プロタンディム Uさんからのお便り

    オプティマルライフ㈱ 広瀬です。

    プロタンディムの感想をUさんから頂きました。本当にありがとうございます。

    B2012-5-10-1.jpg

    この製品は、本当に気心が通じ合う人だけが購入してくれればよいと思っています。
    理由は
    健康でなければ好きなオーディオも
    できなくなるからです。


    男女にかかわらず40歳を過ぎるとガン検診を勧められます。
    理由は簡単です。

    ガンになるリスクが高まるからです。
    「心筋梗塞、アルツハイマー、2型糖尿病、脳梗塞、ガン」は老化と関係が深い病気です。

    いわゆる生活習慣病と呼ばれるものです。そこには活性酸素と深い関係があります。

    いかし、活性酸素は"ただひたすら消去すればよい”というものでもありません。
    それは、人間が本来もっている活性酸素防御システム(SOD、カタラーゼ、グルタチオン)が
    ちょうどよい割合で活性酸素を消去してくれているからです。

    しかし、人間は老化ともに活性酸素を除去する能力が低下します。
    下の映像をご覧下さい。




    そう考えると健康になる1番の方法は明確です。
    20歳の頃の細胞を取り戻すことなのです。

    1日体内で発生する活性酸素の量

    130,000,000,000,000,000,000,000/日

    抗酸化サプリメントでは1日約2tの量が必要とされています。


    注文していたオーディオ製品が入荷したとの電話を受け、オプティマルの
    お店に行きますと、店長が、プロタンデムの青い瓶を見せてくださいました。
    さっそくひと瓶、買いました。




    ぼくがこの製品に飛びつきましたのは、
    最初に店長が、この製品のことを紹介された、こちらのブログにありました
    http://ameblo.jp/mhk-2-1/day-20120714.html

    ・細胞年齢がたった30日で80歳→20歳 

    などの説明に、心惹かれた、と申しますか、

    【妄想】「これで若返れるぞ!\(≧▽≦)」【妄想】
    【妄想】「歳サバ読んで、女の子たぶらかすぞ!\(≧▽≦)」【妄想】

    などなどと
    言語に絶する あらぬ妄想 かきたてられたところもあったのですが、


    実はぼく。数年前に、肺に大きな病気をしてまして。
    それだけでなく、うまれてこのかた内に外に、いろいろございます中で、
    からだに何かと無理をさせてきてしまい、

    でも それでも からだはここまで がんばって来てくれましたものですから、

    「からだにイイこと してやりたい」「からだにイイ思い させてやりたい」

    この一念で飲みだしたのが、プロタンデムだったのであります。




    初めてプロタンデムを買いました日は、今夏の最も暑い頃。
    外出しても、家に居ても、暑気にへばり、ウンザリしてました。

    肺は回復したとは言え、いちじるしい暑さ寒さには、胸が詰まる思いがします。
    風邪ひきますと、やすやすと気管支炎に、肺炎までこじらせかねません。

    「しんどいなぁ」(×_×) と、顎(あご)を出しがち。
    何をするにも、気力が萎えて、なかなか始められません時期でした。


    そんな折に、プロタンデムを買いまして、ひとりぐらしの拙宅に戻り、
    採光がよい分、日差しの熱が夜になってもムンムンします
    拙宅の窓を開け、換気をしてから、

    休み休み、遅い夕食の支度をし、
    食後にプロタンデムを一錠飲み、入浴、就寝しました。


    翌朝。目が覚めますと、かなり夜更かししたはずなのに
    7時前に目が覚めています。

    洗濯をし、朝食を摂り、洗顔や身づくろいをし、
    気が付くと、8時過ぎ。

    (今日はいつになくスムーズに、ものごとがはかどるなぁ--)
    ふとそう思ったとき、気が付きました。

    「あっ、暑さを感じないんだ」




    そのうちに日が高くなり、室温は上がって来ました。
    だのに、暑さは気になりません。

    確かにです、前日と変わらぬ猛暑だ。今日も猛暑日だ。
    「35℃を超えました。熱中症にならないよう…」市の放送が聴こえて来ます。
    だのに、確かに気温は高いけど、でもそれほどに、しんどさは感じないのです。

    前日まで扇風機を左右から2台かけても(拙宅はエアコンは寝室にあるのみ)、
    あ゙ーー とへばっておりましたのに、
    この日から、暑さはさほどに気になりません。


    買物に、外に出ます。
    アスファルトの路面から、熱気が照り返し、喉元を締め付けます。
    「暑いなぁ--」確かに思います。でも、そこまで。

    昨日まで思ってた「ひえぇ~~」とか、「もう勘弁してくれよ」とか、
    顎が出るうんざり感が、感じられなくなっていた。

    酷暑に持ちこたえられている。
    暑くても自分自身を見失わない。音を上げない。
    堪(こら)え性が付いたと申しますか、集中力が身に付いてるのです。



    これがぼくの、プロタンデムのビフォー・アフター。その第一印象です。

    日は経(た)ったとは言え、病み上がりの身。
    からだが「ふるわない」。おぼつかなく、心細く感じていたのが、

    プロタンデム飲みましたら、この暑さにも「やっていける」。
    そんな気概(きがい)が湧きました。


    滋養強壮のサプリメントは、いくつか知っておりますが、
    このように「やってゆける」気持ちになれたサプリは、

    この先 生きてゆくことに
    “展望が拓(ひら)けた”気持ちにまで させてくれましたサプリは、

    --これが初めてです。


    このような思いになれたこと自体が、ぼくにとってはとても嬉しい。

    まだ若い、元気な方には、よく伝わらないかも知れませんが、
    容易ではない病気をされたことのある、そして今もされてらっしゃる方でしたら、

    このように思えることが、いかに大変な、大きなことか。
    お分かりいただけるかと思います。


    最近は、自分からやる気になって、進んで庭掃除や草取りをしています。
    暑さを避けながら、それでも暑いのにめげず、まいにち続けてます。
    暑くても、やる気になって、やれてます。そんな毎日 送っています。




    プロタンデムを紹介されたとき、その華々しいふれこみから、
    「このサプリで、ほんとうに“若さ”が取り戻せるなら
     どんな“若さ”が取り戻せるだろう?」って、考えました。

    このプロタンデムで取り戻せる“若さ”があるとすれば
    『どんなに「暑い」と思えても、その暑さに自分を見失わない、
     持ちこたえられる、堪(こら)えてゆけること』。

    ぼく的には、こうなります。

    つまりは--ちょっと強引な、ぼく的な解釈になりますが--

    『意のままにならない、容易でないことがあっても、投げやりにならず、
     自分自身を見失わず、“やってける”気持でいられること』。

    これこそが、ぼくがプロタンデム飲んで感じました、
    プロタンデムで取り戻せる【若さ】の現れでは--と思います。

    長文ご一読有り難うございました。



    プロタンディム←詳しい内容


    お問い合わせ
    114-0003
    東京都北区豊島」1-30-2-706
    TEL 03-6903-0740
    Fax 03-6903-0752
    メール ここクリック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク