GIG・文鎮【怒りの封印】キラキラバージョン

    オプティマルライフ㈱ 広瀬です。

    画期的な新商品を発売予定です。

    GIG・文鎮【怒りの封印】キラキラバージョン
    という商品です。

    人は、喜怒哀楽とういう感情を持っています。

    喜、楽という感情は、前向きで明るく楽しいイメージですが
    怒、哀はとても後ろ向きで、暗いイメージだと思います。

    でも人生は、「楽しく、嬉しい」そんな薔薇色なことが続くわけではありません。

    生きていれば必ず、怒、哀は付きまとってくるものです。

    燃え滾るような   怒り
    どん底に震える   哀しみ
      

    こんな状況になったとき、とても役に立つであろうと思えるものが、この
    GIG・文鎮(怒りの封印)キラキラバージョンです。

    特に怒りに対して、「その怒りを封印して浄化する」という事に重点を置いた製品です


    K社Y氏によれば、さまざまなメモリーの中で

    最も難しいメモリーである。

    とおっしゃっていました。

    下の写真が GIG・文鎮・キラキラです。
    B2013-5-28-1.jpg


    それには、もう1つ役立つものがあります。

    GIG音叉です。

    B2013-5-22-1.jpg


    それでは、使用方法を

    1 A4コピー用紙の上の4隅にGIG・文鎮キラキラバージョンを置く        (大きさは、メモ用紙、A4、B5、B4でもかまいません)

    2 その用紙に、現状、「怒り、不満」があることを書きだす。

    3 書き終わって10分以上経過してから、その紙の上でGIG・音叉で音を鳴らす

    4 その後、はさみや手で細かく切って紙を捨てる。



    使用上の注意

    ・怒りを紙に書いて浄化した後は、前向きによい方向に物事を考える

    あくまで、この動作は、心の中にある 怒りや哀しみを、自分自身で紙に書いて
    その怒りの感情を対外に放出させる事が目的です。

    その怒りの感情を、GIG・文鎮キラキラが周りに放出しないように
    封印して、GIG・音叉で浄化するというものです。

    GIG・音叉を持っていない方は、そのままはさみや手で粉々にしていただいてもかまいません。


    この製品は、性質上、モニター募集は行いません。

    この製品の真の目的

    怒りや哀しみは、誰しも沸き起こってくる感情ですが、それを怨念にしないために、封印し浄化すること が大切である。

    キレイ事で、「人生は不平不満を言わない事が大事」などと、語っている書籍はたくさんあります。
    またそれを説いている人もたくさんいます。

    でも実は、そういうことを説いている人ほど、欲求不満の塊だったりする事は
    たくさんあるのです。

    怒りなんて、心に溜め込むことが一番無駄

    吐き出して、封印して、浄化する

    世の中は、不条理なことがたくさんあります。

    ・人種差別
    ・階級社会(貧困、格差社会、既得権益)
    ・戦争
    ・自然災害
    ・生い立ちの運命
    ・いじめ
    ・パワハラ(ブラック企業)

    その不条理から、発生する怒りを無にできれば、真の世界平和は訪れると信じていますが
    私ごときが、そんな大それた事はできません。

    だから、もっとおき楽に考えて

    何故、俺ばかりが今日も残業しなきゃいけないんだ・
    ふざけるな、○×上司め・・・。


    と書き出し、ちょっとスッキリして明日も元気に働いてください・・・。

    近日中に発売する予定です。

    -------------------------------------------------------------------
    最新情報・・・。

    GIG・7(北斗七星)キラキラバージョンはあと残り2枚
    となりました。売切れ次第一旦販売を中止します。



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク