Angel光るコースター 牛乳(細菌検査) 恐るべき結果が・・・・

    以前Angel光るコースターで、牛乳を2倍に希釈したもので、Angel光るコスターの鮮度保持実験をしました。その実験結果はすさまじいものでした。しかし、それと同時にCUOさんは「中の菌はどうなっているのだろう」という疑問にかられ、電子顕微鏡で覗いてしまったらしいのです。

    B2007-10-11-1.jpg


    「うーむ すごい。」


    下の文章だけではわかりずらいこともあると思います。
    すこし補足します。


    腐敗菌の優位性とは

    人間の体は様々な菌が共存してなりたっている。もしあなたが、乱れた食生活をし(寝不足など)インスタント食品や肉料理中心の生活をしていたのであれば、あなたの腸内は腐敗菌が多くなると考えられます。例えば(大腸菌など・・・ )逆に納豆やヨーグルトなどをとり、睡眠も十分にとれば、腸内は納豆菌や乳酸菌が優位にたち腸内での腐敗は遅れる。例えばオナラなどくさくならない。

    Angel光るコースターの効用。上記から推測するに、Angel光るコースターの光りを当てた牛乳は、腐敗菌が増殖しにくい物体へと変化したのでは考えられます。


    下の文章を読む前に。

    このブログと掲示板もご覧下さい。
    (CUOさんの意見も見ることが出来ます)

    超微細エネルギーの世界

    超微細エネルギー掲示板

    B2007-10-25-1.jpg

    B2007-10-25-2.jpg

    B2007-10-25-3.jpg


    [菌数結果]
    写真の100倍希釈の写真では、両区共に分かりにくいですが、カウント数でも菌数が 分からないくらい存在していた。 私が「照射区の菌は少ない(無菌にちかい)」と推測した為に、設計を誤った。 1g当り10の8乗以上は存在していると思われる。
    (写真の目視できる菌のコロニー以外に、バックグラウンドには、無数の小さいコロニーを作っている菌がある。


    [菌の形態観察結果]
    写真の大きいコロニーは、目視でみえる大きな白い点(1個の菌が増殖してみえる点)のことを指します。 顕微鏡でみえる菌の大きさや形状は全く異なる微生物であることが分かった。 写真のBackgroundは、非常に小さな点として表れた菌の顕微鏡写真です。 これも1000倍拡大してみても、全く異なる形状と大きさの菌であった。
    *それぞれの菌の種類は違うとみてよいと思うが、種類の同定まではできません。

    [Ph測定]
    照射区=Ph6.78で弱アルカリ
    比較区=Ph5.52で酸性
    かなり大きな酸度の差が出ているのが分かり、照射区は菌が多いにも関わらず、香りで感じる通りの安定した 状態であった。

    [考察]
    照射区に、ここまで多くの菌が存在していることに驚いた。(本音は安心した) 何故なら、香りが未だに、飲めると思える程の状態ですので・・ Phが弱アルカリでキープしているところが不思議です。 Phの変動で、香りも菌の形態も変カわってくるから、菌の種類が違うことは理解できるが・・ 比較区は当然、膨大な菌数が存在しており、乳脂肪酸やタンパク質は 分解されて、元の牛乳の形跡はないでしょう。 Phが5.52ということは、分解によって、乳酸等の有機酸へ変換されている為。

    [何故分離しなのか?]
    菌数をみる限り、牛乳内の栄養分を分解・吸収しているのですが、まだ安定している ようにみえるのは・・・すみません、まだ分かりません。

    比較区が分離リしているのは、タンパク質等の糖分やアミノ酸を分解した結果 分離したというごく当前の現象です。 菌自体も増殖のピークを迎えると同時に、栄養成分が減少し、菌自体も死滅したり活動休止したり していますので。 と、いうことは、照射区の菌は、死滅菌が少ないのかな?沈殿していない ってことは?
    とりあえず、照射区の菌が元気に存在していたことを確認できて 良かったという結論に達していいのでしょう。

    [香り検査]
    さて、嫌な試験を実施することにしたのですが、比較区の香りが チーズっぽい香りに変化していました。 あの極悪臭がかなり減衰していました。 初めて攪拌(菌検査日に)した結果、上液に存在していた腐敗菌と下部カブに存在して いた乳酸菌が混ざり、腐敗菌が減ヘったのか、栄養素が無くなって休止(ガスが 発生されない)したのか?

    照射区は相変わらず、牛乳の香りがしています。 開発者さんに言イわれたように、専門的にも通用するくらいの再試験を実施しようか迷って いますが、時間が許してテンション上がったら実施することにします。

    [最後に]
    大変、おもしろい現象を体験させて頂き、途中で「これ、絶対菌が生息していないよ!」の 他人の声で私もビビッて、それで、菌の確認をし、開発者さんの予告通りの結果になって しまったことは、非常におもしろかったです。


    開発者の意見。

    広瀬
    ブログで牛乳の鮮度保持の試験を公開しているけど、何でそうなるのか 説明して欲しい。理学部生物学科を卒業したか、農学部応用微生物を勉 強していたような人なんだけど、素晴らしい実験してくれたんだ。ただ 俺もついて行けないような難解な話が多くて。

    開発者
    ブログ゙みました。俺自身もあれから色々考えたり、調べたりしたんだけど、鮮度保持と腐敗は区別して考えることが一般的のようです。

    鮮度:[自己消化酵素}による変化]
    (牛乳ではこのプロセスはないかも)

    腐敗:[細菌の作用による変化]

    鮮度が落ちる→腐敗へ進む

    鮮度指数は、ATP分解程度を測定して目安にしています。腐敗は、その後 から細菌によって分解され、ガス化される為に、色々な揮発ガスを分析 して腐敗程度を数値化しています。(大きく分けての説明です)そうい う意味では、「香りが良いから腐敗していない」という五感による判断 も間違ってはいないと思います。

    [その前に]
    販売前に伝えなければならないことがあったような気がするけど微細エ ネルギーって表現は、他に適当な表現が見つからなかったからそう呼ん でいるけど、あまりにも広義すぎて、皆様へ申し訳なく思っています。

    例えば「広義の微細エネルギーで、腐敗促進光なんか、意外と簡単に作 れます」鬱病(うつびょう)とか、自律神経が不安定になえいますが、 そのような逆の性質のものを作れないようなら、このような微細なエネ ルギー製品の開発等、設計すら立たないのです。


    広瀬
    げ、ひょっとすると、 腐敗が進むようなAngel光るコースターも作れるかも知れないってこと。

    開発者
    たぶん作ろうと思えばすぐ作れる。腐敗が進まない方が難しい。デモ危険だよね。 

    広瀬
    当然!! 絶対にそれはヤバイ 


    開発者

    当微細エネルギーのキーワードは、「大自然の摂理」です。ですから、五感で即感じるものではなくて、雰囲気や感じ的に味わうことができるようなやさしいエネルギーなのです。

    大自然の超微細な振動エネルギーを増幅させて与えた場合、不愉快にな
    る訳が無い!との思いから、当エネルギーだけに絞った製品なのです。

    色々な振動エネルギーや電気・電磁波を浴び続けると、体内や オーディオ内も、緩衝や共鳴によって中和されたり不均衡なバランスで 微細な電流となったり、複雑で説明が難しい程、見えない世界で荒れて いることは察することができるでしょう。
    波長的にも振動的にも微細な電気的にも荒れています

    そこで、それらを安定的に穏やかな微細振動エネルギーを与えて落ち着かせよう!というのが目的です。

    [鮮度保持の話に戻って]
    牛乳の場合、私は飲む以外の知識はほとんどありませんが、「乳脂肪酸」と「乳酸菌」と 「腐敗に走ることができる滞在菌」 3つをキーワードとみた場合、

    元々の鮮度保持期間であれば、新鮮な乳脂肪酸+乳酸菌のそれぞれの 振動エネルギーのバランスが取れています。しかし、当然、劣化してき た時に、その固有の振動も崩れ、もしくは乳酸菌によって乳酸へ変換さ れているでしょう。しかし、この一般的なこの流れまでは、特に悪いこ とでは無い様に個人的には思います。

    何故なら、「乳酸菌が優位に立っただけ」ですので・・
    ヨーグルトだって健康的ですよね?腸内微生物なんかは、とにかく超微細な振動エネルギーには過敏に反応しますので、乳酸菌の影響下で は、良い方向へ導いてくれると思います。

    【さて、本題の実験による結果をどのように説明すれば良いのか??】

    「腐敗した」対「維持している」の差を考察しなければなりませんね。
    比較対象区は、そこまで悪臭なのであれば、乳酸菌ではなくて 腐敗菌支配下に置かれた状態ですね。 「維持している照射区」 は薄い香りであるのであれば維持しているのでしょう(笑)
    放置して下さるようですので、このままでは、照射区は「乳酸の酸っぱ
    い香り」に変化する筈です。←言い切ります。(これも世間では腐敗と
    いう)


    ・照射区は、初期から5分といえど照射した為、その自然の微細振動エ
    ネルギーを維持させた状態が続いた。よって、新鮮な時とおなじように、乳酸菌と乳脂肪酸の微細振動エネルギーバランスを均等に保ち続け ている為に、鮮度保持できており、このバランスを崩さない限り、腐敗
    菌が優位に立つことはまずあり得ない。←これも言い切るしかし、物事
    には限度があるのが自然ですので、必ず物質の劣化からバランスが崩 れ、乳酸菌優位に立つのが、照射区です。

    (すみませんが、今後の報告お願いします。酸っぱい香りで出れば理屈 通りの筈なのですが)

    ・比較対照区では、乳脂肪酸と乳酸菌が新鮮な時に維持していた微細な振動バランスが崩れ、その崩れた結果変換された、微細な振動エネルギー波長は、腐敗に走りやすい(腐敗菌支配下にいく振動エネルギー下)になっただけのお話でしょう。強い乳酸菌より腐敗菌が優位に立った訳ですから。

    再現性を、例えば100回みたとしたら、今回のように「腐敗菌支配下」と「乳酸菌による乳酸値の上昇」による腐敗(個人的にはこれを腐敗と呼びたくないですが)と二通りの腐敗に分かれると思います。

    ルームライトの近くで腐敗試験やってみたら、「乳酸菌支配下の腐敗に なりましたから」菌や細胞、植物は、敏感に反応してくれます。


    要は、当微細エネルギーは、有用菌の優位性を助け、腐敗菌の優位性を
    阻害するものです。

    証明しろと言われたら、腐敗促進光を提供するしかないかも?です。 次回は、これらの理論の逆説的なものを出そうか、まだ悩んでいます。
    やさしいエネルギーを与え落ち着かせる製品の前に・・・・ まだ、検討中・・

    みなさんの色々な試験は私自身勉強になり、有難いです。本当に有難う ございます。

    皆様が笑って使って頂けますように!!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク