和の秘湯2+お風呂用・備長炭 モニターレポート

    オプティマルライフ株式会社 広瀬です。

    和の秘湯2+お風呂用・備長炭の感想が届きましたので
    掲載させていただきます。

    B2014-4-15-1.jpg

     三重県 Yさま

    和の秘湯2+お風呂用・備長炭 モニターレポート

    まず最初に感じたことは、お湯が『柔らかい』とおもったこと。
    『柔らかい』とはおかしな表現ですが、普通のお湯とはおもえない不思議な感覚でした。

    このお湯に浸かっていると、深呼吸がとてもしやすくなります。疲れが取れるとかリラックスする
    というよりも、『ニュートラル』の状態に意識や身体が正常に戻っていくようです。

    そのためか、仕事や通勤の後の入浴は、とても清々しくなるのですが、休日ではあまり効果を感じ
    ませんでした。

    このお湯に入り続けていると、身体の動きがゆっくりとなっていきます。そうなると仕事も車の運転
    も落ち着いてできるようになり、楽になりすこぶる気分がよくなります。逆に、気が荒れたり騒がしい
    人や車がはっきりとわかってしまいますので、ソイツらをどうやってかわそうか毎日一苦労ですが。

    入浴するだけ、メンドクサイ気功や呼吸法以上の効果があるのは、ホントズルイですね。



    あとがき

    昨日のダイエットの話で、超微細エネルギーの開発者から厳しいメールが来ました。

    「私は特に食事制限していないにもかかわらず、2週間使い続けて、1.5kgほど体重が落ちました。」

    という部分です。
    しかし、ここにはまだお話していない部分がありました。正直にお話させていただきます。

    これを使い続けると「何故かお腹がすかない」状態になります。
    それまではご飯茶碗1杯やや多めが、ご飯軽く1杯ぐらいでちょうどよくなります。

    超微細エネルギーの開発者は、「それならまだ理解できる」と言っていました。
    ただし、本気で食事制限をしている人が、いきなり、「22世紀の育毛・消臭液」を使用すると
    かえってお腹がすいて、余計に食べてしまい太る可能性があるそうです。

    その時1度リセットして、体を慣らし、もう一度食事制限をすると面白いように体脂肪から減っていくと
    いうことのようです。

    後もう1つ重要なことをお伝えします。

    22世紀の育毛・消臭液で一番重要な部分は、「菌が栄養素を分解するときに出す
    代謝物が体に対してどう影響するのか
    」ということです。彼は ヨーグルトR-1と比較して、
    詳しい話をしてくれましたが、あまりにも難しい話なので、ここでは割愛させていただきます。

    超微細エネルギーの開発者は、現在 「22世紀の育毛・消臭液」の再現実験のために
    研究室にこもって、顕微鏡で菌とにらめっこしています。

    地味な作業だよ」といっていましたが、再現実験は科学においては非常に重要な部分です。
    ここまで書けば、私が「22世紀の育毛・消臭液」をどのように使用しているのか分かると思います。

    「ただ、ネットに書く勇気がない。」・・・・・申し訳ございません。

    人間の腸には、約100兆個の腸内細菌は存在すると言われています。
    その腸内細菌をコントロールしてバランスを変化させれば、どのようなっことが起こるのか
    想像してみてください。開発者はそのことを「菌の共生」と言っています。

    超微細エネルギーが体に及ぼす影響は「外部からではなく、内部からジワジワ」というところにあります。

    -------------------------------------------------------------------------------------

    和の秘湯2 

    お風呂用・紀州備長炭(PTB加工)

    22世紀の育毛・消臭液


    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク