サイクルを調整できる新商品を近日発売!

    オプティマルライフ株式会社 広瀬です。

    人生にはサイクルがあります

    何をやってもうまく行く時があれば、
    何をやってもうまく行かないいときがある。

    これは、自分自身の実力だけではどうしようもない

    運の波←周期の問題です。
    あるいは、バイオリズムともいいます。

    人生で成功を収めている人の多くが
    無意識のうちにこのサイクルをうまく活用しています。

    また人生経験が豊富になると、この運の波が感覚で捕らえられるようになります。
    人生経験豊富な社長さんは、この運の波をとても大切にしています。

    それが、攻め時と引き際の判断です。

    人は実力だけがすべてではない。 

    たとえどんなに優秀な人でも、やることなすことすべて
    うまく行く時期もあれば、すべて裏目に出る時期もある。



    人だけに限らず、自然界、野生動物、地球、宇宙、すべてが
    サイクルの法則で成り立っています。

    1920年代のウォール街で巨万の富を得たジョン・F・ケネディの父ジョセフ・P・ケネディ は、
    1929年の大暴落のとき、暴落を予期して直前にほとんどの株を売り払っていたそうです。

    株も人生もよいときばかりが続くわけではありません。
    見極めが重要です。

    今回は発売する、新製品は「サイクル」を調整して0にしようとする働きがあります。

    つまり“一度リセットする”ということです。

    あともう1つ機能があるのですが、それは
    見えない残存エネルギーを消去することが出来る。

    例えば
    キャリーパミュパみゅを聴いたあと中島みゆきを聴くと

    「どうもいつもと音が違うな~」

    と思うことはありませんか?【極端な例ですが・・・。】

    いくらCDの音といっても、音を再生するにはエネルギーを消費します。

    そのエネルギーに情報エネルギーが憑依(ひょうい)すると、
    空間の磁場エネルギーは歪みます。又スピーカーの磁場エネルギーも歪みます。

    この情報エネルギーの歪みを解消しないと、どんなに素晴らしい
    オーディオ装置でも歪んだ音しかでません。


    今度発売する新製品は、そういうものをリセットする働きがあります。

    今オーディオで使用しているのですが、
    ものすごい効果を発揮しています。

    その名をミラクルスティックといいます。


    B2015-34-1.jpg


    使い方は凄く簡単です。

    抑えたい(沈ませる)時は反時計回りに円を描いて、「ポン」と対象物を1回叩きます。
    浮上させたい時は時計回りに円を描いて、「ポン」と対象物を1回叩きます。

    B2015-34-2.jpg

    上にある大きな穴は紐やチェーンを通す穴です。
    普段はペンダントトップとしてお使いください。

    恥ずかしながら、私自身も

    調子に乗っている時もあれば、落ち込んでいる時があります。

    調子に乗っているときは反時計回りに円を描いて「ポン」
    落ち込んでいる時は上を向いて時計回りに円を描いて「ポン」


    今後の人生に役立てて生きたいと思います。

    おそらく明日モニター販売を開始する予定です。


    オプティマルライフ公式 FACEBOOK




    ■オプティマルライフ ネット通販■

    オプティマルライフ・オーディオ http://optimal-life.jp/

    JR、地下鉄南北線 (王子駅から徒歩6~7分)です。

    メルマガ登録ページ ■メルマガ登録

    【電話】 03-6903-0740

    住所東京都北区豊島1-30-2 ・706


    営業時間 14:00~18:30分

    休日 日曜日・祝日(年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み は特別カレンダー)


     


    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク