ソマチットとは一体なんだ! フルソマk-22

    オプティマルライフ株式会社 広瀬です。

    日本人なら「東京大学出身」と言われると
    無条件で「頭よいんだろうな~勉強できたんだろうな~」と思ってしまいますね。

    しかし、東京大学出だから「あの人天才だ!」とはなかなか言われない。
    それだけ天才というのは希少なんだと思います。

    佐野千遥博士は、日本人がほとんど誰も知らない本物の天才学者

    ● 過去250年~340年間、世界の大数学者達が解こうとして解けなかった世界史的数学難問4問を解く


    天才というのは「常識にとらわれず誰も思いつかないことを自由に思考し証明できる人」だと思います。

    そんな中、本日すごく面白いブログが更新されていました。

    小保方さんにスミルノフ学派物理学者Dr佐野千遥が物理的生命体ソマチットの共同研究を提案予定!!

    フルソマK-22にも入っているソマチット。
    22世紀の美入浴液開発者S氏も「佐野千遥博士から参考になることがたくさんある」と言っていました。


    ソマチットに関わる部分だけ転載させていただきます。

    小保方さんにスミルノフ学派物理学者Dr佐野千遥が物理的生命体ソマチットの共同研究を提案予定!!


    小保方晴子さんにスミルノフ学派物理学者Dr佐野千遥がソマチットの共同研究を提案予定!!

    ロシア科学アカデミー・スミルノフ物理学派論文審査員:ドクター佐野千遥

    第2章:ソマチット

    佐野千遥の創出した“生命物理学”の重要な1章が“ソマチット”の章である。

    先ず、結論から先に述べる。私・佐野千遥は、人間の血液中を泳ぎ回っている大量の微小生命体“ソマチット”(仏語名:somatitte)とはDNAすら持っておらず、「物理的生命体」である、との学説を提起している。更に詳しく述べるとソマチットとはS極磁気単極子が生物的外皮を纏ったもの、と見ている。

    小保方晴子さんにスミルノフ学派の物理学者Dr佐野千遥がソマチットの共同研究を提案予定!!

    小保方さんに対しては彼女に妬みを抱いた創造力が欠如した自分に劣等感を持った学者による論文形式に対する誹謗から始まってマスコミのバッシングの大合唱が為されたのであるが、要はSTAP細胞再現実験に彼女自身の要望を拒否して彼女を参加させないで行われており、また彼女は乳酸菌から採取された酸性液を使ったのであるが、再現実験を試みた人達は酸性液とは言っても、彼女が使った乳酸菌から採取された酸性液を使わないでSTAP細胞再現実験を行った結果、“再現は出来なかった。”と結論付けた所に理研の側の意図的陰謀が有ったと考える。

    私・佐野千遥は小保方さんについて2014年6月にもブログ
    http://ameblo.jp/allahakbar231/entry-11873386639.html 
    を書いた事が有り、

    また、マスコミによるバッシングが華やかなりし頃に、小保方さんを擁護して奮戦した武田邦彦教授
    https://www.youtube.com/watch?v=EEcOx64N4-Q 
    は私・佐野千遥と同じ東京大学基礎科学科の先輩である。

    一般に菌類の体内にもソマチットが存在し、結晶構造が正4面体の酵素を有しメービウスの帯構造を持ったS極磁気単極子を中核に持つ強力なソマチットを有する乳酸菌とは核燃料派生物質のセシウム、ストロンチウムの放射能除染にも役立っており、この有用なる乳酸菌から採取された酸性液を意図的に使わなかった理研の側の否定せんが為の否定は決定的である。

    スミルノフ物理学派は、誤れる「正統派」現代物理学を支えて来たノーベル賞委員会解体を要求している。小保方さんには、今後、ノーベル賞受賞の名誉を求めるのではなく、「生命物理学」の私・佐野千遥と組んで、世の為、人の為にソマチットの共同研究で成果を出し、起死回生を図る事を提案する。

    ソマチットの共同研究について更に説明しよう。ソマチットは動物、植物、菌類といったあらゆる生物の体内に存在しているが、人間の体内に居るソマチットは、人体が病気に成ると、殻を被って隠れてしまう程、脆弱であるが、下等な生物のソマチットはもっと野性的で強い。古いソマチットであればあるほど、下等な生物であればあるほど、組織再生能力が強いのは、実は下等な生物が強力なソマチットを有しているからではないのか?という仮説がそこから導かれるのである。

    細胞が分裂して組織が組み立てられて行くプロセスを再現する為に、単細胞である時期には乳酸菌のソマチットを、もう少し組織が出来始めたら、(足1本切り落とされても次期に再生してしまう)サンショウウオとかトカゲのソマチットを、次に3次元立体の臓器が出来始めようとしたら、物理的S極磁気単極子を物理的に強化するのにスミルノフ物理学派が使用するのと同じ物理的電磁気的装置を使って、人のソマチットの中枢に有るS極磁気単極子を強化する。


    次に日本ソマチット学会の論文より引用

    “生命体によっては、塩酸で死ぬこともありますし、苛性(かせい)ソーダが命取りになったり、真空では生きられなかったり、反対に空気に曝(さら)されると死んだり、大量に放射能を浴びると死んだりします。ところが、ソマチッドはそのどれでも死なないし、数千万年前の化石から生きて出て来るのですから、桁外れの長寿でもあるのです。
    ということは、地球上のあらゆる生命体とは、全く異種の存在であり、別格の生命体ということになります。そしてこのソマチッドは、植物や動物や人間の樹液や血液などの体液に乗って身体中隅々まで循環していますが、植物や動物や人間が死んでも、ソマチッドは生き続けるのです。これは、何を意味するのでしょう。どうやらソマチッドは、生命の根源に関係している可能性もありそうです。然しながら、本格的な謎の解明は、これからの研究にかかっているのです。”

    “植物や動物の体内にいるソマチッド”と書いて有るが、微生物の体内にも居る。

    (1) ソマチッドについて未だ解明されていない重要事項の数々
    ここで先ず、一般の方々の誤解を招かないように、ソマチッドについて、未(いま)だ解明されていない基本的な重要事項を、箇条書きに記載しておきます。
    ① ソマチッドの身体を構成する元素は何なのか。
    ② ガストン・ネサンの発明した、解像度150オングストローム(オングストローム=Åと表示=1ミリの1千万分の1)という世界最高の顕微鏡による観察結果によると、基本形のソマチッドは数オングストロームというサイズです。これは、原子を数個並べた程度と言う超微小サイズですが、その外形・形状はどうなっているのか。
    ③ 地球上のあらゆる生命体とは異種と思われる現象、つまり不死と思われる現象の原因は何なのか。
    ④ 人間の中にいるソマチッドと植物や動物の体内にいるソマチッドや他の場所に存在するソマチッドには差があるのか。
    ⑤ 人の中のソマチッドはどこで生まれ、どこに行くのか。
    ⑥ 増殖はどの様にして行われるのか。
    ⑦ DNAを持っているのか。ソマチッドは不死の性質を示している以上、DNAのようにタンパク質で出来ていないことははっきりしているので前駆物質でないことは明白だが、遺伝情報を持っているらしいというその理由は何なのか。
    ⑧ ソマチッドは人の臓器や器官によって、その発揮する機能が違う現象が出ているように思われるが、その理由は何なのか。
    ⑨ エネルギー源は何なのか。
    ⑩ 人にとって、ソマチッドが及ぼすマイナス面はないのか。
    ⑪ 何故電子顕微鏡で見ることが出来ないのか。
    ⑫ ソマチッドはいつ誕生したのか。
    ⑬ そもそも、ソマチッドの役割は、何なのか。生命の根源に関与している存在なのかそしてその根拠は何か。
    ⑭ 植物や動物内のソマチッドを人間や動物が食したときに、そのソマチッドはどうなるのか。体外からのソマチッドの摂り入れは、人にとってどのような意味を持つのか。

    これ等殆どの質問点に対し、私・佐野千遥の“物理的生命体ソマチットとはS極磁気単極子が生物的外皮を纏ったものである。”が解答を与える。

    先ず
    ⑪ 何故電子顕微鏡で見ることが出来ないのか。

    への解答は、ソマチットの中身はS極磁気単極子=電子の中身もS極磁気単極子だからです。
    物理世界において電子は電子顕微鏡で見る事が出来ません。

    ガストン・ネサン氏は電子顕微鏡で見れないソマチットを超解像度の光学顕微鏡である“ソマトスコープ”を作ったと言われているが、今日その“ソマトスコープ”を再現する事が出来ないでいる。そこで私・佐野千遥はナノ・サイズのソマチットを見る為に電子顕微鏡でも、光学顕微鏡でもない磁気単極子顕微鏡を開発しする事を計画している。

    ケベック系カナダ人のガストン・ネサン博士が最初、血液中に大量に存在する事を発見したソマチットについては現在休会になっていますが「日本ソマチット学会」という医者の研究学会も存在しており、ソマチットとは「物理的生命体」であるとの学説を私・佐野千遥は発表している。何故「物理的」であるかというと

    強酸に浸けても死なない。
    強アルカリに浸けても死なない。
    高温にしても死なない。
    数千万年前の貝殻の化石の中から、のこのこ出て来て活動を再開する。
    生命体ではあるが、そもそもDNAを持っていない。

    からです。私・佐野千遥はソマチットとは、地球上の生命発生時に働いたS極磁気単極子が生物的衣を羽織って進化した物であって、そのS極磁気単極子はS極磁気単極子の集合体である太陽の黒点から地球上に遣って来たとの学説を私・佐野千遥は唱えております。

    尿には血液中のソマチットが大量に流れ出るが、日本ソマチット学会もその尿をフィードバックするのだから尿療法が効果を持つのだと言っている。




    22世紀の美入浴液開発者S氏は、

    「ソマチットはミトコンドリアに電子を供給している物体ではないか」

    と予測しています。

    私は上のことを言われた時、タカダイオン電子治療器の解説書にある「荷電負荷時の血清蛋白分画像の変化」の図が頭に浮かび上がりました。

    長年思っていた疑問 点と点が繋がって線になったような気がしたのです。

    私は科学者でもなんでもないのですが、こういう予想をしている時は楽しいです。

    B2015-99-1.jpg


    フルソマK-22(フルボ酸・ソマチット・ケイ素入り多種植物熟成液)


    ----------------------------------------------------------------

    オプティマルライフ株式会社 広瀬 
    ひなたの マロさん・福島

    生活の質〜お寺フェスタ〜
    イベントのブースに出店します。


    http://www.pinpoint.ne.jp/event/2014/07/12/post_27.php
    [日程]07月12日(日曜日)
    [開館]10:00
    [閉館]19:00
    [会場]観蔵院&曼荼羅美術館
         東京都練馬区南田中4-15-24
         ☎︎ 03-3996-6911
    [主催]株式会社ピンポイント
         ☎︎ 0463−26−6671


    オプティマルライフ公式 FACEBOOK



    ■オプティマルライフ ネット通販■

    オプティマルライフ・オーディオ http://optimal-life.jp/

    JR、地下鉄南北線 (王子駅から徒歩6~7分)です。

    メルマガ登録ページ ■メルマガ登録

    【電話】 03-6903-0740

    住所東京都北区豊島1-30-2 ・706


    営業時間 14:00~18:30分

    休日 日曜日・祝日(年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み は特別カレンダー)


     







    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク