温泉母岩の測定

    ローカルメールオーダーで放射線を出すものは、とてもたくさんありますが、その中でも一番の多く放射線を出すものは

    ホルミシス温泉母岩です。

    以前エンゼルポケットでも何度も測定結果を出しました。

    22.4μSV/hr

    B2011-1-23-1.jpg


    昨日お伝えした、機能性イオン・アンダー・シートの 0.449μSV/hrに比べて約50倍も放射線が出ているのですから、驚きの数値だと思われるのではないでしょうか。

    しかし、実際に直接被爆となるγ線の数値はそれほど多くありません。

    「ガンマ線線量当量および電子線放出線量測定報告書」をご覧ください。
    これは、日本原子力研究所の第一号認定企業である「株式会社環境浄化研究所」代表の工学博士、須郷 高信 先生 によるホルミシス母岩について測定を行った結果報告書です。

    ガイガーカウンターはあくまでも目安であって、本当に正しい測定は専門の機関で測定してもらわなければならないのです。

    検出器 : Si半導体検出器
    測定月日 : 平成17年8月10日
    測定結果 : 以下の表のとおり。

    B2011-1-23-2.jpg

    上の数値はトルマリンとの数値を比較したものですが

    実際に 直接被爆となるγ線の値は5.3~5.5なわけです。

    さらに東京都立産業技術研究所で測った数値は、4マイクロシーベルト/時間くらいなので、その数値が直接おおよその目安となります。これは、放射線測定の場合は測定方法や機械によって数値が異なる事がよくあります。


    そうなると、昨日の方程式に当てはめてしまえば、温泉母岩の安全性が分かるはずです。

    まず、温泉母岩はお風呂に入れるものですから、1日辺りの入浴を30分と想定します。

    そう考えると 1時間あたり、4マイクロシーベルト/時間 30分では 2マイクロシーベルト/時間

    毎日30分温泉母岩を入れて1年間365日入浴した被爆量

     2×365÷1000 = 0.72mSV/hr(0.72ミリシーベルト/時間) 


    このくらいが被爆量となります。昨日お話した、機能性イオン・アンダー・シート0.64mSV/hrと比較してもそんっ色ないですし、年間1ミリシーベルト/時間 以下となっているわけです。


    十分安全であるものだと自負しています。

    ただ私の考えでは、年間1ミリシーベルト/時間という数値は、いささか低すぎる気がてなりません。

    その辺の秘密はここでお話すると、波紋が大きすぎますので会員制HPの中でお話ししたいと思います。

    とにかく放射線にまつわる話は、主義主張がバラバラで学者同士の意見もかみ合わないことが多いのです。おそらく、その場に鉢合わせたら、取っ組み合いの喧嘩になるんじゃないでしょうか。・・・

    だから、この手の話は、あなた自身が誰を信用するかで話が大きく違ってくるのです。

    でも大丈夫です。

    このブログを読んでいるあなたは、本当の真実をつかむ事が出来るはずです。


    ちなみに似たような効果なのに、放射線は一切関係ない

    タカダイオン電子治療器は、やっぱりすごいと私は確信しています。

    B2011-1-23-3.jpg


    今日の結論 

    若干のホルミシス効果とタカダイオン電子治療器で鬼に金棒。重病なんて怖くない。
     

    機能性イオン・アンダー・シート 性能テスト

    ただ今発売中の、機能性イオン・アンダー・シートについて、放射線測定をしましたので、ご報告申し上げます。

    私は、マイナスイオン系、つまり放射線を出す製品は、すべて測定しています。何故なら、放射線は使い方をあやまると危険なものだからです。

    まあ、オーディオや自動車系はある意味、どうでもいいと思っているのですが、こと健康となるとやはり いい加減な事は出来ません。

    なにせ、人の命にかかわる事なのですから。

    放射線測定は、ガイガー・カウンターで行いました。

    最初はただの何でもない、椅子の上において測定しました。


    0.161μSV/hr

    B2011-1-22-1.jpg

    え、0じゃないの

    と思う方もいるかもしれませんが、どんなところに置いたとしても、値が0になる事はありません。自然界には絶えず放射線があるのです。

    その次は、機能性イオン・アンダー・シートを測定しました。

    0.449μSV/hr

    B2011-1-22-2.jpg

    何もないときの、約4倍の数値です。

    ずいぶん少ないじゃないか」と思われるかもしれませんが、私はこのくらいでもいいんじゃないかと思っています。

    シートの場合は、8時間寝る仮定すると、例えわずかな値だとしても、

    結構な被爆量になるわけです。


    例えば、不治の病を治すと1年先まで予約でいっぱいな玉川温泉でも、実際の数値はかなり低いわけです。

    実際現地に行って 測定した写真がありますので ご覧ください。


    B2011-1-22-3.jpg
    B2011-1-22-4.jpg

    C地点 1.3μSV/hr 

    B2011-1-22-5.jpg

    D地点 1.45μSV/hr 

    B2011-1-22-6.jpg


    A地点というところで、測定したところでは、0.323 μSV/hr 

    だったりするわけです。結局測定するところでバラバラな訳です。

    日本で一番有名な玉川温泉でもこんな値なので、

    機能性イオン・アンダー・シート は測定的にはかなりいいとこいっていると思われます。
    放射線の量に関しては、国際的なガイドラインはまだ決まっていませんが、研究者や学者いうには

    年間 1mSV/hr 以下 と言われています。(ただ、私個人ではこの数値はいささか少なすぎるのかも。と思っています。・・・)

    ですから、イオン・アンダー・シート 0.44は1時間辺りの値ですか。1日8時間寝て、365日使用するとして


    0.44×8 ×365 = 1.28mSV/hr です。

    ただ、放射線被爆というのは、γ線の事をいいます。 ガイガー・カウンターは β線 α線、γ線、X線を全て一度に測定してしまうので、実際のγ線の量は この半分程度になると思われます。

    だから予想は、 0.64mSV/hrでしょう。・・・


    十分安全であるものだと自負しています。

    たぶん、オーディオ業界で放射線を語らせて私の右に出る人はいないと思いますが、左ならいるかもしれません。
    ・・・爆)


    今日はここまで 明日は温泉母岩の測定についてお話したいと思います。



    Unknown science Acoustic technology

    私自身が独自に

    Unknown science Acoustic technology という音響ブラウンドを1つ作ることにしました。

    省略してUSアコースティック・テクノロジーにします。  日本語で言うと 未知と科学の音響技術でしょうか。本当に正しい文法で言えば、Acoustic technology of unknown and scienceとなるかと思いますが、長いので省略しました。・・・たぶん何年かして、皆さんが略称にするときは、USアコテクとかUSアホテクとかなるかもしれません。

    私自身は、オカルト系と科学の融合をオーディオや音楽にと思って、いろいろやってきたのですが、これをなかなか本気でやろうという人は、めったにいません。「やる人いないなら、自分でやるしかない」そう一念発起しました。

    私が目指しているものは、 ハイブリットやコラボレーション です。

    よく言えば、そうなのですが、悪く言うと ごちゃ混ぜの理論 かもしれません。

    ようやく 第1弾の商品が決定しました。・・・ このために、この1月の忙しさは、半端じゃなかった。・・その他私は、健食とかもやっているので、頭の中はごちゃごちゃ状態です。私が今一番欲しいのは、時間です。1日48時間くらい欲しい。

    第一弾は CPMを使った製品です。

    CPMとは、出川さんが発売しているモジュールです。売り出したのですが、お客さんより、「どうのように使用したらいいか、分からない」という声をたくさんいただきました。そこで、この製品を簡単に使用できる方法を編み出し、製品化することとしました。(以前このブログでも、この製品の応用方を公開していく、と言いました。私は政治家ではないので、嘘はつきません。・・・)


    CPMは科学的ですが、その他にはエンポケらしい あやしい処理満載です。


    さっそく中身公開です。

    B2011-1-21-1.jpg

    CPMちゃんと使われていますね。・・・

    その他では 特殊電磁波防止処理、マイナイスイオン塗料、PTB加工、

    そして、6芒星シール

    B2011-1-21-2.jpg

    うおおおおおおお・・・・これだけやれば十分でしょう。・・・


    まさに 未知の分野、科学の融合です。

    使い方ですが  ONKYO ND-S1000(S)-やDrDAC2、Fiio E9 などACアダプターを使用する製品の入力口に差し込んで、ACアダプターのプラグをメスのほうに差し込むだけです。


    B2011-1-21-3.jpg

    イメージとしては Sound-NiteのACアダプター版といった感じです

    B2011-1-21-4.jpg


    標準プラグになっているので、上記3つの製品はどれも接続できます。

    音については今後皆さんにいろいろな意見をいただきたいと思っていますが、私が聴いた限りにおいては、

    一度聴いたら、絶対に手放す事は出来なくなる。・・・

    そう確信しています。・・・

    もうすぐ発売です。・・・


    02/24のツイートまとめ

    optimal_hirose

    機能性イオン・アンダー・シートについて、ブログ更新しました。寝ているとき、足腰が冷える方には、よい情報ではないでしょうか。・・・http://devipoke.blog4.fc2.com/blog-date-20110224.html
    02-24 20:37

    父がガンで死ぬまで。・・・その7 更新しました。ちょっと重いテーマですが、ぜひご覧ください。http://blog.optimallife.jp/
    02-24 18:38

    機能性イオン・アンダー・シート

    機能性イオン・アンダー・シートIPC-1591
    の発売をしました。 → 詳しく
    B2011-1-19-1.jpg


    何故 定価 84,000円もするシートが たった26,250円 で買えるのでしょうか。

    その辺の秘密が 井上先生からの伝言で書かれています。10名様限定 26,250円 という意味もわかるはずです。
    ちなみに、宮越さんという方は、元ダイナミックオーディオ伝説の店長、あの宮越さんです。私も12年くらい前は、大変お世話になった方です。(ハイエンドの方なら、知っている人はたくさんいるでしょう)

    ここで皆さんにとっておきのアドバイスを。・・放射線ホルミシス効果で一番大切な事は

    面積です。

    強い放射線を一箇所に当てるよりも、たとえ弱くても、体全体に放射線を当たったほうが、免疫や疲労の回復にはとても効果が高いのです。

    放射線ホルミシス効果 については今度じっくり会員制HPで、その内容を書きます。

    実は ポケット店長推薦 クリーム、は下の本と非常にかかわりが深いです。

    B2011-1-19-2.jpg


    ただし、このブログではとても言えない内容です。・・・

    井上先生からの伝言


    私の場合、糖尿で血液のめぐりが悪い事から、夜は電気毛布を最大で付けっぱなしとし、寝ていますがそれでも寒くて震えています。ある時、ふと思いつき、マイナスイオンシートをシーツの下に敷いて寝て見ました。
    シートのサイズは900mm×1500mmくらいです。そうしたらどうでしょう、電気毛布なして、暖かく寝られるようになりました。まさに、アンビリーバブルです。寝ている間に血行が改善されているのだと思います。また手足のしびれも軽減してきました。マイナスイオンシートンの場合、電気を使う訳ではありませんので電気代もかからず、効果は半永久的です。

    布団のシーツの下に敷いて使用します。

    マイナスイオンシートですが幅が約900mmで、長さは現在手元にあるもので20~30mくらいは有ると思います。逆の言い方をすれば、手元にあるものしかありません。

    900×1500mmサイズにカットしマイナスイオン・アンダーシートとして、手元にあるものがなくなるまで、つまり売切れ次第終了と言う事で限定販売しようと思いますが、いかがですか。多分、2度と手に入らないシートです。もし、新たに製作するとなると価格は大きくアップすると思いますが、手元にあるもの関しては、900×1500mmサイズを ホニャララ+消費税でお渡しします。
    そちらで販売する場合は、そちらで定価を付けてください。

    ちなみに、ミステリーシートが、このくらいのサイズになりますと10万円を超える値段がついています。

    「俺も欲しい」と言う事で 宮越さんには特別価格でわたし、モニターを行ってもらっています、「やはり電気毛布を使用しても足先が寒い」と言っていた、宮越さんが快適に寝られるようになったようです。
    また、どういう訳か、飼っている猫ちゃんが寝に来るようになったとの事です。動物は敏感ですからね。ハハハ


    02/23のツイートまとめ

    optimal_hirose

    瓜小町 ダイエットに最高ブログ更新しました。http://blog.optimallife.jp/?day=20110223
    02-23 18:59

    | 美容・健康/健康 | afnポータルサイト : 各種新聞・雑誌等の広告と連動した総合情報サイト!全国のお得なショップ情報、ショッピング、ビジネス、芸術、求人情報 etc... http://t.co/UEUwfwD via @afnjp
    02-23 17:30

    2月26日 A&R Lab 出川さん登場

    イベント情報

    2/26(土) 17:30 A&R Lab 出川三郎

    内容★マランツCDプレーヤー  出川式電源改造 試聴 
       出川式ACアダプター試聴


    出川式電源について

    出川三郎さんがいつも口がすっぱくなるほどおっしゃている事は、とても簡単な事です。

    負荷電流欠落が

    毎サイクル2回(約10%)存在します。


    ということです。 でも、この事の意味を正しく理解しようとする事は、とても難しい事です。

    今日はその辺をわかり易く説明します。

    通常のアナログの電源は、電源トランス→ダイオード→電解コンデンサ→負荷回路という順序、あとは必要な直流電流をオーディオ機器に供給しています。


    電源トランス  → 電圧を変換するもの
    ダイオード   → ACをDCに変換するもの
    電解コンデンサ → 直流の電気を貯めておくダムのようなもの。・・・電池に近い
    負荷(アンプなどの回路)で電気を消費するところ


    電源というのはある意味、海水を引き込んで真水に変えて、一時的に水に貯めて、必要な分だけ真水を回路に供給することです。

    私が昔から思っている事は、だからアナログ電源は面倒です。

    このとき大事な事は、海水を真水に変える役割のダイオードと、一時的に水を溜め込んで放出する電解コンデンサの関係です。

    海水が AC 交流  :  真水は DC直流 です。

    ACというのは交流です。だから波があります。海水とは海の水だから波があります。似ていますよね。

    ただ、この海の水はそのままでは、オーディオ機器としては使用できません。だから真水に変えてあげなければいけません。

    しかし、どんなに優秀な真水変換機でも、1秒間に全くムラなくすべて真水に変換できるわけではありません。それ

    が ダイオードの欠点です。

    そして、コンデンサ、これは真水を一時的に貯蓄しておくダムのようなものです。ダムですから放出と貯蓄を繰り返します。


    ダイオードさんは絶えず海水を真水に変えているように見えますが、結構ムラがあります。そして、ダムであるコンデンサとダイオードは、いつもシーソーをしながら 水の受け渡しているのです。

    水は高いところから低いところに流れますが、

    シーソーだと上下している間に、一瞬この2人が同じ高さになる瞬間があります。

    出川さんは この瞬間水流れないよ。

    といっているのです。

    だから、ダイオードが海水を真水に変換出来ない一瞬と、コンデンサがダイオードとシーソーをしている間平行になっている瞬間水が流れていないよ。

    その間水が流れない瞬間は、水中に渦波のようなもができる

    オーディオ的に言えば ノイズです。 

    私は、この 渦波=ノイズ が音を悪くする原因だ。・・・

    と思っています。 まさに荒々しい濁流です・・・

    私は 電気切れるから音が悪いんじゃなくて、波が起こるから音が悪くなると考えているのです。


    また、せっかく波が起こらないように、静かに水を流してあげても、スピーカー側で巨大な音を出しすと、そこで起こった波が今度はアンプの方に逆流してきます。

    まるで、プールに清流を流していたら、中で子供が大暴れしているようなものです。

    まさに、波の逆流現象です。

    よく地震で津波などが起こると、海の水が川を逆流する事があります。そのような事が、

    オーディオ装置で音を再生するときは絶えず起こっていると考えてよいです。


    その波の逆流現象を食い止めようとするものが、 CPMと呼ばれているいるものです。

    B2011-1-18-1.jpg

    どうですか皆さん。出川式電源とは、絶えず波を起こさないように、がんばっている仕組みなのです。

    それでも、波が全部なくなるわけではないのですが、とっても大事です、ちなみに

    クロックだって波のようなものなのです。

    私の格言というかモットーは、・・ 

    オーディオでよい音を出す方法は、波を出さない事である。

    実は、私が以前下の事をブログで書いた事と、今回の話は非常に繋がっています。
    それはまたおいおい書きます。
     

    オーディオ革命 デジタルトランスポーター編 その6

    オーディオ革命 デジタルトランスポーター編 その7



    PTBテラビーム-Final

    突然ですが、PTBテラビーム-Finalの名前を変更することになりました。

    これは、エンポケ常連の きゅうきゅうさんの提案です。 「Finalだと本当に最後っていう感じなる」という意見があり、「確かにそうだな。・・」と思いましたので変更します。

    PTBテラビーム-Ultimate

    これだと、Ultimate ←これだと 究極 という感じなので、このようにさせていただきます。


    B2011-1-17-2.jpg

    タバコの煙を青い光を立ててタバコの煙を浄化する実験を3回行いました。上の装置で、タバコの煙を電球の中に送り込み、青い光を当ててタバコの煙がどこまで浄化できるかという実験です。


    1回目  なんとなくうまくいった。完成度 70%

    B2011-1-17-4.jpg

    2回目 ぜんぜん駄目・・完成度20%B2011-1-17-3.jpg


    3回目 ほぼ完璧 完成度90%

    B2011-1-17-1.jpg

    といった感じでした。 しかし、皆さん冷静に考えてください。

    これはこれで、凄いことです。

    ただ単に青く光るLEDを通常の状態で、同じ実験をしても絶対に煙は浄化できません。・・・

    ただ、私が納得行かなかったことは、「なぜ3回の実験でこんなにバラツキが出たのか」ということでした。

    そこで、開発者に今回の実験内容を話し理由を聞いてみました。

    そこには主に2つの理由がありました。

    B2011-1-16-1.jpg


    理由1、
    ・このときは、青い光を与えているときの光っている電球のソケットや電源コードも超微細エネルギー加工していたから、全く同じ条件にはならない。


    理由2
    ・広瀬君自体がまだ完璧な、ニュータイプになっていない。つまりまだ進化の途中である。3年間この超微細エネルギーを扱ってきて、ある程度、細胞の進化を得る事が出来たのだが、まだ100%のレベルには至っていない。

    とういうことでした。ちなみに ニュータイプというのは、ガンダムシリーズ・アニメの中の例えです。

    ニュータイプ 定義
    一般に認識能力の拡大により人並み外れた直感力と洞察力を身につけ、並外れた動物的直感と空間認識能力を持ち、独特のサイコウェーブ(脳波)を発する。


    要するに開発者がいう事をわかりやすく説明すると

    超微細エネルギーを完璧に扱う為には、自分自身がある程度のレベルにならなければいけない。

    「でもそれって、本当に進化するの」と開発者に尋ねました。すると開発者は

    「このエネルギーに触れ続けて、さらに自分の意識を高めていこうと、常に思っているのならば可能なことだ。」

    とも言いました。「だって3回目で一番浄化できたということは、それだけ意識レベルが高まった、ということだよ。逆に言えば、このエネルギーで何も感じられない人は、一生感じられないはずだ。でもだからといって、その人にとっては、それが当たり前の意識レベルということなんだよ。」

    と、珍しく核心部分を話してくれました。・・・

    その時同時に 開発者に それって、本当の科学じゃないよね。 

    と尋ねました。 「うん。・・科学なんて。・・そうたいしたものじゃないんじゃない。大事だけどね」

    と言いました。

    結局超微細エネルギーは、半分科学で半分オカルトということです。

    その時開発者はこうも言いました。でもさ、もっと大事な事があるよ。 超微細エネルギーにとって本当に大切な事は、目に見えるものじゃない。目に見えないものを変化させる事だ。

    だから、タバコの煙なんか、本当は、たいした事じゃないんだよ。・・

    そう自信満々に言われてしまうと、私も返す言葉がなかったし、それが超微細の真髄だと改めて認識させられました。

    もしあなたが、同じ実験をしても、同じような結果にならないかもしれません。

    しかし、煙は浄化できなくても、もっと大事な部分はきっと浄化されているはずです。


    確かに考えてみたら、使い手の能力とPTB加工の能力が一致したとき最大限のパワーを発揮するのは


    ニュータイプとガンダムのようなものだな~」という話は妙に納得させらるものでした。


    ここからはアニメネタになってすみません。

    超微細エネルギーはある意味、サイコフレームの共振に近いのかもしれません。・・・

    逆襲のシャアの最後のシーンは サイコフレームの共振

    敵味方問わず「地球への落下を阻止する」という意識の統一を促し、数多のMSがアムロに同調して落下阻止に駆けつけた。その内に多くの人の意思を集めたサイコフレームは、驚異的な規模で光の虹を広げ、摩擦熱で熱暴走を起していたνガンダム以外のMSを振り払い、光の虹が地球を取り囲むほどの規模までに拡大すると、アクシズは奇跡的に軌道を変え、地球への落下は阻止された。


    所詮アニメの中の話ですが、今回の実験と少し似ているのかもしれません。


    02/20のツイートまとめ

    optimal_hirose

    今日はエンポケイベント。ひろさんまだ来ず。どうしたのかな?
    02-20 17:19

    2月20日 HWTイベント

    PTBビームの話は、もうちょっと先にさせてください。
    またさらにすごい事をなりそうな実験をしています。・・・・


    イベント情報

    2/20(日) 017:30 HWTイベント(マロ

    内容★ 1.NNF方式スピーカケーブルの試聴

    2.ベクトルを整える物をたまやスピーカに取り付けて試聴

    3.この世界での「生」の方向性を持つエネルギーが何故、右旋廻なのか?
    その考察と円偏光エネルギーライト

    皆様の参加をお待ちしています。


    2月26日(土) 17:30 A&R Lab 出川三郎 イベント


    も行います。


    皆さん絶対にエンポケに来てください。


    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク