、人肌の温度感がたまらないです。ディジタルアンプを購入するかは、少し悩んでから決めるつもりです。

    結論:
    ・非常に音の良い、解像度の高いアンプです。
    ・温度感はやや低めです。
    ・アクセサリに対し、非常に敏感に反応します。
    ・重低音も良く出てます。
    ・消費電力はかなり少ないです。
    ・温度は全然高くなりません。
    ・ディジタル信号を入力するだけでOK
    ・値段は40万円程度(仕様により異なる)
    と言う訳でかなり良いアンプで非常にコストパフォーマンスが高い
    と思います。市販価格100~200万円のアンプと渡り合える実力を持った
    凄いアンプだと思います。


    Oji-Special デジタルアンプ 試聴記 その2

    イベント情報

    7/19(日) 18:00 ~ HWT イベント

    内容★今回のHWTイベントはLEDライト各色とケルトクラウンの試聴を行います。

    加えて、フレイヤブランドの健康グッズであるアプリケータとリバイブというオイルのデモを行います。
    アプリケータはバイオレゾナンスメソッド(振動医学)を応用した健康商品、
    リバイブは塗るだけでしわが取れてリフトアップ、関節などの痛みも取れる美容オイルです。
    既に多くの方にモニターいただいて効果を実証しているものです。


    ----------------------------------------------------------------------------

    6年ほど前、西出さんに「デジタルアンプって、どう思う。」と聞いたことがあります。その時西出さんは「どうやってもよい音でないからお手上げ状態。本当によい音がでるまで、あと10年はかかるのではないか。」と言っていました。私も実際デジタルアンプを聞いて良い音と思ったことはつい最近までありませんでした。 その後、西出さんは D-AMP モノを開発。A級動作のバランスを2人で聴いたとき 「これでアンプの開発は終わったな」と彼はつぶやきました。私も同感で、おそらく数百~1千万円するアンプにもヒケを足らないアンプだと確信しました。そして彼は完全バランス伝送を目指して、DDAC-Pro-Proを開発したのです。

    しかし、あれから6年、彼はD-AMP(モノ)レベルのアンプをフルデジタルで作ってしまったのです。
    (しかもデジタル入力だから、完全バランスです。) 

    でも6年はかかっているんだな

    と思うと感慨深く、尚かつ

    これからの

     「省エネ時代には、絶対デジタルアンプだ。」

    と思いました。 真空管やA級動作のアンプは 夏は暑いし、電気代はかかるし。エコエコと言葉だけが先行する今の現状が必ずしも良いとは思いませんが、地球にやさしいオーディオは大事なんではないかと・・・そう思うわけです。


    B2009-4-3-1.jpg



    OJIディジタルアンプ自宅試聴報告―その2―

    それでは、OJI最新ディジタルアンプを自宅で試聴した報告をします。試聴環境は14畳のAV専用ルームでこのアンプだとソースによってはフルボリュームになることもあります。(音が良いのでついついボリュームを上げたくなると言う部分はあります。)スピーカーはGe3チューン済みのJBL S3100です。
    38cmのウーファーを搭載した2ウエイホーンスピーカーです。能率は93dbです。更にデンテッククライオチューン済みムラタのスーパーツイーターES-105を接続しています。

    さて、アンプの音ですが、解像度は非常に高いです。細かい音が実に良く聞き取れます。その1番の凄さは空間表現力で、ジャズヴォーカルなんか聞くと人がこちらに迫って来て、その後ろにエコーが散りばめられる感じが快感です。

     次に音色ですが、日本人の音だと思います。温度がやや低めです。とは言え、キツイ音がしないのは流石です。むしろ「しなやかさ」も持ち合わせています。(西出さん風に言うと、しなやかな音のソースはしなやかに鳴ると言われそうです。)

    の音を一言で言うと日本刀の様な音だと思います。
    その心は「斬られた所が痛くない」だと思います。
    この辺りはクレルの熱い音との違いを感じました。(熱いと言っても人肌位の熱さで、熱すぎない所が好きです。)もう一つの関心は38cmのウーファーをしっかり駆動出来るかが気になる所でした。

    イーグルスのライブ録音のホテルカリフォルニアのキックドラムの再現が出来るか気になっていましたが、重低音がバシバシ出ます気持ち良いです。もちろん制動はキッチリされていて、余分な音は出ません。

     一点気になるのはジャシンタのCDで「A SONG FOR YOU」がありますがこの曲の唇の湿り具合がどうもしっくりこないです。口を開いた時に「プッチ」とまるでノイズかのような聞こえ方になります。私としてはもう少しネバリのある「ネチョッ」という音に聞こえた方が良いのですが‥‥。さあて、これもこのように入っているからそう聞こえるのか気になる所です。

    ここまでは殆ど借りてきた状態で電源ケーブルも2万円台のものでの試聴結果です。
    このアンプは更に上の世界を聞かせてくれるのでした。
    次回に続く。

    Oji-Special デジタルアンプ 試聴記 その1

    今度 Oji-SPECIALのデジタルアンプを発売します。

    このこのアンプはフルデジタルアンプで、トランスポーターからでるデジタル信号を受けるとそのまま、スピーカーを鳴らすことができます。
    だから、今話題のDPAT Seven 64とこのフルデジタルアンプがあれば、DACやプリアンプなど必要ありません。

    そして嬉しいことに

    完全バランス伝送

    がこのアンプ1台によって完成してしまうのです。

    完全バランスはオーディオの究極ですが、アナログだと数百万円以上のコストがかかってしまうわけですが、このアンプを使用すれば50万円以下でできてしまうわけです。

    すばらしい

    さいたま市のSさんは、イベントでこのアンプを聴いて衝撃を受け、「貸出試聴を希望する」ということになり、数日間お貸ししました。 そして、Sさんからの試聴レポートが届きましたので本日掲載させていただくこととなりました。 そして何と、Sさんは発売前から、すでに予約されたのです。Sさんのため今このアンプ制作中です。

    DPAT Seven64 とこのフルデジタルアンプは筐体が同じなので下の写真のようになります。

    B2009-4-3-1.jpg



    さいたま市 S 様

    その1、OJIイベントで初めて聞いた音

    OJIからパワーDACを使用した新しいディジタルアンプが発売
    されるとの事で、期待して5月10日(日)のイベントに参加しました。当日はAV雑誌HI-VIのイベントがあったのでそちらに参加した後なので、前半の技術説明を聞き逃しました。
    (私の顔がフルネーム入りで紹介されました。7月号発売中です。P110の下中央)

    技術的にはフルバランスディジタルアンプとのことで、たぶん世界初の技術だそうです。当日の音は大変分解能が高く、良い音がしていました。ディジタル入力の他に、アナログ入力も有り、こちらも大変良い音がしておりました。基本的にはノンカラーレーションで、入ってきた信号がそのまま出力される感じです。

    私はOJIのDPAT-AVに繋ぐ音質の良く分解能の高いD/Aコンバータを物色中でしたので、これは期待出来そうと思いました。そこで、西出さんと、広瀬 店長に自宅での試聴を申し込んだ所、OKを貰ったので、自宅に持ち込み試聴を実施しました。

    ちなみに現在使用しているパワーアンプはクレルFPB-200(定価110万円)、プリアンプはマークレビンソンNo38L(定価75万円)DAコンバータはインフラノイズDAC-1(定価20万円)約40万円弱のディジタルアンプが総額約200万円(ケーブル含む)のアンプ郡に勝てるか、又、音楽性はどうかを徹底検証することにしました。

    DPATSeven 64 SSDついに登場

    今回のOji-Specialイベントはかなりショックだった。

    何と DPAT-02がDPATSeven 64に音質の部分で

    負けてしまったのだ。

    エンゼルポケットにあるDAPT02-AVは100万円を越えるハイエンドモデル。もちろんメモリー再生もできる。

    Windows2000から放たれる、メモリー 完全バイナリー一致の音はエンゼルポケットの伝統であった。

    しかし、DPATSeven 64に完敗した。


    本当は、DPATSeven 64は、音質よりも親しみを重視し、低価格で多くの人が購入できる事を目的として製作するはずだった。

    ただ西出さんは、作る以上はよい音で ということで気合いを入れてしまったのだ。(彼の悪いクセである。)

    最初の 「DPATSeven 64HDDバージョンではまだDPAT02には及ばないところがある。」が僕と西出さんの共通認識だった。しかし今回のSSDバージョンは凄すぎる。

    完全にサーボのないトランスポーターは無から有を作リ出している。 SN比 解像度とも桁違いだ。
    HDDであろうが、SSDであろうが、同じRAMDISK上からデータを出力しているのに、こうまで音に違いが出てくるのは

    サーボが影響していることは間違いないであろう。


    もちろん私自身もこんな経験は初めてだ。

    B2009-4-2-1.jpg


    オーディオの世界では 同一メーカーより発売されたものは、「値段が高いほどよい音がする」が決まり事であって、その逆はタブーとされてきた。 

    しかし今度は その逆転現象が起ってしまった。

    これを私は

    DAPT 下克上

    と呼ぶことにした。

    完全に回転体が無く、ほとんどが RAMDISK上で展開されているDPATSeven 64は、もはや、世界中のどんな素晴らしいCDトランスポーターを持ってきても、勝てる可能性はないと思われる。

    ここからは余談だか

    DPATSeven 64の電源対策としては、Blend-tune CobaltAC JP3とSOUND-NITEを提唱する。実はこの2つは合体することができるのだ。

    B2009-4-2-2.jpg


    私の推奨では、Blend-tune CobaltAC JP3を前、SOUND-NITEを後ろに取り付けることを勧める。

    下写真参照

    B2009-4-2-3.jpg

    これで、ほぼ全てのノイズはカットすることができる。

    この状態で、DPATを再生すると、

    もう2度元に戻れなくなる。

    これが本当の究極なんだ。

    と私は確信した。
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク