結果にコミットする究極の体質改善プログラムに広瀬が挑戦!

    オプティマルライフ株式会社 広瀬です。

    みなさまこんにちは♪

    本題の前に 明日 フルソマk-22新型を発売します。
    久しぶりです。

    結果にコミットする究極の体質改善プログラム
    私が本日1月12日から挑戦することになりました。

    この究極の体質改善プログラムとは

    ・9種類のサプリメントを飲みながら、
    体質を改善するプログラムです。


    約30万円のお金がかかります。
    自腹で支払しました。

    内訳

    ・血流検査による血管年齢の診断
    ・9種類のサプリメント3週間分
    ・専属トレーナーによる2人3脚の指導(約3週間)
    ・体質改善プログラム指示書 1式

    昨日専属トレーナーの事務所に行き、
    身体測定・血流検査を行ってきました。

    何故こんなことを試すのかというと、この体質改善プログラムが
    前例のない画期的なものだと思ったからです。

    そしてこのプログラム3週間を完了して、私の体に劇的な変化が
    現れたら、このプログラムを皆さんにご紹介したいと考えています。

    体質改善プログラム本当の目的は

    血液の浄化と体内のデトックスです。

    そして、その副産物としてダイエットが可能です。

    今まで100人以上の人が試して、90%以上の人がダイエットに成功しています。

    そんなに成功率が高いわけじゃないじゃないか!

    と思われる方もいるかもしれませんが

    体質改善プログラムは痩せている人も
    実行しています。


    ・ガリガリに痩せている人は、逆に体重が増えることもある
    ・体重は変わらないのに、筋肉が増えて体脂肪が減った

    などさまざまな結果がでています。

    しかし
    この体質改善プログラムの中には
    運動というメニューは一切入っていません。


    血液の浄化と体内のデトックスの本当の目的は

    ・病気の予防
    ・病気の改善です。

    病気の改善に関しては、知れば知るほど凄いことが起こっています。

    だから、私は体質改善プログラムに、3つの期待があります。

    ・これからの生活習慣病の予防
    ・現在の持病、(花粉症の改善・温度差による喘息の改善)
    ・ダイエット

    私は幸いなことに、現在重い病気はありません。
    しかし、私の年齢(44歳)になるといつ何時、ガン、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿などの病気にかかってもおかしく
    ありません。
    芸能人や文化人なども、40代、50代で癌などの病気で死んでいる人はたくさんいますね。

    だから 今のうちから手を打ちます。

    私も会社の経営者でありますので、何よりも健康が重要だと考えています。

    おそらく、中小企業の社長は病気により長期休業した場合、
    会社の倒産リスクは非常に高まることと思われます。

    倒産しないまでも

    ・売り上げの減少
    ・社会的信用の低下 (銀行融資からの融資に影響)など・・

    このことは、個人事業主の方にもそっくりそのまま当てはまると思われます。

    だから私にとって 30万円 は高いとは思いません

    そして何より、このプログラムを実行しようと思ったのは
    その人間がとても信用できる人だと思ったからです。

    その人とは

    大手監査法人で勤務している青年で、公認会計士2次試験に合格しながら
    公認会計士の職業をすて、このプロジェクト立ち上げた人物。


    普通の人は「無謀」と思うかもしれません。
    特に母親だったら・・・

    せっかく超難関試験に合格して、3次試験を受ければ公認会計士
    30代そこそこで1000万円以上の年収が約束されているのに・・・

    しかし、あえて無謀と思われる彼のプロジェクトに
    未来の希望を感じたのです。

    偏差値76以上の天才東大生、末期がんからの奇跡の生還

    この事実も、私が行う体質改善プログラムと深い関係があります。

    末期がんからの奇跡の生還した人物とその青年は知り合いです。

    ただこの内容はブログでは言えません。

    だから、続きはメルマガで・・・・
    オプティマルライフ健康通販 メルマガ登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01108423

    オプティマルライフ・オーディオ メルマガ登録
    https://www.makeshop.jp/ssl/popup_mailmagazine.html?db=hm13Optimal

    この体質改善プログラムは何故すごいのか?
    血液を浄化するからです。

    そのヒントとなる答えは、下記の本に書かれています。

    著者 ルイ・イグナロ(Louis J. Ignarro、1941年5月31日 - )

    ノーベル生理学・医学賞を受賞
    B2015-190-1.jpg

    しかし、秘密はこれだけではありません。

    血液を綺麗にしながら体の中の毒素も抜く!

    それは複数のサプリメントを同時並行して飲み続ける方法が確実です。

    著者 ルイ・イグナロ(Louis J. Ignarro、1941年5月31日 - )
    ウキペディアより
    アメリカ合衆国の薬理学者。イタリア系アメリカ人。1998年にロバート・ファーチゴット、フェリド・ムラドと
    共に循環器系における情報伝達物質としての一酸化窒素の発見の功績でノーベル生理学・医学賞を受賞した。



    今年ののオプティマルライフのテーマは
    「毒素を入れない、毒素を排出する」をテーマにします。
    その理由は


    17万種類以上の病気の90%は毒素が原因であり、
    感染症以外の病気(慢性病、精神疾患、機能性疾患、症候群にまつわるもの)は大低が
    毒素が原因と言われている。

    感染症以外の病気に対して、薬物治療(対処療法)を行っても
    根治治療はあまりきたいできず、症状を悪化させるケースの方が多い。
    だから、毒素を体内から排出して、生活習慣を改善しなければ
    根本的な健康は手に入れることはできない。



    以前
    がん細胞は肝臓を守るための浄化装置

    というテーマでブログを書きました。
    ある人と出会い、衝撃的な事実を知りました。

    花粉症もガンも発生するメカニズムは全く一緒。
    花粉症は花粉症になる毒素が体内に一定以上溜まると発生する
    病気であり、ガンもガンになる毒素が定量オーバーすると発祥する。

    ガンは毒素を吸着するために発生するのだから、ガン細胞をいくらたたいても
    毒素がある限り際限なく分裂し増殖する!

    この意見はまだ世の中では少数派かもしれませんが
    私は99%正しいと信じています。

    10年後、20年後この事実はもっと明らかになってくるのではないと
    思っています。

    2016年、私(広瀬)がこの事実を証明する壮大な実験を行います。



    忘年会、年末年始、新年会でブクブクと太ってしまった私
    毒が溜まっている人は、この上に載ると凄く足の裏が痛いそうです。

    B2015-190-2.jpg

    はたして見違えるような体になるか?
    今日から始めるのですから、やらせはありません。

    もし確かめたい人は
    1月30日のHWTのイベントに来てください。



    オプティマルライフ健康通販 メルマガ登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01108423

    オプティマルライフ・オーディオ メルマガ登録
    https://www.makeshop.jp/ssl/popup_mailmagazine.html?db=hm13Optimal






    オプティマルライフ公式 FACEBOOK



    ■オプティマルライフ ネット通販■

    オプティマルライフ・オーディオ http://optimal-life.jp/

    JR、地下鉄南北線 (王子駅から徒歩6~7分)です。

    メルマガ登録ページ ■メルマガ登録

    【電話】 03-6903-0740

    住所東京都北区豊島1-30-2 ・706


    営業時間 14:00~18:30分

    休日 日曜日・祝日(年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み は特別カレンダー)


     




    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク