2011-02-27

    下のブログは私が 2011年 2月 27日に書いたブログです。

    2011-02-27(20:02)

    このブログを書いた12日後に、東日本大震災が起こりました。

    これ以降、日本では放射線に関する考え方ははすっかり変わったと思いす。


    私は本音が大好きですから、好きなように書きますと

    3月11日 以前  (放射線・放射性物質・原発)・・・・・無関心(どうでもいい)

    3月11日 以降  (放射線・放射性物質・原発)・・・・・超敏感(過剰なほどに)



    よく日本人は、「変化を好まない保守的な民族だ。・・・

    と言われますが、私はそれは間違っているのではないかと思っています。

    日本では 終戦(昭和20年)と共に「日米会話手帳」という本が大ヒットしています。推定360万部

    何故売れたのか、それには諸説様々ありますが、それまで

    鬼畜米英といって英会話は禁止され、野球のストライク、ボールまで日本語を使っていた日本人が、・・・ ええええ・・・・

    と思わざるを得ません。


    でも、それっていい事なんじゃないかと思っています。


    日本人はある事をきっかけ、それまでの考え方を180度変化させる事ができる。


    ただ、そのある事というものが、とてつもなく大きなこと

    でなくてはならないのだと感じています。

    そして何が変わったのかというと、意識が変わった。ということなのだと思います。

    そういう意味で考えると、人が生きていく上でもっとも大切なものは

    意識なのではないでしょうか。・・・・



    -----------------------

    最後にもう一度あの時のブログをここに掲載します。

    ただ今発売中の、機能性イオン・アンダー・シートについて、放射線測定をしましたので、ご報告申し上げます。

    私は、マイナスイオン系、つまり放射線を出す製品は、すべて測定しています。何故なら、放射線は使い方をあやまると危険なものだからです。

    まあ、オーディオや自動車系はある意味、どうでもいいと思っているのですが、こと健康となるとやはり いい加減な事は出来ません。

    なにせ、人の命にかかわる事なのですから。

    放射線測定は、ガイガー・カウンターで行いました。

    最初はただの何でもない、椅子の上において測定しました。


    0.161μSV/hr

    B2011-1-22-1.jpg

    え、0じゃないの

    と思う方もいるかもしれませんが、どんなところに置いたとしても、値が0になる事はありません。自然界には絶えず放射線があるのです。

    その次は、機能性イオン・アンダー・シートを測定しました。

    0.449μSV/hr

    B2011-1-22-2.jpg

    何もないときの、約4倍の数値です。

    ずいぶん少ないじゃないか」と思われるかもしれませんが、私はこのくらいでもいいんじゃないかと思っています。

    シートの場合は、8時間寝る仮定すると、例えわずかな値だとしても、

    結構な被爆量になるわけです。


    例えば、不治の病を治すと1年先まで予約でいっぱいな玉川温泉でも、実際の数値はかなり低いわけです。

    実際現地に行って 測定した写真がありますので ご覧ください。


    B2011-1-22-3.jpg
    B2011-1-22-4.jpg

    C地点 1.3μSV/hr 

    B2011-1-22-5.jpg

    D地点 1.45μSV/hr 

    B2011-1-22-6.jpg


    A地点というところで、測定したところでは、0.323 μSV/hr 

    だったりするわけです。結局測定するところでバラバラな訳です。

    日本で一番有名な玉川温泉でもこんな値なので、

    機能性イオン・アンダー・シート は測定的にはかなりいいとこいっていると思われます。
    放射線の量に関しては、国際的なガイドラインはまだ決まっていませんが、研究者や学者いうには

    年間 1mSV/hr 以下 と言われています。(ただ、私個人ではこの数値はいささか少なすぎるのかも。と思っています。・・・)

    ですから、イオン・アンダー・シート 0.44は1時間辺りの値ですか。1日8時間寝て、365日使用するとして


    0.44×8 ×365 = 1.28mSV/hr です。

    ただ、放射線被爆というのは、γ線の事をいいます。 ガイガー・カウンターは β線 α線、γ線、X線を全て一度に測定してしまうので、実際のγ線の量は この半分程度になると思われます。

    だから予想は、 0.64mSV/hrでしょう。・・・


    十分安全であるものだと自負しています。

    たぶん、オーディオ業界で放射線を語らせて私の右に出る人はいないと思いますが、左ならいるかもしれません。
    ・・・爆)


    今日はここまで 明日は温泉母岩の測定についてお話したいと思います。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク