5月 22日 ハート∞フルイベント報告 その2

    B2010-2-13-1.jpg


    ハート∞フル イベント報告―2回目― by DIA_1st
    5月22日(土)のイベント報告2回目です。前回はMSシートΩ処理でしたが、今回は天地仁シリーズ
    のクリスタルの内、天のメタトロンクリスタルを試聴しました。MSシートをはずしてD/Aコンバータの
    上に通常版の天オルゴンを置きました。音が微妙に明るくなり、空間表現力が増します。

    B2010-2-14-1.jpg


    音が大きくなった様に聞こえます。そして今度はΩ処理した天オルゴンに載せ替えます。
    一段と明るさが増し、音が大きくなりました。空間表現も更に向上しています。
    やはりΩ処理した製品の方が威力は増した感じです。
    だたHI-FIで求める音の方向とは微妙に違う気がします。解像度があまり上がらない感じがします。
    天地仁のシリーズの中では、天オルゴンが最もエネルギーが高いとの事でした。

    次に音の送り出を行っているパソコンCDトランスポーターのDPAT‐02の上にΩ処理済み天オルゴンを載せました。
    こちらの方がしっくりくる感じがします。より高い効果を感じることができました。

     仁オルゴンの方がHI-FI調の変化が起きると思い、実験しました。
    Ω処理済み仁オルゴンをDPAT02に載せた所、解像度UP、空間表現力UPとなり、HI-FI的な音の変化となりました。
    オーディオ用途の場合は仁オルゴンが良い様です。ただ健康用途で使う場合は天地仁を揃えたい所です。
     私は仁オルゴンをΩ処理したものを1カ月程使用しています。当初は若干の好転反応がありましたがかなり軽微なものでした。昔の傷が痛む程度です。
    以前の仁オルゴンより若干元気が出るような気がします。疲れにくくなるだけでなく。活力が湧いてくる様な変化です。Ω処理品は素晴らしいと思います。


    5月 22日 ハート∞フルイベント報告 その1


    DIA_1stさんが 5月22日に行われたハート∞フルのイベント内容についてのレポートしてくれました。
    早速掲載させていただきます。

    当日大阪から出張でこられた方が 、 「こんなので(メビウスMS「OMEGA処理」シート」)本当に音変わるの?」

    といわれたので、ほんとですよ。といいました。

    その方 イベントが始まって実験を開始し始めたら

    げげげ本当だ

    と驚いていました。本当にうそのような話ですよね。・・・・

    B2010-2-13-1.jpg


    ハート∞フル イベント報告―1回目― by DIA_1st

    5月22日(土曜日)に行われたイベントの報告です。
    今回はメビウス神聖シートにΩ処理をしたものの効果についてです。正確に言うと「メビウス神聖シート(オルゴン処理済)」(以下MSシートと略します)にΩ処理をした物になります。Ω処理とは振動系の処理のことだそうです。
    この処理をすると今までのものより格段に効果がUPします。 まずは、何も無しの状態でサイモン&ガーファンクルの曲
    (サウンド・オブ・サイレンス)を聞きます。名曲ですが非常に古い録音で音は悪いです。レンジが狭く、分解能が悪い感じです。これにまずは通常のMSシートをD/Aコンバータの下に敷きます。
    たった1枚でこんなに良くなるとは思いませんでした。以前販売していたA4版サイズとは雲泥の差です。今販売しているものはA3サイズよりも更に大きいA3ノビ (329mm×483mm)というサイズです。あまりに大きいのでラミネート加工をしていないとの事でした。

    音がどう変わったかと言うと、分解能が上がり、聞き易くなります。エコーが増え、空間表現が向上します。結構いいなあと言った所です。一般的にはこの価格の商品ですから激変のレベルだと思います。
    さて続いてΩ処理をしたものに変えで同じ曲を聞きます。凄いです。更に空間表現力が上がります。音が立体的に聞こえます。更に分解能力が上がり、細かいニュアンスが聞こえてきます。古い録音ですがずいぶん聞き易くなりました。
    一応言っておきますが、古い録音がまるで新しい録音になった様に何でも良くなる訳ではありません。あくまで、少し聞き易くなる程度です。でも、この値段でこれ程変わる製品はなかなか無いです。
    今後発売する物はこのΩ処理になるそうです。しかも値段アップ無しとの事ですので凄いサービスだと思います。
    これはお買い得だと思います。

    次回に続く

    Sound Nite 残り1台

    昨日お伝えした

    Sound Nite 大特価セールですが

    予想以上に注文が殺到し、残り1台となりました。

    現在時刻 2010年5月28日 17:30 

    実はまだ商品が入荷していません。今日の19:00ごろこちらに到着する予定です。 「物が来ていないのに売り切れちゃう」というのは、さすがの私も、初めての経験です。注文いただいているお客様、明日以降に発送させていただきます。


    というわけで、HPの注文ページは封鎖させていただきました。

    このままだと家に帰って夜寝ている間に、予定オーバーになるのは確実で、安心して眠れません。・・爆)

    後残り1台、どうしてもほしい方は、

    私まで直接メールください。


    enzeru@localmailorder.com

    一番早くメールをくれた人に

    商品を販売することとします。


    まさに瞬間蒸発。TELやら、メールやらの対応で疲れました。・・・・

    B2009-4-2-2.jpg

    Sound Nite 復活

    あのサウンドナイト モニター品が復活します。

    といっても 15個の限定です。

    実は倉庫に15個ほど眠っていたのです。

    試作品を作るときっていろいろ多めに部材を発注するようですからこうなることもあるのですね。
    6月下旬には 正式に Sund Nite の正規品が発売されます。
    先日行われたハイエンドショーでも展示されていました。またオーディオアクセサリー誌にも掲載されていましたよね。

    B2010-2-12-1.jpg

    そぷいう予備用は必要ありません。

    そこで出欠大サービス 何と 20,790円です。

    あまりに安すぎるため、1人2個までとさせていただきます。

    又、売切れ次第終了とさせていただきます。

    もう忘れてしまった人もういるかも知れません。
    おさらいです。

    B2009-4-2-2.jpg

    アースの目的は本来、短絡や漏電による感電事故から人間を守ることであります。しかし、産業機器や工場、レコーディングスタジオなどでは、このアースラインが逆にトラブルの原因となることがあります。ノイズ電流がアースラインを逆流し、機器に誤動作やチョコ停等原因不明のトラブルを発生させるのです。グランド・ナイトというアースラインノイズフィルターを開発し、すでに産業向けには、半導体工場や化粧品工場の製造ラインで大きな実績を残しています。そんな時、このノイズフィルターがスタジオでも大きな役割を果たすのではないかと音楽用に開発したものが、このサウンドナイトです。その読みはずばり的中。数十件という音楽スタジオで測定と試聴実験を繰り返し、ほとんど全てのかたが、「絶大なる効果」を認めていただいています。

    宇宙の源

    昨年末

    「とある雑誌では先行で販売を行っています。」とこのブログで言っていた雑誌とは

    スーパー・ミステリー雑誌ムー のことでした

    B2010-2-11-1.jpg

    この雑誌で初めて 

    パーフェクト超微細エネルギー関係の商品を発売したのです。

    実は ムーには ムー・メイル・オーダー MU MAIL ORDER

    という どっかで聞いた事があるようなような 通販コーナーがあって、そこで掲載されていたのです。

    この事実を知ったときは とても他人事のような気がしませんでした。爆)

    そして、発売されるや、ものすごい注文が舞い込んで、七転八倒状態が3ヶ月以上続きました。それでも光陰矢のごとし、いまでは掲載も終わりましたので、このブログでもその真実をやっとお話しすることができるようになりました。

    やはり、大手雑誌社の威力とは恐ろしいものです。
    ↑おかげで、オカルトショップカリスマ店長として全国的に有名になってしまいました。


    そんな中ローカルメールオーダーでもやっと オリジナルの新商品

    宇宙の源を発売することが出来ました。


    B2010-2-11-2.jpg


    もともと 初代の 無(MU)から、このシリーズは一番、オカルト的なものでした。

    TBコースターとかビームライトTBとかは、まだ電気を使う分だけちょっとは論理的なのです。

    ところで皆さんが気になっているのは、 宇宙の滴との違い だと思います。

    実を言うと たいした違いではありません。 一番違うとすれば 形状の違いです。

    ただ開発者いわく この形状が一番いいんじゃないかと

    B2010-2-11-3.jpg

    一番外側が宇宙を表し、その中身が地球を表します。

    そこに、自分の感情や思いが 振動として伝わると それをリセットして 外側の宇宙に放出されます。

    ちょっとロマンチックでしょう。

    宇宙の始まりとは何でしょう。・・・・無から何が始まったのか
    たとえ何もなくても、振動だけはあったはず人類、地球、宇宙の共通するものとはそれは振動である。・・・・

    ビックバン理論が正しく、宇宙以前が無であったとしても、超微細振動はそこにあったはず と私と開発者は信じています。



    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク