Yさんがたまや1号最初の購入者。

    今日は連チャンで記事を書いています。
    下の記事も読んで下さい。

    無や今度新しく販売した、プチ無、など製造してもらってるYさんが「たまやの1号」を購入しました。

    この写真を見て Yさんの現場は たまやシステムピッタリ合うと確信しました。

    やはり

    360度に音が広がる。

    これにつきると思います。
    どんな大型のスピーカーをあの場所に置いても、たまやと同じように2階まで音は届いてこないでしょう。

    でも、もしあの場所でJazzを演奏していたら、2階にも音は届いてくるでしょう。

    そこが箱形のスピーカーとは

    決定的に違う部分です。


    秋吉敏子さんのコンサートの時2階席で聞いていましたが、ちゃんと音は届いていました。
    Jazzだって生音。生の音は360度無指向で私たちの耳にはほとんど間接音が届いているのです。

    B2008-2-18-4.jpg



    たまや1号というのは、0号機に13cmサブウーハーを付けた物です。「たまや1号」は販売をするかどうかは、微妙です。そういうことになるとYさんは発売もされていない幻のスピーカーセットを持っていることになります。ある意味超プレミヤかもしれません。



    Yです。
    たまや1号をとうとう購入しました。
    いつもの開発者orzさんは、「たまや2号の完成待ってから決めれば?」
    と言われたけど、試聴して即決してしまいました。値引き?俺が作った「足」だけ・・・・
    (アンプとCDプレーヤーはorzさんに借りました)
    B2008-2-18-1.jpg

    天井は13mもあり、色々な金属が放置してありますが、ホールで聴いているような音に感動して、
    音よりも好きな音楽に没頭できる不思議なスピーカーです。

    実は写真を貼り付けた理由があるのですが不思議な現象(私はオーディオは一般コンポしか持ってい
    ない知識です)として、写真の遠い二階席で聴くと、スピーカーの前よりも音量が上がって、まさしくホールの後ろ席で聴いている ような錯覚に陥ったことです。
    店長さん、なんで遠い方が大きい音量になるのでしょうか?
    B2008-2-18-2.jpg


    そして二階席の鉄柵が、低音が出ている時に振動してびっくりしました。

    こんな小さいスピーカーなのに、自前の大きいコンポよりも音量も音場も圧倒的な迫力
    でまだ興奮が冷めません。ボーカルやサックスやトランペットの魂を感じた)この広さですよ!!!


    購入を決めた2番目の理由は、仕事モードの時に軽く流す程度の音量に下げた時にはBGMとして聴く訳ですが、どこから聴こえてくるか分からないとかのレベルでなく、自然に音楽がどこにいても聴こえてくる気持ちよさが素晴らしかったからです。
    B2008-2-18-3.jpg


    みんなで職場をキレイにしようとこのスピーカーのお陰で団結できました。あ、例のオプションのツイーターも近日完成しますのでよろしくお願いします。

    スピーカーって商売にならないことは分かっていたのですが、感動という無形のものに携れることに、やりがいを感じてきました。

    あの「無」もものすごく売れて困っていましたが、最近になって意味が分かってきました。



    摩訶不思議なオーロラリウム(超微細エネルギー加工)
    ↓ クリック

    超微細エネルギーの世界.....ブログ

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    天使

    • Author:天使
    • 皆様により良い情報を提供したいと思っています。特に納期情報はすばやく更新いたします
    Twitter(ツィッター)
    広瀬学のTwitterです

    最近の記事
    最近のコメント
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    ブログ内検索
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ランキング
    最近のトラックバック
    RSSフィード
    リンク