響 スピーカー終了。・・・

    皆様にご好評いただいた、響というスピーカーが生産中止となりました。

    お買い上げいただいたお客様には大変感謝いたします。

    下の写真は、一ノ関さんが最後に作った時の風景です。エンポケで販売しているスピーカーはすべて、彼の手作りとなります。

    B2011-1-15-2.jpg
    B2011-1-15-1.jpg

    私は今でもスピーカーに関する考えは一貫しています。それは

    どんな音楽でも最高の音を出せるスピーカーなど、この世には存在しない。

    ということです。

    結局スピーカーには得て不得手があるのだと思っています。

    ただ、より低音が出るスピーカーが値段が高くなっているだけなのです。

    あくまでも私の考えではありますが、多くのオーディオマニアはその辺のところを勘違いしていて

    高いスピーカー買ったから、

    どんな音でも良い音がする。
     と思っている人が多いですね。

    逆に言えば、私のような考えの人はむしろ少数派です。私はいままで、いろいろな人の家や、イベント会場でなどで、いろいろなスピーカーの音を聞いてきましたが、その時いつも考えていた事は


    このスピーカーには、どんな音楽が合うのか。・・・ということでした。

    今後、スピーカーの開発予定ですが、中型スピーカーを1台作ってみたいと考えています。

    実は、JAZZなんかは、「中型スピーカーが1番よい音がする。」と思っていたりします。やっぱり大型スピーカーはクラシックがよいと思っています。でもギター1本の弾き語りをする、フォークソングなんかは、かえって大型スピーカーで聴くと私には変な音に聞こえてしまうのです。

    そういうスピーカーでは音像が、アンパンマンみたになってしまうので、例え1千万するようなスピーカーでも、良い音だと思ったことはあまりありません。

    結局スピーカーを選ぶときは、どんなジャンルの曲が1番空きかを吟味して選ぶのが、1番よいのではないでしょうか。・・


    懐かしいですが、響きの説明文です。

    開発コンセプト
    女性ボーカルを最高の音質で聴きたい。
    スピーカーはいつも局所的その能力を発揮するものだと思っています。
    だから、この世で一番音の良いスピーカーなどは存在しません。それぞれに得意なジャンルがあり局所的に素晴らしい音をだしているだけなのです。
    森のスピーカー響(ひびき)は透き通った透明感のある女性ボーカルを聴くだけならば、例え数百万円のスピーカーにも引けはとりません。ただし、クラッシック フルオーケストラで比較されれば完敗です。
    毎週エンゼルポケットでイベントを行っている江川先生は「スピーカーユニットの口径は小さければ、小さいほどよい」といつも口癖のように言っていますが、それはある意味大正解なのです。ただし、あくまでも局所的です。

    ●小型スピーカーの良さ
    音像定位がはっきりしていて口が小さいこと
    得意分野・・アカペラ、小編成jazz、ヴァイオリンソナタ、JPOP、フォークソングなど

    ●大型スピーカーの良さ
    スケール感があり、20hz~20khzまでフラットに出ること
    得意分野・・Bigバンドjazz、フルオーケストラ・・・・

    要するにスピーカーに最高のものなど存在しない。いつもいつも局所的に最高の音が出るのであって、得意不得意がある。であるならば、「究極に絞り込んだスピーカーを開発してみたい」そんな思いからこのスピーカーを開発しました。
    もう既に多くのオーディオマニアの方は素晴らしいスピーカーをお持ちだと思いますので、究極のサブシステムスピーカーとしてお使いただければ、幸いです。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク