FC2ブログ

    タカダイオン電子治療器 その13

    エンゼルポケット 夏休み

    ●夏期休業のお知らせ 09年8月15、16日2日間 エンゼルポケットはお休みします。
      メールのご連絡や商品の発送は、17日(月)より順次対応させていただきます。

    -----------------------------------------------------------------------------


    マイナスイオンの真実と誤解 その3

    B2009-3-15-1.jpg

    昨日の続き

    ガンマグロブリン2は免疫抗体物質で、侵入してきたウイルスや細菌などを攻撃する抗体として活躍する大切な役目を担っています。免疫抗体物質のガンマ・グロブリン2はタカダイオン電子治療器を使用すると体内でマイナスイオンが確実に増加します。

    その論文は日本電気泳動学会でも表彰されているくらいです。

    そして、補足されたマイナスイオンは血液と共に全身の体を巡ります。その時体のあらゆる臓器や組織の細胞の周りを体液として流れます。

    細胞の細胞膜の周囲に集まったマイナスイオンは活動電位の機能を向上させ、さらに細胞機能が低下した細胞を元気にさせます。

    ちなみにここで言っているマイナスイオンとは通常使われているマイナスイオンとは多少違います。
    通常使われているマイナスイオンとは空気中に存在する 陰イオン を言いますが、体内に発生するマイナスイオンは ガンマグロブリン2 すなわち生体イオンです。

    体内にマイナスイオンが増加すると、弱った細胞やDNAが傷ついた細部を見つけて酸素や栄養素を与えて元気にそてやり、病気を改善の方向に導いてくれるのです。

    人間の体は約60兆個の細胞から出来ていると言われています。正確には体重によって異なり、100kgは100兆個 50kgの人は50超個 とか 1kg単位あたり1超個として計算されているようです。

    その途方もないほど数の多い細胞によって病気が発生するわけですから、その細胞を改善しない限り、病気は克服できません。そういう意味でも

    タカダイオン電子治療器は必需品です。

    エンゼルポケット ノアの箱船計画

    私がなぜこんなに タカダイオン電子治療器にこだわるかと言えば、

    秋以降恐ろしいことが起りそうだから  なのです。

    ヒューマンネットワーク代表 大須賀さんの話によれば 「秋以降、新型インフルエンザは鳥インフルエンザと融合してワクチンの効かない新々インフルエンザになる可能性が高い」と言っていました。

    「えーでは私達はどうすればよいの」と訪ねると

    最後は体力勝負しかない

    と言っていました。タカダイオン電子治療器すでに多くの人が購入されていますが、持っている方はぜひ、秋に向けて体力を温存してください。(持っている人だけノアの箱船・・・)

    もし風邪を引いたら、カゼ薬を飲んで 寝ている間はタカダイオンです。この場合は1時間以上でも構いません。 特にインフルエンザは体内に猛烈な活性酸素が発生しますので、一石二鳥なわけです。
    熱が出ているのに、抗酸化物質の取得は大変だし水素水だっていっぱい飲めないでしょう。
    タカダイオンは寝ながらスイッチオンですから簡単です。 (そして、活性酸素除去には圧倒的効果をはたします)
    特に体力の低下しているお年寄りや子供には安心を与えるものだと思っています。

    スペイン風邪(約90年前)は弱毒性だったにも関わらず全世界でおよそ6千万人の死者を出したと言われています。当時の全世界人口20億人。実に世界の2~3%の人間が亡くなりました。


    その生死を分けたのも 最後は 免疫力です。


    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 広瀬 学 作家
      ちょっと笑える不思議な世界の裏話
      非常識で最先端の幸せに成功する法則

      執筆

      オプティマルライフ株式会社
      代表取締役

      皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク