オプティマル・エリア・ゼロ 予定調和が狂う。

    オプティマルライフ㈱ 広瀬です。

    オプティマル・エリア・ゼロが来てから
    私自身とオプティマルライフ㈱という会社自身が
    おかしいです。

    B2012-6-29-1.jpg

    具体的に言うと

    ・今まで起った事がない事態がどんどん起る
    ・今まで通常に起っていた事が起らなくなる。

    少し例をあげますと

    ・お店への電話の問い合わせがものすごく増えた。
    (それまでは、メールでの問い合わせの方が圧倒的に多かった)

    ・約2年以上売れていなかった商品が突然売れ始めた。
    ・私的な事ですが、十数年連絡を取っていなかった友人から突然連絡が来た。
     しかも、たいした用事でもないのに・・・。
    ・10年以上放置していた預金通帳が偶然見つかった

    その他にもいろいろあります。

    予定調和が狂う。

    ちなみに予定調和とは

    http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CD%BD%C4%EA%C4%B4%CF%C2

    哲学者ライプニッツが形而上学説モナド論?(モナドロジー)において提唱した考え方。

    ライプニッツのモナドは合成体ではなく究極の単純な実体であり窓を持たず相互に関係を持たず、
    自己独自の内的論理のみに従って変化する。そこでモナド相互があたかも関係を持って変化し、
    ひとつの同じ世界を「反映」しているのは何故かという問いが生まれる。
    これは同時にライプニッツのモナドが魂でもあることから、心身の並行関係の根拠への問いともなり、
    複数の主観が同一の現実を経験しているとみなせる根拠は何かという問いでもある。

    そこでライプニッツの答えは、神が、予め、個々のモナドが結果として一致して、
    ひとつの宇宙を反映するように、うまく初期状態を定めたからだ、ということであった。
    たとえば二つの異なるメカニズムの時計をそれぞれ同じ時刻に鳴るように仕組んだ場合、
    二つの時計の間に相互作用はないにもかかわらず、あたかも相互作用があるかのような一致が結果として生まれる。

    このモナドの相互調和、そしてそれによって反映される共通のひとつの宇宙が、
    可能世界のうちで「最善」の世界である。この反映される調和状態、
    宇宙が可能なうち「最善」の世界であるとされるのは、単に最も善いものを反映するように
    複数のすべてのモナドを強調させることは論理的に不可能であるかもしれないからだ。
    誰もがハッピーという状態は並存不可能だというのは明らかなところだろう。

    そこで、神は、すべてのモナドが共通して反映しうるすべての世界のうちで、
    最善のものを選んだのだ、とライプニッツは考えた。したがってこの「最善」
    はありうるうちでいちばんマシという意味だから、この世界は完全ハッピー
    な世界ということではなくて、世界はこの状態がいちばんマシなのだ、という意味である。

    この、予め神によってすべての孤立したモナドの間に仕組まれた調和が、元来の予定調和説である。

    これが転じて、小説やドラマなどの物語世界において決まった結末が定められ、
    物語がその結末へ向けて収束する事を予定調和と呼ぶようになったようだ。

    ミステリー小説においてはどのような形であれ事件は解決し、恋愛小説においては
    何らかの恋愛が成就する……というように多くの物語では一定の結末を迎える事が約束されており、
    何らかの予想可能な結末を迎える事になる。そのような意味から考えれば、
    物語は広い意味での予定調和の上に成り立っていると言えるだろう。


    ただし一般的には、時代劇において悪代官や腹黒商人が、民衆の味方である先の天下
    の副将軍や退屈な旗本によって懲らしめられるといった予め結末はわかっている物語において、
    その予定通りの結末が描かれる事を予定調和と呼ぶ事が多い。

    またゲームなどにおいては、どんな行動をとったかに関わらず一定の結末へ向かうよう
    なベクトルが定められているものを揶揄する表現として使われる場合もある。




    予定調和が狂うということは、"運命に変化が起った"という事では
    ないかと思います。

    運命が変われば未来が変わる!

    オプティマル・エリア・ゼロは、ある意味恐ろしい製品なのかもしれません。


    このエネルギーを開発者Y氏はこのように言っております。

    宇宙の始まりから今までの記憶を遺伝子情報として全部持っている。
    ただし構造が変われば変化する前の情報は封印され、新しい構造体としての生命の
    遺伝子情報が営みをはじめる。

    その遺伝子機能を活性化させるには、過去の構造体としての機能、すなわち過去の全ての
    封印されたしまった情報を復活させればよい。その過去の記憶情報は、有だけでなく無の領域、
    さらには無の誕生以前にまで遡れば、さらにその情報機能が遺伝子情報として出現する。

    人ならば眠っていた遺伝子情報が動き出し、存在を示すという生命の基本から始まり、
    眠っていた才能の分野までが動き出してくる。

    それは運が良くなったり、個別の才能が使いこなせたり、肉体的な動きとしても、
    病気が治ったり、運動機能が高まったりする動きとして出現する。

    精神的にも、本来あるべき自由で柔軟な生き方が可能となる。)

    エネルギーとは、全てが生きていく(自然の中で存在を示す)ための原動力で、
    活動の源として体内に保持する力のことです。

    SEINARU ENERGYで囲まれた空間はこのエネルギーで満たされた、機能を持った空間となります。

    人はその空間の中では脳も心も身体の機能が高まります。

    理解力や判断力、集中力や精神的安定、ひらめき、独創性などの個性、
    個人能力(脳力)を飛躍的に高めることができます。

    同様に感性、感覚なども磨き育て、身体の機能も高まります。

    これがSEINARU ENERGYの効果です。




    ------------------------------------------------------------------------

    ■オプティマルライフ お店情報■

    オプティマル・エリア・ゼロ
    こちらからご覧いただけます。

    JR、地下鉄南北線 (王子駅から徒歩6~7分)です。

    【電話】 03-6903-0740

    住所東京都北区豊島1-30-2 ・706


    営業時間 14:00~18:30分

    メールマガジン御登録 → ここクリック

    休日 日曜日・祝日(ゴールデンウイークは特別カレンダー)

    http://optimal-life.jp/

     







    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク