世界初 ストヒバーガー結線で音が変わる。

    今日の話題はGe3です。
    世の中には「ケーブルで音なんか変わらない。」という人もいれば「何言っているんだよ。全然違うよ。」と言う人もいます。しかし、前回のGe3のイベントはそんなレベルじゃないんです。

    何と 「ストヒバーガーを結線するケーブルで音が違う。」という前代未聞の実験が行われたのです。たぶん世界初でしょう。(この実験の後3日間は 笑いが止まりませんでした。)

    例えばこんな感じです。

    ぎゃははははははははははは・・・・・・・

    まずはその前に、当日のメニュー。
    掲示板等で話題のプロQシートの実験から始まりました。

    これが新型ストヒバーガー用ストーンヒーラーです。あくまでプロトタイプで、本製品は
    全然違うものになるようです。
    B2007-11-20-1.jpg


    下の写真がプロQシート。大黒アゲハのようですが、こちらの方が効果が高いそうです。
    B2007-11-20-11.jpg


    半分に切って1cm幅くらいにさらに切ります。それをスピーカーにペタペタ貼っていきます。
    B2007-11-20-2.jpg


    B2007-11-20-3.jpg


    B2007-11-20-4.jpg


    B2007-11-20-5.jpg


    最後は毛をつけて完成です。ルパン3世並の変装です。
    でも音は全然違います。まるで別物です。

    その後はなんとアッシャーも、しかも赤い奴です。
    B2007-11-20-6.jpg


    B2007-11-20-7.jpg


    B2007-11-20-8.jpg


    なんか、試合に負けたボクサーのような。「赤い彗星も地に落ちたようだな、爆)」とか言われそうですが、音はGe3的な音(ナチュラルな音)に変化します。


    結線ですが当日は3種類、一番G値の高いものが、ライカル線、のその次がFOLスピーカーケーブル、「本当か~」という疑いのまなざしで会場がいっぱいになりました。
    B2007-11-20-9.jpg


    本当です。 

    「違う違う。意味わからんが。全然違う。間違いない。」

    私自身スピーカーのとなりにいたので余り違いがわからないと思っていたのですが、ハッキリわかったので本当に驚きでした。



    最後に衝撃の映像

    B2007-11-20-10.jpg


    DrDAC2のストヒバーガーです。ビックリなんですがサイズピッタリなんです。
    音は桁違いによくなります。本当です。

    ただ、「何でオーディオはこんなにかぶる(類似する)んだろう。」とつくづく思ってしまいました。

    来年になると思うのですが、ストヒバーガー用のストーンヒーラーの製品化絶対にお願いします。キサさん。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク