糖鎖とツバメの巣とCBDオイル


    オプティマルライフ株式会社 広瀬です。
    みなさんこんにちは♪



    みなさんは「糖鎖」という言葉をご存じですか?

    糖鎖はアンテナのような働きをしていて、その先端が触れることで様々な
    情報を細胞内に取り入れています。

    たとえば免疫細胞では、細菌やウイルス、毒素、癌細胞、その他様々な異物がやって来た時、
    そのアンテナの先端が触れることで情報を取り入れてそれが何者なのかを判断しているのです。

    花粉症やアトピーなどのアレルギーは「糖鎖」の
    異常が原因ともいわれています

    何らかの理由で糖鎖に異常が起こると、本来は外的から身を守る
    免疫機能が正常に働かなくなります。それどころか、正常な細胞を攻撃するといった、
    やっかいな反応を起こすこともあるとのこと。
    こうして、糖鎖の異常が病気を引き起こしてしまうのです。

    多くの人を悩ませる花粉症は、花粉に過剰反応するために起こるアレルギー症状ですが、
    糖鎖が正常であれば過剰反応をしないため、症状は発生しないとも言われています。
    同じ地域に住んでいても、花粉症を発症する人としない人がいるのは、このためです。

    しかしこの糖鎖は現在人は数減っているとのことです。
    1つの細胞に10万個程度あるとされている糖鎖が、
    現代人には4万個程度しかないとも言われています。

    だからこんなに日本人はアレルギー体質の人が多いのでしょうね。

    たぶんこれがアトピーの原因です。

    そして、アレルギーを引き起こす糖鎖の異常の原因が

    化学物質(毒)にあると私は推測しています。

    かつての日本人は、宇宙原理と共にありました。
    だから糖鎖の異常などは微塵もなかったと推測されます。

    日本人にとっては、それは、当たり前にことであったものの、
    外国の人々からすると、とても、驚くべきことだったそうです。

    江戸時代に黒船で来航した外国人が、庶民の品格の高さや、礼儀正しさ、
    陽気な性格、アイディアとその叡智に、今まで見て来たアジアの印象を一遍し、
    また同じ人間として脅威にも感じたと言われています。


    原理と共にあるが故に、直感、六感にも優れ、良いもの、悪いもの反応は、
    素早く、今でこそあるヨーロッパ由来の波動測定器、
    日本人には、必要ないほどセンサーが自分だったんですね。

    この、類まれなる、日本人独自のセンサーは、
    DNAや文化、摂取していた植物、食物の影響が大きかったようです。


    そのセンサーは、敗戦後、多くの刷り込み他、様々な制限から、退化していきました。

    そのセンサーの鍵を握るものの1つに、「大麻(おおあさ)」がありました。
    神道では、大麻(おおあさ)は罪穢れを祓う神聖な植物とされ、

    大麻(おおあさ)は太陽神である天照大神の御印とされています。
    それゆえ、伊勢神宮のお札を「神宮大麻」と命名されているのです。

    かつては、日本の国草レベルであった大麻(おおあさ)
    活用してきた歴史は古く、大調和故に栄えた縄文時代にさかのぼります。

    日本人の霊性の高さ、天地と一体となる身のこなし方、在り方、
    陽気な想いやり溢れる性格を支えて来たものの一つと言っても過言ではなく、
    残念ながら、敗戦後「大麻取締法」により利用に制限がかかりました。


    医療、精神の管理、農薬いらずの土壌改良剤などに使われていた、
    穂、葉、根の使用は、NGとなりました。

    医療面では、多くのことに成果を出していたそうです。
    麻ひも、繊維、七味などに使われる、
    種、茎は、使用が可能とされました。


    なので、長年の間、心、体などのメンテとして使われるおお麻は、
    我々日本人の生活からは、遠のいていたのです。

    そして、現在、技術の進歩から、合法とされる種、茎から、
    私達の体、精神の機能を本来の状態に戻すCBDという成分を
    抽出することに成功したのです。


    このCBDは、脳のカンナビノイド受容体というところに直接働きかけ、
    これがてんかんや認知症、自閉症、うつ病、統合失調症といった
    脳の異常から発症する病気に効果的なのです。

    海外から火がつき、アメリカでは、大きな反響となり、
    今では、多くのCBDオイルが生産されているほどです。


    ただ、この成分は、オーガニックでないと効力は、発揮できず、
    残念なことに輸入ものの多くが、オーガニックでないことがあり

    注意が必要となります。


    また、大変高価な成分であり、含有量の多さと共に値段も右肩上がり
    なのも特徴です。


    しかし、日本人医師の発案により、
    単純に含有量が多ければ、よいというものでもなく、
    いかに伝達をスムーズにするか、結果を出すかに視点を移すこととなりました。


    それが、燕の巣を含めた8つの糖鎖を含有させるということでした。
    CBDの信号をスムーズに受け取るアンテナの役割をし、
    細胞と細胞の伝達能力を上げる糖鎖。

    これによって、CBD1つでの作業が、助っ人である糖鎖の働きにより、
    シナジー効果を生むことになったのです。


    そして、どんな邪気にも劣化をしない、フォトニックフラクタル装置、
    銀河、生命の設計図DNAと共鳴する波動である、
    元岐阜大学教授発明のカーボンマイクロコイルに転写することで、


    より、オーラ、トーラスに働きかけ、霊性のスイッチが入りやすく作成。
    それが、白姫CBDオイルなのです。

    【白姫CBDオイル体験談】 

    ◎3年前から皮膚の問題が悪化し、その後、水虫、喉の粘膜のただれ、

    歯茎の腫れ、痔にまでなり、

    人には話せない程、いろんな皮膚、粘膜の問題を抱えていました。

    なので、歯医者でスリッパを履くときも、温泉に行くのも、他人に申し訳ない・・・。

    そう思うと、気持ちも消極的、根暗になっていました。

    白姫CBDオイルで長年の水虫が改善されたと方に出会い、

    問題の部位に全部塗りました。

    水虫の改善は、特に著しく、その他の症状は、

    緩やかながらも苦しみが随分緩和されました。

    のどは、皮膚に塗るとすこぶる効き、咳が緩和されました。

    お陰様で、自分に自信が持て、性格も明るくなりました。

    ツバメの巣のせいか、肌がプルプルになり、若返った気がします。

    (40代 会社員)



    ◎ 多くの持病があり、喘息、花粉症、口内炎・・・・。

    昔の人は、大麻を座薬にして、体を治したという話を思い出し、

    汚い話で恐縮ですが、オイルを座薬代わりに肛門から投入。

    死ぬほど苦しんだ、喘息がその日を堺に緩和され、

    口内炎は、次の日になくなりました。

    花粉症は、少しありますが、随分楽になりました。


    (60代 会社役員)



    ◎飲んで一週間後にワンネスを体験。

    分離などは、なかった。

    幻想であり、思考が作っているものだった。

    元々、ハートに位置する自分が本当の自分で、ハートから世の中を見ている

    自分は、調和の中にあって、無限の可能性としてこの地に生まれて来たんだと

    本質を垣間見る体験がありました。

    (50代 主婦)


    CBD+ツバメの巣が、よりスピーディに
    霊性をスイッチオン!

    B2015-386-1.jpg



    脳の神経伝達が高上するサプリメント

    あなたもニュータイプに変革

    白姫CBDオイル

    心身をクリアーにするDVD「癒しの光」を先着20名様プレゼント 

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク