アーシングマット オルゴンシルバーを何故開発したのか?

    オプティマルライフ株式会社 広瀬です。

    アーシングマット・オルゴンシルバー
    ただ今注文が殺到しています。

    現在注文いただいているお客様に本格的に発送できるのは
    来週以降となりそうです。


    本題
    アーシングマット オルゴンシルバーは何故開発されたのか?

    従来のアーシングマットはずっと使い続けると足が冷える!

    そんなお客様の意見から誕生しました。


    B2015-166-1.jpg


    ・触ると冷たく感じる
    ・シートを下に敷いて寝ると硬くて寝心地が悪い


    特にこれから冬になるに、足を乗せっぱなしにすると
    足の先から冷えてしまう可能性があります。

    そういう不安を解消するために、開発されたものが
    アーシングマット・オルゴンシルバーです。

    それでは今までアーシングマットを使っていたものは不要なのか?
    というと、そんなことはありません。

    アーシングマット・オルゴンシルバーはアーシングマットの上に置くだけで
    コードを接続しなくても、静電気をとることができますので
    そのまま2段重ねをしてお使いいただけます。

    アーシングマット・オルゴンシルバーを人体のみに使用したい場合は
    今まで使用してアーシングマットを電気製品用に使用すればよいと思います。

    また小さく切って予備用アースコードを接続すれば、パソコン、ルーター、電子レンジ、冷蔵庫
    などの電磁波対策にもなります。

    すごい人になると、アースコードを使ってマウスパットの代わりに
    使っている人もいます。


    アーシングマット・オルゴンシルバーの最大の特徴は
    あったかい!

    地場エネルギーの社長と福岡さんが弊社にいらして実験して実際に測定しました。

    B2015-166-3.jpg

    B2015-166-2.jpg

    静電気は見事なくなっています。

    このシートは柔らかくて、腰掛けてもふわっとしているので寝心地がよいです。

    布団の上に置いてその上にシーツを上にのせても電気を通してくれて、
    静電気除去ができながら、ポカポカになります。

    熱反射率97%と高いので自分自身の体温で布団の中が温かくなります。

    もう1つの特徴 オルゴン構造

    地場エネルギーの社長や福岡さんの共通の感想は

    「今度のアーシングマットは、使えば使うほど体か軽くなって
    爽快になる!」ということでした。

    その答えがオルゴンの構造です。

    B2015-166-4.jpg

    例えばこのシートを床の上に敷くと

    有機物(床)
    無機物(純アルミシート)
    有機物(エアークッションシート)
    無機物(純アルミシート)
    有機物(人体)


    見事なオルゴン構造になります。

    ぽかぽか温まりながらオルゴンエネルギー(気)の流れ感じながら、
    体にたまった静電気をアースすることができます。


    私も実験していますが、ハンパじゃなく体が軽くなりますね。

    アーシングマット・オルゴンシルバー



    健康、環境の問題など、通常では知り得る事のないマル秘情報を
    無料メールマガジンでお伝えしています。

    メールマガジン・オプティマルライフ・健康通販

    有料クラスの情報を無料で配信しています。よろしければ登録して下さい



    オプティマルライフ公式 FACEBOOK



    ■オプティマルライフ ネット通販■

    オプティマルライフ・オーディオ http://optimal-life.jp/

    JR、地下鉄南北線 (王子駅から徒歩6~7分)です。

    メルマガ登録ページ ■メルマガ登録

    【電話】 03-6903-0740

    住所東京都北区豊島1-30-2 ・706


    営業時間 14:00~18:30分

    休日 日曜日・祝日(年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み は特別カレンダー)


     







    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク