心の謎(意識と魂の違い)

    オプティマルライフ㈱ 広瀬です。

    オプティマルライフ公式FACEBOOK

    https://www.facebook.com/optimallife.H
    「いいね」の数が266を突破しました。
    皆さん応援ありがとうございます。(ただ、たいした事ないかもしれないけど・・・。微細企業です・・。笑)


    今日は、意識と魂の違いについてお話します。

    K社のY氏の凄いところは、世の中のあらゆる事象を

    原理的側面から追求しているところです。

    あるとき電話していてこのような話になりました。

    「やっぱり心ってあいまいですよね。40年以上も生きていると、何処までが意識で
    何処までが無意識かよくわからなくなることがあります」

    そうするとK社のY氏が
    「そうですね。私の分析では、心というものは、意識と魂の葛藤で常に動いているものです」

    と言いました。「それは、鋭い分析だ」と思いました。

    わかりやすく説明すると

    意識=ある程度自分でコントロールできるもの

    魂=コントロールがなかなか難しいもの


    となります。

    GIG文鎮(怒りの封印)を開発したときのエピソードです。


    例えば

    本当に悲しくて、悲しくて、涙が溢れ出しそうなときに、自分の意識で涙を止める事はできるのか。

    この場合は、「涙を流す」が魂の部分で、それを抑えようとする行為が「自分の意識」となります。

    確かに、人は、怒り、悲しみ、喜び、悲しみ を意識でコントロールする事は
    じつは難しい事なんですね。

    だから、K社のY氏は、人の意識よりも、そこに存在する魂に、何かしらのエネルギーを与えて
    コントロールしようとしているのです。

    確かに、怒りや悲みをコントロールすることはなかなか難しいこと事だと思います。
    ただ、魂というものは、「喜怒哀楽」ということだけではないようです。

    例えば、「人を好きになる」行為

    これも、意識では止められないですね。
    NHKの朝ドラ「あまちゃん」というドラマで、

    「おら、ドキドキがとまんねぇ」
    というタイトルがありましたが、

    あのドキドキというのは、間違いなく魂の表れです。

    「おら、悲しみがとまらねぇ」これも間違いなく魂ですね。
    意識で止められないのであれば、わざわざ「とまらねぇ」という表現は使いません。

    あのドラマのタイトルは、ほとんど、「魂のさけび」で
    できています。だから人の心にストレートに入ってくるんでしょうね・・・。

    (宮藤 官九郎という人物は、まれに見る天才的才能を持つ放送作家だと私は思っています。)

    心というものは、意識と魂の葛藤そのものです。

    だから、「あいまい」だと思います


    それでは、GIG文鎮を使用するとき、何故紙に書くのがよいのでしょうか?

    紙に書くという行為が涙そのものだからです。

    B2013-5-29-1.jpg

    人は涙を流すとスッキリするものです。
    つまり、泣くという行為がそのものが、魂をコントロールできるのです。

    実は、魂をコントロールする行為は女性が1枚も2枚も上手です。

    女はうまく涙を流して、心をコントロールをするからです。

    でも男は苦手です。小さいころから、「男のクセに泣くんじゃない」と言われ続けて
    いますから。

    また、人間の不思議な習性として、嘘泣きを嫌います。

    あれは、人の本能からくるようで、嘘泣きというのは、の本質を見抜いているのでしょう

    下は総務省の統計です

    男女別の自殺者数の構成比の推移をみると、自殺者数が急増した平成10年には、
    男性の占める割合が初めて7割を超えて70.0%となり、以後、22年の70.3%まで男性が
    7割を超える状態が続いている。



    圧倒的に男は、魂のコントロールができない。同じ人なのに
    こうも統計に差が出るというのは、本当に同じ生き物?

    そういう意味では、GIG文鎮は男性向きの製品かもしれません、

    だったら、こういう道具に頼ってみるのもいいじゃないか

    そういう意味でGIG文鎮は開発されたのです。
    でも男は、「顔で笑って、心でなく」という古風な風習が多少は残っていると思います。
    本当は、あれはあれで、美しい美学なんだと思っています。

    ただ、「魂のまま生きる」というものも非常に危険な生き方です。
    頭に来たから、「人を殴るとか、罵声を浴びせるとか」やっぱりそういう部分は
    意識でコントロールしないといけません。


    それでは、今度発売された

    出会いのカード・七福神

    どのような原理で開発されたものなのでしょう?

    実は、この製品は、意図的に 意識を意図して製作した製品なのです。

    ただ、K社のY氏により

    よほど強力なエネルギー出なければ、人の意識を変える事は不可能

    と断言しています。

    それではどうすればいいのか
    下の文章にヒントが隠されています。


    ・所有者の人生にプラスになる(良い人)との出会いのためには

    所有者の周囲の物体及び物質、空間の全て味方に付け、応援する。

    それが、人とは限りません。

    この世の物質全てを、味方につけるようなエネルギーの封入です。

    これ以上は、すみません。

    B2013-6-21-1.jpg


    ---------------------------------------------
    予告

    ついに、星のたからばこ 新製品登場
    「声の・・・・。」発売開始直前・・・・。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク