QTP クォンタム・フォト CD その7

    さる4月24日(土)に 「ヒーリングライト~癒しの光~」の完成記念試写会が、新宿のTMシアターというところで行われました。私も招待されたので行って来ました。

    特に今回は このDVDを実際に製作した阿部正監督がいらっしゃるということで私も楽しみにしていました。

    阿部監督 音楽提供者の瀬戸龍介氏は

    クォンタム・フォトのすばらしさに感銘を受け、なんと無償でこの仕事を引き受けた

    と言っていました。阿部監督は、その後の食事会の席でいろいろ話したのですが

    USBメモリーにクォンタム・フォト処理をしてもらっただけで

    映像も音楽もまったく別物になったと言っていました。それ以来とりこになってしまったようです。

    私もなんとなく分かるような気がします。

    だってあの音の違いはどう考えても尋常ではないからです。

    そして、クリエイティブな感性がある人なら、多くの方が、この技術のすばらしさを理解できるのではないかと思っています。


    先週の日曜日は、お客さん3人と私で、かれこれ2時間以上、クォンタムフォトとそうでないものの違いなどを確認しましたが、皆さん一同に

    まったくの別物 と言っていましたし、

    昨日来たお客さんは、その音の違いを聴いて 涙ぐんでいました。

    さて会場の様子です。写真の左側が水島所長、右側が阿部監督です。

    B2010-2-1-2.jpg

    いよいよDVDの再生です。大画面で見ると迫力が違います。
    B2010-2-1-1.jpg

    このQTPマークを考えたのは、阿部監督の奥さんとのこと。阿部監督はイギリスの大学に通っていて、それ以降ずっとイギリスに在住、奥さんもイギリス人です。(とても綺麗な方でした。)

    B2010-2-1-3.jpg

    効果は大画面の方が大きいと思いしまた。眠くなるのを抑えるのが難しいし、見ていると頭の中が空っぽになるような感覚になるのです。

    B2010-2-1-4.jpg

    今回の「ヒーリングライト~癒しの光~」の完成記念試写会は 宇宙エネルギー研究所の取引や関係者ばかりだったので、そんなに人数は多くなかったのですが、名刺交換させていただくと

    結構すごい人ばかりでした。例えば 映画監督だったり、NGOの代表者だったり、

    でも皆さんやはり、クォンタム・フォトのすばらしい技術に感銘を受けた人ばかりでした。


    今後世界規模でこのクォンタム・フォトの普及させ、一人でも多くの人に癒しえを与えたい

    それが水島さんの目標らしいのですが、私もかげながら応援していきたいと思っています。


    もうすぐ発売 すごいサプリメント

    お知らせ

    4月30日~5月3日まで私(広瀬)は私用で日本にいません。

    お店(エンゼルポケット)は通常通り開店しますが、通販は発送が出来ないこともあります。

    よろしくお願いします。

    --------------------------------------------------------------------------------------------

    ついにポケット店長サプリメントに匹敵するサプリメントを発見しました。


    2008年7月18日にこのブログに

    今まで販売してきた健康食品を除き、これに勝る物が見つかるまでは、今後他の健康食品は一切販売しないつもりです。

    と宣言してしまった以上、平凡なものでは出せるわけないです。(でも、あれからもう2年近く経つのですね。)

    ただ、今回の健康食品はちゃんと名前も出せるし、理論的なところも説明できます。キーワードは分子生物学。この分野の科学的進歩がすさまじいおかげで、世界では薬をもはるかに凌ぐサプリメントが続々と開発されているのです。

    しかし、「日本には薬事法というものがありまして、そういったものを阻害してるのではないか」と私は考えています。

    健康食品に関して未だに日本は、鎖国状態。・・・

    ひょっとすると、認証薬の問題などでは 薬も同じようなことながいえるのかもしれませんが。・・・・

    このサプリメントはダイエットや成人病と深い関係があるものです。

    なぜ人は生活習慣病になるのか?
    何故人は太るのか?
    未病とは何か?


    そういった重要な問題をこのサプリメントと理論で解決できる可能性は大です。

    皆さんご期待ください

    気とは何か。・・・・

    このブログで

    「理想は西洋医学と東洋医学の融合が大事」

    ということを言ってきましたが、
    そのことを本当に実践している先生が 谷 美智士 先生です。医学博士でもある谷 美智士 先生が書いた

    未病革命 という本は私がぜひ皆さんにお勧めす本です。

    B2010-1-29-1.jpg

    この先生は 長崎大学医学部で西洋医学を学んだが 母の病気をきっかけに東洋医学に関心を持ち、みずから鍼やツボの治療を習得した。といいます

    東洋医学でよく言われている未病という言葉の意味が、この間ある健康関係のセミナーにいって、ようやく完全に理解できました。


    世界最先端の医療機関 例えば ハーバード大学 医学部 などで、成人病について盛んに研究していますが、その行き着く先は、東洋医学の考え方とピタリと一致しているのです。

    東洋医学でいう 医食同源 もいま成人病を盛んに研究する最先端科学では見直されています。

    この辺のところは今度詳しくお話します。

    本題に戻ります。

    この先生は、が分かるといいます。

    ただそう簡単に気がわかったわけではないらしい

    この本の中にも

    『「気」は実にびじゃくで微細なもので、感じ取れるようになるにはそれなりの訓練が必要です。』

    と書かれています。

    瞑想や座禅を毎日繰り返し、約2年間真言密教の正座観法行に親しみ、心が無になる状態を作れる様になって、ようやくわずかな「気」やその変化を感じとれるようです。

    そして、万物には 「気」というものが存在しそれぞれに 「よい気、悪い気」が存在しているようで、それぞれのものに宿る気はお互いに影響を与え合い、人間が持つ「気」と自然界にある「気」が作用し合って、病気になったからだが癒されていくらしいです。

    そして先生は、患者さんの病気を治す上で「気が分かること」が非常に役に立っているといいます。

    それは、脈診だけで、その人の病気を予測するということです。
    例えば

    「背骨が曲がっているな」「もしかしたら、胃に炎症がができているのでは」と感じられるようです。

    もちろん その後 血液検査やCTスキャンなどでも検査をするそうですが、ほとんど感覚と合致するそうです。

    私はこのことがすばらしいと感じました。

    何故かといえば、それは血液検査やCTスキャン、レントゲンなどには写らないが、病気であるという人が世の中にはたくさんいるからです。

    その状態が 未病なわけです。

    例えば

    あるとき突然、クモ膜下出血で倒れて命を失う とき、体外その1日前までは元気なことが多いのです。

    つい先日も 巨人の木村コーチが同じ病気で亡くなっています。私が知っている限りにおいても、突然倒れて死んだ人はいっぱいいます。 そういう人って結構まめに健康診断を受けている人が多いのです。やはり現代科学の最高峰の機械でも病気を見抜くということに関しては、まだまだ程遠いところにあるのではないでしょうか。

    もしそういう人を救える可能性があるとしたら

    気の力を使うしかないんじゃないかな

    とか思っているわけです。この先生ならば、生命力エネルギーの「気」を読み取ることが出来るそうです。

    この先生は 日本で始めて、鍼麻酔でお腹の手術に成功した人です

    中国では 年間40万人以上も鍼麻酔による手術を受けていて その成功率は90%以上といわれています。

    鍼麻酔をしているときは患者さんは意識があり、「手術中にもかかわらす、患者さんは笑っている」ということがよくあるそうです。東洋医学の経絡という生理現象を利用して麻酔効果もしくは痛覚鈍麻の効果をあげるそうです。

    すごいですよね。

    中国4000年の歴史は侮れません。そしてこの先生の下には、西洋医学では回復が難しいと判断され、見放された患者さんが、その評判を聞き続々と訪れているそうです。

    先生は、多くのそういう人たちを救っている

    病気というものは最後は治ればいいわけです。そういう意味において 「科学的でなけばダメ」とか本当は関係ない話なのです。ただ、西洋医学や科学は人間にとってとても大事だということは否定しません。

    気音泉 貸し出し試聴

    れんげ工房さんからのご好意で、気音泉貸出試聴盤が届きましました。
    「気にはなっているけど、最初一歩踏み出す勇気がない」と思っている人も多いのではないかと思っています。

    そういう人はぜひエンポケまでご連絡ください。

    禁止事項 : PCでのコピーはおやめください。

    試聴期間 1週間
    送料 ご負担ください。・・(着払いで発送します。)

    連絡先

    エンゼル・ポケット・秋葉原
    〒101-0021 東京都千代田区外神田1-15-8 星野ビル 3F
    TEL 03-5294-3501 FAX 03-5294-3502
    E-mail enzeru@localmailorder.com

    B2010-1-28-1.jpg

    -----------------------------------------------------------------
    常連のきゅうきゅう様よりはやくも、試聴レポートが届きました。


    東京都 きゅうきゅう様

    昨日は気音泉を貸していただきありがとうございます。
    さっそく聴いて?気功して?みました。エンポケで試した以上に、身体が反応しますね。まず空気圧が変化したように、耳がキンキンしてきて軽い頭痛。

    それはすぐ収まり、お臍の辺りがドクンドクンしてきて丹田あたりに
    くぅ~とした感触がずっと続きます。リラックスしつつも頭は冴えた状態。

    次に気音泉をゼロのひとときをかけているサブシステムに移して流しながら
    QTP処理したCDを聴きます。耳の穴がチリチリする感じがして、音への感覚がハイ状態。CDの音が良くなったというより、聴き手に働いている感覚が強いですね。
    聴こえてくる音は艶っぽさを通り越して、トロットロに溶けた水飴状になってしまった印象です。ソリッド感がなくなっているので好みの分かれるところでしょう。面白かったのは、QTPのその後レポで書いたようにSACDがCDに比較して音質が負けるという印象が、気音泉を流しながらだと、SACDに上記のトロトロ効果が丁度よく働いて
    CDに負けていた艶やかさが出て、ほぼ対等になるのです。

    ハイフェッツのバイオリンコンチェルトはソリストの存在感において
    3.0チャンネルの意味が出てきます。合わせ技GOOD!です。しかし気功は凄いのでサブシステムをちょっとゼロのひとときにバトンタッチ。こちらは「自然のまま」なので落ち着きを感じます。
    気温泉は人が聴き手のために心をこめて放出しているわけなので出てくるエネルギーが全く別のものですね。
    気音泉、QTP、ゼロのひとときこれらのソフトをうまく組み合わせて楽しみたいものです。

    以上、TB愛好家きゅうきゅうでした。分け入っても、分け入ってもエンポケ。

    タッド・ガーファンクルとMARecording

    PCオーディオFanには

    DVDが付属されていて、その中にはハイビット・ハイサンプリングのWAVデータが入っていました。

    B2010-1-27-1.jpg

    ただより安いものはない

    ということで早速試聴しました。

    24Bit96kとか24bit88.3kのWAVデータというのはなかなか貴重です。探してもそう簡単に売っていないわけですね。

    DPATが最初にエンポケに来たときから、24Bit96kや192kの音楽データは再生していました。でもその当時は購入することなんかほぼ不可能。ある特殊なやり方で DVD-Aのデータを抜くか生録するかのいずれかでした。
    そのとき思ったことは

    DPATでハイビット・ハイサンプリングを聴いた音は

    SACDやDAD-Aよりも10倍は音がよい

    と思っていました。しかし、その当時そんなことを言っても誰も信じてくれない。・・・もう7年くらい前の話です。

    そう考えてみれば、雑誌の付録にこんなものが付属するのですから、 「すごい時代になったものだな。~」とつくづく感心してしまいました。

    そんな前置きはさておき作業開始です。

    通常のDVDやCDプレーヤでは再生できないこのDVDですが、PCではいたって簡単Windowsであれば、

    マイコンピューター→DVDドライブのアイコンをダブルクリック

    B2010-1-27-2.jpg

    大体こんな感じです。


    B2010-1-27-3.jpg

    あとは上のデータを デスクトップなりマイドキュメンに コピペすればOKです。

    最初はDPAT02で再生。ここで注意はハイビット・ハイサンプリングのデータは音楽再生ソフトが受け付けるものと、受け付けないものがあります。「受け付けない=再生できない」ということですから、受け付けるものをチョイスしてください。

    実は私は、最初一発目に音楽を聴くときは、なるべく音楽波形データが見られるソフトをチョイスします。そして

    「なかなかいい波形じゃないか」とまるでレントゲン技師のように観察するのです。・・結構いやな趣味かもしれませんね。・・笑)

    B2010-1-27-4.jpg

    その次は最近売れに売れている DAPT-SEVEN64で再生

    B2010-1-27-5.jpg

    ちょっとここで気になることが 

    「はたしてちゃんとDACまでデータはいっているのか」

    と言うことです。実は音楽再生ソフトによっては、S-PDIFの出力のとき自動的にダウンサンプリングされてしまうケースもあるわけです。

    本人は出ているつもりで大騒ぎしていて、実は出ていなかったじゃ恥ずかしいですよね。

    そういう時はDrdac2を使用します。何故ならLockしているかどうか、ちゃんと表示されるからです。

    B2010-1-27-6.jpg

    これで一安心。・・・


    肝心の音ですが

    そりゃもうメチャクチャよかったです。

    後は雑誌を買って試してみましょう。

    私と違って、このDVDの再生方法や曲の解説などが詳しく書かれています。

    B2010-1-26-1.jpg

    タカダイオン電子治療器 23

    イベント中止のお知らせ

    今月のハート∞フルのイベントは中止となりました。

    5月は通常開する予定です。

    ---------------------------------------------------------------------

    B2009-3-15-1.jpg


    今年に入っても絶好調のタカダイオン電子治療器

    こうしている間にも、着々と顧客数は増大しています。

    そのうちタカダイオンクラブでも作ってみたいくらいです。・・・

    人間とロボットの一番の違いは やはり、感情があるかないかだと思っています。

    ロボットにいくら怒っても、(へこむ)いわゆ落ち込むことはないでしょうが、人は怒られれば、腹が立つか、ショックを受けるかどちらかでしょう。もっと言えば、人はすごいショックを受ければ、下手をすれば死んでしまうし、その瞬間から病気になってしまうものなんですね。

    私だって家族に重大なことが起これば、とてものん気にブログなんて書いていられないわけです。

    そういう意味で 健康こそとてつもない財産

    私がタカダイオン電子治療器を押す理由は

    「心、体」両方に影響を及ぼす

    ということから来ているのです。

    例えば うつ病、不眠症、自律神経失調症、更年期障害

    など一見すると心の病気と思われているものにまで効果があるからなのです。

    実際、顕著に改善が見られたケースがたくさんあります。

    脳や神経系の病気というのは 見た目はっきりとした外傷や原因が分からないケースが多いので、その病気自体が本人にとってのストレスになる場合があるのです。

    そして、根本的に改善できる治療薬も少ない のが現状です。

    私は 70,60年前よりも、心の病気で病んでいる人はたくさんいるのではないかと思ってるのです。

    そういう意味で、2010年の現代の方が、このタカダイオン電子治療器は必需品となっているのではないかと思っています。

    本当に人事ではなく、本当に笑い事ではないですよ。

    引きこもり、人格障害、発達障害、自律神経失調症、認知症、アルツハイマー、うつ病、躁うつ病、パニック障害、睡眠障害、境界性人格障害 、性嗜好障害 、広汎性発達障害、などなど・・


    でもやっぱり、幼児虐待だけは勘弁してほしい。

    人間自体がだんだんと狂ってきているのではないだろうか。・・・

    と思う今日このごろです。・・・

    DPAT-SEVEN64 PCオーディオfan 

    4月22日・明日発売されるPCオーディオFanという雑誌にDPAT-SEVEN64が掲載されています。

    編集長の話によれば、このシリーズのムック本はすごく売れていて、今後定期的に発売になる公算が高いとのこと。

    早めに買わないと 

    売り切れてしまう可能性もあります。

    このブログを見ている人はぜひ購入しましょう。・・・

    B2010-1-26-1.jpg

    CDプレーヤーとDPATの違い 
    CDプレーヤーとDPATは異なる点が多々あるのですが

    その中でも 非同期と同期というところが決定的に違うところです。


    ただし、この話はさんざいしてきたのつもりですが、おそらくお客さんでも、例えオーディオ評論家であっても

    理解している人は10%もいない

    と思っています。ただもう、だんだん面倒くさくなってきたので、自分で勉強してください。・・・

    あとこの間お客さんから、「世界最高の音をカーオーディオを聴きたいんです。」という話がありました。
    そのために、「DPAT02が欲しいと」と言います。「私がそれはいいいんじゃないですか。」と答えると、数日して

    「あのすみませんが、DPATでは音楽を再生するつもりはないので、もっと値段を安くしていただけませんか。」

    という電話が来ました。

    私が「え、意味がよく分からないんですが」

    というと「いや~DPATで録音(リッピング)した音は世界一音がいいと聞いたもんですから。」

    要するに、このお客さんは、データを吸い上げるためだけにDPATを購入しようと思っていたようです。

    「リッピングなんて、どんな、おんぼろパソコンでやったとしても、ようはデータが合っていればいいわけです。ようはバイナリーデータが一致していればいいわけですから」

    というと

    「えぇぇぇl そうなんですか」

    と逆に驚かれてしまいました。

    常識的に考えても、BD(ブルーレイ)が再生できる時代に、「CDのデータも読めない」なんてことはめったにないわけです。

    ただし味噌はリッピングソフトの問題。・・フリーのソフトもたくさんあるから。・・ただ大体は一致すると思いますよ。・・・

    DPATは最初からデータ一致するソフトが入っているだけです。

    PCオーディオは、あまり意味の分かっていない人はやらない方がいいと思いました。

    人間、自分の背丈に合ったものをやるのが、一番だと思うようになりました。・・・・



    QTP クォンタム・フォト CD その6

    QTPクォンタム・フォトCD 本当に話題沸騰しています。

    私自身でも

    エンポケ史上最大級の大発見

    と思っています。今日も七色光というCDをクォンタム・フォト処理してもらいました。

    1個1個確かめるように、HDDの音と比較しました。

    まったくの別物の音になっています。・・・あまりのすごさに本当に感動しました。

    そして、不思議なことに 5曲目だけ異常にゆっくりと音楽が聴こえました。


    B2010-1-25-3.jpg

    B2010-1-25-1.jpg

    B2010-1-25-2.jpg

    何故こうなるのか理由はまったく分かりません。

    だた私は これはもう人間のなせる業ではない、きっと神様が 4次元とか5次元の世界でマスターリングをし直しているのではないか・・・・ 

    と思うようにしました。

    01とかバイナリーデータとかそんなこととはまったく違う世界で何かが起こっているようです。

    1時間ちょっと音楽を聴いて本当に感動しました。心に感じ入る音なのです。完璧だと思います。・・・・

    ----------------------------------------------------------------------------------------------
    QTP処理試聴レポート:その後

    さて聴き続けていて気がついたことが数点あります。
    1.ソフトによって、「遅く聴こえる」気がする。
    マロさんに言わせると「遅く聴こえる」のは良くないこと、ですよね。
    宇宙エネルギー研究所はどう解説されるでしょうか。
    私のイメージでは遅く聴こえるのは、読み取り精度が上がって、良く見通せるから。
    打撃の神様川上が「ボールが止まって見える」と言った伝説のように、同じ動きスピー
    ドを、感覚が上がるといろんな情報が一瞬に把握できるのでしょう。

    2.関連して細かな情報が明瞭になること。
    前回レポートで報告したUNAMAS Vol.2のおおしゃべりが聴きとりやすくなったと同じよ
    うに、それぞれのディスクで発生しています。特に人の声。指揮者の唸る声が処理前よ
    り、明瞭です。声の音量が上がったわけではなく、良く聴こえる。つまり視覚でいえば
    視力が上がった印象ですね。これまでが視力1.2だったとしたら、2.0になったような。
    もしかすると4.0----ベドウィン族並みの感度!
    あまりよく聴き取れるもので、、びっくりしてキョロキョロしたりしますよ。

    3.ハイブリッド盤の不思議
    SACDハイブリッドの場合、CD層の方がより精度が上がった感じです。SACDを凌駕する
    音質に。前回ハイフェッツのコンチェルトは3.0サラウンドSACDでレポートしましたが、
    CD層を聴くと、SACDがスカスカに聴こえてしまいます。濃密で、艶っぽいのは断然CD
    層。これまでもハイブリッド盤はCD層の方が良いソフトは結構ありました。CDというシ
    ステムが長年の熟成やアクセサリー等の研究によってSACDを凌駕することが多いのです
    が、ハイフェッツ盤は違っていました。でもQTP処理によってCD層の勝ち!同じように処
    理効果が出ているはずなのに。不思議です。

    ゴールドアプリケーター感想 その2

    4/18 明日はHWTのイベント

    今回のHWTイベントは

    1.オーディオボードの試聴
    2.製品版スタンダードSPケーブルの試聴
    3.USBケーブル試聴

    を行います。
    皆様のお越しをお待ちしています。


    -------------------------------------------------------------------------------------

    B2009-6-5-4.jpg


    福岡県/K・Nさん

    最初は、1週間で肌に変化があればいいなと思っていましたが、
    見事に変化がありました。

    私の場合、顔より先にわかったのは、首筋にあるイボが、小さくなってきました。このイボは、もう何年もできていて、イボが取れる美容液や、ハトムギのサプリ(2年くらい)を使用しても全く変わらなかったのが、1週間もゴールドアプリケータを使用していないのに小さくなって、嬉しかったです。

    顔の方もだんだん艶が出てきたり、シワも薄くなってきました。

    嬉しい結果がでたことも購入する気持ちになったことの一つなんですが、それと同じくらいに、ここちよい村の皆さんの対応がとても嬉しく購入する気持ちになりました。

    本当に、ありがとうございました。

    神奈川県/Y・Mさん

    始めて使用した直後は、気持ちが良くて、一日中使っていました。次の日は、母にも勧めてみましたら、母も気持ちが良いと言ってずーっと使用していました。しばらくしたら、母の両ほほがリフトアップされていて、凄い!!と思いました。

    実は、私より母の方がより効果が出ているせいか、母の方が大変気に入っています。
    でも、私もほっぺが柔らかくなっていました。

    まだ冷え症や青クマには効果がないのですが、ゴールドを常に使う様にして、これからの未来に期待したいと思います。まずは、冷え症を良くしてから、美容の方にも期待したいです。

    本当にいろいろとお気を使われて
    いろいろな事を携帯で教えて下さって、ありがとうございました!
    又、分からない事がありましたら、メールします。

    QTP クォンタム・フォト CD その5

    QTPクォンタム・フォトCDを10枚処理した エンポケ常連のきゅうきゅうさんから詳細なレポートをいただきましたので、ここに掲載します。大変すばらしい評価をいただいてうれしく思っています。

    QTP処理って一言で言うと何?

    人間、空間、オーディオ機器 すべてに効果を与える究極の魔法の処理だと思っています。

    それは説明ページにも書いています。

    ◆心身のリラックス効果により、集中力、記憶力、判断力など様々な能力アップも期待できます。

    ◆場空間(住環境)を浄化して磁場エネルギーを調整し、居心地の良い場を作ることができます。

    ◆オーディオ機器をクリーニングし、音質や画質の向上をもたらします。


    クォンタム・フォトDVD

    現在ものすごい注文が殺到しています。


    B2010-1-24-6.jpg


     
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------

    東京都 きゅうきゅう様

    この二日間で一通り確認しました。
    いやあ素晴らしいですね。
    今回お願いしたソフトは試したい方向をじっくり考えた10枚でした。

    1.録音の古いクラシックライブ盤CD
    「YEVGENI MRAVINSKY 1979 TOKYO LIVE」
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/1974224
    音が硬く、音場も狭い。歴史的生録感と演奏者の熱が売り。

    2.同じく古いクラシックライブ盤CD
    「CHARLES MUNCH 1967 PARIS LIVE」
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/3719788

    PCM放送エアチェックか?と思うような生録系。1.ほど音場は狭くないが、潤いがない。

    3.名盤ジャズハイブリッド盤
    「WALTS FOR DEBBY」
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/74502
    言わずと知れたビルエバンストリオの名盤。ザ・コンプリート~1961盤やコンピレーシ
    ョンものを含めると10枚持っているもの。音質ではザ・コンプリート~が最も良かった
    が、今回の処理で濃密さで負けているSACDハイブリッドがどうなるか。

    4.UNAMAS VOL.2(XR-CD)
    http://www.localmailorder.com/cdsoft/unamas/hara-dairiki-his-2/hara-dairiki-his2.html

    3.に関連して原大力トリオの「マイフーリッシュハート」の入っているこれを。高音質
    なUNAMASレーベルがさらに良くなるか。マスターCD-Rを拝借して聴き比べする。

    5.音質キンキン系
    Lakatos「VIRTUOSO VIOLIN PIECES」
    いろいろ工夫しないとバイオリンが金属的にしかならない難問ソフト。しっとり鳴らせ
    るか?

    6.ポピュラー名盤だが録音がポピュラーレベルなサントラCD
    「THE BODYGUARD」
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/29989
    上映映画館で買った日本盤というマニアらしくない1枚。いろいろとあの石鹸やらお光や
    らエンポケグッズでいろいろ調教してわたし好みにしてきたが、もう一皮むけるか。

    7.ロックの名盤DVD-Aサラウンド盤
    「QUEEN/A NIGHT AT THE OPERA」
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/460940
    画期的サラウンドだが録音原盤が古いせいで、音の抜けがいまひとつ。これが改善され
    るか。

    8.独唱からてんこ盛り大音量まで音の博覧会的あの曲、カルミナ・ブラーナ
    「TRIONFI」*三枚組のうちCD1のみ
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/371281
    この曲もコレクションで25枚持っており、その中でヨッフムとともに一番好きなアルバ
    ム。好きなだけに2枚あるので、これは完全比較に持ってこい。

    9.歴史的名盤の3.0サラウンドSACD
    「LIVING STEREO BRAHMS/TCHAIKOVSKY VIOLIN CONCERTOS」
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/1491445
    CD、XR-CDも持っているがこのフォーマットによるハイフェッツの際立ちが気に入ってい
    る。やはり録音の古さでバイオリンの潤いに欠けているところを処理で変えられるか。

    10.とどめは映像ソフト、MJのBlu-ray
    「THIS IS IT」
    http://www.hmv.co.jp/product/detail/3712707
    この高画質、高音質-----制作者たちの思いと売れるソフトへの物量投入から生まれた
    素晴らしさ-----に効果は?

    ●試聴・試視聴結果は広瀬さんの推奨どおり!素晴らしいものでした。

    1.-------ブックレットには当日の演奏を聴いた方が「こんな硬い音ではなく、どちらか
    と言うとすごく柔らかかった」と感想を述べている。そういうすごい柔らかさにはなっ
    ていないが、しっとりとかつライブの良さを活かしている変化に。しかも立体感が増
    し、瞬発力が素晴らしい。◎

    2.-------1.同様であるし、真中に固まっていた音場(まるでモノラルのよう)だったの
    が、部屋いっぱいに拡がった。実はこのCD発売されたばかりなのにディスクユニオンに
    中古で出されていたのを見つけたもの。きっとがっかりして売っちゃったんでしょう。
    そういう時にはQTPも選択肢!?◎

    3.-------練り上げたCD再生システムと比べるとどうしても痩せた感じになるSACD。それ
    がしっかり濃密に変化した。コンプリート~に並んだ。しかしコンプリートをQTP処理す
    ればまた抜かれるなぁ。○

    4.-------この上質な演奏と録音がさらに磨かれた、驚くのは冒頭の演奏者のおしゃべり
    が明快に聴こえるようになったこと。マスターよりも明快、凄い!◎

    5.-------ラカトシュの名人芸に潤いが着いた。かつアンサンブルの存在感も上がって瞬
    発力も名演を際立たせる。○

    6.-------エンポケでボーカルの変化が際立っていたので、期待のソフト。トラック1の
    「オールウェイズ・ラブ・ユー」いいですね~、ウイスパーがほんとに吐息に。若干ホ
    イットニーが後ろに下がった感もするが。はベースやドラムの音に非常に不満だった
    が、解決。音域が広がり、しっかり腰が落ち着いた音に。同じCDとは思えない。アーロ
    ン・ネビルやケニーGのトラックも格段に良くなった。◎

    7.-------同様のソフトでピンクフロイドの狂気サラウンドSACDを持っているが、比較す
    るとピンクフロイドの方が元々当時の4chステレオのために製作されたものなので、音
    質で格段の差があった。しかしこの処理で、サラウンドのセパレートも良く、切れ味よ
    く、瞬発力も上がった。特にサイド、リアの位置再生が曖昧だったのが明快に!こもり
    気味だった音質もスパッと抜けた。◎

    8.-------確認どころ満載の曲から、独唱、合唱、終曲を比較。処理あり無しを比較。文
    句なし。同じもので比較するとホントに違いは明確。◎

    9.-------大好きな一枚。広瀬さん訪問時にもお聞かせした。これまたつややかに長年の
    埃が拭われたかのよう。オケのスケール感も拡大した。このSACDは3.0の良さで別格だっ
    たが、さらに磨かれた。 ◎

    10.-------唯一の映像ソフト。せっかくだからBDでと所有BDのなかから悩んで決めた。
    結果、音も絵も堪能できるもので良かった。これも手放しに良さが磨かれたが、音質面
    では特にサラウンド感と、各プレイヤーの粒立ちが明快になったこと。映像は色乗りが
    良くなり、ビデオぽさがフィルムライクなしっとり系にシフトした。映像系にも効果あ
    りと思う。◎

    ●総論
    簡単に言うと昨年流行したSHM、HQ、Blu-specなどの新素材CDで
    やり直したような変化に思える。そういう読み取り精度を上げて、データの本体に迫る感じの変化。高級機に買い替えて読み取り精度を上げたという印象でもある。同じソフトをBlu-specに買い替えるよりもずっと安いし、二枚持つ無駄が出ないからエコロジー?機器の買い替えなら数十万かかる。しかし読み取り精度を上げる処理とは謳ってないし、もっと怪しい系のパワーであるようだから、「良いものはより良く、そうでないものはそれなりに」ではなく「そうでないものもかなり良く」とエンポケファンには期待できる。またそのうちに第二弾発注頼みますからね、よろしく。

    TB愛好家きゅうきゅう---エンポケって深いよなぁ。分け入っても分け入ってもエンポケ
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク