いきいき電源タップ by HWT

    HWTから、またまた怪しい製品が登場しました。

    その名も いきいき電源タップ

    説明はこんな感じです。

    「一見どこにでもあるごく普通の3口タップですが、いきいき電源タップはこれを繋ぐだけで使用される電気製品から発生する電磁波の質を改善する電源タップです。独自技術により、電気エネルギーの質を生物の生長方向に改善し、結果電気製品使用時に発生する電磁波ノイズを生物の生長を邪魔しない方向にすることに成功しました。」

    お使いになられた方からは、破壊的で荒々しい電気の波動が優しくなった、ドライヤーで髪を乾かすとしっとりする、電子レンジなどの電気調理器で調理した食品の味が良くなった・美味しくなった、などの報告をいただいています。※家電製品の電源を取っていただく時、延長コードだと線が邪魔になるのであえてこの形を採用しました。

    AC100V用差込み口:3口

    よく読むと、今までローカルで販売してきた製品とどっか被っているよう気はします。

    オーディオ革命 デジタルトランスポーター編 その6

    でもお伝えしました。 荒々しい電気

    というものは本当に存在すると思っていますし、実際いろいろな物が、電気そのものに影響を与えることは確かです。

    COP-20iというオペアンプ。 これは、電気の通るところに、放射性物質を入れているわけです。もちろん人体には影響のない微量なものですが、

    B2010-4-29-1.jpg

    そうすると、電気の質は確実に変わる

    だから、音も変わる。というわけです。


    今回のいきいき電源タップが、どのような方式で電気の質を変えているのかは、分かりませんが、この間のイベントで、とんでもない実験をして、その効果を実感したので ご報告申し上げます。

    まず エンゼルポケット史上初めて 電子レンジを持ち込んで、この電源タップを使用して ご飯の味が変化するかという実験を行いました。


    今回実験に使用した 電子レンジと真空パックご飯です。
    B2010-4-29-2.jpg


    1回目は ただ壁コンセントに挿すだけ。

    B2010-4-29-3.jpg

    2回めは、 いきいき電源タップ
    に繋いで、もう一つ別の、真空パックご飯を温めました。

    B2010-4-29-4.jpg

    温めた後です。

    B2010-4-29-5.jpg

    いよういよ試食開始。・・・

    B2010-4-29-6.jpg

    私も食べてみましたが 確かに味が違う

    いきいき電源タップを使わない方は、たまに食べるときの味でしかない。あと容器の匂いがきつい。

    いきいき電源タップを使った方は、いつも電気釜でお米を炊いた直後のような匂いがして、とてもみずみずしい感じがした。

    この会場に集まった方、全員が同じような意見であったので、かなりの確立で分かるはずだ。

    ちなみに、オーディオにも試してみた。もはや不思議とは思わず、音は変わった。とても まろやかで艶っぽく立体感が出ました。アポロとも少し違った感覚です。

    B2010-4-29-8.jpg

    -----------------------------------------------------------------------------

    後、もう一つの実験が、鎮石(しずめいし)に、アース線をつけて筐体に差し込んで、音が変わるかの実験です。

    B2010-4-29-7.jpg

    違いますね。

    特に上の写真のように、アンプの筐体に付けた時の、音の変化はすごい。

    持っている人は、ぜひ実験してみてください。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク