FC2ブログ

    マスターCD-Rシリーズ The-Simple 彩花(iroha) その2

    本当はこのCD-R「The-Simple 彩花(iroha)」 は3月末ごろ発売予定でした。

    何せ録音したのは 12月末。まだ2009年が始まる前の話です。
    しかし、CD-R自体を新しくするといことで、1月半ずれたのです。

    去年の12月末 1発目の収録があるということでT-TOCスタジオに取材に行きました。

    それ以前は T-TOCスタジオ自体 世田谷にあったのですが、金野さんが「もっと静かな環境で録音したい」ということで、川崎の読売ランド近くにスタジオを引っ越したのです。

    ですから、新しいT-TOCスタジオで録音した最初の歌手が彩花(いろは)だったわけです。

    B2009-3-10-3.jpg

    今回ベースを担当した 三枝俊治さんです。

    B2009-3-10-1.jpg

    パーカッション  ラティール・シーB2009-3-10-2.jpg


    その日はあまり時間がなく2時間くらいしかいられなかったのですが、とても楽しい取材が出来ました。


    今では だいぶ模様替えをしてしまいましたが、その当時のスタジオ機材です。


    B2009-3-10-4.jpg

    手前に ゴールドCD-Rが見えますが、ここで「ゼロのひととき」などは等倍で焼かれているのです。

    B2009-3-10-5.jpg



    最後 ハイエンドショーでの彩花 サインをしている風景です。

    B2009-3-10-6.jpg

    とにかくこのThe-Simple 彩花(iroha)」はほんとにうに 


    音がよい

    ちょっと究極的だと思っています。

    B2009-3-10-7.jpg


    店長試聴

    又一段と音質が向上している。新型CD-Rや幾何学模様が関係していると思われる。電子楽器を使用していないアコーステックなサウンドであるから、よりいっそうそう感じるのであろう。

    ライナーノーツにも書かれているとおり、「コード楽器を(ギター,ピアノ...etc)を使わずに、ドラムさえもない中で歌うということは、逃げも隠れも出来ない素っ裸な状態。良くも悪くも全てが浮き彫りになってしまう」そんな状態の中で、彼女の歌声は、体の芯まで伝わってくる。とも美しいサウンドだと感じた。

    選曲について、
    スティービーワンダーのDon't You Worry Bout A Thingやカーペンターズの「I need To Be In Love」 などなじみの深い曲がJazz風にアレンジされている。「上を向いて歩こう」は完全アカペラ。彼女の実力がいかんなく発揮されている。それにしても選曲がバラバラなのがかえって面白い。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク