ガイア レゾナンサーは理論が違うから映像を見てください

    オプティマルライフ株式会社  広瀬です。
    みなさんこんにちは♪


    地球共鳴器 ガイア レゾナンサーは
    掲示板で盛り上がってます。

    http://enpoke.bbs.fc2.com/

    地球共鳴器 ガイア レゾナンサー
    はとても説明が難しい製品です。
    だからマロさんの説明を動画で確認するのが一番だと思います。

    ビデオ公開しました。

    その前に私なりの見解

    地球共鳴器 ガイア レゾナンサーは今までの
    シューマン共鳴波発生装置とは全く別物の製品です。


    脳内の過去の記憶を一度リセットした
    方がよいと思っています。


    物理的に7.83Hzの周波数が出ているわけではありません。
    だから「仮想シューマン共鳴波」です。
    従来からあるモノとは全く別のものと考えた方が
    よいと思います。

    電気も回路の中で使用されていません。
    電池の消耗は自然放電です。

    だから電気を使っているということとも違います。

    その辺の理屈は、テネモスのピッコロと全く同じです。

    テネモスの飯島さんもマロさんも
    最後はこの仕組みにたどりつくのでしょうか?

    ちなみに、マロさんに「ピッコロ知っていますか?」
    と言ったら「聞いたこともない」と言っていました。

    でも異常に音がよくなります。
    また置いておくだけで気分が明るくなるので
    不思議な製品だと思います。










    皆さんが本当に知りたい情報とは
    どういったものでしょうか

    たぶんいろいろあると思います。

    ただ
    本当に皆さんが知りたい情報は、
    少しずつブログでは書けなくなってきました。

    FACEBOOKでも危険です。

    よって今年はメルマガを中心に情報を配信していく予定です。

    そのうちみなさまにメルマガで情報をお届けします。

    今後長期連載になる

    私は30万円で健康を買った!

    ブログでは公開できない情報がたくさんあります。

    ・大手監査法人で勤務している青年との出会い!
    ・年収1000万円を捨てて一大プロジェクトを立ち上げた!
    ・合格率3%の公認会計士 2次試験に合格した男が全く畑違いのプロジェクトを立ち上げる
    ・偏差値76以上の天才東大生、末期がんからの奇跡の生還
    ・その青年、実は医者の息子だった
    ・本当に病気が治るサプリメントとは1%以下の確立で存在する!
    ・「そんな無謀な事は止めた方がよい」という広瀬の一言
    ・結果にコミットする究極のダイエットプログラムに広瀬が挑戦!



    知りたくなりましたか?

    もし気になる方がいましたらメルマガ登録してください!



    オプティマルライフ健康通販 メルマガ登録
    https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01108423

    オプティマルライフ・オーディオ メルマガ登録
    https://www.makeshop.jp/ssl/popup_mailmagazine.html?db=hm13Optimal



    オプティマルライフ公式 FACEBOOK



    ■オプティマルライフ ネット通販■

    オプティマルライフ・オーディオ http://optimal-life.jp/

    JR、地下鉄南北線 (王子駅から徒歩6~7分)です。

    メルマガ登録ページ ■メルマガ登録

    【電話】 03-6903-0740

    住所東京都北区豊島1-30-2 ・706


    営業時間 14:00~18:30分

    休日 日曜日・祝日(年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休み は特別カレンダー)


     


    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク