超氣仙骨  お客様感想・・・・・ 続き

    新製品情報

    「絵を見ながら音楽を聴くと48通りのメッセージが見えるCD」を近日中に発売予定です。

    これからの時代、リーダーに
    求められる、「未来を見通す能力開発」ができるCDです。

    映画の「ダヴィンチ・コードやインディージョーン」を連想させる面白いCDです。

    ---------------------------------------------------------------------

    オプティマルライフ株式会社 広瀬です。

    昨日の続きとなります。

    B2014-4-12-1.jpg


     関東地方 Kさま

    超氣仙骨を音楽を聴く部屋のドアや、おうちのドアに貼ったときの
    ステレオの音の変化をみますレポート。そのつづきです。

    どうやら、音楽ソフトごとに、そのつくり手が音づくりで狙いました
    録音の持ち味、“聴かせどころ”を、よい形に強調するらしい超氣仙骨。

    持ち込みました三枚目のCDは--


    【三枚目:きゃりーぱみゅぱみゅ『もったいないとらんど』】
     昨年の11月に発売されたCDです。

    いきなり、アコースティックなアナログな楽器での録音から、
    シンセサイザーのいかにもデジタルな、つくり込んだ録音に、
    ソフトが変わります。

     オプティマルのお店の試聴機のような、高額な機種を揃えたり
     音質改善に意をそそいだステレオですと、きゃりぱみゅや
     ヴォ―カロイドさんや、今どきの声優さんの歌うようなポップスは、
     聴いてると耳がきつくなることが多かったりします。

     これはポップスが、ポップスをよく聴くひとの聴き方に
     あわせて音づくりしてあるため。

     ポップス聴くひとが、好きなアーティストを聴くときによく使う、
     iphoneやipod,PCや、それらから聴くときのイヤホンやスピーカーは、
     オプティマルの試聴機ほどには、低い音・高い音はよく聴こえません。

     そこでつくり手は、低い音や高い音に弱い再生装置やイヤホン、
     スピーカーでも音楽がよく聴こえるよう、
     特にポピュラーミュージックについては、低い音・高い音を強めに
     録音するのです。

    話を戻しまして、さっそくビフォーを聴きます。

    オプティマルの玄関ドアから超氣仙骨をはずして、
    まずはビフォーの状態で再生しますと--

    さすがにポップスの音づくり。低い音・高い音の強調された、
    いわゆる“ドンシャリ”調で強く鳴ります。お店のスピーカーでは
    きつめだけれども、まだ聴ける。聴いて耐えられる範囲です。


    そしてアフター。超氣仙骨をまた貼りまして、また再生しますと、
    あぁ、まただ!!!!!
    また、ボリューム上げてないのに、音が大きくなりました!!!

    そして。
    さっきも強かった、低い音・高い音が、ますます強くなりました!!!

    今度はオプティマルのスピーカーでは、耳にきつい。障りますので
    再生を止めちゃったほどでした(><)。


    でもね。日頃使い慣れたiphoneやipod,PCなどから聴きなれたイヤホンや
    スピーカーで、聞き慣れたアーティストを聴いて、耳に聴こえる重低音や
    高音が、クールだったりスタイリッシュだったりポップだったり、
    お洒落にかっこよく聴こえるのでしたら、

    そのクールさやスタイリッシュさポップさ、お洒落さやかっこよさが
    ますますハジケて、ますます《イイ感じ》になるのではと思います。
    その点でね、ポップスにもイケますよコレ。

    きゃりぱみゅの音づくりに携わった方からすれば、音づくりの狙いどおりに、
    音がますますよく出てくれる。「願ったりかなったり」となるのでは
    ないでしょうか。


    【ボリューム回さなくても音が大きくなる】

    超氣仙骨は、部屋のドアやおうちのドアに貼るもので、
    ステレオの装置やスピーカーにセットしたりするものではありませんが、

    使いますと、音楽ソフトそれぞれの、その持ち味の聴こえ方が、
    ますますよりよく聴こえて来る。
    ポップスもポップスなりの「イケてる」音に変えちゃいます。

    そして、どの音楽のジャンルにも関係なく、超氣仙骨を使いますと、
    ボリュームを上げてないのに、音が大きく聴こえだします。


    実はこのとき、音が大きく聴こえだすのと同時に、周りの空気が、
    もともと静かであっても、ますます静かになる感じもします。

    たとえれば、散らかった部屋でステレオを聴いていたのが、
    部屋をきれいに片付けますと、音がよく聴こえだすような……

    『のだめカンタービレ』の原作のマンガの第一巻第一話で、
    のだめの散らかりまくったピアノ部屋を、千秋先輩がきれいにしたら、
    ピアノがきれいに鳴りだした。ああいう感じです。


    でもですよ--いま誤解を招くような書き方したけれども、
    もともとキレイなんです、オプティマルのお店って。

    今あそこは社業発展していて、こないだ社員を雇ったけど
    この新入社員がとても優秀で、お店ピカピカにしてるんだから。

    そんなピカピカのお店でさえ、このような変化が起きるのですから、
    ステレオの装置やスピーカーに貼るのではなく、家のドアにセットします、
    この超氣仙骨--

    “家屋というモノの正気パワーや霊格を高めようとします。
    これによって結界的な機能が生まれ”ますとおっしゃいますのは、
    ひとつには、こういうことなのでありましょう。

    車での使用も、どうなるかとても楽しみです。

    ご一読ありがとうございました。

    (終り)



    超氣仙骨

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク