エアコンリフレッシャーの注目すべき点

    オプティマルライフ㈱ 広瀬です。

    「エアコンリフレッシャーは、すごい製品だ」
    という話題をこのブログで紹介しました。

    ただ、光触媒(酸化チタン)入りのスプレーというものは今までに
    発売されているのも事実です。

    現にお客様から

    そんなの結構あるけど何がそんなに違うの?

    という質問を受けました。

    そこで私は悩みました。この点をどのようにお客様にお伝えしたらよいかという点であります。

    1つ言わせていただければ

    この製品は、プロが使用する製品だということです。
    ヒューマンネットワークの大須賀さんは、食品工場などこのスプレーを大量に納品しているのです。

    そして、この製品が素晴らしい点は

    酸化チタンとアパタイトの複合素材

    という事です。酸化チタンは固形物です。その酸化チタンをナノレベルまで細かくして
    高分子アパタイトで包み込みました。

    「何故そんなことをするのか」と申しますと「酸化チタンは強力な
    活性酸素を発生させ素材をボロボロにしてしまう」という性質があるからです。

    しかし、アパタイトで酸化チタンを包んでしまうとそのような弊害が起りません。

    私の言うことが理解できないという方は下のアドレスで
    ご確認ください。


    光触媒消臭(二酸化チタン+アパタイト)

    富士通やダイキンといった大手企業でもこのような技術は取り入れられています。

    ここからが本題です。

    今までのものと違う特徴

    紫外線から可視光線域まで広範囲に反応

    通常の酸化チタンは、波長が390nm以下の紫外光でしか反応しません。
    戸外では太陽光が利用でき、日陰でも十分な紫外光量が得られるので光触媒の効果は顕著です。

    しかし、室内では窓から入る太陽光を除けば、蛍光灯のわずかな紫外光しかありません。
    カバーでも紫外光量は著しく減り、白熱電球では紫外光はまったく出ていません。


    というわけで、このエアコリフレッシャーはすごく可能性を秘めた製品だと思っています。

    最後に 光触媒スプレーに関するいろいろなHPのアドレスをリンクしておきます。


    光触媒技術 光触媒技術 : 富士通研究所 - 富士通 - Fujitsu 

    光触媒アパタイト | 化学製品 | 太平化学産業株式会社

    世界初の実用化!「光触媒チタンアパタイト」フィルター ... - ダイキン工業

    B2013-5-20-1.jpg


    -----------------------------------------------------------------------------


    エアコンリフレッシャー モニター販売

    発売中

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク