New Air Dreamのエアーストーン きゅうきゅう様からの手紙

    1月28日 新年会のご案内

    1月28日の新年会は (16:30~) ささやかなオーディオイベントを行う予定です。

    ・New Air Deram(オーディオバージョン)の音の違い
    エアーストーンを使います。

    ・新素材を使った「画期的にCDの音をよくする方法」を行います。

    参加希望の方は、なるべくCDを持参してください。
    あなたのCDに魔法をかけてみせます。



    --------------------------------------------------------------------

    きゅうきゅう様から、New Air Dream エアーストーンの使用感想が届きました。

    ご掲載させていただきます。

    エアーバブルは画期的に音をよくします。

    Uさんと同じく、波動スピーカーは単なる偶然です。きゅきゅうさんの使用している、エアーポンプは決め細かく、エアーの量が調整できます。ですから、大変参考になりました。今回の試みは、オーディオの分野では数少ない「流体力学」というの名の科学だと思います。オーディオの技術は電気だけではないのです。新しい分野に挑戦してくれた、お客様に、感謝、感謝です・・・・。



    きゅうきゅうです。TB加工、れんげ工房ほかあっち系からこっち系までこれぞと思うものに
    チャレンジしています。良いものは良い!わからないものはわからない!
    さてNew Air Dream(以下NAD)についてはレビューメールや掲示板にも報告していますように
    エアーポンプをいろいろ試して、C8000という機種を使用。
    これにボリュームコントローラで騒音を抑えています。
    今回のエアストーンを使うにあたっても、C8000は強力でかつ低騒音ですので
    最も向いている選択だと思います。
    添付写真を見ながら試用報告をお読みください。

    B2012-1-22-1.jpg

    まずはメインスピーカーに使用。今までもオーディオルームで常にNADを最強にして使用しているので
    効果はどうだろうかと思いましたが、ヒロセ発見は凄いですね!
    スピーカー直下において数分で効果を発揮。
    NAD使用レポで書いた「上質なコンサートホールのような空気感と「ノリ」が確かにもたらされる」
    上にNAD+高田イオン+EMCの三乗効果である「聴覚がパーンと全開になる感じ」が
    出てきました。かつそこにある空気の存在感が実に滑らかで濃密。
    これは空気に働く効果がスピーカーの環境に大きく作用しているんでしょう。
    電気信号がコーン紙を揺らすという変換動作の環境。そこに介在する空気。そして空気を揺さぶることで
    伝わる音。NADは空気を変えるために圧力を利用していますが、音の向上には清浄化、最も重要なのは
    クラスター化なのでしょう。
    電気信号の変換を楽しむオーディオを、別レベルに高めた装置ですね。スピーカーに内蔵できませんか?

    写真にあるように私のスピーカーはエムズシステムMS1001。Uさんのシュエットと同じメーカーです。
    一台なので一個のエアストーンでもOKなのですが、折角なので左右のユニットの下にセッティング。
    やはりユニットの近くが効果最大です。おそらくイオン効果同様に、クラスター効果はすぐに消滅するものな
    のでしょうね。
    次に折角なのでサラウンドで。
    メインスピーカーとセンタースピーカーYAMAHAの間に一個。リアスピーカー台座にもう一個をセット。

    B2012-1-22-3.jpg


    および

    B2012-1-22-2.jpg


    これもあるなしで大きく変わります。サラウンドする=包まれる感覚が、世界に浮かぶ感覚に向上します。

    悩ましいのは、ホースが長いとエアが減衰すること。切り替えコックでバランスを調整できますから
    やってみると、柔軟に効果のバランスが変わります。
    LFEの前におく場合も、同様に敏感に効果が変化しますね。

    B2012-1-22-4.jpg


    のようにスタンドを利用して床にセッティング。リアスピーカー群LFEと機器ラック周辺を
    エアストーンでカバーすることが出来ました。
    スタンド?これは備前焼の壷。丁度口径がぴったり!

    C8000は吹き出し口が一個ですから二口ジョイントでNADに送っていますが、もう一台C8000を
    購入すればパワーも二倍にできます。しかし騒音も二倍…。超低騒音といえど悩ましいです。
    今も騒音取り回しとして


    B2012-1-22-5.jpg


    のように天地逆にして使っています。

    後は見栄えの良い仕上がりに向けていくこと。美しい機器は美しい音を奏でるわけではないですが、
    素敵なコンサートでは、美しいホールと演奏者の雰囲気が大切ですから。オーディオもそうです。
    できれば前述したようにスピーカーに内蔵したいですね。

    取り回しのいい方法を考えて、また報告しますね。

    TB&れんげ工房愛好家でテネモスファンのきゅうきゅうより


    本当にありがとうございました。

    いつも大変お世話になっております。



    B2011-8-25-1.jpg


    関連製品 

    New Air Dream(オーディオバージョン)



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク