GIG-包丁(ステンレス)発売開始!

    オプティマルライフ㈱ 広瀬です

    GIG-包丁(ステンレス)を発売します。

    初回 10様限定です。

    B2013-2-19-1.jpg

    今回の処理から、あらたな処理

    プラズマ加工(活電装置最高準位の5連結によるプラズマ誘電処理)

    が加わりました。

    写真はお見せできないそうですが、処理をしているときに手を近くに持っていくと
    しびれるそうです。

    K社Y氏いわく

    プラズマ加工は傷も付かずに処理できます。
    ダイヤモンドネックレスの処理を頼まれて
    編み出しました。



    以前もお話しましたが

    K社のY氏は、新しい技術「物性変換処理」をあみだし、一番応用したものは包丁だったのです。


    この包丁を使って料理をすると

    通常では考えられないほど味覚が変化するという話です。

    某有名ホテルの総料理長だったA氏
    調理師の資格を持っている、料理名人の主婦

    などに実際に調理をしてもらったところ

    ・ねぎを切ったら甘くなる
    ・肉を切って料理するとうまみが増す
    ・にんじんを切ると、柿のように甘くなる

    などの評価をただいているそうです。

    特に野菜を切ると、えぐ味が無くなると評判のようです。

    えぐ味とは


    野菜の中に含まれているアクで、飲用時の苦みと飲用後の舌の荒れを感じるような好ましくない味のこと。苦味とは異なる。




    GIG処理
    プラズマ処理 

    W効果の包丁は恐ろしいことになっているとのお話です。

    あともう1つ、この包丁を発売した真の目的は
    下記のような意味合いがあります。



    健康を維持し高めるために
    身体内には健康を維持するための仕組みがあります。

    身体に必要なのは
    もちろん栄養ですがその栄養だけではないエネルギーが必要なのです。

    それは一体何?と問いかけたとき
    自然の中にエネルギーの連鎖システムがあり
    その中で私達は活かされている。

    そして
    食品が持っているエネルギーが
    私たちの健康の鍵であることです。

    栄養素がなければ生きていくことはできません。
    しかし栄養素にエネルギーがなければ
    その栄養素そのものが機能しないのです。

    その栄養素を食しても
    決して健康度を高めることもできないのです。

    もちろん空腹だけは満たすことはできますが・・・。

    今現在流通している食品が
    身体のエネルギーを高めることができる
    エネルギーで満たされているのではありません。

    むしろ身体のエネルギーを低下させてしまう
    食品がたくさん流通しているのです。

    その食品を食すれば当然エネルギーは低下します。

    生産から加工流通消費に至るまでに
    エネルギーの劣化をさせてしまうものもあります。

    生鮮野菜でも生産した時から充分なエネルギーを
    持っていないものもあります。

    加工途中でエネルギーを劣化させてしまう食品もあります。

    人は必ず終わりの日が来ますが
    エネルギーが充分ならば
    少しでも健康で生きていけるはずです。

    どんな食品もエネルギーは
    私たちを健康に誘導できる栄養素と同時に
    エネルギーを持っている食品であって欲しいものです。

    エネルギーという言葉を使うとき

    それは


    エネルギーとは、
    全てが生きていく(自然の中で存在を示す)ための原動力で、
    活動の源として体内に保持する力のことです。


    このエネルギーです。

    全ての飲食物、口にする食品が
    このエネルギーで満たされていれば
    私たちの健康度は高まります。



    包丁は毎日使うものです。

    GIG-包丁(ステンレス)を使用すると

    おいしい料理
    エネルギーの高い食事

    を両方いっぺんにとることが出来ます。

    GIG-包丁(ステンレス)


    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク