タクナンスティックはすごかった!

    オプティマルライフ㈱ 広瀬です。

    昨日のイベントを行ないました。
    お集まりいただいたお客様には、大変感謝申し上げます。

    昨日のイベントで、新しい発見がありました。

    1 2本ではさむより、4本で囲う方がさらに音が洗練される
    2 4本で囲って、ポテトチップスを入れると味がまろやかになる  
    3 部屋に使用すると、空間のステージが広がり、より開放的な音になる

    やっぱり4本ですね。

    B2013-2-25-1.jpg

    私にイメージでは、タクナンスティックを使用すると急に
    季節が変わる感じがします。

    春の陽気で、小鳥がさえずりポカポカしている

    明るくて健康的な音になる!! そういう良さがあります。
    特に女性ボーカルは、その違いが顕著にわかる。

    おもしろい現象です。




    早速nakano210さんが掲示板に書いてくれてくれました。


    確かに激変でした。
    特に某社の結界系の棒との比較は面白かったです。
    某社の製品も良いものだとは思うのですが(私も持っています、
    フェラーリレッドの箱の方も)
    タクナンスティックでの変化と比べてしまうと・・・・・
    タクナンスティックが本当のハイビジョンだとすれば某社の棒はアップコンバート
    した映像というか色調を調整して
    コントラストでハイビジョンぽく見せているという感じの変化だと思いました。

    某社の棒を使うと確かに音は良くなるが消える音もあるという〇〇さん
    (忘れちゃいました)の指摘は正ににその通りだと思いました。
    また、2本使いと4本使いの実験も面白かったです。
    4本使いの実験では部屋を囲った場合とプレイヤーを囲った場合の違いが面白かったです。
    特にジャズの曲での違いが個人的には面白かったです。

    私が感じたのは部屋を囲った場合は音がセンターラインに集まり更に自分の意識?
    もそれ(音)に引っ張られるというか吸い込まれるというような感じであの曲を
    聴くなら部屋を囲むのは個人的にはNGかなと思いました。

    もう一曲(ジャズではない)の方はセンターラインに集まるのは同じでもそこから
    逆に広がる感じ(意識?が音に引っ張られる感じは無かった)だったので部屋を囲う
    場合は曲によって受ける感じが変化するのではないでしょうか?

    (吸引系の曲とか放出系の曲とか生の方向の曲とか死の方向曲とか色々あって
    その違いをより感じる or より曲の影響(効果)を受けるのには良いかもです)
    プレイヤーを囲った場合は囲った空間に音が集まって更に解像度がアップする
    (囲った空間がより高性能なスピーカーになる)という感じでした。

    今回の実験ではプレイヤーの四方を囲みましたが更にプラス上下も囲ってみるのも良いかもです。
    若しくは5本使いで左右と上下と後ろを囲うという使い方も良いかもです。
    というのも2本使いで前後を囲った場合と4本使いで四方を囲った場合、
    音の濃さというかパワーが段違いだと感じたからです。

    2本使い(前後)と4本使いを比べると、2本使いも4本使いと同様に音は集まる?
    のですが左右には漏れている感じだった(それが広がりに感じられてそれはそれで良かった)
    のですが4本使いは囲った空間に音が集まる&空間が振動(爆発?)
    して音を周りに放射するような感じでした。

    特にホテルカリフォルニアの低音でそれを強く感じました。
    ただ今思い返すと上下には漏れていたかも?と思えます。
    なので5本使い or 6本使いがベストなのでは?と考えています。
    4本使いにするため帰宅直後に即行追加で一個注文しましたが感想
    (あくまで私の個人的な感想と考えです)
    をまとめ終えた今現在は更にもう一個注文するかどうか悩んでいます(笑)

    P.S. 何か気が付いたら更にもう一個ポチッてました(笑)
       現時点だとタイムセール価格は残り4個です。

     



    タクナンスティック

    残り4個

    来週は、愛用者は100万人、2億○× 売れているという、
    究極の健康グッズを発売する予定です。

    お楽しみに!!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク