動脈硬化対策の切り札はエラスチンだった!

    オプティマルライフ株式会社

    日本人の死因

    男性
    1ガン
    2心疾患
    3肺炎
    4脳血管疾患

    女性
    1ガン
    2心疾患
    3脳血管疾患
    4肺炎

    ガンも恐ろしい病気ですが、脳梗塞や心筋梗塞も恐ろしい病気だと思います。

    究極の選択ですが、私は脳梗塞や心筋梗塞で死ぬよりも「ガンで死ぬ方がよいかも」
    と思っています。
    何故なら、ガンは突然死はないので、ある程度覚悟して死ねるような気がしているからです。
    「遺書を書く、遺産整理する」など、残された人のためにやるべきことができる。

    クモ膜下出血、脳梗塞、心筋梗塞
    に関して、私の知り合いでもいろいろな方がいるのですが
    昨日までピンピンしていたのに、突然死んでしまうのです。
    その衝撃は大きくビックりしてしまいます。

    脳梗塞、クモ膜下出血、筋梗塞などはメジャーな病気で、多くの人なら、親戚や知人で
    一度はかかったことのある病気だと思っています。

    脳梗塞や心筋梗塞は動脈硬化が最大の危険因子です。
    動脈硬化とは読んで字のごとく、血管が硬くなり弾力がなくなるという状態を指します。

    そうすると、血管がだんだん細くなり、最後には詰まってしまいます。

    これを脳梗塞と呼びます。
    脳出血は細くなった血管が破裂する病気です。

    2つとも成人病と呼ばれていて、中高年から増える病気です。
    なぜ増えるとのいいますと、やはり加齢により血管が脆くなっているからです。

    その血管が脆くなる原因に大きき関わる物質が エラスチンなのです。

    40歳と70歳のエラスチンの比較
    B2015-59-1.jpg

    高血圧になるとエラスチンは破壊される
    B2015-59-2.jpg

    動脈硬化によってエラスチンは破壊されている。
    B2015-59-3.jpg

    私がエラスチンを薦める理由は、

    一度血管系の病気になった人、高血圧の人はぜひエラスチン系のサプリメントを
    摂取していただきたいと考えているからからです。

    つまり、血圧を下げても、コレステロール値を下げても、

    一度ボロボロになった血管にあるエラスチンは
    エラスチンを摂らないと回復しません。


    エラスチンは食べ物にもはいっています。

    ・牛すじ肉
    ・手羽先
    ・軟骨
    ・煮魚
    ・カツオの動脈球

    など

    しかし、最新の研究では、動脈硬化に影響力を与えるものとして
    水溶性エラスチン が注目されています。

    B2015-59-4.jpg


    この水溶性エラスチンが入ったサプリメントがエラスチン華というものなのです。





    B2015-57-1.jpg


    エラスチン華

    エラスチン華
    オプティマルライフ・健康通販


    健康、環境の問題など、通常では知り得る事のないマル秘情報を
    無料メールマガジンでお伝えしています。

    メールマガジン・オプティマルライフ・健康通販

    有料クラスの情報を無料で配信しています。よろしければ登録して下さい



    オプティマルライフ公式 FACEBOOK



    ■オプティマルライフ ネット通販■

    オプティマルライフ・オーディオ http://optimal-life.jp/

    JR、地下鉄南北線 (王子駅から徒歩6~7分)です。

    メルマガ登録ページ ■メルマガ登録

    【電話】 03-6903-0740

    住所東京都北区豊島1-30-2 ・706


    営業時間 14:00~18:30分

    休日 日曜日・祝日(年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み は特別カレンダー)


     



    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク